« 秋、京都へ(6) | トップページ | 秋、京都へ(7) »

2011年10月16日 (日)

10月の星空(3)

Index01

皆さん、こんばんは。
今週は雨続きでしたが、今日は晴れ渡りましたね。
遅れを取り戻すように、夏の(笑)星座を紹介したいと思います。

もうすっかり秋なんですが、空ではまだまだ夏の星座がにぎやかです。
今でも夜7~8時ごろに空を見上げると、南西の高いところに夏の大三角が見えています。実は、この三角のすぐ近くには小さな星座がたくさんあります。個人的にお気に入りの星座ばかりです。今日はそんな星座を、一気に紹介したいと思います。

三角形は見つかるでしょうか?一番高くに見える星(白鳥座のデネブ)からまっすぐ西に行くと、すぐに一番明るく輝いている星(こと座のベガ)が見えます。デネブに戻ってから、今度は南に下っていくともう一つ明るい星(わし座のアルタイル)が見えます。この3つで夏の大三角を作ってみてくださいね。
最初にご紹介する2つは、この三角の中にある星座です。

まず一つ目。てっぺんのデネブと南のアルタイルを結んで、そのちょうど真ん中あたりにあるのが、こぎつね座です。

Dscf2128

こちらが星の並びです。
暗い星ばかりですし、どこがこぎつねなのか理解に苦しむこの無理矢理さ。そう、こちらも17世紀になってからできた星座です。天文学者ヘベリウスが新しく作ったのですが、最初は「鵞鳥(がちょう)を口にくわえたきつね座」という名前をつけていたそうです。

Dscf2130

たしかに鵞鳥が…(笑)。

次にご紹介する星座も、夏の大三角の中にいます。88星座の中で三番目に小さな星座、や座です。

Dscf2131

はくちょう座のくちばしにあたる星アルビレオ(十字のうちデネブの反対側にある星です)と、さきほどのわし座のアルタイルのちょうど中間にあります。暗い星ばかりですが、アルファベットのY字を探してみると見つかるかもしれません。私はやってみたことがないのですが、7倍くらいの双眼鏡を向けるとちょうど視野いっぱいに見えるようですよ。

Dscf2132

まさに「矢」でございます。
ギリシア神話ではこの矢は、愛と美の女神アフロディーテの息子エロスの矢です。エロスが金の矢で胸を射るとどんな神様さえも恋に落ち、鉛の矢で射ると憎しみでいっぱいになってしまうんですって。ちなみに、この「エロス」がローマ時代以降の「キューピッド」というわけです。

どんどん行きまーす!続いては、三角形を飛び出してさらに南の空に。今度は88星座の中で五番目に小さな星座、たて座です。

Dscf2133

えー、こちらも星の並びを見つけるのは難しいです(私は無理…)。前回紹介したいて座とわし座の中間をなんとなく探してみてください。天の川が見えるくらいの山奥でこのあたりを見ると、とくにこの星座のあたりが明るく輝いて見えます。

Dscf2135

こちらも天文学者ヘベリウスの作。天の川の中で最も美しい部分を切り取って作った星座なんですって。
1683年、オーストリアにオスマントルコ軍が攻め込んできたとき、ヨーロッパ諸国は一丸となってこれを迎え撃ちましたが、このとき、ヨーロッパ軍を大勝利に導いたのがポーランド王ソビエスキーでした。これを記念して作られたのが「ソビエスキーの楯座」で、これが後にたて座になったのでした。

最後は、くまぼぼ大プッシュの星座でございます。今度は夏の大三角よりも東側です。こちらです。シャララン♪

Dscf2134

いるか座、といいます。アルタイルから北西に少しだけ移動して、4個の小さな星が小さなひし形を作っているのを探してみてください。ひし形から南に2個の星が並んでいるのが見つかれば、これがいるか座です。星の並びは本当に可愛らしい。私だけではなく、天文好きの人の間ではかなり人気の高い星座だと思います。

Dscf2136

しかし星座絵は可愛くない…。
ギリシア神話によると、これは竪琴の名手アーリーオーンの命を救ったいるかの姿だと言います。アーリーオーンはあるとき、シチリア島の音楽コンクールで優勝して、山のような賞金を受け取ります。ところが、帰りの船で金に目がくらんだ船員たちに金を奪われ、海に飛び込めと脅されます。覚悟を決めたアーリーオーンは、琴を奏でて最後の歌を歌うと海に飛び込みましたが、そこに現れたのが、音楽に聞き惚れて集まったいるか。いるかたちはアーリーオーンを背中に乗せて、無事に故郷の港まで送り届けました。その功績により、音楽の神アポロンが星座に上げたのだそうです。

小さな星座は見つけるのが大変ですが、見つけると本当に愛しい気持ちになります。山などに行かれることがあれば、ぜひぜひ探してみてくださいね。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

星座一覧表もよろしくお願いします!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

(本当はここ数日ずっと紹介したい星座があるのに、不測の事態により一向に紹介できない…ぶつぶつ…ってこれだけでわかる人がいたらすごいなあ。独り言でした)

***

夕方、洗濯物を取り込もうと思ったら

Dscf2127

なんだかすごく切ない空の色と、筆で描いたような雲。

あなたは今どこに居るの
笑ってる?泣いてる?

この場所から愛を込めて
あなたを呼んでる
拾って壊してまた捨てて 途方もなく続く

あぁ誰も傷つけることなく 生きていけたならいいのに

(矢井田瞳「YES」)

明日も幸せである様に♪

« 秋、京都へ(6) | トップページ | 秋、京都へ(7) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385455/42541174

この記事へのトラックバック一覧です: 10月の星空(3):

« 秋、京都へ(6) | トップページ | 秋、京都へ(7) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31