« ふたたび | トップページ | 決勝前夜 »

2019年11月18日 (月)

過去最高

今日は『ベゾス・レター』の発売日!
早速たくさん注目していただけていて、Amazonのランキングも上がっているみたい。ありがとうございます!
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

***

昨日は毎年恒例のマラソン大会。

Dsc_1322

ちょっとへこたれそうなくらいの暑さ(20度くらいまで上がったらしいですね…11月とは…)。

実は毎年同じ日にバドミントンの大会もある。
私はマラソンを優先していて秋の大会には出たことがないのだけれど、大会前日の練習に行ってみたら、他の参加者は皆気合いが入っていた。
皆の気合いにつられて、関係ない私もいつもより頑張って練習してしまう。
その結果、当然だけど昨日は下半身の筋肉痛に苦しんで目覚めることになった。……何をやっているの私。

Dsc_1324

余裕なふりをしつつ、暑さと筋肉痛に耐えているマラソン前の私。
今年も、私は10キロメートル、夫は5キロメートルのコースに参加した。

Dscpdc_0001_burst20191117095707337_cover

わかりにくいけれど、結構仮装して走る人も多い。
ドレスを着て、足元もサンダルという人もいた。それで10キロメートル走るの!?と驚愕。

このマラソンに参加するのは5回目だけど、10キロコースに申し込むようになってからは3回目。
完走も危ぶまれた1回目は1時間11分、2回目は1時間6分。3回目の今回は1時間……という目標は3ヶ月くらい前に捨てていた。1時間5分を切れたらいいなあと思いながら、スタートラインに並ぶ。
走る練習の量はあまり増えなかったけれど、バドミントンを頑張った1年だったからスタミナとダッシュ力はついている気がする、くらいの根拠だけど、今年は何だかやれそうな気がしていた。

走り始めて100メートルくらいで、目の前に1キロ6分のペースメーカーの人を見つける。

Dsc_1325

いつもの私の練習は、1キロ6分半~7分くらい(だから1時間という目標を早々に捨てたのですが)。
きついかなあとは思ったものの、いけるところまでこの2人について行ってみようと心に決める。

耳元で流れるaikoとKANと矢井田瞳にも励まされているうちに、1キロ、2キロと進んでいく。
そして気づくと、周回コースを2周(5キロ)していた。まさかのハイペース。
いや、でももう限界……。
一度追いつけなくなると、そのままぐんぐん離されていく。
そして、いつもと全然違うペースの代償は大きかった。追いつけそうにないと実感した途端に、脚の疲れが噴出する。やっぱり無理しすぎたか?と不安になる。
でもですよ。最初の5キロを1キロ6分のペースで走れたということは、残りを1キロ7分ずつで走れば、合計はちょうど1時間5分。目標達成じゃないか。
なんだか勇気を得て、もう一度頑張ってみる。

最後の1周に入ったとき、耳元から福山雅治の『甲子園』が流れ始めた。
NHKの高校野球テーマソングで、大会が終わるたびにこの曲に載せて大会のハイライト映像が放送される。単純な私は、今でも去年くらいの映像を見ては日々涙を流している(今年のも泣いています)。

憧れから逃げたこともある
でも僕は僕から逃げたくはなかった

そうだよーーーーーーーーーーーー!(単純)
そのまま最後の1周が一番速かったのでは、という体感で走り抜いた。

Screenshot_20191118170703

さすがに体感と数字は違ったけど。
おそらく記録は1時間2分台。目標達成できた!

Dsc_1331

ちなみに昨日は誕生日でした。マラソン後のケーキ。

今日、体のダメージは大きすぎて半日寝込むくらいだけど、心は達成感でいっぱいになっている。
私にとって走るのは、比べる相手がいつも過去の自分だからいい。
ほかの人と比べたら激遅だけど、昨日より今日、去年より今年と成長できていることがはっきり数字でわかるから、私にとってはそれで十分。
たった5年前に2分走り続けられなかった私が、今10キロメートルのスピードを上げるべく頑張れているだなんて、人間の可能性ってすごいよ。
いつか、本当にフルマラソンを走れる日も来るかもしれないよね。

明日も幸せである様に♪

« ふたたび | トップページ | 決勝前夜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ふたたび | トップページ | 決勝前夜 »