« 心配りは技術で体現できる | トップページ | 泣くしかない »

2020年3月 9日 (月)

今日もテクノロジー

Dsc_1568-1

新しいスマートフォンを購入。
新しいスマートフォンって、古いスマートフォンでしか撮影できないよね……。というわけで、シールがついたままの見づらい状態。

前回のスマートフォン購入するときに残価設定支払いにしていたことをすっかり忘れていたら、先月連絡が来た。
2年以上使った方は、今のスマートフォンを下取りに出せば、残金を払わずに機種変更ができるんですよー。(実際の連絡はSMS)
なんだか、まんまと乗せられている気もするけれど、古いスマートフォンは買った翌月くらいから画面が割れていて、見るたびに1%ずつくらいテンションが下がっていたので、この機会をありがたく利用することにした。

……と思っていたら。

実は、画面は割れていなかったんですってよ、奥さん。

Dsc_1566-1

被害は、フィルムで食い止められていたのだ。
結構盛大にひび割れていたので、画面まで傷ついているんだと思い込んでいた。
すごいな、フィルム。しっかり守ってくれていたのに、役立たずという濡れ衣を着せ続けていてごめん。
ということは、すぐにフィルムだけ買い換えていれば済んだ話なんじゃないの。
2年間で延べ14600%分くらいのテンションは無駄死にだったんじゃないの。

そして、今回の機種変更で一番驚いたのが、アプリの移行である。
Google Playから入れていたアプリは、初期設定が終わっただけで(改めてダウンロードしなくても)全部新機種に表示されているし、そのアプリを開いたら、バックアップを取らずにローカルで管理していただけのものまで、私のカスタマイズ設定が全部残っている。
Audibleを開いたら、さっき聞いていたところから再生されたよ。なにこれ、すごすぎる。
テクノロジーって、こんなに進んでいるのか。
再設定に3日くらいはかかるって覚悟していたのに、店を出て1時間後にはもういつも通りの使い心地になっていた。
※ここまでスムーズだったのは、もしかしたら同じ機種(Xperia)同士の変更だったからかもしれません。

Running_0309

新しいスマートフォンでの計測結果。
散歩だけのつもりだったのに、途中で夫と大喧嘩(というか私が1人で爆発)して「もういい!私だけ走る!」と駆け出した結果、後半の1kmは6分切り達成。怒りのパワーってすごい。

■読書ログ■
・和書20:『世界の英語ができるまで』唐澤一友・著、亜紀書房、紙の本
・翻訳書6:『若い読者のための経済学史【イェール大学出版局 リトル・ヒストリー】』ナイアル・キシニティー・著、月沢李歌子・訳、すばる舎、電子書籍
・翻訳書9『LIFE SHIFT(ライフ・シフト) --100年時代の人生戦略』リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット・著、池村千秋・訳、東洋経済新報社、オーディオブック


明日も幸せである様に♪

« 心配りは技術で体現できる | トップページ | 泣くしかない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心配りは技術で体現できる | トップページ | 泣くしかない »