« 二度あることは三度目の正直 | トップページ | マンネリ »

2011年5月22日 (日)

月のなまえ(1)

やってみたかったシリーズ、その2。(ちなみにその1は、「今月の星空」シリーズです)

これまで撮りためてきた写真を利用して、月の別名をご紹介していこうと思います。ちょっと長くなるかもしれません。私がこよなく愛する月の世界、お楽しみいただければ嬉しいです。(ちなみに、別名なしで写真だけのときもあります)

【基礎知識】

月齢:新月を0として数えた日数で、ほぼ月の満ち欠けを表す数値。

太陰暦:月の満ち欠けの周期を一か月と考える暦。月の一五日を満月として、その反対の月の終わりの日が晦(つごもり→月の隠れるとき)、その翌日を一日(ついたち→月が初めて現れるとき ※「タツ」は初めて現れる、という意味)とした。

太陰暦の「一日」が「新月(朔)」、つまり月齢0です。つまり、十五夜(太陰暦の一五日)は、月齢14前後。約一日ずれるんですね。私かなり長い間この部分を勘違いしていた(恥)ので、同じ方いらっしゃるかもと説明させていただきました。月齢15のときは、もう欠けはじめているんですね。

では、さっそく。

※陰暦の日数と月齢の比較は、おおよそです。

陰暦一日(月齢0)

(さく)
新月
初月(はつづき)→中秋最初に見られる月のこと

陰暦二日(月齢1)

二日月(ふつかづき)

陰暦三日(月齢2)

023_ (月齢2.3)

もちろん、三日月

他にも、暦の陰暦三日、から来ている別名がいくつかあります。

初三の月(しょさんのつき)
三日の月(みかのつき)
三夜(さんや)

形から来ている別名は、

月の剣(つるぎ)
月の眉(まゆ)、眉書月(まゆがきづき)
繊月(せんげつ)→繊維のように細い月、という意味。二日月にも使います。
蛾眉(がび)、蛾眉月→蛾の眉のように細い月
(こう)、一鉤(いっこう)、鉤月(こうげつ)、銀鉤(ぎんこう)→釣り針のこと(銀鉤は銀の釣り針)

初めて見える月、というところに焦点をあてているのは、

新生月(しんせいげつ)→生まれたての月
始生魄(しせいはく)→魄(月の光っていない白い部分(地球照)のことらしい)が生まれ始める、の意味。
哉生明(さいせいめい)→はじめて(orようやく)明かりが生まれ始める、の意味
初月(しょげつ・はつづき・ういづき)→初めて見える月。新月を指すこともあります。
若月(わかつき・じゃくげつ)→生まれたての若い月。

017_ (月齢1.7)

こんな風に夕方の空見えることに焦点を当てているのが

宵月(よいづき)
夕月(ゆうづき)

です。

また、月が見える夕方のことを

夕月夜(ゆうづきよ・ゆうづくよ)
宵月夜(よいづきよ)

といいます。

そもそも「月」という漢字自体が、三日月の象形。ちなみに「夕」も三日月の象形で、三日月が出ている時刻を表すんですって。
月は三日月。本当に美しいです。

陰暦六日(月齢5)

047_ (月齢4.7)

今日はこのあたりまで。(三日月で力尽きた)
次回もお付き合いよろしくお願いします。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

今日は土砂降りの雨が降ったかと思うとからりと晴れたり(関東は逆かな)不思議な天気でした。
体調を崩しやすいときですね。皆様風邪など引かれませんよう。

明日もいい一日になりますように!

« 二度あることは三度目の正直 | トップページ | マンネリ »

コメント

おじゃましまーす、Homixどす。
お月さまの話、楽しみました♪月って、綺麗に優しく見えるときもあれば、時には怖く見えるときもあって、身近だけど不思議な存在です。色んな名前があるのですねー。写真も素敵です♡

みんなの影響を受けて、私もすっかり月に敏感に!

今度月の撮り方教えて下せー(何なまり?)

あー本当に素晴らしい!
\(^0^)/

これからも楽しみにしています。
(^^)

わーい、Homixさん、ようこそ(^▽^)/

本当ですね。大きく見えたり小さく見えたり、本当に不思議な存在です。

三日月は特に別名が多いんです^^なので、この後はこんなにぎっしりな記事にはならない予定(たぶん…)です。

これからもご贔屓に~♪

Sさん、ありがとうございます(^▽^)

まあ、光栄です!N先生のようにはうまく説明できないですが、今度会った時にお伝えしまーす。楽しみにお待ちくだせー♪

まあ!先生ありがとうございます(>_<*)

いきなり三日月ですっかりネタを出し尽くした感がありますが、なんとか続きもがんばります♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385455/40089288

この記事へのトラックバック一覧です: 月のなまえ(1):

« 二度あることは三度目の正直 | トップページ | マンネリ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31