« 1111 | トップページ | みっくすじゅーす »

2011年5月28日 (土)

【読書感想文】心を整える。

旅行記ばかり書いていて忘れていたけれど(笑)、そういえば私ここに読書感想文を書いていたんだった。
相変わらず読むの遅いなりに、最近も何冊か読んでいました。
読書記録、ちょくちょく載せていきます。

Dscf0660

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣
長谷部誠
幻冬舎

サッカーはあまり詳しくない私でも存じ上げております、長谷部選手。現在はドイツのヴォルフスブルクに所属、全日本チームではキャプテンを務めて、AFCアジアカップの優勝に貢献した人。現在27歳。
そんな長谷部選手がどんな風に「心」と付き合っているかについて書いた本です。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 僕のキーワードは「心」です。僕は「心」を大切にしています。スポーツ業界などでよく言われる「メンタル」という言葉で言い換えてもいいです。ただ、よく「メンタルを強くしよう」「心が折れちゃダメだ」「心を磨け」などと言われることがありますが、僕の感覚はちょっと違います。
 僕にとっての「心」は、車で言うところの「エンジン」であり、ピアノでいうところの「弦」であり、テニスで言うところの「ガット」なのです。??? という感じかもしれませんが、「メンタルを強くする」というよりも、「調整する」「調律する」と言った方が適している感覚。車のエンジンに油をさし、ピアノの弦を調律する。そして、テニスのガットを調整する。そんな感覚を心に対して持っているのです。
 つまりは「心をメンテナンスする」「心を整える」ということ。僕はそれを常に意識して生活しています。常に安定した心を備えることによって、どんな試合でも一定以上のパフォーマンスができるし、自分を見失わなくてすみます。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

「まえがき」に書かれていたこの言葉だけで、買ってしまった。私こそ、「心を強くする」という言葉を頻繁に使っていたから。「整える」という感覚が、とても新鮮に響いた。

具体例を自分の参考にできるというタイプの本ではないし(できる方もいると思います。私とは合わなかったけれど)、文章自体も、失礼ながら上手とは言えない。でも、「言いたいこと」を自分の言葉と体験を使って何とか伝えようとする姿がとても気持ちよくて、長谷部選手に対してますます好感を持った。こういう文章が書けること自体が、「心を整えている」成果なんだろうなあ、と。

一生付き合っていかなければならない自分の心。そのコントロールすらままならず、いつもどうすればもっと強くなれるかもがき苦しんでいる。
「整える」感覚。長谷部選手と同じようにはできなくても、自分も見つけていきたいなあ。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

昨日aiko歌い忘れて、勝手にショック。

♪:;;;:♪:;;;:♪

ひとつだけ思ったのはあたしの事少しだけでも
好きだって愛しいなって思ってくれたかな?
小さく脆い優しさが耳を通り包み込む
それだけで体全部がいっぱいだったのに…

  (二時頃)

♪:;;;:♪:;;;:♪

あと4日寝るとラーイブ!

雨つづく毎日ですが、明日もいい一日になりますように!

« 1111 | トップページ | みっくすじゅーす »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385455/40172837

この記事へのトラックバック一覧です: 【読書感想文】心を整える。:

« 1111 | トップページ | みっくすじゅーす »