« それらしいこと | トップページ | 今年2番目の衝撃 »

2014年2月16日 (日)

笑っていた

うたた寝していたら、彼女がいた。

本当は今日も心の底で重たいものを引きずっていた。
夕べは、布団の中で自分の罪が次々によぎった。関係ない罪まで全部。
何とかしようと思ったのに何もできなかったことよりも、一度はつかんだ手を自分の意志で離したことの方がずっと重い。
結局離してしまうなら、どうして最初に手をつかんだんだ。そんな力もなかったくせに、どうしてできると思ったんだ。
あの人もこの人も平和に生きていたのに。私がぶち壊した。それが言い過ぎなら、ぶち壊すきっかけを作った。
こんなこといつも思っているわけじゃない。こんな気持ちはもうたくさんだ。2月なんて早く終わってしまえばいいのに。むしろ、二度と来なければいいのに。

実家の近くを歩いていたら、ばったり彼女に会った。
「あれーっ、久しぶり!」と声を掛けると、「お茶でもしたいけど、ちょうどそこの喫茶店で書き物をしようと思っていたの。一緒に行く?」と誘われた。
歩きながらも弾むおしゃべり。その途中で思い出す。

「そうだ。誕生日おめでとう!」
その瞬間に彼女が見せた不意を突かれた顔、そしてこぼれる笑顔。

笑ってくれてほっとした。あの頃に戻った気がした。
次に会う時には、私ももっと笑えますように。

« それらしいこと | トップページ | 今年2番目の衝撃 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385455/55025166

この記事へのトラックバック一覧です: 笑っていた:

« それらしいこと | トップページ | 今年2番目の衝撃 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31