« 1月の星空 (2) | トップページ | 出発地点 »

2011年1月22日 (土)

Golden ratio

本日も東京。

Dscf8941

青山一丁目の空。東京はずいぶん乾燥続きみたいですね。風邪や火の元には十分お気をつけくださいませ。

Dscf8942

ランチは豚の角煮丼。これ、あると必ず注文してしまう…。

246が終わってから、某dad様とついに行ってまいりました!

Dscf8943

特別展ダ・ヴィンチ~モナ・リザ25の秘密」 です。

「万能の天才」レオナルド・ダ・ヴィンチ。
画家としてだけでなく、科学者、技術者、発明家としてもたぐいまれな才能を持っていたレオナルドの魅力をふんだんに感じることのできる展示会だ。
たとえば、レオナルドはこの当時(15~16世紀)になんと飛行機の設計図を描いていた(実用化はできなかったけれど)。会場にはその設計図から作られた飛行機が展示されている。模型を見ていると、この時代にどうしてこんなことを思いつけたのか、技術も道具も何もないところでどうやって完成までの道筋を描いたのか、という思いで呆然としてしまう。
(一部の模型は触ってみることもできます。「こうやって動くんだ」が目で見えるって本当に強いと思いました)
もちろん、絵画についても盛りだくさん。有名な「モナ・リザ」や「最後の晩餐」について、描かれた当時の絵が再現されていたり、秘密が明かされていたり。
本当におもしろかったです。ご興味があってお近くにお住まいの方は、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

ところで、体験コーナーで、自分の身体の黄金比を測れるというところがありまして、くまぼぼチャレンジしてみました。
黄金比とは、理想的な人間の身体は1:1.618で構成されている、というもの。
わたくしなんと、
1.6172
でございました~(自慢)!もちろんGOLDEN判定でした。嬉しい~!
翻訳も黄金比の美しさを目指さねば(いつもながらの強引な論理展開)。

Dscf8944

こちらが公式プログラムです。
この展示会、プログラムもパネルも映像テロップも、翻訳を担当されたのは夏目大さん、私の翻訳の先生です。
(私も少しだけお手伝いさせていただきました)
という自分への関わりがなかったとしても魅了されたに違いない内容。本当によかったです。ご興味ありましたら、ぜひ!そして感想も聞かせてくださいね。

それでは皆様、明日もよい一日を!

« 1月の星空 (2) | トップページ | 出発地点 »

コメント

はぁーい
dadだよ~(テンション変)

「これ、わたし」「これもっ!」って解説してくれるドゥタァーがいてくれて
楽しかったよー

dadの黄金比はシルバー判定だったけど~

あわわΣ(゚д゚lll)パパ(笑)!
ばらしちゃダメ~!
外ではおとなしくしてごまかしてるんだから!

シルバー判定は、娘に花を持たせてくれたんですよね(^m^)

あらためて、dadのおかげで本当楽しかったです!本当にありがとうございました^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Golden ratio:

« 1月の星空 (2) | トップページ | 出発地点 »