« 【読書感想文】「ツキ」の科学 運をコントロールする技術 | トップページ | 【小説】朝日が昇るところ (6) »

2011年2月 9日 (水)

かけ算

Dscf9109

夕方、真上に月が。一昨日は同じ時間にもう西の空だったのに。あっという間に月の位置は変わるのよね…。

今日、塾で素晴らしい話を伺った。(有名な話だったらすみません…)
何の話かというと、日々の勉強時間にムラを作ってはいけない、という話です。成績のいい子は、日々の勉強時間に大きな差がないものなんだって。
「一日最低何時間勉強する」って決めたら、一日たりともそれを下回らないことが必要なんだ、と。

たとえば、毎日コツコツ「10」の量の勉強を続けたとする。すると

10 × 10 × 10 = 1,000

になる。
これに対して、最初は「11」がんばったけれど次の日は力尽きて「9」しかやれなかった、という場合、

11 × 9 × 10 = 990

となる。一日だけがんばっても、やらない日があれば結局マイナスになってしまう。取り戻せないのだ。

かけ算なんですね…。ということは、それまでどれだけがんばっても、一日「0」の日があればいきなり最終結果も「0」になってしまうということ。なんて恐ろしい。
でも、何だかすごく納得。たしかに、できるときはめいっぱいやるけれどできないときはゼロなんてやり方で物事が身につくわけがないよね。
楽器やスポーツでも、一日休んだら取り戻すのに三日かかる、などと言うけれど、きっとそれも同じ話。

そんなくまぼぼ、先日も書きましたが自分の勉強不足を今さら痛感いたしまして、改めて勉強時間の確保に努めております(書いていることが恥ずかしすぎるので、せめて文章だけでも固くしてみたものの、逆効果かも…)。
ノルマは、仕事の量にかかわらず一日最低5時間の勉強時間は崩さないこと。上限はなし。
というわけで現在9日目。今までは、せめて3か月は続けてほしいんですけど何とかがんばってくれませんかねくまぼぼさん、くらいに他人事口調だったんだけど、今日の話でちょっと目が覚めた。一日やらない日があったらそれまでの努力が全部水の泡になるんだから、がんばらなきゃ。

ただの情けない気合い宣言になってしまった…すみません。

というわけで(逃亡)、皆様明日もよい一日を!

« 【読書感想文】「ツキ」の科学 運をコントロールする技術 | トップページ | 【小説】朝日が昇るところ (6) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385455/38808231

この記事へのトラックバック一覧です: かけ算:

« 【読書感想文】「ツキ」の科学 運をコントロールする技術 | トップページ | 【小説】朝日が昇るところ (6) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31