« 【小説】朝日が昇るところ (5) | トップページ | 早起き宣言、弱々しく。 »

2011年2月 5日 (土)

2月の星空 (1)

こんばんは。
今月も引き続き、夜空の話を週一回ペースでしていこうと思います。どうかよろしくお願いいたします。(続けられるかなあ…不安。がんばります)

Index01

あっという間に2月です。今日はまず、今月の天文イベントをご紹介します。とはいえ、以前簡単にご紹介したとおり、今月は流星群などの大きなイベントはありません。目立ったところではこのあたりでしょうか。

2月7日ごろ 月と木星が接近
※太陽が沈んだ直後、南西の空を見ると木星が明るく輝いています。2月7日前後には、この木星のすぐ近くに細い月が見えるはずです。晴れていたら、私も撮影に挑戦してみたいです。

2月11日 上弦
※左側が欠けた半月です。日没後、夜半過ぎまで綺麗な半円が見えるはずです。

2月18日 満月
※18時頃に昇ってきます。この頃は星を見るには適さないですね。お月見を楽しみたい時期です。

2月22日ごろ 土星と月が接近
※今、明け方の南東の空には土星が輝いています。土星の明るさは0.6等。すぐ近くにおとめ座のスピカも見えています。スピカは1.0等なので、土星の方がわずかに明るく見えるでしょう。この土星の近くを、22日ごろに月が通ります。月はまだ丸く、マドレーヌのような形をしています。一番見やすいのは明け方ですが、夜半過ぎから観測可能です。

2月25日 下弦
※右側が欠けた半月です。この頃からは、月と出会うのが大変になってきます。月の出は2時ごろです。

3月1日ごろ 金星と月が接近
※明け方、土星よりもさらに東には金星が見えています。金星はなんと-4等台。明け方の空を見ると最初に目に付く星のはずです。朝見える金星は「明けの明星」といいます。2月末から3月1日頃にかけて、この金星のすぐ近くを月が通過します。この頃の月はもうかなり細くなっています。一ヶ月前に夕方の空で木星の隣に見えていた時とは反対側(右側)が大きく欠けている状態です。こちらは、朝の5時半頃が見ごろになるでしょうか。早起きして見ると本当に綺麗ですよ。

冬は寒いですが、空気が澄んでいて星がとても綺麗に見える時期です。機会があれば、ぜひ夜空を見上げてみてくださいませ。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

今日も東京。

Dscf9061

富士山が綺麗だった。

Dscf9062

Cafe 246のガトーショコラ。お兄ちゃん(笑)に色々助けていただいたいわくつきの品。

誰かに気にかけてもらうことも、自分が誰かを気にかけることも、どちらも素敵な行為。生きていくこと自体は誰にも頼れないこと、自分で何とかするしかないことだけれど、誰かの存在を感じると立ち上がるのも楽になる気がする。いや、絶対そうなっている。
何度言っても言い足りないくらい、心から感謝しています。皆さん、ありがとうございます。

それでは皆様、明日もいい一日を!

« 【小説】朝日が昇るところ (5) | トップページ | 早起き宣言、弱々しく。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385455/38744898

この記事へのトラックバック一覧です: 2月の星空 (1):

« 【小説】朝日が昇るところ (5) | トップページ | 早起き宣言、弱々しく。 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31