« 時の流れ | トップページ | りんご »

2010年7月28日 (水)

客観的であること

今日は久しぶりに涼しい気分。いや、33度なんだけど。

Dscf4796

陽射しも、少しだけ射す力が弱いような気がする。

*********************

Dscf4800

日本人へ リーダー篇 #文春新書#
塩野七生

最近カラオケに行ったときに、採点機能をつけてみたら自分の声が録音されていたので、初めて自分で自分の歌声を聴いた。まずは、こんなに鼻声で歌っているなんて知らなくて、かなり恥ずかしかった。
細かいところでも、「なんとなくうまく歌えているのではないか、ごまかせていたのではないか」と思っていたところも、録音だと実は駄目だったことが問答無用でわかってしまって、かなり辛い。皆さんが褒めてくださるから、もう少し上手いのかなって調子に乗っていたら(それがそもそも駄目なんだよ…)、全然駄目じゃん、とか。

で、思ったのだ。

「客観的」ということのむずかしさを。

カラオケなら(もうしないけど)録音してそれをもう一度自分で聴けば、一応は客観的に歌声の質を判断することができる。でも、自分が訳した文章をもう一度見直すときには、少なくとも今の自分はそこまで客観的な目を持てていない。なぜそれが分かるのかといえば、数日後にもう少し落ち着いて訳文を見ると、自分でも気づく不自然な文章に出会ってしまうからだ。数日でそんなにできるようになるわけがないから、それは単に最初が客観的じゃなかっただけなんだよね。

少なくとも、絶対に客観的になれるのは、「量」に対してだけ。「質」については、次のユリウス・カエサルの言葉を思い出して、「だから今の自分はすべてを見通せていないはず」くらいの気持ちになって厳しく見ることしかできないのだろう。

人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えるわけではない。
多くの人は、見たいと思う現実しか見ていない。(ユリウス・カエサル)

その厳しい目を続けることで、少しずつ客観性が持てたら、いいなあ。

そんなことを、この本を読みながら考えたのでした…。

とにかく、まずは量(受け売り)。今日もこれから頑張ろう。

Dscf4797

やる気のおともに。

« 時の流れ | トップページ | りんご »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385455/35936770

この記事へのトラックバック一覧です: 客観的であること:

« 時の流れ | トップページ | りんご »