« 沖縄、いちごいちえ (13) | トップページ | 沖縄、いちごいちえ (15) »

2011年3月16日 (水)

沖縄、いちごいちえ (14)

喉が渇いたからどこかで休憩しようと思ったものの、売店には沖縄ぜんざいやソフトクリームしかない。しかもまさにこの瞬間に、ある方がツイッターで「パインが食べたい」とつぶやいているのを発見してしまい、すっかり影響を受ける私(しかもこの数十分後、「パインを食べた」というつぶやきまで現れて、気持ちはますます燃え立つ)。デザートものならパインが食べたいから、今は我慢しようっと。

気を取り直して、再び歩きはじめる。

Dscf9724

池をわたると、「平和の礎(いしじ)」の方向へ。

Dscf9882

パンフレットももらいました。一応学習意欲を発揮して英語版(左)も入手。

以下、そのパンフレットより。

沖縄の歴史と風土の中で培われた「平和のこころ」を広く内外に述べ伝え、世界の恒久平和を願い、国籍や軍人、民間人の区別なく、沖縄戦などで亡くなられたすべての人々の氏名を刻んだ記念碑「平和の礎」を、太平洋戦争・沖縄戦終結50周年を記念して1995年6月23日に建設する。

基本理念:戦没者の追悼と平和祈念、戦争体験の教訓の継承、安らぎと学びの場

刻銘碑がずらりと並ぶ中を進む。その数に、とにかく圧倒される。

Dscf9884

こちらもパンフレットからだけど、こんな形。この一枚一枚にびっしりと戦没者の名前が書かれている。数枚のぞいてみると、女性の名前が多くて、そんなことにも衝撃を受ける。知っていたことだけど、本当に総力戦だったんだ。
ギザギザしているのは、「鉄の暴風の波濤が、平和の波となってわだつみに折り返し行く」というデザインコンセプトから。

中央を走っている真っ直ぐな道を向かって右側に突き当たると、そこは平和の広場。
(ちなみに今パンフレットを読んでいて初めて知ったのだけれど、この道は「メイン園路」と言って、その中心線が6月23日「慰霊の日」の日の出の方角になるように設計されているんだって)

Dscf9725

中央では「平和の火」が灯っている。沖縄戦最初の上陸地である座間味村阿嘉島で採取された火と、広島市の「平和の火」と長崎市の「誓いの火」を合わせたそうだ。
平和への願い。

Dscf9726

海も目の前。

(つづく)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

今日は風が強かった。久しぶりにメアリー・ポピンズ作戦(風の中でジャンプしたいだけです…すみません)をやってみよう。

Dscf9879

いい天気!

…だったはずなのに、歩き始めてわずか5分で暗雲たちこめる。そしていきなり吹雪。ぎゃー、何!?
近くのコンビニに駆け込んで傘を購入することに。
レジのおばさんが「雪ですか?」と驚いた顔をする。
「そうなんですよ。気候もおかしいですね」
おばさんは不安げに「地震、怖いですね。私も夜は眠れなくて。服のまま寝ちゃいますよね」
「ええ、本当に。ただ、それで体調崩してしまわないよう、お互い気を付けましょう。何とか乗り越えられるように」
「そうですね」
おばさんと笑顔を交わし合って店を出る。人見知りの私は、こんな風に初対面の人と話すことはほとんどない。それでも今自分は笑顔を交わせる。労わりの言葉を掛け合うことができる。大丈夫。
そして外に出ると、再び空は快晴だった…(涙)。

Dscf9881

木は変わらない。つぼみはちゃんと春に向けて準備中。うん、大丈夫。

特に被害を受けているわけではない私でさえ、やっぱり少し精神的に参っていたらしく、ここ数日「心配」な気持ちで潰れそうになっていた。
でも、心配な気持ちからは何も生まれない。
今日からは「大丈夫」と言い続けよう。大丈夫。皆ちゃんと立ち直れる。

明日がいい一日になりますように!

« 沖縄、いちごいちえ (13) | トップページ | 沖縄、いちごいちえ (15) »

コメント

くまちゃん、何時も癒され感謝しています。でも自分も癒してあげてくださいね。くまちゃんがダウンしたらとても困る、という人たくさんいるから絶対に。
私は連日市内パトロールに出ていますが、みんな利己的です。くまちゃんのように、「いたわり方」を悩んでいる人はいません。
だから、くまちゃんにすごく会いたいです。
それと「甘い物」私がいけなかったのかな。

もとさん、コメント本当にありがとうございます。すごく嬉しいです。

パトロールのお話、ツイッターでも拝見して、素晴らしいと思っていました。できること、しっかり実行されているのですね。尊敬です。きっとお子さんたちはもとさんの存在に救われているんだと思います。

今はどの立場の人も苦しいときですから、同じ言葉が聞く人によって違う意味を持ってしまったり、いつもなら考えられないようなきつい言葉が放たれたり…。現場にいらっしゃるもとさんにはそれがより直接的に感じられるはずだから、私よりもずっと大変だと思います。板挟み状態、本当に辛いですよね…もとさんこそ、どうかご自分をいたわってくださいね。

「甘いもの」は完全に私の不注意です^^;もとさんが責任感じることまったくないですよ~。お気づかい嬉しいです。ありがとうございます!

それからもちろん、私ももとさんに会いたいです(>_<。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄、いちごいちえ (14):

« 沖縄、いちごいちえ (13) | トップページ | 沖縄、いちごいちえ (15) »