« 沖縄、いちごいちえ (43) | トップページ | 【小説】朝日が昇るところ (11) »

2011年4月24日 (日)

いつまでも変わらないその笑顔が輝くように

今日は、知り合いの歌手のライブに行ってきた。

Dscf0371

花束。

Dscf0372

小牧市にある小さなライブハウス。
何度もここで彼女の曲を聴いてきたけれど、今日がひとまずのしめくくり。
今夜のライブで、彼女のバンドは活動を休止する。

今日は即席バンドによるSuperflyのカバーライブ。
ロックで会場が大いに盛り上がったところで、バラードを2曲歌ってくれた。
「Last Love Song」と「愛に抱かれて」。どちらも大好きな曲。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

風のように 駆け抜けてよ
一人じゃないことを忘れないで
「愛してる」は もう聞こえない
二人だけのlast love song
(Last Love Song)

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

私よりも少し前を
歩いている あなたになど
気の利く言葉 浮かばないよ
ほんと、ごめんね

ひとつだけ 伝えてもいいかな?
少し照れるけど聞いてね
「生まれてきてくれて ありがとう」

いつまでも変わらないその笑顔が 輝くように
あなたの明日が晴れ渡るように
ずっと祈り続けてるよ
手探りでいいゆっくりと 幸せへと歩いていける
どんなときも 愛に抱かれて

離れ離れの場所で時は過ぎて 寂しいけれど
私は今日もこの街で歌う
ずっと歌い続けていくよ
あなたもまた ゆっくりと 今日を生きて輝いてね
どんなときも 愛に抱かれて
(愛に抱かれて)

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

歌いながら涙を流す彼女を見ていて、私も涙が出てきた。
彼女の苦しみなんて分からないくせに、ただの同情でもらい泣きなんて失礼だ。そう思ったけれど、涙は止まらなかった。

歌をうたう人にとって声を失うってどういうことなんだろう。
とても想像できない。
あんなに綺麗に歌える人なのに。どうして、って思う。

それでも彼女は「あなたの明日が晴れ渡るようにずっと祈り続けてるよ」と歌う。
どうか、再びここに帰ってきてくれますように。心底祈ります。
まずは、お疲れ様でした。ありがとうございます。

どうしていいのか分からない私だけど、せめてもっとがんばろう。
誰かと比べるなんておこがましくてできないけれど、「好き」を仕事にできていることに感謝して、もっと必死に丁寧に生きよう。

明日もいい一日を!

« 沖縄、いちごいちえ (43) | トップページ | 【小説】朝日が昇るところ (11) »

コメント

私もその人の歌、一度聴いてみたかったな。

ありがとうございます(>_<)ええ、Sさんと一緒に聴きに行けたらよかったな。魂が震える歌でした。CDもあるんですが、それではいまいち伝わらないかな…。一応週末にお持ちしましょうか?

おお、是非是非聴きたい!どういう形であれ、きっと歌とのお付き合いは一生続くと思うな、彼女のこと知らないけど、歌を愛するあまり辛過ぎたのかも、と思ったりしました。

そうですね…(;_;)ええ、続いてほしいって思います。ではCDお持ちします♪嬉しい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつまでも変わらないその笑顔が輝くように:

« 沖縄、いちごいちえ (43) | トップページ | 【小説】朝日が昇るところ (11) »