« ごほうび | トップページ | 今年も早かった »

2013年11月26日 (火)

つながるなかで

Dsc_0278

ひょんなことから、aikoの最新アルバム『時のシルエット』を久しぶりに聴いている。
後期(私が勝手に分けた)の中では、1、2番目くらいに好きなアルバムで、発売当時にはかなり聴きこんでいた。
当時圧倒的な印象に窒息しそうになっていたのが「自転車」。もはや、「好き」と言っていいのかもわからないくらいの存在感だった。
それ以外にも、「Aka」「白い道」「運命」あたりは素直に好きな曲だなあ、なんて思っていた。

それが、今回改めて聴き直したら、(「自転車」は別格として)好きな曲が変わっていたのだ。

朝は青い 少しだけ眠い
あなたの胸の奥聴いたら
大切に秘密にあたしの胸の奥しまっておくよ

知らない体抱くような
取り残された気持ちは
色んな想いに包まれ
今からこの部屋を出る
あなたが知ることのない新しい日が始まる

(aiko「クラスメイト」)

アルバムの真ん中くらいに入っている曲だれど、「自転車」につながる最後から2曲目に置いてもいい…と思うくらい。メロディにも歌詞にもひきつけられる。

気持ちが変わった理由は色々あるだろうけれど、ライブに行ったことが大きい気がしている。今年観に行ったライブ2本のどちらも、この曲で締められていたのだ(アンコールは別)。
これまでのライブとはずいぶん毛色の違う曲順で、なぜなんだろう?と不思議に思っていた。でも、違和感があったわけじゃない。あのライブの最後は、この曲こそがぴったりはまる存在だった。15年という時を見つめながらも次の時に向かって踏み出そうとするaikoの意志を(勝手に)感じた。

そうか。それがそのまま『時のシルエット』のテーマなんだ。「時の影」を感じるのは、ほとんどの場合、「時」が過ぎ去った後。だから、切ない気持ちになることが多い。でも本当は、「影」は過去のものとは限らない。アルバムの中に入っているたくさんのシルエットの中で、未来までがテーマに入っているのは、この曲だけなのかもしれない。

…と言いつつ、そんな難しいことは今初めて考えたのであって(ぶち壊し)、さっきまで聴いていたときに思っていたのは、「やっぱり直接触れた曲は違うんだなあ」だけ。別にMCで何か解説されたわけではなくても、この曲につながっていく思いや過去や未来は伝わってくるから、聴き手の思い入れも高まっていく。
ライブって、やっぱりいいわねえ。

明日も幸せである様に♪

« ごほうび | トップページ | 今年も早かった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つながるなかで:

« ごほうび | トップページ | 今年も早かった »