« パスポートと才能 | トップページ | 甘くて苦い日(5) »

2015年1月21日 (水)

数百万年前への旅(6)

地震はしばらく続いた。

私と同年代の東海3県生まれ東海3県育ちの人はほとんどそうだと思うけど、くまぼぼ、震度3を超える地震を経験したことがない。阪神大震災も東北大震災もどちらも、名古屋では震度3だったのだ。
そしてこの日長野県北部で震度6弱を記録した地震も、私がいた木曽福島では震度3だった。ちょっとびっくりするくらいの地震。しかし、私としては史上最大地震(タイ)なので割と真剣にテンパっていた。
真っ暗な中でガタガタ揺れる山。しかも手の届きそうな位置に御嶽が見える。これが原因で噴火なんてしたら…ぎゃー!

でも、その場にいる他の人たちはさすがに強かった。
「結構続いてますねー。あははー」
「望遠鏡は守らねば」「そっか、私のカメラも大丈夫かな」
誰も、少なくとも表面には動揺を見せずに揺れが治まるのを待っている。なんとなく私も心が落ち着いてきた。
そして、長いとはいっても1分は揺れていなかっただろうなあという揺れが治まったところで、なんとなく皆食堂に戻り始める。ニュースが気になったのも大きかったけれど、そもそも予定よりだいぶ長い間外で星を見ていたのだ。本当は21時くらいから親睦会をしましょう、と言っていたはずなのに、あらまあもう23時近い時間。
すっかり遅くなっちゃったけど、ニュースを見がてら親睦会を始めましょうか。

つづく

明日も幸せである様に♪

« パスポートと才能 | トップページ | 甘くて苦い日(5) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385455/58662586

この記事へのトラックバック一覧です: 数百万年前への旅(6):

« パスポートと才能 | トップページ | 甘くて苦い日(5) »