« 雨と散策 | トップページ | 半分疑って、半分信じて »

2012年4月15日 (日)

4月の星空 【東の空編】

Skyl

みなさん、こんばんは。
4月も引き続き、星空の紹介をしたいと思います。
先月とは逆に、東の空からスタートします。
(上の図は東の空を見上げた時のイメージです)

時間は夜の8時。まずは、真東を見上げてみてください。オレンジ色の明るい星が見えると思います。うしかい座のアークトゥルスです。全天で4番目に明るい恒星ですので、かなり目立って見えます。この星から北の方にネクタイのような形をつなげれば、それがうしかい座です。

続いて、アークトゥルスから右(南)に目を移すと、黄色と白の明るい星が並んでいます。左側の黄色い星が土星、そして右側の白い星がおとめ座のスピカです。このスピカから逆さまのY字を描くと、おとめ座の形を作ることができます。Yの左上の星(なので実際には右下)がスピカです。

アークトゥルスとスピカは、夫婦星などと呼ばれます。
ほぼ横一線に明るい星が並ぶ様子は壮観ですね。
さらに、先日も紹介しましたしし座のデネボラと合わせると、春の大三角です。(△←大きな三角形です。この形)
また、左上におおぐま座のひしゃくが見えますでしょうか?このひしゃくの柄をぐぐーっと伸ばしていくと、アークトゥルス、スピカを経由して、からす座にぶつかります。これを春の大曲線と言います。

では、アークトゥルスに戻ります。
アークトゥルスのすぐ左(北)のあたりを眺めてみてください。「C」を逆にしたような星の並びが見られると思います。かんむり座です。街中でも、空気の澄んだ日なら見られますよ。

このあたりの星座はどれも春の星座。
空にはいよいよ、本格的な春が訪れています。

明日も幸せである様に♪

« 雨と散策 | トップページ | 半分疑って、半分信じて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385455/44896847

この記事へのトラックバック一覧です: 4月の星空 【東の空編】:

« 雨と散策 | トップページ | 半分疑って、半分信じて »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31