« 甘くて苦い日(3) | トップページ | 走から変へ »

2014年12月29日 (月)

2014年度記録集 終わりよければ

2014年ももう終わりですね。
今年の反省、まとめ、全部できてますかー?…はっ、野球!

というわけで、途中まで書いたところでエラーが出て全部消えた悲劇から2か月、ようやく折れた心が戻ってきたので今度こそまとめます!

3月1日(土) 中日vs横浜 @ナゴヤドーム【オープン戦】
結果:1対7●
勝:井納
負:岡田(先発:山井)
セーブ:林

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
横浜 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2
中日 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

いきなり負け。今思えばこの日の先発は井納投手だったのか。いや、こっちだって勝ち頭の山井投手だったのだ。いい試合を見ていたらしい。負け芸磨こうとしていたけど。

3月6日(木) 中日vs西武 @小牧市民球場【オープン戦】
結果:2対1○
勝:小林(先発:岡田)
負:ウィリアムス(先発:岸)
セーブ:武藤

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
西武 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
中日 0 0 0 0 0 0 0 2 x 2

祝、連敗ストップ!オープン戦だけど。ペナントに限らなければ6連敗の後の勝利でした。
すばらしい投手戦の後ついに相手チームに1点入った直後に鮮やかな逆転…という、展開としても時間としても言うことなしの試合でした。今見たら小林投手が勝ち投手じゃないですか。今年結局1回しか登板しないで引退することになるとは。うるうる。

3月22日(土) 中日vs楽天 @ナゴヤドーム【オープン戦】
結果:0対3●
勝:塩見
負:大野
セーブ:ファルケンボーグ

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
楽天 2 0 0 0 0 0 1 0 0 3
中日 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

ナゴヤドームに帰ってきたら、また安定の負け。もう今年は負けた試合では試合の内容をブログに書いていないから(THE負け芸)、さっぱり思い出せない。

3月29日(土) 中日vs広島 @ナゴヤドーム
結果:1対6●
勝:九里
負:大野

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 0 1 0 0 0 2 0 0 3 6
中日 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1

開幕投手かと思っていたら2戦目の先発だった大野投手…でしたが、エルドレッド選手に2発を浴びて降板。投げてはルーキーの九里投手に手も足も出ず。
ブログには何を書いたんだったっけ…と思って読み返したら、パイの実を食べて遊んでいた。すさんでますね私…。

4月22日(火) 日本ハムvsソフトバンク @東京ドーム
結果:1対2
勝:スタンリッジ
負:メンドーサ
セーブ:サファテ

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
ソフトバンク 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2
日本ハム 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1

初の東京ドーム!ソフトバンク戦を見に行けば、大好きだった某中日からFAで移籍した投手を見られるかも…という下心でこの日のチケットを買ったら、まさかのスタンリッジ投手。「中田投手(某、意味なし)は無理だったけど、代わりに元セリーグの別の投手にしといたから!」といういつもの神様の計らいに違いない。いつもながら雑…。
でも大谷選手の活躍も中田選手のハッピーバースデーも見られて、レアなトリプルプレーまで見ることができたのでとっても満足。ホテルへの帰り道が土砂降りで大変な目にあったことも含めて思い出深い試合でした。

5月1日(木) 中日vsオリックス @ナゴヤ球場【ウエスタンリーグ】
結果:6対5○
勝:吉見(先発:山本昌)
負:平井(先発:八木)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
オリックス 1 1 0 1 1 1 0 0 0 5
中日 1 0 0 0 1 0 0 3 1x 6

2軍戦とは思えない豪華リレー(山本昌→大野→吉見)ということもあって、かなり賑わっていたナゴヤ球場。序盤につけられた大差を最後にひっくり返す展開といい、復活登板の吉見投手が素晴らしい出来だったことといい、この後のペナントレースを少し期待してしまう試合だった(甘かったです)。
そして屋外の試合、楽しかったー!

5月3日(土) 中日vs巨人 @ナゴヤドーム
結果:5対9●
勝:大竹
負:岡田

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
巨人 6 1 1 1 0 0 0 0 0 9
中日 5 0 0 0 0 0 0 0 0 5

初回にいきなり波乱の展開で夜中になるかと心配した試合。試合自体は早々に壊れたものの、収穫はこの日にロングリリーフした濱田投手。この翌週に初先発初完封をやってのけた若者は、この日も十分その雰囲気を出していました。怪我が治って来年も元気に活躍してくれますように。

5月5日(月) 中日vs巨人 @ナゴヤドーム
結果:2対3●
勝:菅野
負:朝倉
セーブ:マシソン

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
巨人 0 0 2 0 1 0 0 0 0 3
中日 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2

GWの巨人3連戦は2試合目だけ勝ったので、見事に勝ち試合を避けるように見に行った私たちだったのでした。無念。この日は珍しく外野応援席で観戦。盛り上がりすぎました(あ、テレビには映っていなかったです。ほっ)

5月17日(土) 中日vsヤクルト @ナゴヤドーム
結果:1対4●
勝:八木
負:カブレラ
セーブ:ロマン

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヤクルト 1 0 1 0 0 1 0 0 1 4
中日 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1

このときも直前まで連勝していて「またか、また同じパターンなのか」と思っていたら、このときのヤクルト3連戦はまさかの3タテ。もっと悪いよ…。
このあたりからはネタで誤魔化しきれないくらいに荒んできていた。

6月8日(土) 中日vs日本ハム @ナゴヤドーム【交流戦】
結果:0対6●
勝:上沢
負:朝倉

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本ハム 0 0 2 0 1 2 1 0 0 6
中日 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

サンドラデーで盛り上がろう!という日だったのに、何一ついいところのなかった試合。しかし荒みきった私をよそに、同行者は「次はいつ行こうねえ」とどこまでも穏やか。ファンのあり方というものを見直す日となりました(大げさ)。神様、こんな優しい人にそろそろめったにない勝ち試合を、楽しい試合を見せてあげてください…!と心から願ったけれど、当時の私は、自分の神様の雑な仕事ぶりを知らなかったのであった。

7月12日(土) 中日vs広島 @ナゴヤドーム
結果:1対3●
勝:前田
負:山井
セーブ:ミコライオ

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 0 0 1 0 0 0 0 2 0 3
中日 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1

先発は、この時点で「無敗の男」だった山井投手、だったのですが、失点1ながら結局負け投手に。無敗の男が負けるというレアな姿を見てしまった。
ちなみにこの日は浴衣デー。縁日で遊んでからの観戦、ということで楽しい試合にもなりました。つまり
「めったにない勝ち試合を、楽しい試合を…」
神様ー!肝心なところだけ忘れてますー!

7月16日(水) 中日vs阪神 @ナゴヤドーム
結果:0対2●
勝:メッセンジャー
負:吉見
セーブ:呉昇桓

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪神 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
中日 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

この日の先発が吉見投手、と聞いて急遽1人で行ってきた試合。ビバ、フリーランス!
投球を素人目で見る限り、復活はすぐ目の前のように思えたけれど、オフの番組をみていたら、すでに5回くらいには肘に痛みを感じていたらしい。そして、この1週間後の登板では痛みで思うように投げられないままノックアウト。そのまま吉見投手の2014年は終わってしまった。
野球(に限らないけれど)のプロなんて体に悪いことばかりだってこういうときに痛感します。期待もプレッシャーも当然あるだろうけれど、これ以上無理しないでくれたらいいなあって勝手に思う。体そのものより大切なことなんてないんだから。

7月30日(水) 愛知県大会準決勝 @岡崎市民球場【高校野球】
東邦 8-1 豊田西
中京大中京 0-6 栄徳

初の高校野球観戦。これは本当に楽しかった!日焼けと熱中症対策をしっかりして来年もぜひ再挑戦したいです。

8月16日(土) 中日vsヤクルト @ナゴヤドーム
結果:6対0○
勝:山井(完封)
負:新垣
セーブ:呉昇桓

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
中日 0 1 3 2 0 0 0 0 x 6

そしてついにやってきたその日。12試合ぶりの勝ち試合(ペナント除く)。やってくれたのはやっぱり「無敗の男」でした。まさかの完封というおまけつき!
「ごめんごめん。前回忘れていた分、今回オプションもつけといたから!」(by神様)

8月30日(土) 横浜vs巨人 @横浜スタジアム
結果:5対4
勝:長田(先発:モスコーソ)
負:マシソン(先発:大竹)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
巨人 0 0 0 0 0 0 2 2 0 0 4
横浜 3 0 0 0 0 0 0 1 0 1x 5

こっそり横浜旅行した日に観戦した試合。前に見に行った時と盛り上がりが全然違っていて、びっくりした。以前は、どんなに負けていても野次さえなかったというのに。勝てるチームになってきたんだなあ。しみじみ。
といいつつ、肝心のサヨナラの瞬間は見届けずにマリンタワーに移動してしまったんだけど。

9月5日(金) 中日vs阪神 @ナゴヤドーム
結果:6対0○
勝:山本昌
負:能見

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
中日 0 0 0 2 0 2 2 0 x 6

この日の先発が山本昌投手、と聞いて急遽1人で行ってきた試合。ビバ、フリーランス!(2回目)
初回にいきなり1アウト3塁のピンチを招いて「あかーん!」って思っていたのが、終わってみれば唯一のピンチらしいピンチ。本当にすごい試合を見せていただきました。
さすがのレジェンドも来年で引退と公言している(10勝したら続けるそうですが!)。冠婚葬祭レベルの用事と重ならない限り、昌さんの試合だけは何としても見に行きます!

9月6日(土) 中日vs阪神 @ナゴヤドーム
結果:7対2○
勝:山井
負:藤浪

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪神 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
中日 1 0 0 0 1 1 0 4 x 7

その翌日に見に行った試合でも勝利!最初のやさぐれ方が嘘のように幸せ。
「負けた試合でも少しでも楽しいところを見つけて」って必死に強がっていたけれど、もちろんそうありたいという気持ちもうそ偽りない本心なんだけど、やっぱり勝ち試合を見てわーい!って喜びたい。ファンとして、あまりねじれたことを言う(5位予想とか)のはよくないよね、と改めて反省したのでした。

10月1日(水) 中日vs横浜 @ナゴヤドーム
結果:4対2○
勝:大野
負:モスコーソ
セーブ:福谷

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
横浜 0 0 0 0 1 1 0 0 0 2
中日 0 1 0 2 0 1 0 0 x 4

今年最後の観戦は(も)、ナゴヤドーム最終戦。
思い入れのある選手の引退セレモニーあり、大野投手の10勝目と福谷投手の10セーブ目あり、新しい応援歌あり、そしてもちろん勝利あり!と楽しいことばかりの最終戦でございました。

***

やっとできた…(›´ω`‹ )
最終的に、観戦試合数は19(ペナントの中日戦に限れば11試合)。よく見に行きました。
チームとして十分満足できる成績ではなかったけれど、こうやって振り返るとどんな試合にも現場特有の空気があって、勝っても負けてもテキスト速報じゃわからないことが伝わってきた。
直接見るっていいなあ。まあ、後半勝てたから言えることなんでしょうが。

【最終結果】6勝9敗(ペナントのみ:4勝7敗)

来年はこんなには行けない予定だけど、それでもできる限り応援したいと思います。

明日も幸せである様に♪

« 甘くて苦い日(3) | トップページ | 走から変へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 甘くて苦い日(3) | トップページ | 走から変へ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31