« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月30日 (木)

4月まとめ

Dsc_0255

近所に住む夫の叔母からのプレゼント。
手作りマスクだー!
やっぱりちゃんとミシンで縫ったものは違うなあと、折りたたんだだけの自分の手ぬぐいマスクと見比べて切なくなっている。
大切に使います。ありがとうございます!!

さて。4月も今日で終了。
今月の目標は、「毎日ストレッチ」でした。
結果発表ーー!(『プレバト』風に)

Screenshot_20200430163514

11日だけ日が変わってしまったので見た目はさぼっているけれど、ちゃんと毎日できました。わーい!
そして、その成果は?

Dsc_0124

これが1カ月前。

Dsc_0250

(撮影が下手すぎて泣けるけど)これが今日。
……うん。やっぱり1カ月くらいで劇的な変化が現れるものじゃないね。
心持ち床に近づいているような気がするので、これは来月も継続する!

そして、3月の30日間チャレンジ「早寝早起き」もその後も継続していたはずなんだけど

Screenshot_20200430084726_20200430235201

猛省すべき結果に。
縦の赤線が0時である。この人、日が変わる前に寝る気が全然ないな。
朝は目覚ましを止めたところで記録も止まるので、画面上はちゃんと起きている風だけど、実際には毎日盛大に二度寝しています。
そりゃ4時とか7時とかまで起きていればそうなるでしょうよ。
来月も頑張る。うえーん。

そして、明日からの30日間チャレンジは食事と体重記録。
全世界の人に見られるという意識がいい方向に働くよう祈ります。


■読書ログ■
・和書25:『文系でもわかる ビジネス統計入門』内田学、兼子良久、斉藤嘉一・著、東洋経済新報社、電子書籍
・和書27『技術系英文ライティング教本 —基本・英文法・応用―』中山裕木子・著、日本能率協会マネジメントセンター、紙の本
・翻訳書11:『天才科学者はこう考える――読むだけで頭がよくなる151の視点』ジョン・ブロックマン・著、夏目大、花塚恵・訳、ダイヤモンド社
・翻訳書12:『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド・著、上杉周作、関美和・訳、日経BP、オーディオブック→読了。
 めちゃくちゃ面白かった。ベストセラーってちゃんと面白いんだ(どういう偏見?)。
 何よりも、70万部も売れているはずなのに、この本を読んでいるとは思えない人をあちこちで見かけるようになったことにこっそり憤っている。
・翻訳書13:『エドガー・アラン・ポー ミステリー傑作選1』エドガー・アラン・ポー・著、佐々木直次郎・訳、パンローリング株式会社、オーディオブック

4月までの合計:42冊


明日も幸せである様に♪

2020年4月29日 (水)

謎の花、開く

Dsc_0245

夕暮れとさざ波。

Dsc_0244

ハナミズキ。

Dsc_0218

以前「何の花…?」と書いていたこれ。
今日一気に花開いていた。

Dsc_0246

そういう形になるのかー!

Screenshot_20200429223726


■読書ログ■
・和書25:『文系でもわかる ビジネス統計入門』内田学、兼子良久、斉藤嘉一・著、東洋経済新報社、電子書籍
・和書27『技術系英文ライティング教本 —基本・英文法・応用―』中山裕木子・著、日本能率協会マネジメントセンター、紙の本
・翻訳書11:『天才科学者はこう考える――読むだけで頭がよくなる151の視点』ジョン・ブロックマン・著、夏目大、花塚恵・訳、ダイヤモンド社
・翻訳書12:『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド・著、上杉周作、関美和・訳、日経BP、オーディオブック
・洋書2:『The Power of Less: The Fine Art of Limiting Yourself to the Essential...in Business and in Life』Leo Babauta・著、Hyperion、紙の本&オーディオブック


明日も幸せである様に♪

2020年4月28日 (火)

知らないことばかり

Dsc_0242

いつもの公園で、いつもと少し違うコースに入ってみたら、お花畑を発見。
毎日見ているものにも知らないことがあるんだから、知ったつもりになっていることなんてほぼ全部錯覚なんだろうね。

Dsc_0243

吸い込まれそうな夕日。

Screenshot_20200429000932

 

■読書ログ■
・和書25:『文系でもわかる ビジネス統計入門』内田学、兼子良久、斉藤嘉一・著、東洋経済新報社、電子書籍
・和書27『技術系英文ライティング教本 —基本・英文法・応用―』中山裕木子・著、日本能率協会マネジメントセンター、紙の本
・翻訳書11:『天才科学者はこう考える――読むだけで頭がよくなる151の視点』ジョン・ブロックマン・著、夏目大、花塚恵・訳、ダイヤモンド社
・翻訳書12:『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド・著、上杉周作、関美和・訳、日経BP、オーディオブック


明日も幸せである様に♪

2020年4月27日 (月)

部屋は心を映し出す

Dsc_0237

ずっと読んでいる『The Power of Less』、あと1~2日で読み終わるところまできた。
遅れ気味だったものの、なんとかカリキュラム通りにゴールできそう。
どの章も相変わらず心をえぐってくるけど、この"Declutter Your Workspace"もなかなか。整理整頓の話である。
具体的な整頓術について書かれているのはもちろん、それ以上に著者が強調するのが整頓によってもたらされる心の平穏や集中力の向上という効用だ。
デスクの上に物が散らばっていれば、仕事するときに必ず物が目に入る。それがノイズになって、必ず集中力が下がるし、心も乱される。
逆に目の前に何もなければ、心穏やかに集中して取り組めるので、生産性も上がる。

よく言われる話ではあるけれど、たしかにそうだよね。
というわけで、先週後半から家の大掃除に取り掛かった。
先週は家中を水拭きして、昨日はお風呂と洗濯槽掃除。そして今日からは

Dsc_0238

カーテンの洗濯。
天気もいいので水拭きしてもカーテンを干してもすぐに乾いてくれる。
そして、ちゃんと掃除しているときちんと生きている心持ちになれる。
自分が真人間になれたかのような錯覚が得られて、結構お得かもしれない。
ゴールデンウィークも引きこもりなので、さらに掃除を続けるぞー。

Dsc_0240

今日も夕暮れの中お散歩。

Dsc_0239

シロツメクサ。

Dsc_0241

木の上に月と金星。見えないよねー。

Screenshot_20200428001356

■読書ログ■
・和書25:『文系でもわかる ビジネス統計入門』内田学、兼子良久、斉藤嘉一・著、東洋経済新報社、電子書籍
・和書27『技術系英文ライティング教本 —基本・英文法・応用―』中山裕木子・著、日本能率協会マネジメントセンター、紙の本
・翻訳書11:『天才科学者はこう考える――読むだけで頭がよくなる151の視点』ジョン・ブロックマン・著、夏目大、花塚恵・訳、ダイヤモンド社
・翻訳書12:『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド・著、上杉周作、関美和・訳、日経BP、オーディオブック
・洋書2:『The Power of Less: The Fine Art of Limiting Yourself to the Essential...in Business and in Life』Leo Babauta・著、Hyperion、紙の本&オーディオブック


明日も幸せである様に♪

2020年4月26日 (日)

デジャヴ

0426

読書記録、復活したーーー!
ありがとうございます!!!
ああ、本当に焦った。
データ全削除。仕事でやらかしたら最大級にやばいミスだけど、まさか初経験がこのファイルとは。
重要なものをクラウドだけで管理するのは危険なのだという気づきも今更ながら得たよね。

お昼は世界で一番おいしい夫作の焼きそばを食べて、夜は

Dsc_0234

世界で二番目においしい夫焼きの餃子を食べた。
先週の記事を間違えて載せているわけでなく、全く同じ行動です。何なら来週も同じことをしそう。
餃子は先週よりもお野菜多めでジューシーになっていた。日々改良だね!

Dsc_0233

お散歩で見つけたちっちゃいツツジ(たぶん)。

昨日書いた月と金星の最接近、曇っているから無理だなあと思っていたら

Dsc_0236

一瞬雲が晴れた。写真はブレブレだけど!

Screenshot_20200426223251

これとは別に毎日開脚前屈も続けているんだけど、今日初めて「えっ、そんなところまで行っちゃっていいの?」というところまで体が倒れていった。Before/After写真、載せられるかしらね。

■読書ログ■
・和書25:『文系でもわかる ビジネス統計入門』内田学、兼子良久、斉藤嘉一・著、東洋経済新報社、電子書籍
・翻訳書11:『天才科学者はこう考える――読むだけで頭がよくなる151の視点』ジョン・ブロックマン・著、夏目大、花塚恵・訳、ダイヤモンド社
・翻訳書12:『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド・著、上杉周作、関美和・訳、日経BP、オーディオブック
・洋書2:『The Power of Less: The Fine Art of Limiting Yourself to the Essential...in Business and in Life』Leo Babauta・著、Hyperion、紙の本&オーディオブック


明日も幸せである様に♪

2020年4月25日 (土)

代案ならず

早速、メインパソコンのキーボードを掃除した。

Dsc_0229

パチン、パチン。
ああ、幸せすぎる。うっとり。
興奮しすぎて、15分くらいではめ終わってしまった。
ああ、もっとじっくり時間をかければよかった、と一瞬思ったものの、キーボードを直さないと今日のブログさえ書けない(いや、昨日きれいにしたばかりのサブパソコンのキーボードを使えばいいことなんだけど)。
やっぱりキーボードの掃除はジグソーパズルの代わりにはならなかった。

Dsc_0230

でもきれいになったからよしとする!

ちなみに、夕べパズルをちょっとだけ検索してみたんだけど

0425_

こんな余計なサービスしちゃってる商品が結構あって、殺意を覚えている。
ちょっと、台無しでしょー!
どの辺りにはまるのかもわからないっていうイライラがいいんじゃないか。
2000ピース以上で裏側に小細工(ひどい言い草)していなくて好きな絵のパズル、そんなの見つかるだろうか。

Dsc_0226

夕方散歩してみたらちょうどいい夕日。

Dsc_0227-1

(ほぼ見えないと思いますが)金星と下の方にすっごく細い月。
明日はもっと近づくみたいだけど、明日は荒天っぽいよね…。

Screenshot_20200426001641


■読書ログ■
・和書25:『文系でもわかる ビジネス統計入門』内田学、兼子良久、斉藤嘉一・著、東洋経済新報社、電子書籍
・和書27『技術系英文ライティング教本 —基本・英文法・応用―』中山裕木子・著、日本能率協会マネジメントセンター、紙の本
・翻訳書11:『天才科学者はこう考える――読むだけで頭がよくなる151の視点』ジョン・ブロックマン・著、夏目大、花塚恵・訳、ダイヤモンド社
・翻訳書12:『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド・著、上杉周作、関美和・訳、日経BP、オーディオブック


さっきGoogle Driveをいじっていたら、操作を間違えて読書記録&ランニング記録のファイルを完全に消したことに気づいて、死ぬかと思った。
ヘルプセンターに連絡したら復元してもらえることになりました。この大変な時期に、どうでもいい用事でご迷惑をおかけして申し訳ありません……。

明日も幸せである様に♪

2020年4月24日 (金)

代案

ジグソーパズル欲が復活している。
黙々とピースをはめ続けて、眼精疲労と腰痛に悩まされたい。
あのときのような驚異的なピース数じゃなくてもいいから。
買おうかなあ、どうしようかなあ。

そんなことを思っていた数日前、デスクでコーヒーを盛大にぶちまけた。
幸い、被害はサブパソコンのキーボードだけ。
キーを全部外して洗って干して、すっかり乾燥したのを確認して今日ようやく元の場所に戻した。
メインパソコンのキーボードの配置を見ながら、ひとつずつ当てはめていく。
キーをはめると、指先に「パチン!」という感触が響く。

Dsc_0223

あ、これ、ジグソーパズルだわ。

自分が欲しかったのは、見本と比べながら正しい場所を探す思考の流れと、「パチン」という感触だけだったらしい。
つまり、キーボードを掃除していれば、私のジグソーパズル衝動は収まるっていうことですかね。

奥に見えるメインパソコンのキーボードも結構汚れているんだよね…。
続けてやっちゃいましょうかね。ふふふ。

(こんなこと言いつつ、明日くらいにあっさりパズルも購入しているかも)

Dsc_0222

前に何だかわからなかった緑は、やっぱり小麦だったみたい。

Running_0425

距離は短いけど、何とか激遅ランナーの速度くらいまでは戻ってきた。
ただ、途中で足の小指を痛めた気がする。いきなり張り切っちゃいけないね。

Screenshot_20200425001543

■読書ログ■
・和書25:『文系でもわかる ビジネス統計入門』内田学、兼子良久、斉藤嘉一・著、東洋経済新報社、電子書籍
・和書27『技術系英文ライティング教本 —基本・英文法・応用―』中山裕木子・著、日本能率協会マネジメントセンター、紙の本
・翻訳書11:『天才科学者はこう考える――読むだけで頭がよくなる151の視点』ジョン・ブロックマン・著、夏目大、花塚恵・訳、ダイヤモンド社
・翻訳書12:『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド・著、上杉周作、関美和・訳、日経BP、オーディオブック
・洋書2:『The Power of Less: The Fine Art of Limiting Yourself to the Essential...in Business and in Life』Leo Babauta・著、Hyperion、紙の本&オーディオブック


明日も幸せである様に♪

2020年4月23日 (木)

ぽこぽこ

Dsc_0219

せんせー、全然懲りてない人がいますー。
そういうの、よくないと思いますー。

夫が仕事帰りに大量におやつを買ってきてくれるのである。
夜一緒に食べる時間が幸せだったんだけど、いやもう原因わかっているよね!と強い気持ちを持って
「ダイエットするから、夜はおやつ食べない!」
とさっき宣言したものの
「えーっ、おいしそうに食べてるのに。本当にもう買ってこなくていいの?」
と念を押されただけで揺らぎまくっています。
ないならないで寂しいんだよなあ。
甘いものを食べまくっても痩せる方法ってないのかしら。

Dsc_0220

夕方のお散歩。雲がぽこぽこ。

Screenshot_20200423230935

 

■読書ログ■
・和書25:『文系でもわかる ビジネス統計入門』内田学、兼子良久、斉藤嘉一・著、東洋経済新報社、電子書籍
・翻訳書11:『天才科学者はこう考える――読むだけで頭がよくなる151の視点』ジョン・ブロックマン・著、夏目大、花塚恵・訳、ダイヤモンド社
・洋書2:『The Power of Less: The Fine Art of Limiting Yourself to the Essential...in Business and in Life』Leo Babauta・著、Hyperion、紙の本&オーディオブック


明日も幸せである様に♪

2020年4月22日 (水)

走る筋肉は走らなければつかない

食べすぎな自分への危機感で走り出してみたら

Dsc_0217

暴風に吹き飛ぶ私。
じゃなくて、ちょっと信じがたいほど走れなくなっていた。
1km走っただけで脚がめちゃくちゃ重くなって、あとはずっと7割歩いて3割走るのが精一杯だった。
先週の私はふざけていたわけじゃなかった。本当に衰えている。

走らなければ走る筋肉は衰える。
そんな当たり前のことに気づかなかったのは、バドミントンをしていたからだと思う。あの程度のレベルでも、一応キープする助けにはなっていたのかな、と。
それより前は、まあ単純に若かったのでしょう。

走らなければ走る筋肉は衰える。
本当はバドミントンでも足りなくて、走る筋肉は走らなければつかない。
バドミントンの筋肉がバドミントンでしかつかないように。
ちょこちょこ歩いていたから意外と大丈夫なのでは、なんて甘かった。
(本当は歩くのもちゃんとやっていたなら大丈夫だったんだと思います。私は「ちょこちょこ」だったからだめだっただけで)
翻訳の力は翻訳しないとつかないみたいな話ですかね。強引!

Dsc_0218

何の花…?

Running_0423

夜も歩いたので、合計1時間20分。

Screenshot_20200423000957

 

■読書ログ■
・和書25:『文系でもわかる ビジネス統計入門』内田学、兼子良久、斉藤嘉一・著、東洋経済新報社、電子書籍
・和書26:『技術者のためのテクニカルライティング入門講座』髙橋慈子・著、翔泳社、紙の本→読了
・翻訳書11:『天才科学者はこう考える――読むだけで頭がよくなる151の視点』ジョン・ブロックマン・著、夏目大、花塚恵・訳、ダイヤモンド社
・翻訳書12:『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド・著、上杉周作、関美和・訳、日経BP、オーディオブック
・洋書2:『The Power of Less: The Fine Art of Limiting Yourself to the Essential...in Business and in Life』Leo Babauta・著、Hyperion、紙の本&オーディオブック


明日も幸せである様に♪

2020年4月21日 (火)

数字は残酷

Dsc_0213

今日のおめざ、ファミリーマートのクッキーサンド。
おいしいに決まっているよねえとふと包装を見たら、382kcal。ひえ。

私、痩せるって言ってたよね。1ヶ月1キロずつなら無理なくできるよねって正月の私は言っていたよね。
現状、4カ月近くたつのに1キロも減っていません。
こんなのばっかり食べてたらそりゃそうだよ!
むしろ激増していないことにびっくりだよ。

Dsc_0214

罪の意識で散歩してみたくらいじゃ全然相殺されないのである(動揺を表してめっちゃぶれてる)。

動揺したまま、ずいぶん前に挫折した「あすけん」を再びインストール。
とりあえず今日の食事を記録してみた。

Screenshot_20200422001313

合計摂取カロリー、2053kcal。今日お昼食べてないのに……。
間食に818kcalって、いくらなんでもひどすぎる。

来月の30日間チャレンジは、食事記録にします。
あと体重グラフも載せます。
数字まで載せるかどうかは、来月までに考えます……(びびり)。

Screenshot_20200422001206

今はまだこれで。

■読書ログ■
・和書25:『文系でもわかる ビジネス統計入門』内田学、兼子良久、斉藤嘉一・著、東洋経済新報社、電子書籍
・翻訳書11:『天才科学者はこう考える――読むだけで頭がよくなる151の視点』ジョン・ブロックマン・著、夏目大、花塚恵・訳、ダイヤモンド社
・翻訳書12:『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド・著、上杉周作、関美和・訳、日経BP、オーディオブック


明日も幸せである様に♪

2020年4月20日 (月)

実家感

最近、ZOOMを使った勉強会の機会がじわじわと増えている。
これまでなら「それ何ですか?」と言いそうな人たちも続々とZOOMを使ったイベントを開催していますよね。本当に、一瞬で時代は変わったのだと思う。
2年以上前からZOOMでセミナーや勉強会を続けてきたのがまるで先見の明みたいで(私も他の人に教えてもらっただけだけど)勝手に鼻の穴が膨らんでいる。ふっふっふ。

ミーティングのときに自分の背景をカスタマイズできるとか、それがうまくいかなくて大変なことになってしまったとかのネタはSNSでよく見るけど、私はそのまま仕事部屋の自分の真後ろを映している。
でも今日の勉強会で、初めて「いやこれ、映しちゃダメな散らかり方じゃない…?」と気づいた。
2台の本棚のうち片方がほぼ物置と化していたのだ。
これはまずいと、こっそりやや左側に移動して、やばい場所だけでも隠す。
勉強会自体は楽しいのに、映り込みそうになる自分の背景が気になって仕方ない。

反省して、片付けるのではなく、夕食の買い物ついでに隠蔽用カーテンを購入しましたよ(不要不急)。

Dsc_0212

レースなのでよく見ると奥の取っ散らかり具合がわかるけど、ZOOMの画面ならきっと大丈夫でしょう。
それにしても、慌てて買ったものの、レースカーテンの存在感たるや。
実家のキッチンにこんな暖簾がかかっていたような気もする(たぶん記憶違い)。
レース=実家感って、私だけの偏見ですか。
うーん……落ち着いたらもう少しちゃんとしたものに買い替えようかな。
というか整頓すればいいんだよー。

Screenshot_20200421000711

■読書ログ■
・和書25:『文系でもわかる ビジネス統計入門』内田学、兼子良久、斉藤嘉一・著、東洋経済新報社、電子書籍
・翻訳書11:『天才科学者はこう考える――読むだけで頭がよくなる151の視点』ジョン・ブロックマン・著、夏目大、花塚恵・訳、ダイヤモンド社
・翻訳書12:『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド・著、上杉周作、関美和・訳、日経BP、オーディオブック


明日も幸せである様に♪

2020年4月19日 (日)

日曜日のような日

Dsc_0206

試行錯誤のモーニング。
そんなにバリエーションはないのですー。

休日の日中は出かけることの多い夫だけど、この土日はずっと家にいた。
朝ごはんを食べて、ちょっと仕事をしたらもうお昼。
夫の作る焼きそばは世界一おいしい(写真はない)。

午後はまた少し仕事を進めて

Dsc_0207

夕方からお散歩へ。
思ったより汗ばむ陽気。気づいたら5km近く歩いていた。

Dsc_0208

見上げてもお散歩日和。

絵に描いたような日曜日じゃない? こんな日はいつ以来だろう。



頭に浮かぶのはこんな曲。

Dsc_0209

昼のうちに一緒に詰めた餃子を夫に焼いてもらう。
夫の焼く餃子は世界で2番目においしい。
この人、今日何にもしてませんよー。

Screenshot_20200419211738

■読書ログ■
・和書25:『文系でもわかる ビジネス統計入門』内田学、兼子良久、斉藤嘉一・著、東洋経済新報社、電子書籍
・翻訳書11:『天才科学者はこう考える――読むだけで頭がよくなる151の視点』ジョン・ブロックマン・著、夏目大、花塚恵・訳、ダイヤモンド社


本も読んでいない…。

明日も幸せである様に♪

2020年4月18日 (土)

ハガキの輪

Ccf_000011

というわけで。
突然ハガキ魔と化したくまぼぼです。

10日くらい前、ラジオを聞いていたらリスナー投稿にこんな話があった。

上京した子供のことが心配だけれど、感染リスクもあるし帰って来いとは言えない。
本人も東京で頑張ると言っている。
そこで、こまめにハガキを出している。なるべく気軽な文面になるように気を付けながら。
本人は迷惑かもしれないけれど。

何の関係もないのに、聞いているだけで涙が出てきた。
ハガキ、いいじゃないか。素敵すぎるじゃないか。
また手紙じゃなくてハガキっていうところが絶妙にいいよねえ。
絶対に迷惑なんて思っていないよ。ポストを見て親御さんからのハガキを見つけたら、心があたたかくなるだろうなあ。

そんなわけで、すっかり影響を受けてハガキを出し始めた。
騒動が落ち着いたら会いたい人に。今どうしているか心配な人に。そして住所がわかる人に(地味に最後のハードルが高い。住所を知っている人って意外と少ないんだよなあ)。
予想外だったのは、書くという行為にむしろ自分の心を静める効果があること。
ハガキを書きながら相手の顔を思い浮かべる。その人にこれまでどれだけ助けられてきたかを思い出す。心がじんわりとしてありがとうって思う。
書いただけですっかり満足して、幸せな気分でポストに投函していった。

それでね。
もう出したところで満足していたから、返事なんて来ると思っていなかったの。
メッセージでお返事くださる方がいて、それだけでもう、空回っていなくてよかった!と喜びに浸っていた。
そしたらここ数日、ポストを開くたびにハガキが入っている。
うわ、これ、嬉しい。
その人が元気で過ごしてくれたことも、時間を作って私のために文面を考えてくれたことも、嬉しすぎる。
同じ気持ちでポストに投函してくれたのかな、とか気持ち悪いことを妄想して、受け取ってから数日たってもずっとニヤニヤしている。
お返事くださった皆さん、本当にありがとうございます。
もちろん、何もなくたって構わない。受け取った人がドン引きせずに0.1℃でも心があたたかくなってくれていたなら、それだけで大満足。いや、ドン引きされていてもいいのだ。投函した時点で私の気持ちは十二分に満たされているのだから。

安上がりに幸せになれるので、大切な方にハガキを出してみるのお勧めします。
字なんて下手でも恥ずかしくないんだぜー(自分に言ってます)。

Dsc_0205

結局また同じ献立&コールスローだけ増やしてみた。
パンがおいしくてねえ(2回目)。

Screenshot_20200418232051

今日は夫と2人でストレッチしてみた。上半身の2つ目で首を痛めたみたいで、ちょっと責任を感じている。

■読書ログ■
・和書25:『文系でもわかる ビジネス統計入門』内田学、兼子良久、斉藤嘉一・著、東洋経済新報社、電子書籍
・和書26:『技術者のためのテクニカルライティング入門講座』髙橋慈子・著、翔泳社、紙の本
・洋書2:『The Power of Less: The Fine Art of Limiting Yourself to the Essential...in Business and in Life』Leo Babauta・著、Hyperion、紙の本&オーディオブック


明日も幸せである様に♪

2020年4月17日 (金)

10年ひと昔

ここ1年くらい毎朝体重を計る生活が続いている(たまにさぼるけど)。
気づけば我が家の体重計がかなり歴史を感じる見た目になっていた。

Dsc_0203

なんか、ちょっと昭和感さえありませんか。
一応買ったのは10年くらい前だと思うんだけど。いや、もっと前だったっけ…?

壊れているわけではないから買い換えるのもなあと思っていたんだけど、最近、auのギフトポイント3000Pが間もなく切れますよという連絡が来たのでサイトを見にいったら、タニタの体組成計がほぼギフトポイントだけで交換できるという。
乗り換えちゃいましょうかね!

そして今日届いた体組成計。

Dsc_0204

うおおお。いきなり令和になった!
Bluetooth機能がないのはやや残念だけど、そんなのは手入力すればいいのである。
早速今夜だけで3回くらい乗っては、また増えた体重に打ちのめされたり他の数値にも一喜一憂したりしている。
体年齢34歳ですってよ。でへへへへ。

Screenshot_20200417224617

■読書ログ■
・和書25:『文系でもわかる ビジネス統計入門』内田学、兼子良久、斉藤嘉一・著、東洋経済新報社、電子書籍
・和書26:『技術者のためのテクニカルライティング入門講座』髙橋慈子・著、翔泳社、紙の本
・翻訳書11:『天才科学者はこう考える――読むだけで頭がよくなる151の視点』ジョン・ブロックマン・著、夏目大、花塚恵・訳、ダイヤモンド社
・翻訳書12:『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド・著、上杉周作、関美和・訳、日経BP、オーディオブック


明日も幸せである様に♪

2020年4月16日 (木)

ヘアアレンジなんてできない人生だった

今日は外仕事。
ずいぶん髪も伸びたなあ。ちょっとまとめないとみっともないなあ。
…という出来心だったんです。

Dsc_0195

ポップなマスク柄と相まって、ほぼフォー(1週間の間にこの言葉を2回使うとは思わなかった)として決して許されない仕上がりに。
しかも何となくこのまま出発してしまい、1日中「生れて、すみません」気分。
職場の方に布マスクになっていたことで声をかけていただいたのに、髪型を指摘されたのかと思いこんで(被害妄想)挙動不審な返しをしてしまった。

ちなみに今、改めて「みつあみ 大人」で検索して撃沈しています…。
自力でポニーテールすらできなかった私が手を出していい領域じゃなかった。
ヘアアレンジができたら女子っぽくて楽しい人生だっただろうなあ。って書こうとしたら「女子」が「助詞」って変換されたしね。めっちゃ追い打ちかけてくるじゃん。

Dsc_0194

街は閑散としていたけれど、ハナミズキが咲いていた。
季節はちゃんと進んでいる。

Dsc_0198

昨日の密な並びとは全然違う。まんまる。

Dsc_0200

こっちもまんまる。

Screenshot_20200416233332

■読書ログ■
・和書25:『文系でもわかる ビジネス統計入門』内田学、兼子良久、斉藤嘉一・著、東洋経済新報社、電子書籍
・和書26:『技術者のためのテクニカルライティング入門講座』髙橋慈子・著、翔泳社、紙の本
・翻訳書11:『天才科学者はこう考える――読むだけで頭がよくなる151の視点』ジョン・ブロックマン・著、夏目大、花塚恵・訳、ダイヤモンド社
・翻訳書12:『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド・著、上杉周作、関美和・訳、日経BP、オーディオブック
・洋書2:『The Power of Less: The Fine Art of Limiting Yourself to the Essential...in Business and in Life』Leo Babauta・著、Hyperion、紙の本&オーディオブック


明日も幸せである様に♪

2020年4月15日 (水)

みつ

Dsc_0189

今日のおやつ。ひえーっ、おいしい。
上に載っているクッキーは思ったよりしっとりしていて、ティラミス部分ともよくなじんでいる。

おやつを食べた分、せめてお散歩。

Dsc_0190

この間と同じ構図だけど、もう上の桜は散ってしまった。
時間は過ぎていくねえ。

Dsc_0192

芝桜、密集。

Screenshot_20200415230501

30日チャレンジも折り返し。前屈は全然だなあ。

■読書ログ■
・和書25:『文系でもわかる ビジネス統計入門』内田学、兼子良久、斉藤嘉一・著、東洋経済新報社、電子書籍
・和書26:『技術者のためのテクニカルライティング入門講座』髙橋慈子・著、翔泳社、紙の本
・翻訳書11:『天才科学者はこう考える――読むだけで頭がよくなる151の視点』ジョン・ブロックマン・著、夏目大、花塚恵・訳、ダイヤモンド社
・翻訳書12:『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド・著、上杉周作、関美和・訳、日経BP、オーディオブック


明日も幸せである様に♪

2020年4月14日 (火)

四月もみじ

目覚めたら久しぶりにすっきりしていた。
朝から勉強も仕事もテキパキ進んでいく。よし、今日は久しぶりに走るぞー。

Dsc_0185

と思って外に出たら、吹き飛ぶレベルの強風だった。
全然見えないと思いますが、目の前で水鳥が風に負けて溺れかけています(だ、大丈夫なの…?)。
最初の1キロメートルで完全に挫折して、残りは歩き時々走り。

Dsc_0187

春の黄緑もみじが大好きでねえ。
ここでいろはもみじの歌を歌おうかと思ったけれど、最近同じようなことばかりしているので自粛。

Running_0414

ふざけているのかくらいの結果。
久しぶりにランニングウェアを着て外に出ただけで素晴らしいんだ、うん。
そういえば、せっかく初めてスマートウォッチを着けて走ったのに全然脈拍見ていなかったわね、と今アプリを見たら、一度も90さえ超えていない。
やっぱりふざけていたんだろうか、私……。

Screenshot_20200414225418

それでも、走れたからようやくこのストレッチプログラムをこなせて満足。

■読書ログ■
・和書24:『これなら通じる 技術英語ライティングの基本』平野信輔・著、日本能率協会マネジメントセンター、紙の本→読了
・和書25:『文系でもわかる ビジネス統計入門』内田学、兼子良久、斉藤嘉一・著、東洋経済新報社、電子書籍
・翻訳書11:『天才科学者はこう考える――読むだけで頭がよくなる151の視点』ジョン・ブロックマン・著、夏目大、花塚恵・訳、ダイヤモンド社
・翻訳書12:『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド・著、上杉周作、関美和・訳、日経BP、オーディオブック
・洋書2:『The Power of Less: The Fine Art of Limiting Yourself to the Essential...in Business and in Life』Leo Babauta・著、Hyperion、紙の本&オーディオブック


明日も幸せである様に♪

2020年4月13日 (月)

手ケアの話

いきなりですが、手をこまめに洗う毎日って、手荒れが気になりませんか。
手荒れって要するに細かい傷なので、そのままにしておくと傷口から雑菌が入り込んできて逆効果になりかねないんですって。

Dsc_0183

私の手。どーん。
太いとかペンだことか気になるところはあるものの、ほぼフォーにしては年齢が出ていない手かなと思っています。
もともとめちゃくちゃ手荒れ・かぶれやすい体質なので、人より少しだけ手ケアを気にしてきたのが功を奏しているのかも?
というわけで、今日は突然私の手ケアの話をします。ええ、ネタ切れです。

なお、あくまで私にとって効果があるケアの話というだけで、ほぼ医学上の根拠はありません。
あと、そもそも私は子育ても介護もちゃんとした家事もしておらず、手荒れ要素が少ない生活だということも差し引いてご覧ください…。

手ケアといえばハンドクリームだと思うんですが、ハンドクリームって、塗っちゃうと手がべたべたになってその後ご飯作ったりキーボード叩いたりしづらくなりますよね。
というわけで、私はハンドクリームをきっちり塗るのは1日1~2回。
それ以外のときはどうしているかといいますと、まずは可能な限りゴム手袋。
掃除も洗い物も絶対に素手ではしません。料理も、肉や魚を触るときは使い捨てのビニール手袋をしています。
ただ、ゴム手袋をしていても、都度手は洗います。

Dsc_0175

このセットで。
キュレルは手のうるおいを残してくれるハンドソープ。
そしてアトリックスのハンドミルクは本当におすすめです。今日のブログを書いているのも、このハンドミルクの良さを全世界にアピールしたいのが一番の動機だったくらい(また誰も見ていないブログで見栄を張る)。
洗い終わって濡れた手にプッシュして、軽く水ですすいでからタオルで拭くだけでおしまい。そのまま料理のために食べ物を触っても大丈夫。べたべたもしません。
手を洗ってタオルで拭いた後、手がピキーンと乾く感じあるじゃないですか。これを使えば、あの感覚がなくなります。
このハンドミルクを使い始めてから、外出先で手を洗った後の乾きが耐えがたくなってしまったかも(なので外出先では手洗い後即ハンドクリーム)。

まとめると

・洗剤や食べ物の脂にはなるべく触らない。
・こまめに手洗い。
・手を洗ったら直後に保湿。

これを徹底するだけで、だいぶ違うんじゃないかなと思っています。

続いてハンドクリームの話。
私はハンドクリームの前にネイルオイルをつけます。
ハンドクリームはしないけどネイルオイルだけつけるときもあります。
まあジェルネイル時代の名残なので、別にしなくてもいいと思います。

Dsc_0180

たくさん種類がありますが、お好みに合わせて。
私も漂流中ですが、今のお気に入りはこちら。

Dsc_0181

ハンドクリームはコエンリッチQ10の薬用エクストラガード。
どこのドラッグストアにも売っていると思います。
水を使っても落ちにくいとか、尿素配合とか、ひび割れに効くとか、用途によって選ばれるのがいいかと。
使ってみたらべたつき加減や香りがどうしても受け入れられないこともあるので、事前に試してから購入することをおすすめします。

ポイントは量。
皆さんは、ハンドクリームってどのくらいつけます?

Dsc_0176

種類によると思いますが、通常は人差し指の指先~第一関節までの量が適切なんだとか(1FTU(finger tip unit)というそうです)。
載せてみるとわかりますが、これ、かなり多いです。5分くらいすり込んでも全然べたべたが取れない。
本当にこんなに載せる必要あるの?と不安になるけど、たしかにこの量に増やしてからちょっとしたささくれもできなくなったかも。
あと、伸ばすときは皮膚の細胞の方向に逆らわず横向きに伸ばすと浸透しやすくて肌への負担も軽いらしいです。
FTU以降の話は、NHKジャーナル(ラジオ)で聞いた話の受け売りでした。

Dsc_0179

最後に、手ケアとは関係ないけど、今はまっている保湿ジェルをご紹介します。ハイスキンのモイストジェルです。
一時期バームを使っていたんだけど、やっぱりバームは固くてちょっと使いづらいなと思っていたときに近所のドラッグストアで見つけたもの。
ワセリンとジェルを混ぜたもので、まったくべたつかないのに乾く感じもゼロ。そして好みど真ん中の香り。
ステマ感がすごいけど、本当におすすめですよー。

Screenshot_20200413220330


■読書ログ■
・和書24:『これなら通じる 技術英語ライティングの基本』平野信輔・著、日本能率協会マネジメントセンター、紙の本
・和書25:『文系でもわかる ビジネス統計入門』内田学、兼子良久、斉藤嘉一・著、東洋経済新報社、電子書籍
・翻訳書11:『天才科学者はこう考える――読むだけで頭がよくなる151の視点』ジョン・ブロックマン・著、夏目大、花塚恵・訳、ダイヤモンド社
・翻訳書12:『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド・著、上杉周作、関美和・訳、日経BP、オーディオブック
・洋書2:『The Power of Less: The Fine Art of Limiting Yourself to the Essential...in Business and in Life』Leo Babauta・著、Hyperion、紙の本&オーディオブック


明日も幸せである様に♪

2020年4月12日 (日)

くまぼぼカフェモーニング

Dsc_0174

駄目なのは、献立か料理の腕か盛り付け力か撮影力か。
トーストはとってもおいしかったです。出直します……。

3か月分ため込んだ家計簿をつけるだけで土日が終わっていく。
たるんでおるぞー。

Screenshot_20200412015643_20200412225001

■読書ログ■
・和書25:『文系でもわかる ビジネス統計入門』内田学、兼子良久、斉藤嘉一・著、東洋経済新報社、電子書籍
・漫画『幸せカナコの殺し屋生活(3)』若林稔弥・著、講談社、電子書籍
・翻訳書11:『天才科学者はこう考える――読むだけで頭がよくなる151の視点』ジョン・ブロックマン・著、夏目大、花塚恵・訳、ダイヤモンド社
・翻訳書12:『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド・著、上杉周作、関美和・訳、日経BP、オーディオブック


明日も幸せである様に♪

2020年4月11日 (土)

より道

Dsc_0169

今日のおやつ。
最近流行っているイタリアの固いプリン、私が求めている固いプリンとは別物なんだけど、これはこれで癖になる。
まあ別物なんだけどね!

今日は手紙の投函ついでに、いつもとは違う道を歩いてみた。

Dsc_0170

そしたら、いつもの公園の駐車場に広めの花壇を発見。

Dsc_0171

パンジーの終点が芝桜というところが、いつもの公園らしくて嬉しくなる。
せっかくなので、遠くに見えていた桜の木まで足を延ばしてみようかな。

Dsc_0172

神社の桜だった。だいぶ葉桜だけど、それもいい。

知ってる道に差し掛かる度 もう君との甘い旅も終わってしまう
そんな気がして 知らぬ景色の緑の中に輝きを求めてた

  aiko「より道」


やろうと思えば、aikoの曲名や歌詞縛りのブログタイトルなんてできるかもしれないわね。
……いや、やめとこう。

Screenshot_20200412015643

何という時間にストレッチしているんだ私。
日が変わっちゃってるけど、一応達成ということで。

■読書ログ■
・和書25:『文系でもわかる ビジネス統計入門』内田学、兼子良久、斉藤嘉一・著、東洋経済新報社、電子書籍
・翻訳書6:『若い読者のための経済学史【イェール大学出版局 リトル・ヒストリー】』ナイアル・キシニティー・著、月沢李歌子・訳、すばる舎、電子書籍→読了
・翻訳書11:『天才科学者はこう考える――読むだけで頭がよくなる151の視点』ジョン・ブロックマン・著、夏目大、花塚恵・訳、ダイヤモンド社
・翻訳書12:『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド・著、上杉周作、関美和・訳、日経BP、オーディオブック


明日も幸せである様に♪

2020年4月10日 (金)

The art of 引きこもり

Dsc_0165

ざわめく水面。

愛知県にも非常事態宣言が出て、ニュースでもどこが休業要請対象なのかという話題が続いている。
我が家も週末は喫茶店モーニングの習慣があるんだけど、今週からはおうちカフェにしようか、なんて話しているところだ。
せっかくだから本物のカフェみたいにしてみようか。
メニューを作ったり、もりもり名古屋モーニングにしたり。
そんな些細なことで引きこもり生活も楽しくなってくる。今までもずっとそうだったから、今回もきっと大丈夫。

Dsc_0167

部屋でバドミントンして障子を割りそうになるのも、引きこもりを楽しむコツである(それは前からやってたじゃん)。

Screenshot_20200410230848

■読書ログ■
・和書24:『これなら通じる 技術英語ライティングの基本』平野信輔・著、日本能率協会マネジメントセンター、紙の本
・翻訳書6:『若い読者のための経済学史【イェール大学出版局 リトル・ヒストリー】』ナイアル・キシニティー・著、月沢李歌子・訳、すばる舎、電子書籍


ちょっとびっくりする話が舞い込んできて、震えている。
チャンスってどこにあるかわからないものですねえ。

明日も幸せである様に♪

2020年4月 9日 (木)

街歩きおさめ

今日は鍼灸。
自律神経が少し過敏になっていると言われる。
気にせず日々を過ごそうとしても、やっぱり体に出ているのね。

Dsc_0160

工事中のテレビ塔。久しぶりに姿を見た。

Dsc_0161

枝垂桜。

Dsc_0162

名古屋駅に来るとつい注文してしまうまかない丼。
このお店はいつも激混みなのに、今日は12時台でもすぐに案内されて切なくなる。
明らかに人通りが減ったよね。

Screenshot_20200409222754

久しぶりにいっぱい歩いた。
でも、これから愛知にも緊急事態宣言が出そうだし、こういう外出はしばらくやめておこうかなあ。

Screenshot_20200409222723

■読書ログ■
・和書24:『これなら通じる 技術英語ライティングの基本』平野信輔・著、日本能率協会マネジメントセンター、紙の本
・翻訳書6:『若い読者のための経済学史【イェール大学出版局 リトル・ヒストリー】』ナイアル・キシニティー・著、月沢李歌子・訳、すばる舎、電子書籍
・翻訳書10:『FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略』ベンジャミン・ハーディ・著、松丸さとみ・訳、サンマーク出版、オーディオブック→読了
・洋書2:『The Power of Less: The Fine Art of Limiting Yourself to the Essential...in Business and in Life』Leo Babauta・著、Hyperion、紙の本&オーディオブック


明日も幸せである様に♪

2020年4月 7日 (火)

水鏡

夫と姑の確定申告終わったー!
いつもは市内の申告会場で提出していたんだけど、今年は3月16日を過ぎてしまったので、隣の市に臨時開設された申告会場まで行ってきた。
待合室の密集度が恐ろしすぎたものの、案内されてからはあっという間に完了。
しかも今までは話にも出てこなかったE-taxの番号も作っていただけたので、来年からは自宅から電子申告できるらしい。わーい。
私が姑の農業分を自力で入力できるのかは不安だけど。来年のことは考えない!

Dsc_0156

ご褒美にデニーズランチ。ダブル炭水化物……。
本当はこの後、季節限定・抹茶パンケーキも注文しそうになっていたんだけど、チャイムを押しても店員さんがテーブルに来なかったことで我に返る私。トリプルになっちゃう!と慌てて帰宅。
でもおいしそうだったな、抹茶パンケーキ……。

夕方からはまたまたお散歩。
いい加減同じアングルの写真しかないけど、過去のことは忘れて行くよー。
(読み返して今気づいた。この人、めっちゃ今を生きてる…)

Dsc_0157

桜の下に広がる桜。見事。

Dsc_0158

上の桜はそろそろ散り始めかな。

Dsc_0159

鴨?が泳ぐ池の色は、夕焼けのピンク。水鏡。

水鏡、と口ずさむとひんやりした気持ちになるのは、この歌の影響なんだろな。



ところで、私はこの曲のタイトルを何の疑問も持たずに「みずかがみ」と発音してきたんだけど、もしかして「すいきょう」かもしれない?
調べないけど。

Screenshot_20200408234252

■読書ログ■
・和書24:『これなら通じる 技術英語ライティングの基本』平野信輔・著、日本能率協会マネジメントセンター、紙の本
・翻訳書6:『若い読者のための経済学史【イェール大学出版局 リトル・ヒストリー】』ナイアル・キシニティー・著、月沢李歌子・訳、すばる舎、電子書籍
・翻訳書10:『FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略』ベンジャミン・ハーディ・著、松丸さとみ・訳、サンマーク出版、オーディオブック
・洋書2:『The Power of Less: The Fine Art of Limiting Yourself to the Essential...in Business and in Life』Leo Babauta・著、Hyperion、紙の本&オーディオブック


明日も幸せである様に♪

kaizen

夕方、書留が届いたという連絡が施設から来た。
ちょうどいいのでお散歩。

Dsc_0154

これは何だろう。小麦?

Dsc_0155

近所の高校の脇に、1本だけチューリップ。

無事に住民票を入手できたので(お忙しいところありがとうございました!)、明日こそ確定申告に行ってくる!

Screenshot_20200407214342

ストレッチを始めてから1週間。
明らかに肩こりと腰痛が収まってきている。
前屈は相変わらず全然だめだけど、すでに十分すぎるほどの改善効果。

kaizenといえば、トヨタがマスクを生産というニュースがありましたね。
会社関連の人の分は社内で賄えるようにっていうのが、正しく大企業っていう感じ。
夫(一応つながりあり)にも回してもらえるといいなあ。我が家の在庫が本気で怪しくなってきたことだし。

■読書ログ■
・和書24:『これなら通じる 技術英語ライティングの基本』平野信輔・著、日本能率協会マネジメントセンター、紙の本
・翻訳書6:『若い読者のための経済学史【イェール大学出版局 リトル・ヒストリー】』ナイアル・キシニティー・著、月沢李歌子・訳、すばる舎、電子書籍


明日も幸せである様に♪

2020年4月 6日 (月)

花鳥風月

マイナンバーの入った住民票は市役所の窓口ではもらえず、簡易書留になるそうです……。
姑の現住所は老人ホームなので、明日以降に住民票が届いたら取りに行って、それから税務署に行って……。
ぐおーーー。めんどくさすぎる。失くした私が悪いんだけど、マイナンバー通知カードがないだけで何でこんなにめんどくさいことになるんだ。申告自体とは何にも関係ないじゃんねえ(しかもこれは所得ゼロ&還付金150円くらいの農業分の確定申告で、やってもやらなくてもいいんじゃ感がものすごい)。

気を取り直してお仕事。

Dsc_0149

この辺りの内容をまとめてスタイルガイドのテンプレートを作ろうとしているんだけど、いやその、簡単に言ったね?
一度限りのスタイルガイドセミナーで使いつくすにはもったいなさすぎるから、他にも需要があったらセミナーを開催させてくださいー。
需要があったとしてもそういう方は誰もこのブログなんて目に留めてらっしゃらないと思うけど。

今日も夕方からお散歩。
花粉症の症状が出まくっていて、昼間走る気力が戻ってきてくれない。

Dsc_0152

満開の桜(わかりづらいけど池の向こう側です)と月。
風が吹いて、池には水鳥が泳いでいる。

Screenshot_20200406232811

■読書ログ■
・和書16:『英語スタイルブック ライティングの表記ルール辞典』石井隆之・著、クロスメディア・ランゲージ(インプレス)、紙の本→読了
・翻訳書6:『若い読者のための経済学史【イェール大学出版局 リトル・ヒストリー】』ナイアル・キシニティー・著、月沢李歌子・訳、すばる舎、電子書籍
・翻訳書10:『FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略』ベンジャミン・ハーディ・著、松丸さとみ・訳、サンマーク出版、オーディオブック


明日も幸せである様に♪

2020年4月 5日 (日)

スマウォ?

夫と姑の確定申告、何とかまとめ終わった…。
と思ったら、姑のマイナンバー通知書が見つからなくて泣きそうである。
明日は委任状を作ってから市役所で住民票をもらって、それから税務署かあ。とほほ(昭和)。

Dsc_0148

初スマートウォッチ、なかなか悪くない気がする。
今回買ったのはこれ(↓)。お値段も初心者らしくお手頃です。




スマートフォン側にアプリを入れると

Screenshot_20200405200213

こんな感じで計測結果を表示してくれる。
脈拍が30分置きの計測らしく、ランニング中の動きを見たいというニーズを満たすものではなかったっぽいのが残念だけど。
(違うのかな。実はまだ装着して走ったことがなくてよくわからない)
あと、1日中つけていると手首がかぶれそうな予感がする。
走るのが楽しみなような、怖いような。
ところで、スマートウォッチにも略称ってあるのかしらね。

Screenshot_20200405200901



■読書ログ■
・和書16:『英語スタイルブック ライティングの表記ルール辞典』石井隆之・著、クロスメディア・ランゲージ(インプレス)、紙の本
・翻訳書6:『若い読者のための経済学史【イェール大学出版局 リトル・ヒストリー】』ナイアル・キシニティー・著、月沢李歌子・訳、すばる舎、電子書籍
・翻訳書10:『FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略』ベンジャミン・ハーディ・著、松丸さとみ・訳、サンマーク出版、オーディオブック




明日も幸せである様に♪

2020年4月 4日 (土)

隠れ桜

最初に宣伝です。
翻訳を担当した記事が今日公開されました。



現代の建築物のうち、ピラミッドなどに匹敵するような偉業を7つ挙げました、という記事です。
よろしければぜひご覧ください!

Dsc_0140

某市営センター前の桜。
毎年開催されている桜まつりは中止になってしまったけれど、桜はいつもと変わらず見事。

Dsc_0143

Dsc_0142

満足して帰ろうと思っていたら、夫が車を家とは別の方角へ走らせていく。
どこに行くんだろう?

車は人気のない川辺へ。

Dsc_0145

川沿いに並ぶ桜。写真が全くなっていないけど、本当はどこまでも続いている。すごい!
「この辺りは伊勢湾台風の後、川辺の土壌を強くするために桜が植樹されたんだよ」
と教えてくれる夫。ほほーっ。




春が来るとこの川辺は桜がめいっぱい咲き乱れるんだ
あなたは言う あたしはうなずく
(「桜の時」aiko)




今ってまさにこの状況ですか?

近所の桜や出先でたまたま見かける桜もいいけれど、こうやって見に来るのもいいものだねえ。
特に外出自粛が求められていない地域だからできたことではあるけれど。

Screenshot_20200404213814



■読書ログ■
・翻訳書6:『若い読者のための経済学史【イェール大学出版局 リトル・ヒストリー】』ナイアル・キシニティー・著、月沢李歌子・訳、すばる舎、電子書籍
・翻訳書10:『FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略』ベンジャミン・ハーディ・著、松丸さとみ・訳、サンマーク出版、オーディオブック




明日も幸せである様に♪

2020年4月 3日 (金)

春色

Dsc_0131

春色デザート。よく見るとコリラックマも同じ色ね。

おやつをブログに載せるようになって実感するけど、まあ、痩せるわけないよね(遠目)。
せめてちょっとでも相殺できないかという下心もあり、夕方から外の春色を探しに出かけてみる。

Dsc_0135

近所の公園も、ソメイヨシノが満開。

Dsc_0136

上も下も桜。
足元の方の桜は

Dsc_0139

こちら。芝桜も場所によってはほぼ満開。

Dsc_0134

これは、枝垂桜??

Dsc_0132

色とりどり。

明日も市内のお花見スポットをちょっとだけのぞきに行くつもり。
(人混みだったら車を降りずに帰ります…)

Screenshot_20200403225305

■読書ログ■
・和書16:『英語スタイルブック ライティングの表記ルール辞典』石井隆之・著、クロスメディア・ランゲージ(インプレス)、紙の本
・翻訳書6:『若い読者のための経済学史【イェール大学出版局 リトル・ヒストリー】』ナイアル・キシニティー・著、月沢李歌子・訳、すばる舎、電子書籍
・翻訳書10:『FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略』ベンジャミン・ハーディ・著、松丸さとみ・訳、サンマーク出版、オーディオブック


明日も幸せである様に♪

2020年4月 2日 (木)

桜とバドミントン

Dsc_0128

外仕事帰り、国際センターの桜はそろそろ満開?

桜を見るととりあえず「桜の時」を脳内でフルコーラス口ずさむ私。
そしたら、こんな記事を発見したよ。
私の音楽知識じゃ理解できていない話も結構あるけど、それでも嬉しくなってしまって今5位から順番に聴き直している。


今日も愛してるの 今日もしっくりいかないの
他に言葉はないんだろうか
毎日あたしの体があなたで形成されていきます
羽根いっぱいのプールで泳いでるような
めちゃくちゃな嬉しい日々
これじゃ救えない 誰か知りませんか
愛の言葉を

     aiko「愛は勝手」


こんな夜中に泣きそうだぜー。

Screenshot_20200402234523

■読書ログ■
・翻訳書6:『若い読者のための経済学史【イェール大学出版局 リトル・ヒストリー】』ナイアル・キシニティー・著、月沢李歌子・訳、すばる舎、電子書籍
・翻訳書10:『FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略』ベンジャミン・ハーディ・著、松丸さとみ・訳、サンマーク出版、オーディオブック


桜つながりで(内輪うけ)、バドミントンが5月末まで休みになることが決まった。
シニアの皆さん、大丈夫かな。体動かせているのかな。
バドミントンはZOOMじゃできないものなあ。
胸がもぞもぞすることばかり。
誰か知りませんか 愛の言葉を。

明日も幸せである様に♪

2020年4月 1日 (水)

30日間チャレンジその2:ストレッチ

しっかり昼過ぎまで寝ました。おはようございます!(もう23時)

さて、4月ですね。
3月の目標も達成したとは言いがたいけれど、早寝早起きも引き続き意識しつつ、ここで新しい目標を立てました。


毎日ストレッチをする


これでいきます笑。

いや、ちょっと前に佐々木朗希選手の特集をテレビで見ていたら、その体の柔らかさが紹介されていたのでした。
お相撲取りさんばりの股割りに、夫婦ともども感動。
彼も毎日ストレッチを続けて、2~3年かけて柔らかくしたんですって。
夫は翌日から早速お風呂上がりにストレッチを始めて(えらい)、しかもちゃんと続いている(まじでえらい)。
私も影響を受けて先週末にちょっとやってみたら

Dsc_0125

衝撃の硬さ。しかもこれ実は、その後毎日ストレッチをした後の今日の写真ですからね。
腰が全く前に倒れないじゃないか。これはひどい。

子供の頃は、柔軟だけは平均を大きく上回っていたことが、スポーツ関連の唯一のプライドだった。
年を重ねるごとに、しばらくストレッチをさぼったときの固まり具合がどんどんひどくなっている気がする。
そりゃ腰も肩も痛めるよなあ。

というわけで、今月の目標は「毎日ストレッチ」。

Screenshot_20200401213718

いつでもアプリから入る私。
今回は「ストレッチエクササイズ」というアプリを使ってみることにしました。

Screenshot_20200401213754

それぞれコースになっていて、「開始」を押すと音声と動画で指導してくれる。
まだ「全身のストレッチ」しかやっていないけど、終わるとだいぶ楽。
ランニング前後のストレッチもあったから、少しずつ試してみようっと。

1ヶ月後にまた写真を載せて「わぁ、こんなに違う!」っていうのやりたいんで、どうぞよろしく(to自分)。

■読書ログ■
・翻訳書6:『若い読者のための経済学史【イェール大学出版局 リトル・ヒストリー】』ナイアル・キシニティー・著、月沢李歌子・訳、すばる舎、電子書籍
・翻訳書10:『FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略』ベンジャミン・ハーディ・著、松丸さとみ・訳、サンマーク出版、オーディオブック
※1~3月までの読了冊数:33冊


明日も幸せである様に♪

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »