« 復活エース | トップページ | 夜中になるかと思った »

2014年5月 8日 (木)

ひとりごと

あまりに傷ついたときには、あんな人、不幸になってしまえばいいのに…なんて思うことだってある。人のことをこれだけ馬鹿にしておいて、自分は幸せになろうなんて虫のいいことが通ると思うなよ、と心の中で毒づくこともある。
その罵倒は、すぐにブーメランで自分のところに返ってくるのだった。
他人を傷つけた人に幸せになる権利がないのなら、私なんてどれだけの人を自覚的にも無意識にも傷つけてきたのか。

誰かに対しては非道な振る舞いをしている人がいたとする。一生恨まれても仕方ないくらいのひどいことをしたその人が、自分の友人や恋人、家族には愛情を持って優しく接している、…なんてこといくらでもあるだろう。
360°すべての方向に対して等分に誠実に優しく付き合う、なんてことはできないし、できる人がいたら逆に信用できないかもしれない。
自分に対して誠実じゃない人は、自分のことをその程度の位置にしか置けなかっただけ。どちらが悪いわけではなく、そういう相性というだけなんだ。
みんな懸命に生きている。誰もがその分幸せに笑顔で生きる権利を持っている。罪滅ぼし、などといって不幸になる必要はない。

結局、過去は過去。過去にとらわれて今の生き方を変えるなんてばかばかしい。
今を幸せに。あの人もこの人も、私も。

もやもや、遠投。

« 復活エース | トップページ | 夜中になるかと思った »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385455/56124501

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりごと:

« 復活エース | トップページ | 夜中になるかと思った »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31