« 物騒な話2 | トップページ | 鶴仙渓が読めない »

2016年2月26日 (金)

手前みその嵐

自分のブログのアクセス解析を日常的に見なくなってずいぶん経つけれど(その前は見てたんですよ…痛々しい…)、少し前に「人気記事ランキング」という解析を発見した。

Photo

これが今日の時点のランキング。たぶん1位の記事でもアクセス数5、みたいな低レベルな争いだとはわかっているけれど、興味本位でそれぞれの記事を読み直してみた。

1位はうっかり書いたらいつまでも上位になっている残念ページでしょ(長谷部さんにも、読書感想文を書きたいと思ってこのページを開いたお子さんにも本当に申し訳ない)。2位、3位、6位以降は最近の記事でしょ。5位はなんでだろう…。
そして開いた瞬間に爆笑したのが、4位。かなりシリーズ化していた星空シリーズの中で、なぜこの日の記事だけ?と思っていたら、「おおぐま座とこぐま座」の記事だった……。
ち、ちがうよ!!私が自分で読み直してニヤニヤしてるんじゃないんだよ!本当になぜかいつも上位にいらっしゃるのよ。どなたが読んでくださっているんだろう。ありがとうございます…!

アクセス解析を見なくなると同時に、自分で古い記事を読み直すこともほとんどしなくなってしまったけれど、それでも今でも覚えているお気に入りの記事はいくつかある。
というか、自分でいうのもなんだけど、数年前までは面白かったよね私のブログ………。

というわけで突然の手前みそコーナー!

沖縄、いちごいちえシリーズ 2011年3月~5月
今では考えられない全59回の長期連載。あの時の私のエネルギーはいったい何だったの。若さ…?
沖縄滞在中はまあ普通の(長いけど)旅行記だけど、旅に出る前帰宅途中のドタバタが、自分で読み返しても笑える。なんでこんなにあほなんだろう私…。

ちなみに、夫は私と違って石橋を叩いて結局渡らないくらいの慎重派。新婚旅行の準備中に、例の「せっかくTo Doリストを作ったのに、リストに書き忘れていたことがあったせいで結局ドタバタ」エピソードを披露したら、私が作ったリストを後から夫がダブルチェックしてくれたのだった。
そんなところからも、今後はもうあまり破綻しまくった事態は起きないような気がする(ちょっと寂しい)。

また出会う、高山シリーズ 2012年10月~2013年2月
この頃は真剣にブログをやめようと思っていて、「でもこのシリーズを書き終わるまでは!」と気力を振り絞っていた。読み返すと、その頃の気持ちを思い出して胃がどっしり重くなる。
「おおばあちゃん」の家がなくなっていた衝撃は、今でも思い出せる。
その後は、異次元に迷い込むような体験はできていない、と思っているけれど、本当なのかな。感性を失ってしまったのだろうか私。

星座紹介シリーズ 2011年~2012年くらい
これ、完全に企画が途中で切れましたね…無念。リンク先のリストがあっているなら、88星座のうち紹介できたのは50星座らしい。また載せちゃうけど、おおぐまとこぐまに対する熱の入り方は、今読んでも笑える。
このシリーズは万が一気力が戻るようなことがあれば再開したいなあ。

あとはシリーズじゃないものも1つだけ。

ひとの支え 2010年7月18日
もう誰も覚えていないであろう昔の記事だけど、東京の翻訳学校に夜行バスで通っていたころに、タクシーの運転手さんに励ましてもらった感動ストーリー(←手前みそですから)です。
今でも何かあるたびに思い出す。そして、忘れちゃいけないことってあるんだよって心に刻みつけている。初心とかそんなことじゃなくて。
あんな気持ちになれただけで生きている意味があったと言えるほどの出来事だったと、今でも思っている。

他にも以前の自分がもがきながら必死に書いたことは、今読むと概ね愛おしい。
時には、いまだにそのトンネルから抜けてなくて再び沈むこともあるけれど。

毎日更新はすっかりできなくなってしまったけれど、それでもブログを始めてから6年以上。
無理矢理にでも書いてきて、よかった。
これからも情緒不安定な話か雑録ばかりのブログですが、お手すきのときに遊びに来てくださるとうれしいです。ぺこり。

明日も幸せである様に♪

« 物騒な話2 | トップページ | 鶴仙渓が読めない »

コメント

「ひとの支え」久しぶりに読んでやっぱり感動...いいなあ(>_<)

先生。゚(゚´Д`゚)゚。
自分でも今日久しぶりに読み返してうるうるしていました。
この話をCafe246(という言葉がすでに泣ける)で披露したときに先生がしてくださった「応援される才能」の話も、今でも忘れられません。
たとえいつか翻訳の仕事をやめる日が来たとしても、あの日に感じた気持ちだけは忘れずに持ち続けようって決めています。

くまぼぼさんのブログ、いまも楽しみに拝見しています。

ついのぞきに来たくなるというか、気取らず気持ちそのままに
書かれている日常の内容がくせになるというか…
自分と重なる部分があると、「うん、そうそう、そうなんだよね」
と救われた気持ちになることも多いのです。

私も更新回数は激減しましたが、素直にぶちまけられるブログ
(書きすぎてあとでしまった!と思うこともあるけど)という場所は
好きで、なんだかんだ続けられていることもいいかなと思っています。

これからも遊びに来させてもらいますね。

どんぐりさんお久しぶりです(*´ω`*)

わぁ…なんて嬉しいお言葉!!
そうなんですよね。この場所だけは私の部屋。自分が思っていることを(ダメなことも含めて)そのまま書くことができる、唯一の場所です。

私もどんぐりさんのブログ楽しみに拝見していますよ!
そしていつかお伝えしたいと思いながらタイミングを逃していたのですが…ここからこっそり、おめでとうございます!

くまぼぼさん、ありがとうございます。
こちらこそ、おめでとうございます♪♪

たびたび失礼しました。ではまた!

きゃー!ありがとうございますヾ(*´∀`*)ノ

はい、ではまた♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385455/64153378

この記事へのトラックバック一覧です: 手前みその嵐:

« 物騒な話2 | トップページ | 鶴仙渓が読めない »