« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

沖縄、いちごいちえ (48)

そろそろ出発時間が迫っている。行きの反省を生かして、早めにスムーズに(まだ言う)ゲートに移動。

今度は手荷物検査の前にベルトも外しておく。うん、スムーズ。

そして乗車。今度は小学生の子たちと一緒。大阪の小学校は修学旅行で沖縄に来ちゃうんですか!?すごいなあ。

Dscf0100

飛行機から夕焼け。
…とこの写真を見て「あれ」と自分で思う。自分の記憶では1日目の後半以降全部晴れだったのだけれど、この時には曇が分厚くなっている。私の記憶のなんといい加減なこと。そして、写真ってすごいなあ。この旅行記も、写真がなかったら絶対書き続けられなかった。

席についてもまだツイッターをしていたら、客室乗務員さんから「携帯の電源を切ってください」と叱られてしまった。ご、ごめんなさい。「スムーズ、スムーズ」っていつまでも調子に乗っているからだよ…恥ずかしい。

ともあれ、飛行機は定刻に出発。
窓の外を見下ろしながら、切ない気持ち。

沖縄、ありがとうございました。

(つづく)

2011年4月29日 (金)

沖縄、いちごいちえ (47)

曲がりなりにもリラックマは手に入れたし、もうお土産の買い忘れもないよね。
安心して、残り時間は空港のカフェで過ごすことに。

Dscf0098

コーヒー。

Dscf0097

このスイートポテト、めちゃめちゃおいしい!
(あとで調べたら、那覇空港限定のスイートポテトだったみたい。わーい)

Dscf0099

窓の外には可愛らしい飛行機が。

まったり、ゆったり、幸せで落ち着く時間。

(つづく)

2011年4月28日 (木)

沖縄、いちごいちえ (46)

沖縄にいるのもあと2時間。何だかすごく寂しくなってきた。

まだちょっと早いけれど、することもないので空港に移動することにした。
レンタカー会社の送迎バスに、定員ぎりぎりの人数が押し込まれる。
みんな、疲れと充実が混ざった表情。きっと私も同じ顔なんだろうな。
隣の席のグループが「寂しいね」「楽しかったね」と言い合っている。関係ないのにうなずきそうになってしまう。

送迎バスはあっという間に空港に着く。
2日しかたっていないのに懐かしい。

行きよりはスムーズに手続きしたいなあ。大丈夫かしら、自分?
…とドキドキしていたけれど、杞憂だった。慣れって素晴らしい。
ツアー会社の窓口でスムーズに手続きしてから、荷物をスムーズに預ける。スムーズにエスカレーターで2階に上がって、スムーズにお土産屋さんに移動(もう訳が分からない…)。
そう、帰る前に探さなければならないものがあったのだ。
まだリラックマシャープペンを1本も見つけていないのである。

携帯ストラップやキーホルダーはこの3日間で何度も見かけたのだけれど、私が集めているのはシャープペンなのよ。でも、空港内のお土産屋にもない。悲しい…。
(しかし、そういえば京都でも見つけられなかったし、かと思うと大阪にはあんなにあったし、結構地域によって差があるんですね…)
諦めきれずに同じお土産屋さんを3往復くらいしたけれど、結局見つけられなかった。しょんぼり。(しかし、この動きのどこが「スムーズ」なんだろう…)

Dscf9817

仕方ないので、携帯ストラップを購入。シーサー。

Dscf9818

水牛…?(ハイビスカスがいいですね)

(つづく)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

今日も夕方までは降ったりやんだりの天気。
もう部屋に閉じこもっているの飽きちゃった!

Dscf0424

というわけで、ようやく雨の止んだ18時半、夜のお散歩に出発。

Dscf0425

暗いところで見るユキヤナギも素敵。

甘いものが食べたくてクオレに向かったのだけれど、着いた時には喫茶コーナーが閉まってしまっていた。仕方ないので(?)お持ち帰り。

Dscf0426

ごほん。いちごガトーショコラいちえっっ!

ところで、こちらの「いちごいちえ」シリーズについては、告白しなければならないことがあるんです。沖縄旅行記の連載が終わるときに覚えてたら言います。
ってもちろん大したことじゃないので、忘れててくださいませ。

明日からはゴールデンウィークなのですね。素敵な1週間になりますように。

2011年4月27日 (水)

沖縄、いちごいちえ (45)

往路で気になっていた海、少しだけなら見る時間ありそうだ。

Dscf0092

ここです、ここ!近くに道の駅があったので、車を停めてからのぞきにいってみる。

Dscf0091

すっごく青!としか言いようがない空と海。
こういうところでシュノーケリングしてみたら、素敵な海の世界に出会えるのかなあ(やったことないけれど)。
来る前は、3日とも曇りの天気予報だったのである。こんな空も海も見られないと思っていた。本当によかった。

高速道路を走っていたら危うく居眠り運転しそうになってしまい、しばし仮眠。
ようやく空港のある那覇市に着いたときには、15時を過ぎていた。
今日はまだ一軒もカフェに入っていない。沖縄のカフェ、もう一軒くらい入りたかったけれど、レンタカーを返す時間も迫っているし、道も混んできたし、カフェ自体見つからないし、うーん、これは断念かしら。

しかし、レンタカーを返したところで巨大なカフェを発見。

Dscf0093

す、すごい…。
エレベーターで上に行くんだって。入ってみようかと思ったのだけれど、

Dscf0095

「読売巨人軍キャンプを応援してます。」…あらまあ。
(このすぐ隣が巨人のキャンプ地だったのです)

幟一つであっさり入る気を失って、

Dscf0096

結局ファミリーマートのタピオカカフェオレでごまかしたのだった。

(つづく)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

今日の名古屋は土砂降り。
歩いて塾まで行ったら、服を絞れそうなほど濡れてしまった…。皆様は大丈夫でしょうか?
明日までは、雨が続くようです(あくまで名古屋の話)。風邪などひかれませんようお気を付け下さいませ。

それでは皆様、明日もよい一日を!

2011年4月26日 (火)

沖縄、いちごいちえ (44)

Dscf0085

もと来た道を戻る。見上げた時に見える木の葉っぱも、やっぱりいつもとは違う感じ。

この時12時半。気持ちよく歩いたおかげで胃もたれも治り、お腹が空いてきた。
お昼を食べることに。

Dscf0087

道の駅ゆいゆい国頭。
沖縄本島最北端の道の駅なんだって。「最北端」と言われると反射的に「寒いのかな」と思ってしまう。本州よりはずっと南ですから!

Dscf0088

初挑戦のソーキそば。帰る前に食べることができてよかった。おいしい!

さて、あとはもう帰るだけ。
レンタカーを返して空港から飛行機で大阪、そしてアーバンライナーで名古屋に。
もうドラマもないのだろう(本当か?)。寂しいなあ。
それでは出発。

(つづく)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

Dscf0374

切ない夕焼け。

ところで、わたくし「くまぼぼ」を名乗り始めてたぶん8年くらいたっているのですが、今日初めて気づいたことがあります。
わたくし、皆様のお手元にずっといたのです。

Dscf0380

ほら、見て見て、「くま」!

Dscf0381

「ほ」「゛」!(無理矢理)

キーボードがこんなに愛しく見えたのは初めてだ。ああご機嫌。

みなさま、あまり「くまぼぼ」ちゃんを激しくたたかないであげてくださいませ…(意味不明)。

まとまらないけれど、強引に締めよう。
明日もいい一日になりますように!

2011年4月25日 (月)

【小説】朝日が昇るところ (11)

 気持ちを振り払って、僕は立ち上がった。もう一度会場を回ってみようと思った。
 誰もいないギャラリーの中で、写真を一枚ずつ見ながら進んでいく。一枚目は夜の写真。環状線を走るたくさんの車の光。あのときは、オレンジ色の光が夜の空気に反射していろいろな方向に散らばっていた。その非現実的な風景を残したいと思ったのだ。その隣は、町中に咲く一本の桜の写真。花見客がたくさんいる豪華な桜並木から一本裏道に入ったら、桜が一本だけぽつりと立っていた。誰も見ていなくても同じように花を目一杯咲かせるその様子が切なくて、カメラを向けたのだ。
 ――風景写真がすばらしいと褒められたって、嬉しくはない。風景を撮っているのは成り行きだし、別に心から撮りたい被写体というわけではない。
 ずっとそう思っていた。いや、最初は本当にそうだった。でも、そう思いつつも、カメラを向ける瞬間の自分は、それが人物か風景かなんて考えず、ただ目の前のものに惹きつけられていたはずだ。最初に崇高な動機なんてなくても、自分は確かにこの四年間駆け抜けてきた。自分の作ってきたものなんて振り返ったこともなかったけれど、今この場所にいると、感じる。積み上げてきたものは確かにあるのだと。
 ルミの顔が浮かんだ。彼女とはあれから会っていない。電話さえしていない。手遅れになってしまうと焦る気持ちもあるが、何を話せばいいのか分からないのだ。
 あれからずっと考えていた。これからどうすべきなのか。ルミが望むように結婚すべきなのか、今の付き合いを続けるべきなのか、それとも別れるべきなのか。でも、どれだけ考えても分からない。自分で分かっている気持ちはひとつだけだ。このまま終わってしまうのかもしれないと考えると、胸が締め付けられる。
 「彼女」の写真のある、ギャラリーの突き当たりに向かう。誰もいないと思っていたが、いつの間にか女性が写真を眺めていた。邪魔にならないように少し離れたところに立って写真を見つめる。
 あの日、なぜ子供たちに彼女と同じものを感じたのだろうか。今まで一〇年以上探してきた「輝いている存在」。なぜあの時、突然それが現れたのだろうか。
 僕は今まで、本当は何を探していたのだろうか。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ようやく再開…。あとわずかですがお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

つづきはこちら

はじめから読みたいと思ってくださる方(いらっしゃれば…)は、こちらからどうぞ。

2011年4月24日 (日)

いつまでも変わらないその笑顔が輝くように

今日は、知り合いの歌手のライブに行ってきた。

Dscf0371

花束。

Dscf0372

小牧市にある小さなライブハウス。
何度もここで彼女の曲を聴いてきたけれど、今日がひとまずのしめくくり。
今夜のライブで、彼女のバンドは活動を休止する。

今日は即席バンドによるSuperflyのカバーライブ。
ロックで会場が大いに盛り上がったところで、バラードを2曲歌ってくれた。
「Last Love Song」と「愛に抱かれて」。どちらも大好きな曲。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

風のように 駆け抜けてよ
一人じゃないことを忘れないで
「愛してる」は もう聞こえない
二人だけのlast love song
(Last Love Song)

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

私よりも少し前を
歩いている あなたになど
気の利く言葉 浮かばないよ
ほんと、ごめんね

ひとつだけ 伝えてもいいかな?
少し照れるけど聞いてね
「生まれてきてくれて ありがとう」

いつまでも変わらないその笑顔が 輝くように
あなたの明日が晴れ渡るように
ずっと祈り続けてるよ
手探りでいいゆっくりと 幸せへと歩いていける
どんなときも 愛に抱かれて

離れ離れの場所で時は過ぎて 寂しいけれど
私は今日もこの街で歌う
ずっと歌い続けていくよ
あなたもまた ゆっくりと 今日を生きて輝いてね
どんなときも 愛に抱かれて
(愛に抱かれて)

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

歌いながら涙を流す彼女を見ていて、私も涙が出てきた。
彼女の苦しみなんて分からないくせに、ただの同情でもらい泣きなんて失礼だ。そう思ったけれど、涙は止まらなかった。

歌をうたう人にとって声を失うってどういうことなんだろう。
とても想像できない。
あんなに綺麗に歌える人なのに。どうして、って思う。

それでも彼女は「あなたの明日が晴れ渡るようにずっと祈り続けてるよ」と歌う。
どうか、再びここに帰ってきてくれますように。心底祈ります。
まずは、お疲れ様でした。ありがとうございます。

どうしていいのか分からない私だけど、せめてもっとがんばろう。
誰かと比べるなんておこがましくてできないけれど、「好き」を仕事にできていることに感謝して、もっと必死に丁寧に生きよう。

明日もいい一日を!

2011年4月23日 (土)

沖縄、いちごいちえ (43)

Dscf0082

橋。結構揺れる。怖い…。

Dscf0070

怖いのに見下ろしてみる(なぜ)。

Dscf0073_2

さらに進むと、川の勢いが明らかに強くなってきた。いよいよゴールかも。
さっきまでより空気が冷たくなってくる。気持ちいい。

そしてついに

Dscf0076

比地大滝!
写真撮りながら進んでも40分弱で着きました。

Dscf0078

水の動きって、いくら見ていても飽きない。
空気がしん、と冷えている感じ。寒いわけではないのだけれど、頭の中にまで冷たい空気が入ってくるかのよう。
水が落ちる音以外何も聴こえない。心の中が静かになる時間。海もいいけれど、山もいいなあ。

一日中でも滝を眺めていたくなる。そんな場所ばかりだけど。
でもそろそろ移動しなくちゃ。

(つづく)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

昨日は東京、今日は三重。

Dscf0365

この写真、前にも撮ったよなあと記憶をたどったら、「元旦早々電車を乗り間違えた事件」 のときだった。今日は間違えたのではなく、ここが目的地です。
(ちなみに、もっと最近もこの駅で事件を起こしたんだけど、その話は今度します…苦笑)

前の会社の友達に子供が生まれたので、お祝いに伺ったのです。
と言いつつ、うっかり手ぶらで。ご、ごめんなさい…。

駅まで車で迎えに来てもらった上に

Dscf0366

おいしいパスタランチを作ってもらっちゃって。何しに行ったんだ、私?

ただ喋りに言っただけになってしまったけれど、とても楽しい時間でした。
思い切り喧嘩のできる仲良し夫婦、とてもいいと思います。末永くお幸せに!
ありがとうございました。

Dscf0367

ハナミズキ?

丁寧に生きていきたい。
もっと、もっと、丁寧に生きていきたい。
そんなことを思った土曜日。

明日も皆様、よい一日を!

2011年4月22日 (金)

沖縄、いちごいちえ (42)

Dscf0059

比地川砂防ダム。

Dscf0061

遊歩道、とてもきれいに整備されていた。

Dscf0065

いかにも南国な植物(って名古屋にもあるんだったりして)

途中で何人かの人とすれ違う。
山で「こんにちは」と挨拶を交わすのがとても好き。
(ちなみに、ハンドバッグどころか、ロングスカートにサンダルのお姉さんもいた。皆さん、強い…)

Dscf0067

遊歩道がなかったらかなり歩きにくいんだろうけど。

Dscf0068

岩をさらさらと水が流れている。近づいてきているのかな?うきうき。

(つづく)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

今日は東京の日。

授業の前に、渋谷で妹と待ち合わせ。
先日誕生日だった妹をお祝いしようと、姉、珍しくがんばってみました。

Dscf0360

ランチはパスタ屋さんで。かぼちゃのクリームスパゲッティ。

Dscf0359

こちらは私注文。エビと野菜のドリア。

Dscf0361

食後のジャスミンティもお洒落。

今回は妹の卒業祝いも兼ねていたので、私にしてはかなりはりきってプレゼントを用意していた。「素敵な大人の女性」を祈って、ネックレス。
ところが、待ち合わせ場所に現れた妹の首にはすでに可愛らしいネックレスが。

「それ、もしかして、彼からのプレゼント?」
「うん、そうなの(満面の笑み)」

がーん。なんて間の悪い…。

それでも

Dscf0358

喜んでつけてくれた。ありがとう、妹よ(涙)。優しい妹のおかげで、姉、何とか面目を保てました。

ずいぶん久しぶりにじっくり話ができて(むしろ聞いてもらって)とても楽しい時間でした。ありがとう!これからの一年がさらにいい時間になりますように。

それでは皆様、よい週末を!

2011年4月21日 (木)

沖縄、いちごいちえ (41)

ようやく目的地に到着したのは11時過ぎ。

Dscf0052

コースマップ。ゴールまでは約40分とのこと。ふむふむ。よし、出発!

しかし、さすがは夕べ思いついた企画。この日のくまぼぼの服装は、まったくトレッキング仕様じゃなかった。かろうじて足元はジーパン、スニーカーだけど、なんと手にはハンドバッグ(叱られそう…)。転んだら大惨事。気をつけなくちゃ。

Dscf0051

見わたす限り、森。

管理棟でお金を払って(500円です)、歩き始める。

Dscf0053

広場。キャンプ場になっている。

Dscf0055

森の木も、いつも見ているものとは全然違う。

Dscf0056

遊歩道を歩き始める。木漏れ日。

Dscf0058

見下ろすと、川。この川をさかのぼると、滝なのね。

(つづく)

2011年4月20日 (水)

沖縄、いちごいちえ (40)

沖縄本島の南北に沖縄自動車道が走っている。終点の許田(きょだ)ICまでが1時間くらい。さらに海沿いの道を40分くらい走ると目的地だ。

Dscf0045

いい天気の中、今日もラジオを聴きながら出発。

この日のラジオの特集は「介護に伴う鬱の体験談」だった。少し意外に思う。でも、すぐに自分が意外な気持ちを持ったことの方にショックを受けた。
それは、自分が「沖縄の人はみんな、いつも笑顔で、鬱になんてならない」という先入観を勝手に持っていたことに気づかされたから。少し考えればそんなはずないって分かるのに、無意識に、無自覚に思い込んでいた自分がショックだったのだ。
もちろん沖縄の人だって腹を立てることもあるし、介護に疲れて鬱になることもある。そもそも、「沖縄の人」なんてくくることはできない。いるのは一人一人の人間だけだ。ある人を理解していったプロセスを次に出会った人に当てはめることもできない。できることはいつだって、目の前にいる人を一から理解することだけだ。
頭では分かっていることなのに、いつの間にか周りの人をパターン化しようとしている自分に気づくことがよくある。怠けちゃいけないんだ、とそのたびに反省するのだけれど。

なんて考えていたら、あっという間に許田ICに。
高速料金の700円を準備していたら、出入り口のおじさんがいらないとジェスチャー。ん?
「今高速無料化の社会実験中なんです」
おお!そういえばニュースで見ていたのにすっかり忘れていた。
ただの観光客が社会実験の恩恵を受けてしまった。すごく得した気分。嬉しい!

Dscf0046

引き続き、海沿いの道を走る。

Dscf0048

信号待ちの時に少しずつしか撮れなかったのだけれど、防波堤と空の間の濃い青色、見えますか? 宝石みたいな、吸い込まれそうな海。帰りには、時間があったら必ずじっくり見ようと心に決めた。

(つづく)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

Dscf0348

いつも通っている整体の前にある道路の名前は、「桜通り」。
可愛らしい桜、満開。(何桜なんだろう?)

整体師さんは、いつも身体だけではなくて心に溜まったもやもやも流してくださる。
穏やかに、優しくて、揺るぎない、そんなふうになりたいなあと今日も思う。
ありがとうございました。

明日もいい一日になりますように!

2011年4月19日 (火)

沖縄、いちごいちえ (39)

それでも、チェックアウトの時間は近づいている。
名残惜しい気持ちのまま、部屋に戻って荷物を片づけ始めた。
しかし、片付かない(笑)。うわ、昨日お土産買いすぎたんだ…。山積みの荷物と小さなキャリーバッグを前に立ち尽くす私。
無理やり押し込んだりできる限りハンドバッグに移したりしながら、何とか片づけ終わったらもう時間ぎりぎり。
時間があると思って余裕たっぷりに始めたら不測(でもないのだけれど)の事態が起きて大騒ぎ。これはもう私のデフォルトみたいだ。悲しい。

チェックアウトのロビーのお姉さんが満面の笑顔で「またいらしてくださいね」と言ってくださる。心がポカポカ。はい、また来たいです。

Dscf0005

2晩本当にお世話になりました。ありがとうございます!

さて、今日の行き先は…

比地大滝(ひじおおたき)!

比地大滝は、沖縄本島の中でも北端に近い「やんばる」と呼ばれるところにある。
「比地川の上流にある、落差25.7mを誇る沖縄本島最大の滝。森の中にある滝までは、徒歩40分ほどの遊歩道が整備されている(ことりっぷより)」。
前の晩にこれを読んだら急にトレッキングしてみたくなったのだ。

カーナビで調べてみると、高速で2時間近くかかるという。あまりのんびりとはできないけれど、滝を見て帰るだけなら間に合いそう。わくわく。

安全運転で出発します!

(つづく)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

今日は午前中雨で午後も風が強くて寒かったですね。皆様、体調など崩されないようお気を付け下さいませ。

久しぶりに行きます。

Dscf0346

ごほん。いちごミニパルフェいちえっ!

それでは、明日もいい一日になりますように。

2011年4月18日 (月)

4月の星空 (3)

Index01

皆さん、こんばんは。
今日の名古屋はあいにくの雨模様です。残念ながら実際の星空を見ることはできませんが、代わりに想像の世界の星空をお楽しみいただければ、嬉しいです。

さて、先週までに春の大三角と春の大曲線という、本格的な春の星座を先にご紹介してしまっていましたが、実はその手前にも星座があります。今日はそのいくつかをご紹介したいと思います。

まずは、夜の8時ごろに西の空を見てみてください。明るい星で三角形が作れるでしょうか? こちらは冬の大三角。もう4月中旬ですが、まだまだ存在感があります。
三角形の上には二つ仲良く並んだ明るい星、ふたご座です。
今日最初にご紹介したいのは、このふたご座のお隣さんです。少しずつ南の方に目を移してみてください。とても明るい星が見えますか?それはおそらくしし座のレグルス、行きすぎてしまいました(このネタ2回目…)。ふたご座としし座の間に控え目にいるのが、ご紹介したい星座、かに座です。

Dscf0340

12星座にもなっているので名前だけは有名ですが、実際には明るい星もほとんどなくて、小さな目立たない星座です。ただ、かに座の中にはプレセペ星団という有名な星団があります。星団とは、たくさんの星の集まりのこと。望遠鏡を使わなければ見られないものがほとんどですが、プレセペ星団は空の暗いところなら肉眼でも見ることができます。
ふたご座としし座のちょうど真ん中付近にぼんやり輝く光の雲が見えたら、それがプレセペ。この部分が蟹の甲羅に当たります。目を凝らせば、光の雲を取り囲むように4つの小さな星が輝き、ここから四方に蟹の足がのびています。

Dscf0339

こんな姿です。

ギリシア神話によると、かに座はアミモーネの沼に住む化けガニ。友達のヒドラ(蛇の化け物)が英雄ヘラクレスに退治されそうになっていたとき、何とか助けようと飛び出しましたが、まったく相手にされません。せめて、と足にかぶりついたりしたところ、「うるさい!」とあっという間に殺されてしまったのでした(涙)。この様子を見ていたゼウスが、蟹の友情と勇気に感動して、星座として空に上げたのだそうです。

では、そのヒドラは? こちらも夜空にいます。しかも、とんでもない大きさで。

Dscf0341

うみへび座、全天88星座の中で最も大きな星座です。東西に120度もの長さをもつこの星座は、頭の先が地平線上に姿を見せてから尻尾の先が昇りきるまで、なんと6時間もかかります。そのため、うみへび座全体が空に輝いている時間はそう長くありませんが、今の時期なら大丈夫です。
先ほど見つけたかに座の下に、うみへびの頭があります。暗い5つの星で五角形を作ります。そこから東に向かって星がずらずらと並んでいるので、つないでいきます。暗い星が多いので、星図を頼りに探してみましょう。

Dscf0343

こんな姿です。

星座絵ではこんな風に頭が一つしか描かれていませんが、ギリシア神話のヒドラは9つの頭を持つ蛇の化け物で、毒の息を吐いてたくさんの人を殺したそうです。そのため、英雄ヘラクレスによって退治されました。ヒドラの姿が空に上げられたのはヒドラを褒めるためではもちろんなく、ヘラクレスの武勇をたたえるためだと言います。

春の星座、まだまだあります。次回もお楽しみに。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

ところで、昨日教えていただいた話に賛同したため、ここで紹介させていただきたいと思います。

東日本大震災から1か月以上たちました。
たくさんの問題が残って(むしろ増えて)いますが、今後の課題の一つが、「この先、支援する側の気持ちが冷めてしまった後」のことでしょう。
気持ちは必ず冷めるもの。残念なことではありますが、まずはそのことを出発点として考えた方がいいと思います。
冷めてしまった後も続けられることをシステム化する、というのが一つの解決策になるのではないでしょうか。

そこでいかにも野球好きな提案で恐縮ですが、「応援募金」なんていかがでしょうか。
ひいきの球団が勝ったら100円を貯金箱に入れるのです。
140試合以上あるのだから、ひいき球団によりますが、平均7,000円貯金できることになります。
(ここからは私が勝手に考えたオプションですが、プラス好きな選手の個人成績――ストライク数、ヒット数、盗塁数など――が増えるたびに100円追加、というのもいいと思います)
そして、ペナント終了時、つまり11月ごろにまとめて募金するんです。
きっとそのころには全国的な募金熱はだいぶ冷めていると思うので、この時期の募金って効果的なんじゃないかと思います。そして、もし全国の野球ファンのうちある程度の方が同じ行動を起こしたら、結構な金額になるのではないか、と。

考えを押し付けるつもりはありません。
「つづける」をテーマにした一つの思いつきとして、こんなのもいいかも、という提案です。
もし賛同いただける方がいらっしゃったら、一緒に「応援募金」しませんか?

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

それでは、明日もいい一日になりますように!

2011年4月17日 (日)

沖縄、いちごいちえ (38)

目覚めると7時。
なんて健康的な生活。しかし、前の日の食生活がたたって胃もたれ…。

Dscf0038

というわけで、今日のビュッフェはおかゆ。(でも今見直してみると、私ってばそれでも肉を注文…。胃もたれを何とかする気あったんだろうか)

Dscf0039

ホテルを出る前に、もう一度海を見に来た。

Dscf0042

寄せては返す波。

Dscf0041

いつまでも見ていたい景色。ううっ、帰りたくないよう。
海がこんなに心を惹きつけるなんて知らなかった。30年損してた。
一日30分でもこの景色を見るだけの時間を作れたら、こんな私でも透明で綺麗な心を持てるようになるんじゃないだろうか、なんて妄想する。
最初に沖縄に対して持っていた消毒のイメージ。ずいぶん勝手な思い込みではあったけれど、あながち大外れではなかったのかもしれない。
たった3日の観光で見えることなんてほんのわずかだって分かってはいるけれど、それでも沖縄の人たちのもてなし(接客というだけでなく)はいつも胸の奥底まで染み入った。

もちろん本当に海の近くには住めないけれど(少なくとも当面は)、ここの人たちのように「気持ちのいい人」になりたいなあ。
そんなふうに思った。

(つづく)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

Dscf0319

今日は今年初めてのナゴヤドーム。

試合は淡々と(なんて一言でまとめたくないけどさ、ぷんすか)進み、こう着状態のまま延長戦へ。
既定の3時間半まであと10分、完全に0-0で終わると諦めて見ていたら、ここまで絶不調だった和田選手がサヨナラヒット!

Dscf0320

ヒーローインタビュー中。5階席からの撮影、全くうまく行きませんでした…。

Dscf0321

勝利の乾杯!

久しぶりに、(私にしては)ずいぶん飲んじゃった。
とても楽しかったです。ありがとうございました。

「言葉をつくして伝える」ことについて、今日話をしながら考えていた。
最近何度も考えていること。でも、今日もやっぱり分からなかった。

たくさん話せばいいのか。
気持ちさえあれば伝わるのか。
言葉をたくさん知っていればいいのか。

きっと、そんな簡単なことじゃない。たぶん「できないこと」を何とかしようともがいているんじゃないか、とさえ思う。
それでも、「どうせ伝わらないから」と、自分から放棄するのはやめよう。何とか、「言葉をつくして伝え」続けたい。
結局伝わらないのだとしても。

明日からは新しい一週間。明日もいい一日になりますように!

2011年4月16日 (土)

日傘日和

すっかり初夏。

Dscf0275

久しぶりの日傘。この日傘、去年横浜で買ったんだよね。えっへん!おろしたての日傘ちゃんと一緒に、花火に連れて行ってもらったんだった。(その節はありがとうございました。ぺこり)
今年は花火は見られないかもしれないけれど、この日傘と一緒にあちこち出かけられたらいいな。
会いたい人に会ったり、行きたいところに行けたり、したいことができる自由。
もっとかみしめて過ごしたいって思う。

Dscf0274

新緑。

Dscf0273

地面にも可愛らしい野花が(何だろう?)。

暖かくなったから、縮こまっていた手足をうんと伸ばすんだ。
どーん!とね(一度ここでも言ってみたかった)
色々思い悩んでみたけれど、やっぱりそういう風にしか生きられないみたい。かっこよくそつなく物事をこなせて安定して生きられる人には憧れるけれど、自分にできないことをしようとしても仕方がない。
欠点だらけの自分の中にも(たぶん)あるかすかな長所。欠点を潰そうとやっきになるだけじゃなくて、長所を育てて生きていきたい。他人に対しても、そうやって接することのできる自分になりたい。

と、何だかよく分からない決意…。

明日もいい一日になりますように。

2011年4月15日 (金)

沖縄、いちごいちえ (37)

お店を出てもまだ20時半。少し回り道をしてみる。
見上げると、一面の星。星座を結びながらギリシア神話に想いを馳せる。
実は沖縄に来る前に唯一真面目に調べていたことが、「沖縄で南十字星が見えるかどうか」だった。だから、おそらく北谷では見られないことは分かっていたのだけれど、諦めきれずに探してしまう。もちろん見つからないのだけれど。

沖縄は名古屋と緯度が10度くらい異なっている。見える空はずいぶん違うはずだけど、素人の私が見ている限り、どう違うのか分からなかった。
「名古屋の空と同じだ」と思った。

***

幸せな気持ちと胃もたれを抱えながら、ホテルに戻る。

Dscf0036

さっきまでいたアメリカンビレッジ。

あっという間に(この連載的には全然あっという間じゃないですけど…)残り一日になってしまった。夜景を見るのも、これで最後。
さて、明日はどこに行こうかな。

(つづく)

2011年4月14日 (木)

沖縄、いちごいちえ (36)

このお姉さん、キビキビしていてとてもかっこいい人だった。まさにプロ。
せっかく沖縄に来たのだから泡盛を飲んでみたいと思いつつ、怖かった私。そこでお姉さんに尋ねてみたのだ。
「あの、泡盛に挑戦してみたいと思うんですけど、私あまりお酒強くなくて…。口当たりが柔らかいものでお勧めのもの教えてくださいますか?」
まあ、こういう質問する人ってきっとたくさんいるのだろうけれど。
お姉さんはあるお酒を指差す。「一番飲みやすいのはこのお酒です。でも、この泡盛は東京でも売っているメジャーなものなんですね。せっかく沖縄に来て泡盛を飲んでいただくなら」と別のお酒を指差して、「このお酒がお勧めですね。度は高めですけど、古酒なのでまろやかで飲みやすいですよ」
流れるような説明に、ひたすら感動。で、ではそれで!

Dscf0035

というわけでこちらがその古酒。その名も北谷長老。うん、たしかに飲みやすいですっ!

ゴーヤチャンプル(それこそどこでも食べられそうなものを…)を注文したら、悲しいことに品切れだった。というわけで代わりに

Dscf0034

まったく関係なく鶏の唐揚げ(笑)。
この時は気づいていなかったけれど、この日は朝も昼も夜も揚げ物という、普段なら考えられない食生活。しかも、これ明らかに多すぎるでしょ…。

こうして後先考えないで行動したせいで、この日の夜(どころか翌朝まで)胃もたれに苦しむことになるのだった…。

それにしても、この日はずいぶんたくさんの人と出会うことができた。思い立って沖縄に来なければ一生出会わなかった人たち。おそらくもう一度出会うことはないだろうけれど、それでもこの日の出会いが心のどこかに残って、何かを変えるのだと信じたい。出会うことの力を信じたい気持ち。

(つづく)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

Dscf0257

桜も散り始め。いつも以上に愛しい今年の桜。本当にありがとう。

今日も暖かかった!上着なしで出かけても大丈夫なくらい。
気持ちのいい季節は、歩くときもいつもより少し上を向いているような気がする。

明日もいい一日になりますように!

2011年4月13日 (水)

沖縄、いちごいちえ (35)

ところで、この時結構気にしていることがあった。
もう二日目の夜なのに、沖縄料理を一度も食べていない…。
ネイリストさんに、沖縄料理が食べられるお勧めのお店はありませんか、と尋ねてみる。
(よく考えるとおおざっぱすぎる質問だ。逆に「お勧めの名古屋料理店ありませんか?」って訊かれたら戸惑うものなあ。丁寧に教えてくださったネイリストさんに改めて感謝)
アメリカンビレッジからすぐのところにある居酒屋さんを教えていただけた。口頭で説明するだけでなく、わざわざ店の外まで一緒に出て「あそこよ」と指差していただけた。うう、ありがとうございます。あなたのおかげで新たなドラマを生み出さずにすみました。

そして、楽しい時間を本当にありがとうございました。

Dscf0027

というわけでたどり着いたのが、こちら。きんぱぎんぱ。

カウンター席に案内していただく。

Dscf0028

お通しがすでに沖縄料理っぽい!(分からないくせに適当)

Dscf0029

梅酒。

Dscf0033

ソーミンチャンプル。

最初何となく注文したら、カウンター奥のお姉さんが「この料理、量が3人前くらいなので減らしておきますね」声をかけてくれた。お心遣いが本当に嬉しいです。おかげでおいしくいただきました。

(つづく)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

今日、人生二度目のジェルネイルに挑戦してきました。

春日井のJewel。ご自宅がネイルサロンだった。
お母さんでもあり、ネイリストでもあり、専門学校の講師でもある。話しているだけで力がもらえそうな、とてもパワフルな方だった。
自営業のはしくれとして、こういう生き方ってとても勉強になる。つい色々お話を伺ってしまった。

Dscf0254

写真も撮ってもらった。ありがとうございます!

ネイルなんてほとんど興味を持たずに今まで生きてきたけれど、今パソコンで入力しているときにふと手に目が行くと、それだけで気分が明るくなる。こういうところをお洒落しているだけで、精神的にもずいぶん違うんだろうな。少しは女性らしくなったような気がしてみたり(気のせいだったり)。

Dscf0255

帰り道にうきうきお月様。

明日もいい一日になりますように!

2011年4月12日 (火)

ねこをおもう

ねこをおもう

ふと、あなたのことを想う
いつもじゃないけれど
空を見上げたとき
綺麗な花を見つけたとき
一緒に見られたらいいのにって思う
いつもじゃないけれど

自由に歩く姿が好き
誰にもこびない姿が好き
私が涙を隠して笑っているときに
気づかないふりをしてそばにいてくれるところが好き

ただ思うのは
そのまま自由に歩いていてほしい
雨の日は見えないように傘をさそう
風の日は見えないように盾になろう
洪水が来たら舟になろう
気づかれないように

一緒に暮らしたいわけじゃない
いつも傍にいたいわけじゃない
ただ
あなたが寒くて怖くて震えているときは
抱きしめられたらいいのにって思う
いつもじゃないけれど

ふと、あなたのことを想う
いつもじゃないけれど

***

突然ですが(笑)
夕べ熱で朦朧としながら、気づいたら手が勝手にこんな詩(?)を書いていました。
面白いので記録として残しておこうと思います。
お目汚し、失礼いたしました。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

【私信】
日が変わって4月13日は妹の誕生日。
Happy birthday♪
頼りない姉で迷惑もいっぱいかけてきたけれど、これから少しはお姉ちゃんらしくなれるように頑張るから、よろしくね。

Dscf0245

これからの人生が花開くものになりますように。

2011年4月11日 (月)

沖縄、いちごいちえ (34)

(追記。夕べ熱に浮かされながら書いたせいか、いくらなんでもおかしな文章だったので、ちょこちょこ書き直しました。直したところで大差ないとは思うものの、念のため…こそこそ)

一旦ホテルに戻って鏡を見ると、顔が真っ赤。前に日焼けしたのは、横浜スタジアムだったなあ。野球の試合でしか日焼けしない私って…。

Dscf0024

窓からの景色。本当は「サンセットビーチ」なので、夕焼けが最高なんだろうけど、今日も見られない。残念。でも、日没まであと少しという空も、とても好き。優しい光が切ない、綺麗な空。

部屋で少しのんびりしてから、再びZA/ZAに向かう。ネイリストさんってどんな人なんだろう。
緊張しながら店に入ってみると、にこやかなお姉さんが出迎えてくれた。
「何度も来てもらっちゃってすみません。どうぞ!」
はじけるような笑顔に、本当にほっとする。
案内されるがままに、入り口からすぐのネイルスペースに腰掛けた。
初めてなので、手順から丁寧に説明してもらってから、いざ開始。
出来上がりまでは1時間半くらい。その間、沖縄お勧めの場所を教えてもらったり、生活する人の話を聞いたり、逆にこちらも名古屋の話をしたり。あっという間に時間が過ぎていく。

このときに、今でも忘れられない会話があった。
旅行の動機がマイナスなものだという話をしたら、共感してくれた後でにっこり笑って「でも、おかげであなたと出会えたから、よかったね」と言ってもらえたのだ。ああ、沖縄に来てよかったって、このとき初めて心から思った。
帰るまでの間に何度か、旅のきっかけを思い出す出来事があったのだけれど、そのときに心の傷がほとんど痛まなかったのは、おそらくこのときのお姉さんの言葉のおかげだ。
本当にありがとうございました。あの後も、私は元気です。

Dscf0030

そのうえ、爪もこんなに可愛らしくしていただいて。ああ、初ジェルネイル、大満足です!
(なんと先週末まではこの状態を保っていた。1か月半も…感動!さすがに先週末東京ではがれてしまったけれど)

(つづく)

2011年4月10日 (日)

4月の星空 (2)

Index01

今日も、春の星座についてお話します。

今の時期、東の空にはオレンジ色の明るい星が見えます。うしかい座アークトゥルスです。

Dscf0244

アークトゥルスは、全天で4番目に明るい星です。特に春の星座の中では最も明るいので、すぐに見つかると思います(ただし、今はすぐ近くに土星があるので、明るさは一番ではありません。この話は後でもう一度します)。この星から北の方へ、ネクタイのような形(アークトゥルスが結び目です)を作ることができれば、こちらがうしかい座です。アークトゥルス以外の星はそれほど目立ちませんが、星座図を見ながらじっくりと探してみてくださいね。

うしかい座はギリシア時代からある古い星座です。ホメロスのイリアスとオデュッセイアにも名前が出てくるとか。うしかいが誰なのかは諸説あるのですが、森のニンフのカリストと大神ゼウスの息子アルカスであるとも言われていて、面白いです。アルカスはこぐま座じゃなかったっけ。一人二役?

さて、これで春の星座の主役級が出そろいました。しし座のデネボラ(レグルスではありません)、おとめ座のスピカ、そしてうしかい座のアークトゥルスの三つをつなげると、春の大三角です。

また、スピカとアークトゥルスは一対で「夫婦星」とも呼ばれています。アークトゥルスが夫、スピカが妻です。これは、実際に見てみると分かるかもしれません。アークトゥルスはオレンジの力強い色、スピカは純白に輝いていて確かに清らかな乙女のようですから。

さらに、今は北の空におおぐま座も見えますよね。このひしゃくを南側にぐぐーっと伸ばしていくと、アークトゥルスとスピカにぶつかるのです。これを、「春の大曲線」と言います。(本当は春の大曲線の終点は「からす座」です。こちらはまた来週以降にご紹介しますね)

ただし。
このように「スピカ」が関係するように線を結ぶときは、要注意です。今の時期は、スピカのすぐ近くに土星があって、非常に紛らわしいのです。(上の星座図でご確認ください)
春の大三角を作るときに間違えて土星につないでしまうと、きれいな正三角形になりません。また、春の大曲線でも、途中で土星につないでしまうと、曲線がからす座まで届きません。
見分け方としては、土星の方が明るくてオレンジ色というところでしょうか。

夜もずいぶん暖かくなってきました。お時間のあるときに、ぜひ天体観測のことも思い出してみてくださいね。

2011年4月 9日 (土)

りゆにおん

さっき、東京から帰宅しました。
今年度の東京は、隔週金曜日の夜。
うっかり課題に土曜日の日付を書いて提出したりと、まだ全然新しい授業に慣れていない私。それでも、皆様にあたたかく受け入れていただけたことに、本当にほっとする。これからの一年、がんばれそう。
久しぶりにお会いできた皆様、本当にありがとうございました。

Dscf0233

ちなみに授業前の246、私は焼きバナナフレンチトーストを注文しましたの。Eリカさん、楽しいひと時をありがとうございました!これからよろしくお願いいたします!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

…とここまでが昨日の話。
今日はSお姉ちゃんとお花見してきました。

Dscf0232

ワクワクしながら、赤坂の喫茶店でモーニングコーヒー中。この喫茶店のコーヒー、すごくおいしかった!

お姉ちゃんとは九段下で待ち合わせ。お昼前まで大粒の雨が降っていたので、お花見は無理かも…と諦めかけていたけれど、様子を見ていたら次第に晴れ間が。よかった!

Dscf0235

千鳥ヶ淵の桜。

Dscf0236

北の丸公園の中。一面の桜。

Dscf0237

木瓜(ぼけ)の花。

Dscf0238

これは木蓮かな?

Dscf0239

えっと…だめだ、思い出せない。バラ科のリンゴ属の何とか…(ひどい…)

Dscf0240

枝垂桜も綺麗。

たくさん歩いて、たくさん綺麗な花を見て、たくさん話をして、ひたすら幸せな時間。今も心がポカポカしている。お姉ちゃん、本当にありがとうございました。

東京、横浜。
ほんの1年半くらいまでは片手で数えるほどしか来たことがなかったのに、今ではとても大切な場所。ここが居場所なんだって思える。
いつも力をもらっています。皆様、本当にありがとうございます。これからの一年もどうぞよろしくお願いいたします!

それでは、明日もいい一日を!

2011年4月 8日 (金)

沖縄、いちごいちえ (33)

Dscf0016

アメリカンビレッジ。

雑貨屋さんに入ってみた。店内でCDが流れている。女の人が歌うJ-POPカバー集。たしかこの時は槇原敬之の曲が流れていたと思うんだけど、曲名忘れちゃった…。とても優しい声で、聴いているだけで心が丸くなる感じ。店内で売っていないかなと見回してみたけれど、それらしいコーナーはなかった。店員さんに訊いてみればよかったのに、何となくそのまま店を出てしまう。
後から、そのことをとても後悔した。思い出すたびに、あのCDが本当に欲しかったのだと痛感した。出会った時に、欲しいと思った時に、絶対に手を伸ばさなきゃいけないんだ。今も、まだその時の気持ちが生々しい。この旅の数少ない後悔の一つだ。

Dscf0017

このお店で休憩。「花ワッフルの練りアイス」…。気になる。注文してみよう。

Dscf0018

アイスを凍った鉄板?の上で練って作るもの。おいしい!
…とここまで書いて気が付いた。これ、たしかいちごだった! ごほん。

いちご練りアイスいちえっ!

アイスを食べながら本をのんびり読んでいたら、お店のお兄さんがお水を持ってきてくださった。「ゆっくりしていってくださいね」と素朴な笑顔。この場所にいてもいいと思えるのって、心が強くなる。

その瞬間、電話が鳴った。さっきの美容院からだ。

「大丈夫でした! 18時半からでご予約いただけますよ」

やった! お礼を言って電話を切る。時計を見ると17時。まだ時間があるので、一度ホテルに戻ることにした。

(つづく)

2011年4月 7日 (木)

沖縄、いちごいちえ (32)

野球にすっかり満足して、もう一度さっきの美浜アメリカンビレッジに戻る。

Dscf0008

右側の観覧車は「カーニバルパークミハマ」という複合施設。飲食店や洋服、雑貨などのお店が並んでいる。

何となく建物の中をうろうろしていると、ある美容院が目に入った。

ZA/ZA。
都会的な店構え。普段なら気おくれしてしまいそうな内装。気になったのは、看板の隣にある「ジェルネイル」の文字が目に入ったからだった。
そう、素敵なお姉さまE様の影響で最近ジェルネイルに挑戦したくてたまらなくなっていた私。でも1万円くらいすると聞いて、すっかり怖気づいていた。なのに、そこに書かれていたのは

「ジェルネイル(含アート2本) 2,800円」

ええっ、安い!!
えっと、これ実は爪1本あたりの値段じゃないよね。
店をのぞくと、金髪のお洒落なお姉さんがレジに立っていた。怖い人だったらどうしよう…。ドキドキしながら、思い切って中に入ってみる。

「あのー、外のジェルネイルについて伺いたいんですけど…」

お姉さんはパッと顔を上げて、人懐っこい表情を浮かべてくれた。ほっとする。
確認すると、確かに爪10本分の値段だという。「ただ」とお姉さんは申し訳なさそうに続けた。「今ネイリストさんがいなくて、今日やってもらえるかどうか分からないんです」
そこに店長さんらしきおじさまもいらっしゃった。ジェルネイルの客だと知って、お姉さんと同様、申し訳なさそうな表情になる。
「今彼女は都合で夕方からの通いになっていて、連絡してみないと今日対応できるかどうか分からないんですよ」
お姉さんがすぐに電話してくれるが、つながらない。店長さんと二人で困り果てた顔をしている。
ああ、この人たちすごくいい人だ。心の中がじわりとあたたかくなる。

「あの」と切り出してみた。「私すぐ近くのホテルをとっているんです。ネイリストさんに連絡がついたときに、よかったらお電話いただけないでしょうか? 大丈夫だったらすぐ来ますので」

店長さんとお姉さんは「いいんですか?」と喜んでくださった。いえいえ、こちらこそお手数おかけします。一旦店を出て、しばらくアメリカンビレッジで時間を潰すことにする。

縁があれば、きっとまた会えるはず。

(つづく)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

Dscf0198

桜、満開。綺麗な花に、切ない気持ち。あと何日見られるかな。ありがとう。

Dscf0199

夕方の空。空を見上げるの、私も好きです! 雲は雲でなくっちゃ。(某朗読に返信のつもり)

今日はとんでもない衝動買いをしてしまった。

Dscf0200

ああっ、くまさん!

オーディオやパソコンとつないで聴くことのできる、ぬいぐるみ型スピーカーですの。
しかも音が流れている間、踊るんですの。
まさに、「♪しゃべれないけど歌えるよ 歩けないけど踊れるよ♪」ですね。
ああ、幸せ。生きててよかった。

今日もつい先ほど地震がありましたね。
(名古屋も少しだけ揺れた気がします…気のせいかなあ?)
皆様、どうぞご無事で。明日がいい日になるよう、心から祈っています。

そして明日再会できる方々、楽しみにしています。よろしくお願いいたします!

2011年4月 6日 (水)

沖縄、いちごいちえ (31)

昨日はひたすら野球のマニアックなところを書いたけれど、周りも同じようにマニアックな野球ファンばかりかというとそうでもないわけで。観客をチェックするのも、野球観戦の楽しみの一つ(性格悪い…)。今日はそんな話を。

最初すぐ近くに座っていたのは、若いカップル(死語?今って何て言うんでしょ?)。横目で見ていると、明らかに二人の間に温度差がある。彼はバッターボックスに選手が立つたびに興奮して選手の名前を叫んでいる。もう公式戦のしかも天王山ではないかというくらいの力の入り方だ。それに対して彼女は明らかに不満げ。あ、携帯いじってる。きっと彼に無理矢理連れてこられたんだろうなあ。「えー、やだよ。私野球なんてわかんないし」「そこを何とか、少しでいいからさ。ルールは俺が教えてやるから」なんて言って連れてきたものの、実際試合が始まったら熱中しちゃって彼女を放置、というところだろうか。あとから喧嘩になるんだろうなあ。(こんな話、身に覚えがあるので、妄想にも実感が伴う。もちろん、彼氏側が私)
結局3回が終わったあたりで彼女が癇癪を起こして、二人は出て行ってしまった。彼氏さーん、実は4回は岩瀬が投げたんですよ~。

次に近くにやって来たのは、若いご夫婦と女の子。今度は夫婦ともドラゴンズファンらしく、二人で楽しそうに応援している。盗み聞きしていると、どうやら元々彼の方が野球好きで、彼女は引っ張り込まれた側らしい。彼が野球のルールや選手について教えてあげているのだ。その教え方がうまい!マニアックな説明はせず、「もっと知りたい」と思うような説明の仕方(詳しく盗み聞きしすぎ)。そうか、こうやって教えてあげれば恋人をドン引きさせることもなく、興味を持ってもらえるのね。図らずも恋愛講座を受けた気分。
とはいえ、まだ小さい女の子が退屈するのは仕方ないよね。女の子はすぐに飽きてしまって、そこらじゅうを走り回りながら「花いちもんめ」を歌っていた。可愛い…。私のようなマニアックなおじさんに育っちゃだめだよ。そのままお花が好きな女性になりなさいね(両親とも野球ファンだから叶わない願いかもしれないけれど)。

しかし、おそらく一番怪しいのは私だよね。一人でしたり顔で野球を見ているかと思えば、観客を横目でチェックしはじめる三十路の女…。
う、うーん。収拾つかなくなってきた(そして勝手にへこんできた)ので、今日はこれでおしまいっ!

皆様、明日もいい一日をお過ごしくださいませ!

(つづく)

2011年4月 5日 (火)

沖縄、いちごいちえ (30)

再び北谷野球場に戻ってくる。

Dscf0171

売店でプロ野球名鑑を売っていたので購入。これでよく知らない選手が出てきても大丈夫。

Dscf0012

ランチ。
中日ドラゴンズの今の本拠地はナゴヤドーム。便利なことも多いけれど、一方で、太陽の下でこんな風にジャンクフードを食べながら試合を観戦する楽しみはない。とても新鮮。

Dscf0011

砂かぶり席で観戦。

Dscf0013

先発はネルソン投手。2m以上の身長は間近で見るとやっぱり圧巻。長身から落ちてくる直球に力があるのにも納得。ただストライクが入らないのよね…。3回2失点。

撮影し忘れたけれど、3回裏に新外国人グスマンが3ランを放って、逆転!

Dscf0014

4回には岩瀬投手!貫録の3者凡退。

Dscf0015

5回からは、大好きな中田賢一投手が登板。ああ、もうこのまま熱射病で倒れてもいい。
出来も非常によかった。まっすぐでどんどん三振を取っていく。これなら、開幕投手狙えるかも!

本当は佐伯選手が出てこないかな、と期待していたのだけれど、試合が進むにつれてどんどん若手選手に交代。今日は若手を試す日みたい。残念…。そして、若手選手に代わった途端に残念なくらい増えるエラー。ああ、中日の野手って層が薄いんだなあ。悲しい。

韓国LGは、おととしまで中日に在籍していた李炳圭(イ・ビョンギュ)の所属先。見られないのかなあと思っていたら、代打で登場。おおっ!(初球打ちで凡退してしまったので、撮影はできなかったけれど)

試合は結局3-2で勝利。いいところと悪いところが両方見られて、とても楽しかった。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

さて。
もうすでに大半の方は今日の記事のマニアックさにドン引きされていることと思いますが、勢い余って続けちゃいます。遠慮なく読み飛ばしてくださいませ…。

いよいよ12日からプロ野球開幕。(追記:日にち勘違いしていました…修正済みです)
今年は震災の影響もあり、例年のように進まないことも多いでしょう。それでも開幕するからには一野球ファンとして心から応援します。いいペナントレースが繰り広げられることを期待しています。

というわけで、昨年の大失敗に懲りずに今年も行きます。

セ・リーグ順位予想コーナー!パチパチ(やけくそ)

まず、順位を決める要素として考えてみたのはこちら。

  • 統一球の採用
  • 現在の戦力(怪我人の状況も考慮)
  • 震災の影響(ホーム球場の使用や日程など)

で、順位としては

1位:ヤクルト
2位:中日
3位:阪神
4位:巨人
5位:広島
6位:横浜

かなあ、と。
理由も書こうと思ったんだけど、恥ずかしくなってきたのでやめます。(本当は途中までは書いたんだけど、自分でも引いてしまった…)
本当は、巨人はもう少し順位を上げたいのだけれど、今年はちょっと逆風が多すぎるよね。(しかも阿部が故障、というニュースも。うーん、ますます厳しい)

今年の終わりにはまた残念な報告をしそうですが、そのときは笑いものにしてやってください。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

(何事もなかったようにいつものテイストに戻そうとする)

Dscf0167

夕焼けになり始めた空。

Dscf0168

桜。

Dscf0169

ユキヤナギが満開。大好きな花。嬉しすぎて泣きそうになる。

明日もいい一日になりますように。

2011年4月 4日 (月)

沖縄、いちごいちえ (29)

前日着いたときにホテルの写真を撮りたかったのだけれど、すでにヘトヘトだった上に、入り口でお姉さんにすぐ見つかってしまったので(別に悪いことするわけじゃないけど)断念していた。

Dscf0005

というわけで今リベンジ。感動…南国だ。

Dscf0006

こちらから見ても、まさに沖縄。

初日の過密スケジュールと打って変わって、2日目の予定は野球観戦だけ。沖縄の空気を楽しんで、のんびりしたい。
早速、ホテルを出て徒歩5分のところにある、北谷公園野球場に移動。

Dscf0007

ああ、ドラゴンズの旗が! ついに、ついに私来ましたっ!
もう大興奮。10年越しの夢がかなったのだ。これからしばらく興奮して収拾つかなくなっていると思いますが、見なかったことにしてやってください…。

向かって左手に進むと、屋外練習場。各ピッチャーが打球を拾う練習中だった。
わわ、稲葉光雄さんがノックしてる。(撮り忘れたけど)

Dscf0010

あ、三瀬投手に小笠原投手。どちらも今年が勝負だねえ。応援!(←相当失礼)

今日のドラゴンズは、12時半から韓国のチームLGと練習試合。でもまだ開始まで2時間以上あるので、少し街をぶらついてみることに。

Dscf0008

ここもまだホテルのすぐ近く。美浜アメリカンビレッジという観光地。赤・青・緑・黄色。カラフルな服や小物の店が並んでいる。
一応英語を訳す仕事をしている割にあまりアメリカンテイストの商品って好きじゃないのだけれど、そんな私でさえわくわくしてくる空間。

美浜アメリカンビレッジは、米軍基地の跡地を利用して作られた都市型リゾート。
恥ずかしいことに何も知らずにやってきたけれど、北谷は普天間のすぐ近くにある。数十分ごとにすぐ上を空軍のヘリが飛ぶところ。かなり大きな音に最初はドキドキしていたけれど、この日一日だけで慣れてしまった。それでも、こののんびりした景色のすぐ隣には基地があって、ここではそれが日常になっている。ここにも、ニュースだけで知っているつもりになって結局は他人事としてしかとらえていないことがある。観光で数日来たからって分かるようになるわけではないのだけれど。

Dscf0009

川。かなり広い敷地。

うろうろしていたらもう12時。そろそろ戻ろうかな。

(つづく)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

Dscf0158

近所の川辺。ここからどんどん花開くんだ。楽しみ。ワクワク。

Dscf0159

それでも、咲いている。

Dscf0160

あちらでも

Dscf0161

こちらでも。

今日は天気もよくてポカポカで、幸せ気分!
明日もいい一日になりますように。

2011年4月 3日 (日)

4月の星空 (1)

Index01

皆様こんばんは。今日から「4月の星空」として、いつものプラネタリウム風解説をお届けしたいと思います。よろしくお願いいたします。

まず今日は、4月の主な天文イベントをご紹介します。

3日(日) 新月
   ※今日ですね。夕方の空に月が見え始めるのは6日ごろ、楽しみです。

4日(月) 土星が
   ※「衝」は、地球を挟んで太陽と土星が反対側にあるとき、つまり一番見やすい時です。今の時期、20時ごろには東の空で春の星座に紛れて明るい土星が見えます。土星は、先週ご紹介したおとめ座のスピカのすぐ近くにいます。スピカは1等星、土星は0.4等星。土星の方が少し明るいです。また、スピカは青白い色をしていますが、土星は黄色っぽい色で鈍い輝きを放っているので、そこでも区別できるかも。

11日(月) 上弦
   ※左側が欠けた半月が、夜中の12時ごろまで見られます。

18日(月) 満月
   ※18時ごろから明け方4時ごろまで見られます。…と毎月書いているのですが、太陽の昇っている時間帯が変わってきて、18時はもうすっかり明るいですね。嬉しいです。

23日(土) この頃4月こと座流星群が極大
   ※極大(一番多く流れ星が流れるとき)は23日午前2時ごろ。一時間に10個程度の流れ星が流れるそうです。ただ、この頃は月がかなり明るいので、あまり見られないみたい…残念。この流れ星は「こと座流星群」というくらいなので、こと座の方角から流れてくるように見えます。こと座は夏を代表する星座のひとつ。夜中の2時には、もう夏の星座が昇り始めているんですね。

25日(月) 下弦
   ※右側が欠けた月が、夜中の2時ごろから昇ってきます。

最後に惑星ですが、今見ることができるのは先ほど紹介した土星と金星だけです。金星は、夜明け前の南東低い空で明るく輝いています。だいぶ位置は低くなってきましたが、明るいのですぐに見つけられると思います。そして土星はこれからしばらく見頃です。春の星座と一緒に楽しみたいですね。

それでは、来週からはまた春の星座の話を続けていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

明日もいい一日になりますように!

2011年4月 2日 (土)

沖縄、いちごいちえ (28)

部屋に戻って準備しているときに、ふと思いついてテレビをつけてみた。家ではほとんどテレビを見ない生活をしているけれど、旅行先では何となく見てしまう。

朝のニュースは、ニュージーランドで起きた地震の話題で持ちきりだった。

ニュージーランドのクライストチャーチ市で地震が起きたのは2月22日の午後1時ごろ(日本時間午前9時ごろ)、この旅行に出発する日のことだった。この時(2月24日朝)の時点では正確な被害状況も分かっていない。学校が倒壊して、その中に日本人の学生が多数生き埋めになっているらしい。日本からは、救援隊が今まさに派遣されつつある――そんな時期だった。
ニュージーランドは私が行ったことのある数少ない外国だ(オークランドだけど)。ちょうど今年は留学から10年。記念にみんなで旅行に行きたいと皆で話しているところだったので、余計にショックが大きかった。何とか一人でも多くの方が助かってほしい、なんてことを考えた。

今現在この日の思いを振り返ると、恥ずかしい気持ちしかない。このときの自分にとって、地震は結局他人事だった。今日本に地震が起きて、世界中の国の人が支援してくださっているという話を聞くたびに、この日の自分を思い出している。
すべてのことに対して共感なんてできるはずがない。自分一人にできることなんて小さい。そんなことは当然。でも、もう少しだけできることを広げる努力、想像する努力をしないといけない。そして、「自分一人にできることなんて小さい」ともっと自覚していたいなあと思う。すぐ調子に乗るので…。

というのは全部後からの話。このときはニュージーランドの地震に心を痛めつつも、準備が終わり、予定通りホテルを出発した。

(つづく)

2011年4月 1日 (金)

沖縄、いちごいちえ (27)

Dscf9779

海っ!

Dscf9782

実はこの浜辺は「サンセットビーチ」と呼ばれている結構有名なところだった。空も海も濃い青。まさに絵の具を落としたみたい。

Dscf9780

つい入ってみる。さすがに2月の朝8時台の海は冷たい。それでも嬉しい。沖縄の海に入っちゃったよ。きゃー!
(しかし、ここで足が砂まみれになってしまい、しかもスニーカー+靴下だったので、ホテルに戻るときに苦労する羽目に。サンダルも持ってきていたのに、何しているんだろう)

Dscf9784

波が押し寄せる。こんなに透明でいいの?

Dscf9787

しつこく海写真アップ。

いくら見ていても飽きない海。このまま一日ここにいてもいいと思うくらい。日程がもう一日あったら本当にそうしていたかも。
でもやっぱりもう準備しなくちゃ。立ち上がった時にはたっぷり1時間たっていた。

(つづく)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

4月!大好きな月。

Aprilは、ラテン語の「花開く(aperio)」という単語から来ているそうです(一説ですが)。

Dscf0131

というわけで、近所の桜もずいぶん花開いてきた。

Dscf0132

あっちでも

Dscf0133

こっちでも。ウキウキ。

Dscf0134

用水路みたいな川なのに、水鳥さんがいらっしゃっていた。びっくり。よ、ようこそ!

Dscf0135

背景は普通の家なのに、不思議な絵…。

今日は気候もポカポカで幸せ気分。これからきっと毎日いいことが起きるはず。
明日もいい日になりますように!

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »