« おばあちゃんになっても | トップページ | ダブル初! »

2010年7月 9日 (金)

【本棚から一冊】とれたての短歌です。

今日は一日雨。差し迫った案件もあったので、一歩も外に出ない金曜日になりました。

Dscf4358

ご飯も自分で作るシーフードチャーハン。見た目が美しいご飯、を作れるようになりたいなあ。

******************************************************************

Dscf4359

とれたての短歌です。
俵万智+浅井愼平
角川文庫

この本を買ったのは、たぶんもう15年くらい前。当時の私は基本的に本をためておかないタイプだったから(変われば変わるものだ…)中学生のころ買った本でまだ持っているものって、本当に少ない。

いつも覚えているわけじゃないけれど、ふとしたときに思い出す、そんな本。今日も、なんだか急に読み返したくなった。

****************************
「いい恋をしていますか?」という
問いに 迷いつつ思う
君の横顔
****************************

**************************************************
はつなつの公園を行くあんだんてあなたの二歩と私の三歩
**************************************************

****************************
暑く熱くなりそうな朝
朝靄の粒子の中にあなたを想う
****************************

切ない、あたたかい気持ち。
この本を開きたくなるときって、何かもやもやしているのかな。
読み終わると、ほんの少しだけ胸が軽くなっている。

これからの15年もお世話になります。

さて、これから東京。急いで準備しなくちゃ。

« おばあちゃんになっても | トップページ | ダブル初! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【本棚から一冊】とれたての短歌です。:

« おばあちゃんになっても | トップページ | ダブル初! »