« 雨でも | トップページ | 夢の中 »

2010年11月24日 (水)

【シノプシス】村主章枝のフィギュアスケートここがわかればもっとオモシロイ!

Dscf8086

フィギュアスケート ここがわかればもっとオモシロイ!
村主章枝
PHP研究所

日本最年長の女子フィギュアスケート選手、村主章枝さん(とはいえ1980年生まれで私と同い年…)。身近なようで知らないことの多いフィギュアスケートをもっと楽しめるように書かれた本。「フィギュア」はもともとFigure、つまり円などの図形を正確に描くことを競う競技だった、などの知識から、「年間2000万も何に使うのか」の疑問への回答(明細書が載っている)まで書かれている。
以前に紹介した荒川静香さんの「フィギュアスケートを100倍楽しく見る方法」との最大の違いは、すでに引退して解説者をしている方の書いたものか、いまだ現役スケーターが書いたものかということだと思う。正直、基本的な知識の解説部分は荒川さんの方が分かりやすかったけれど、この本はまだ第一線にいる人ならではの生々しい部分がむき出しになっていて、より「読み物」らしいものだった。

***

 2009年の全日本選手権終了後。周りからは「もう、辞めたら?」という意見もありました。身近な人たちからすると、成績的にも充実していた2006年のトリノ・オリンピックの頃がピークだったことがわかるのです。その後は、どんどん落ちていっているように見えてしまう。
 たしかに、体力や成績でも落ちている部分が多いのは事実でした。それでも、今年も続ける、来年も続けたいと言うと、「これ以上落ちていくのは見たくないから、辞めたら?」となってしまう。「トリノのときに辞めたら良かったのに」と言う人もたくさんいました。

 私は、アスリートとしては決して恵まれているほうではありません。筋肉も瞬発系は弱かったり、運動神経もそれほど良いわけではない。骨格もあまり良くないので、小さいときからバレエを習って骨格の基礎をしっかりと作っておくのだったと思うこともあります。
 それでも、もっと良い演技がしたい、3回転×3回転のジャンプを入れたい、見ている人が楽しくなるように踊りたいと、欲は尽きません。だから苦しいし、大変です。
 けれど最後には、結局は自分がスケートをやりたいんだということに戻るのです。苦しいというのは弱音でしかない。だって、苦しくてできないのなら辞めればいいだけですから。それでも続けるという選択をしたのは自分です。だから、たまには弱音を吐いてしまうこともありますが、やっぱり自分が頑張らなくてはいけないのです。
 なぜそこまで頑張るのかと聞かれると、やらなければいけない人生にできているのだと答えるしかありません。これは、私が勝手に思っているだけかもしれませんが、そういうふうに生まれてきているのではないかと思うのです。

***

昨日中日スポーツのコラムを読んでいたら、柔道の野村忠宏さんについて書かれていた。今野村さんは、毎日練習前のテーピングに40分もかけているらしい。それだけかけないと、様々な場所の痛みを抑えられないのだ。「テーピングなんてせずに柔道ができていたのは、もういつのことだろう」とおっしゃっていた。

長く続けているうちに力は衰える。競技によっては代わりに技術が上がってカバーできることもあるけれど、それでもいつか力の衰えるスピードのほうが上回る日がやってくる。競技によって年齢は違っても、ある年齢を超えた選手には「引退」の言葉が付きまとうようになる。

体力の低下だけではなく、怪我、外野からの心無い言葉(「引き際」とか。外野が言うべき言葉じゃないよね)など、「ベテラン」には敵がたくさんいる。その中でも一番現役を続けようという心が折れやすいのは、「孤独」なんだそう。何度も柔道の例で恐縮だが、先日現役を引退した内柴正人さんは会見で「一人で戦うことが辛くなった」とおっしゃっていた。

なんだ、続けることって辛いことばかりじゃないか。
なのにどうして、辞めない人がいるんだろう。

村主さんはこの本の中で、「現役にこだわり続ける理由」を「将来ショーを作りたいから、そのためにまだ足りない部分がある」と説明してくれている。でも、本当はそんなはっきりした理由じゃないんじゃないか。「やらなければいけない人生にできている」から。これが理由のすべてなのじゃないか。
こう思える人は、どんなに辛くても寂しくても、続けずにはいられないのかもしれない。

これからだんだん、自分と同年代の人に「引退」という言葉が迫るようになっていくんだろう。そしてもちろん、いつかは自分自身にも。そのとき自分はどういう理由で頑張り続けることを選ぶのか。またはどういう理由で辞めることを決めるのか。まだまだ考えることは尽きない。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

Dscf8085

あれ、また成長した。これは耳?それともお団子頭?
書くの忘れてましたが、この万歩計、ノルマ歩数を「自動」に設定するとそれまで歩いた量に合わせて自動的にノルマを決めてくれるんです。最初は3000歩だったのに、どんどん増えていって今では7000歩。だいぶしんどくなってきました。今日もぎりぎり達成…7737歩です。

« 雨でも | トップページ | 夢の中 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 雨でも | トップページ | 夢の中 »