« 秋、京都へ(4) | トップページ | 秋、京都へ(6) »

2011年10月14日 (金)

秋、京都へ(5)

帰りは「嵐電」。町の中を走っていく電車にひそかに興奮。
着物を返したら、もう7時近い時間。先にホテルにチェックインして荷物を置いてから、夕食を食べに行くことに。

私にはさっぱり場所が分からなかったのだけれど、地図を見たVぼぼさんがささっと案内してくださり無事にホテル到着!
かあさん、私、ホテルの名前もわからないところからここまで来ました。涙。
ままぁ~♪(←盗作)
ここ数年のホテル人生(なんだそれ)の中でもまれに見る部屋のボロ…ごほん、アンティークな雰囲気に軽く衝撃を受けつつも、気を取り直して夕食に出発。

Dscf2040

(そろそろ写真のなさが辛くなってきたので(笑)、関係なくもみじの写真)

夕食は鴨川沿いの牛角へ。Vぼぼさんが牛タン無料券をお持ちだったのです。お世話になりっぱなし。
私しか食べられないホルモンを大量に注文してしまって申し訳ないことになりつつも、お腹いっぱい。満足です。

さて、京都に来たからには、やはりお邪魔したいVぼぼカフェ!
もう21時過ぎでだいぶ迷惑な時間だったけれど、強引に伺うことに。
最初は鴨川沿いを歩いて向かい始めたけれど、この日はめちゃめちゃ寒かった。スプリングコート着ていたのに、ほぼ役に立たない。
※でも、こんな時間で寒くても、さすが鴨川。ちゃんとカップルはいらっしゃいました(さすがに等間隔ではなかったけれど)。「一緒なら寒くないね(はーと)」でしょうか。いや、寒いし。…と毒を吐いてみる私たち。すみません。
川から離れて、裏道からお邪魔しました。

Z_m

Vぼぼカフェでは、こんなお洒落なおもてなしが!
ちゃんとカップはくま!なんと心憎い(涙)。

楽しいおしゃべりはあっという間。11時過ぎまでたっぷりお邪魔して、おいとまさせていただきました。
本当に楽しい1日でした。ありがとうございます!

**

さて。ここからくまぼぼはホテルまで一人でどうやって帰るのか。
ふふふ、それが大丈夫なのですね。私にはちゃんとVぼぼナビがついていました。
ホテルから三条に向かうときに、「この行き方を逆に行けばいいからね」と丁寧に教えていただいていたのである。さすがー。

京阪本線で四条まで行ったら、いったん地上に出て、川を渡って今度は京急線の四条から烏丸駅まで行く。烏丸駅の26番出口を出れば、あとはまっすぐにホテルに向かうだけ。

Cafe 246の真ん中を取った番号、と覚え方まで教えていただく(笑)。至れり尽くせりです。これなら、いくら私でも無事に帰れるでしょう。
四条で一瞬逆方向に歩き始めたものの、すぐ気づいて軌道修正。乗り換えもうまく行って、無事に烏丸駅に到着。よし、順調!(←そうか?)
246の26番、26、26…とつぶやきながら歩いていくと(突き当りだった)、なぜかその手前に駅長さんらしき方が立っている。あ、あれ?

「あ、26番はもう閉鎖しているんで、別のところから出てくださいねー」

えええーーっ!嘘!?
完璧な計画が一瞬で破綻したことに、パニックを起こす私。

「そんな!じゃあ私どこから出たらいいんですか!?」と駅長さんに食い下がる。迷惑すぎる…。

「いや、25番から出たらいいじゃないですか」とあきれ顔で言われるものの、25番と26番の位置関係が分かんないんですー(涙)。
結局25番は26番と同じ通りに出られたので傷は浅かったけれど、この最後のジェットコースタードラマですっかりくたくた。
ホテルに戻ってブログをアップしたらもう限界。そのまま眠ってしまった。

(つづく)

***

(連載10回が目標とか言いつつ、もしかして1回あたりが長くなっているだけですか…?いつもの長さなら、今回も20回以上コースだったのでは…)

Dscf2093

近所の喫茶店のあんかけスパがめちゃめちゃおいしかった(しかも、照り焼きチキン載せ)。なんだようもう。これからここでいいじゃない。

雨の一日。寒くなってきました。皆様、体調など崩されませんよう…。
明日も幸せである様に♪

« 秋、京都へ(4) | トップページ | 秋、京都へ(6) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385455/42512891

この記事へのトラックバック一覧です: 秋、京都へ(5):

« 秋、京都へ(4) | トップページ | 秋、京都へ(6) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31