« 2018年10月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月23日 (日)

一足早く

Dsc_0575

散歩中の空と川(池?近所なのにいまだによくわからない)が素敵すぎて。

あっという間に1月末までほぼ仕事で埋まってしまった。
忙しくても自己研鑚や管理の時間をきちんととれる人は何をどうしているのだろうか。
とりあえずめげずに頑張るんだぜー。
今日は年賀状の宛名書きも終わったし、自室にあふれかえっていた書類の分類もようやく完了。
今から少しくらいは仕事もできるかな。
この調子で、めげずに頑張る…!

一足早く、我が家では今日がクリスマスパーティー。

Dsc_0579

とりあえずさっき食べたケーキ。
この後クリスマスディナー(完全に手抜きで全部お惣菜だけど)もするよー。

Dsc_0000_burst20181209182355795

ちなみに爪もクリスマスです!

皆様、Have a wonderful Christmas!!

2018年12月 9日 (日)

晴れますように

先週、翻訳友達と名古屋市科学館に行ってきた。
目的は

Dsc_0514

なぜ「科学」館の企画なのか全然わからない「スイーツ展」。
色んな意味でものすごかったです…。

Dsc_0537

でもやっぱり科学館と言えばプラネタリウム!
名古屋にいらっしゃった方にほぼ唯一お勧めできる観光スポットです。(あとは、うーん。名古屋港水族館かなあ)
この日はあいにくの天気だったけれど、プラネタリウムならどんな天気でも満天の星空が楽しめるしね!

スイーツ展を見に行く話しかしていない段階で、その友人に「プラネタリウムの時間に合わせるなら待ち合わせ時間は~時ではいかがでしょう?」とプラネタリウムも見ると決めつけたメッセージを送りつける私。
しかし相手は優しかった。
ぜひプラネタリウムも見たかった、とまで言っていただけて、無事久しぶりのプラネタリウムを楽しめることに。(本当にすみません…)

毎回途中で寝てしまうプラネタリウムだけど、今度こそ頑張って起きる!
と気合を入れてみたものの、上演時間の中で22時、0時と夜が更けていくにしたがって瞼が重くなっていく。ううう、負けないで私。
隣のおじさんのいびきになぜか励まされて、何とか耐えきりました…。

この日のプラネタリウムでは今後の天文情報を2つ仕入れてきましたよー。

まずは12月13日&14日、ふたご座流星群。
(以下、どちらもアストロアーツの動画をお借りしました)



今年は早い時間に月が沈むので、条件はかなりいいです。
22時以降くらいにぼんやりと空を見上げていると、街中でも1時間に10個程度の流れ星が見られます。
(ふたご座はほぼ真上に出ていますが、ふたご座を中心に全天に向かって流れるというイメージなので、ふたご座だけを睨まない方がむしろいいです)

もうひとつは、初日の出。


初日の出の時間は(場所によって異なりますが)7時前後。
その前、4時頃から東の空が大変賑やかになるんです。
まず細い月、そして金星、さらには木星が次々と顔を出します。
初日の出の前にもう少し早起き(または徹夜)をして、初夜空を楽しむのも素敵かなと思います。
どっちも晴れるといいなあ。

***

さて、ここからは少し宣伝。
この日一緒に遊んでくださったのは優秀な日英翻訳者の友人です。
実は、少し前にワタクシ、彼女に自分のHPの英訳をお願いしたのです。

Photo

各ページのLanguageからEnglishをクリックすると

English

すごすぎるうううう(涙)
私のHPの知識がへっぽこすぎてEnglishのみでHPを構築することができなかったので、ページごとに遷移しなければならないんだけど、よろしければぜひ見に来てください。
元の日本語よりキャッチーで素敵になっています!(日本語書きとして、それでいいの…?)

スイーツ展の話はまた近々(たぶん)。

明日も幸せである様に♪

2018年12月 2日 (日)

12月だけど紅葉

11月29日はブログ開設日、というメッセージが過去の自分から届いた。
いつの間にかこのブログも10年目に入っていたらしいです……!
しかし、もはやすっかり更新の習慣を見失ってしまった私。
やる気がいつ回復してもいいように、手元に写真だけは大量にある。
でも、その写真をさっき見直したら、夏の終わりに見に行った花火大会の写真みたいな使い道のないものばかりだった。もう冬なのにどうするのこれ。

とりあえずリハビリに、ごほん。

しわっすヾ(*´∀`*)ノ

……ではなくて、リハビリがてら、今日(もう昨日ですね)見に行ってきた養老の滝の紅葉をアップします。

毎年微妙にタイミングが早くてあまり紅葉が見られないので、今年はだいぶ遅めの時期を目指して来たんだけど、それでも赤4割、緑3割、中間3割という感じだった。
時期の問題じゃなかったのかなあ。日の当たり方とか標高差とかで、山全体が真っ赤になる景色は難しいのかもしれない。

Dsc_0478

赤多め。

Dsc_0482

赤少なめ。

Dsc_0483

あちこちに石碑。

Dsc_0500_2

前半は割となだらかな坂なので油断していると、後半急にえぐい勾配になる。
毎年同じ上り坂を登っているのにすっかり忘却していて、登るたびに新鮮にきつい。
今回も「今年は楽だなあ。最近鍛えている効果が出てきたのかしら」とか調子に乗って早歩きしたせいで、最後の400メートルで死ぬかと思った……。

Dsc_0490_2

瀕死状態を何とか乗り越えて、ゴールは目の前。

Dsc_0492_2

養老の滝。本当に酒なんですかね。

お祭りは先週で終わってしまったのであまりにぎわってはいなかったけれど、下り坂の途中に餅を焼いているお店があって、無抵抗で購入。(すぐに横から夫にかじられてしまったので写真はありません)上り坂で死ななくてよかった。生きててよかった。

Dsc_0509_2

今年の台風でここのお寺もだいぶ被害を受けたらしい。
お賽銭では助けにはならないでしょうが、せめて復興を祈って手を合わせる。

Dsc_0505

この時はいい天気だったけれど、家に着く頃には黒い雲。早めに出掛けてよかった。

リハビリながっ。
ここから怒涛の連続更新、になったらいいですねー(自分でも一切信用していません)。

明日も幸せである様に♪

« 2018年10月 | トップページ | 2019年1月 »