« また出会う、高山(10) | トップページ | 春のはじまりに »

2013年2月 3日 (日)

また出会う、高山(11)

陣屋を出てから、橋を一つ渡るとそこは「さんまち」。

Dscf6773

今回の旅行ではこのムックにお世話になったのですが、ここにも「さんまち」のことが載っています。

さんまちとは、高山市街地の中心部に位置する上一之町、上二之町、上三之町と安川通り(国道158号)より北側の下一之町、下二之町、下三之町の総称。重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている。

Dscf6774

こんな風に特集まで組まれている、観光スポットなのです。

そして、私がすごーく気になっていたのが、「着物貸し出し」というイベントだった。

4~5月、9~10月の土・日曜、祝日に、着物を借りて町を散策できるイベントが行われる。数十種類の中から好みの着物を選べて、着付けをしてくれるほか、小物類もそろう。記念写真撮影サービス(1枚)もある。

とのことで、料金は2時間で1500円(今調べてみたら、今年もやるみたいです)。そのくらいあればさんまちなら歩けそう。観光施設の割引もできるって。ワクワク。

というわけで、嫌がる同行人を無理矢理引っ張って、受付(高山市政記念館)へ。受付の人はとても気さくで、一緒に着物を着るといいですよー、と私寄りに説得モード(これは私の立場からの意見で、相手にしてみたら本当迷惑な話だったと思います…今は反省しています…すみません…)。
「それにね」と受付の方。
「観光手形があるんですよ。たとえば、陣屋ってご存知ですか?」
「あ、そこ今行ってきました」
「あらら、そうなんですか?この手形があれば、陣屋も無料で入れたんですよ」

えええええ!
飛騨路フリー切符のおかげで安くなった♪とか喜んでいた私って一体…。

しかもよく見たら、観光手形のこと、さっきのまっぷるにも書いてあった…(それが陣屋に適用される、とは書いてなかったんだよう…言い訳)。

こちらに、手形が利用できる施設が書かれています。もしご利用されることがあれば、ぜひ参考になさってください。。。

陣屋、元の入館料は820円なので、ここに行くだけでかなり元がとれます…しょんぼり。

結局、無理矢理押し切りました(鬼)。着物を着て、いざさんまち散策!

明日も幸せである様に♪

« また出会う、高山(10) | トップページ | 春のはじまりに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385455/49171286

この記事へのトラックバック一覧です: また出会う、高山(11):

« また出会う、高山(10) | トップページ | 春のはじまりに »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31