« 面白くて悔しい | トップページ | 今日もテクノロジー »

2020年3月 8日 (日)

心配りは技術で体現できる

名古屋ウィメンズマラソン、すごかったねー!
先月引き上げられた基準に、今日の大雨と寒さ。まさか記録が出るなんて思わずに見始めたら、何ということでしょう。
ゴール直後に監督に抱きかかえられながら号泣する姿に、もらい泣きしてしまった。
さては私、先週と今週合わせて4時間は空白時間があるよね。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、今回のウィメンズマラソンに出場できなくなった一般ランナーに対して、ある救済措置がありました。
オンラインマラソン
アプリなどを使って合計42.195kmを走れば、完走証明書や完走賞(ティファニーのペンダント!)もちゃんともらえるというものです。
合計なんだよー。毎日5kmずつ8日間で達成、でもいいってことだよね(たぶん)。素敵すぎる。
こんなの、テクノロジーがなければ実現しなかったよね。
心配りを体現する高い技術に、自分が参加するわけでもないのに勝手に感動しまくっている。

来年はこのコースを走れるのかな。
できれば荒天は避けたいけど(でも名古屋ウィメンズマラソンって、どうも雨率高くないですか?)、どんな天気でもきっと出場できたらすごく楽しい。
それまで練習を頑張るんだ。

***

1週間前に引き受けた、分量24000ワードだと聞いていた翻訳案件。
今日ふと3ファイル目を開いたら、後半の文言がほとんど画像になっていることに気づいて青ざめる。
画像からテキストを抜き出して計算しなおしてみる。合計35000ワード……ぎゃー!
そうなのよ。3ファイル目、27ページもあるのに2000ワード弱なんて変だな、とはよぎったのよ。
これ、納期延ばしてもらえるのかな(確認中です)。
そして、春休みが消滅しそうな予感……。本当にセンバツ、中止でいいんですけどーーー(超身勝手)。

■読書ログ■
・和書20:『世界の英語ができるまで』唐澤一友・著、亜紀書房、紙の本
・翻訳書6:『若い読者のための経済学史【イェール大学出版局 リトル・ヒストリー】』ナイアル・キシニティー・著、月沢李歌子・訳、すばる舎、電子書籍
・翻訳書9『LIFE SHIFT(ライフ・シフト) --100年時代の人生戦略』リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット・著、池村千秋・訳、東洋経済新報社、オーディオブック


明日も幸せである様に♪

« 面白くて悔しい | トップページ | 今日もテクノロジー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 面白くて悔しい | トップページ | 今日もテクノロジー »