« 雨とか晴れとか | トップページ | いろいろでびゅーその1 »

2011年10月23日 (日)

10月の星空(5)

Index01

皆様、こんばんは。
最近(私にしては)ハイペースでの更新でがんばってみたところ、なんと追いつきました!
今日からはちゃんと「秋の星空」の紹介です。よろしくお願いします。

実は、秋の星座はかなりの部分が一続きの神話で語ることができます。ちょっと一回の更新では書ききれないため、二回に分けようと思います。

まずは、秋を代表する星座、ペガスス座です。

Dscf2199

今の季節ですと、夜8時ごろに頭の真上に見えています。2等星3個と3等星とで大きな四角形を作っています。特別明るい星があるわけではありませんが、周りに星が少ないため、秋の空ではもっとも目立つ星座です。そのため、この四角形は「秋の大四辺形」と呼ばれています。(ちなみに和名は「枡形星(ますがたぼし)」です)
他の星座を探すときにもこの星座が目印になることが多いので、ぜひ見つけてみてくださいね。

さて、その四辺形の左と右の星を結んで、そのまま右にぐぐっと伸ばしていきます。いくつかの星を点々とつないでいくと、これがペガススの首です。さらにその先には鼻に当たる2等星もありますよ。このペガススは、上半身だけが描かれています。

Dscf2198

こんな姿です。
ギリシア神話によると、これは翼をもち、空を駆ける天馬ペガススの姿だといいます。

そして、このペガススに乗って冒険した英雄が、ペルセウス座です。

Dscf2200

今なら夜9時ごろに、北東の空に見えます。一番見やすいのは12月から1月の夜9時ごろ。この頃には頭上高いところに輝いています。
東の空には、今年のはじめに冬の星座として紹介したおうし座ぎょしゃ座が昇り始めています。そのぎょしゃ座の五角形から上に目をうつしてください。「人」の文字で星が並んでいるのが見つかったら、これがペルセウス座です。

Dscf2203

ギリシア神話では、アルゴスの王子ペルセウスの姿だと言われています。

ペルセウスは手に何か持っていますね。これは、怪物メデューサの首です。メデューサは、髪の毛が蛇になっていて、にらんだものを石に変えてしまう怪物です。ペルセウスはメデューサに鏡を見せて退治した、と言われています。
このメデューサにあたる星は、アルゴル(悪魔)と呼ばれる変光星です。変光星とは、ある周期で明るさを変える星のこと。アルゴルは2日20時間48分29秒の周期で2.2等星から3.5等星まで明るさを変えます。その不気味な様子を、メデューサになぞらえているんですね。

また、ペルセウスが掲げている剣の先には、二つの星団があります。一つはh(エイチ)、もう一つはχ(カイ)と言います。非常に近いところで並んでいる星団で、空の澄んだところなら、肉眼でもぼんやり輝く光の雲が見えます。双眼鏡でのぞいてみると、とても美しいですよ。

もう一つ。夏に紹介したペルセウス座流星群は、この星座の方角から流れてくるんですよ。

最後は、このペルセウスがメデューサ退治の帰り道に戦った相手です。くじら座、といいます。

Dscf2201

明るい星は少ないものの、全天4番目という巨大な星座です。
見つけるときは、先ほどのペガスス座を使います。大四辺形の左の辺を、辺の長さの約2倍下に伸ばすと、明るい星にぶつかります。これがくじらのしっぽに当たるデネブ・カイトスという星です。次に、東の空に赤く輝く星を探してみてください。おうし座のアルデバランです。そのすぐ近くに、星の集まり(すばる)は見つかりますか?このすばるのすぐ右側に、暗い星ばかりで小さな五角形が並んでいるのが、くじらの頭部です。

Dscf2204

こんな姿です。くじら、とは言っても、現代の私たちがなじんでいるあのくじらではなく、ギリシア人の考えた想像上の怪獣なのです。ちょっとセイウチっぽいと思えばかわいいかも。。
このくじらがどういうわけでペルセウスに対峙することになったのかは、次回(いつだろう…)書きます。

さて、このくじら座にも実は変光星が含まれています。くじらの心臓のところにある星、ミラです。車の名前にもなっているので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。この呼び名は「ステラ・ミラ(不思議な星)」から来ました。ミラはおよそ332日の周期で2.0等星から10.1等星まで明るさを変えます。そして、実は先月、その2.0等星になりました。今もまだ肉眼で見えると思います。

余談ですが、「変光星」と一言で言っても、なぜ明るさが変わるかの理由は様々です。先ほどのアルゴルは、実は二つの星が近づいたり遠ざかったりしているために、見た目の明るさが変わっていく、というものでした。しかし、今回のミラは本当に星自体の大きさが変化します。一生の末期に近づいた星(赤色超巨星、といいます)で安定を失っているため、膨らんだり縮んだりしているんですね。

というわけで、秋の星座紹介、次回に続きます。引き続きよろしくお願いします!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

星座一覧表はこちら

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

明日も幸せである様に♪

« 雨とか晴れとか | トップページ | いろいろでびゅーその1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385455/42653896

この記事へのトラックバック一覧です: 10月の星空(5):

» ギリシャ神話と親子対決 [投資一族のブログ]
父は尋ねた。「最近、どんな本を読んでいるのか?」 息子が答える。「怪談レストラン」 怪談レストランとは、私が元株主だった4816東映アニメが後ろについている児童文学で小学校の図書室や図書館の子供コーナーに本があるばかりかテレビアニメ化もされている。昔で言うところの水木しげるの「ゲゲゲの鬼太郎」の"本"のような位置づけであろう。 「怪談レストランを読んでみたが、こういうお化けの話が好きならば、ギリシャ神話を読んでみたらどうかね? ファイナルファンタジー3やドラクエのようなゲームに出てくるモンスターも沢... [続きを読む]

« 雨とか晴れとか | トップページ | いろいろでびゅーその1 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31