« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月30日 (火)

紫陽花からアベリアへ

Screenshot_20200630060512

早起きできたということは?
そう、今日は外仕事。
本当にその日しか起きられないよね…。

6月最終日ですね。
そろそろアジサイも終わりそう。
というわけで、近所に咲いているアジサイをあちこちで撮影。

Dsc_0398

Dsc_0397

Dsc_0400

前の写真はアップばっかりだったなあと思って引きで撮ってみたものの、アップのままの方がよかったかもしれない。

Dsc_0399

アベリアが咲き始めている。
季節がまたひとつ進んでいく。

Dsc_0406

父とランチでひつまぶし。
興奮してしゃもじを入れてから撮ったので、ちょっとお米が見えているけど。

7月もいい月になりますように。

 

■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書51:『学校では教えてくれない!1ヶ月で洋書が読めるタニケイ式英語リーディング』谷口恵子・著、プチ・レトル、紙の本
・和書54:『幽霊塔』黒岩涙香・著、株式会社オリオンブックス、電子書籍
・翻訳書14:『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』ロルフ・ドベリ・著、安原実津・訳、サンマーク出版、オーディオブック(2巡目)→読了
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月29日 (月)

自堕落

Screenshot_20200629085121

9時間でビックリしていたら今日は10時間半。
しっかり二度寝しました。
早く布団に入れば早く起きられると思っていたのに、お布団欲との戦いはまだ当分続きそうである。

Dsc_0405

10thむにゃのお祝いに夫が買ってくれたケーキ。完全に調子に乗っておるな。

こんな風に自堕落に暮らしているから

0629

リバウンドし始めているんじゃないのか。
バドミントンを再開したらもっと痩せると思っていたのに。
実は、バドミントンの日は疲れ切って甘いものでも暴食しないとやってられない気分+多少食べ過ぎてもバドミントンだけで1000kcal近く消費しているから大丈夫、と油断する、という二重の罠が待っていたのだった。
とりあえず、昨日で甘いものはしばらくいいかなという気分になったので、ここからちょうどいい生活に戻していきたい。

■読書ログ■
・和書51:『学校では教えてくれない!1ヶ月で洋書が読めるタニケイ式英語リーディング』谷口恵子・著、プチ・レトル、紙の本
・和書54:『幽霊塔』黒岩涙香・著、株式会社オリオンブックス、電子書籍
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月28日 (日)

10th

Ccf_000031

「むにゃ」というのも10回目でございます。

ここまでの10年、お金の面で順調に進んでいたのは7年目まで、その後は迷走しながらなんとかやりくりしている状態。
成長曲線は右上がりの直線だと思っていたら、全然違った。
たぶんこれからも、前の年には予想もしなかったようなことが起き続けるんだろう。
ただ、自営業として生きていく力や翻訳力はおそらくちゃんと右肩上がりを続けていると思う。
それ以上に確信をもって言えるのが、人とのつながり。
一歩目の時点で「こんなに助けてくれる人がたくさんいて、私には幸運しかない」と思っていたのに、その後も助けてくれる人は増え続けて、そのつながりも太く深くなっている。
これは謙遜では全くなく、そもそもの環境や助けてくれる人の存在がなければ、私は間違いなくこんな場所にはいられなかった。
自分ががんばっていないと言いたいわけでも、自分のがんばりなんて大したことじゃないと言いたいわけでもない。
がんばれていること自体も、がんばった成果を認めてもらえる環境という意味でも、私はただひたすら幸運だった。これまでの人や物との出会いのうち、もし何か一つでもなかったら…と思うだけで恐怖で身がすくむ。

ということは、結局がんばっても意味はないのかもしれないけど。
でも私にはがんばることしかできないから、10年と1日目も手漕ぎのボートで進んでみます。
これまで助けてくれた皆さんに感謝しつつ、次の誰かに幸運を渡せるように。

Dsc_0404

ちょうど今日、取引先からいただけたお中元。
毎年本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

Dsc_0403

昨日もバドミントン。むにゃでもやることはいつもと変わらない。
昨日はすごく体が動いた。木曜日にレベルが上の人と練習したのがよかったのかしら。
目標より高い負荷をかけると、目標としていたレベルが楽に感じられるようになる、と『学校では教えてくれない!1ヶ月で洋書が読めるタニケイ式英語リーディング』にも書いてあった。
翻訳にも当てはまりそうな話。

Screenshot_20200628100119

でも結局疲れ果てて今日も寝坊。毎日10時間も平気で布団にいる39歳ってどうなの。

■読書ログ■
・和書54:『幽霊塔』黒岩涙香・著、株式会社オリオンブックス、電子書籍
・翻訳書14:『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』ロルフ・ドベリ・著、安原実津・訳、サンマーク出版、オーディオブック(2巡目)
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月27日 (土)

カフェケーキ

今日は、毎週一緒に勉強している友達と久しぶりに直接会えました。
隠れ家のような素敵カフェで

Dsc_0401

プレートランチと

Dsc_0402

デザート。
カフェでケーキを食べるって本当に久しぶりなんじゃないかしら。

勉強会の話や翻訳トークなど盛り上がっていたらあっという間に4時間たっていた。
ありがとうございました。
また近々ぜひおしゃべりしましょう!

Screenshot_20200627095708

久しぶりのプライベート長時間外出で疲れ切った結果。
こんなに寝続けられるもの?

■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書51:『学校では教えてくれない!1ヶ月で洋書が読めるタニケイ式英語リーディング』谷口恵子・著、プチ・レトル、紙の本
・和書54:『死刑、廃止せず』石川真介・著、河出書房新社、電子書籍→読了
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック
・洋書7:『Stoner』John Williams・著、Vintage Digital、電子書籍


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月26日 (金)

不健康な生活

Screenshot_20200626095621

23時過ぎ就床、9時起床。
昨日のバドミントンのダメージが抜けません…。

バドミントンは、まあすさまじかった。
最初の練習で完全に心が折れて帰りたくなっていたけれど、他の方の優しさに助けられて何とか最後までたどり着いたという勘次。
写真なんて撮る余裕があるはずもない。
家に帰ったら、足の親指が水膨れになっていた。

開脚前屈のためのトレーニングなのになぜか2日に1回くらいやらされるジャンピングジャック、刺激のせいなのかだんだん右のくるぶしが痛くなってきた。
昨日のバドミントンで、今腰から下の筋肉痛がひどい。
オイルマッサージを1カ月半くらい続けたら、脚全体がめちゃくちゃかぶれた。
そして、運動している分食事量も増えているからなのか、体重が再び増加傾向。
健康的な生活をめざしていたはずなのに、超不健康な今の私。
め、めげないもん!

■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書51:『学校では教えてくれない!1ヶ月で洋書が読めるタニケイ式英語リーディング』谷口恵子・著、プチ・レトル、紙の本
・和書53:『時の常識』織田一朗・著、ユナイテッド・ブックス、電子書籍→読了
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月25日 (木)

無謀

Screenshot_20200625080749

0時半就床、8時起床。
いくら何でもここまで下げればできるでしょうと思っていた目標すら達成できないことに、ショックを禁じ得ない。

昨日のブログで「今日はどうなる?」とか書いていた時点では曇っていたので、そういうつもりで走り始めたら

Dsc_0396

THE快晴。死ぬかと思った…。
久しぶりに7km走ったけどそれも死にそうなペース。
こ、これからがんばる…!

そして今日は、これからバドミントンに行ってきます。
なぜか上のレベルの方から「木曜日のクラブにもおいでよ!」と誘われてしまったのだ。
とんでもない目にあって泣きながら帰ってきます(宣言)。
いってきます!

■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書51:『学校では教えてくれない!1ヶ月で洋書が読めるタニケイ式英語リーディング』谷口恵子・著、プチ・レトル、紙の本
・和書53:『時の常識』織田一朗・著、ユナイテッド・ブックス、電子書籍
・翻訳書18:『2分間ミステリ』ドナルド・J・ソボル・著、武藤崇恵・訳、早川書房、紙の本→読了
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月24日 (水)

釈迦に説法

Screenshot_20200624063520

ほぼ0時就床(そのあと目が覚めてしばらくぐだぐだしてるけど)6時半起床。
ぎりぎりだけど何とか目標達成!

ここでも何度も書いているし、何度書いても本当に恥ずかしいんだけど、私は本当に英文を読むのが遅い。
遅いうえに、長時間読み続けられない。そして、遅いわりに理解度は低い。
翻訳という仕事にとっては完全に致命傷だから、本当に何とかしなくては。
そう思って、2月から洋書を読む講座を受講し始めている話は前にここにも書いた。
同時に

Dsc_0393

こういう本も買っていたんだけど、そのまま放置していて(やる気あるの…?)、先週くらいにようやく開いてみた。

Dsc_0394

洋書を読むことを難しく感じる原因として、以下の3つをあげました。

・英語を読むスピードが遅い
・知らない単語が多い
・英語を読み続けるのに慣れていない

(略)
ずばり、必要なのは以下の3つの力です。

①速読力 ②単語力 ③読書体力


ふむふむふむーーーーー。
いやもう、このブログを読んでくださっている方の大半であろう翻訳業の皆様にとっては「何をいまさら」と思う話ですよね。
私もパッと見た瞬間は「そりゃそうでしょう」と思った。
でも考えれば考えるほど、自分に思い切り当てはまっている。
速読力がないと思っていたけれど、それもないんだけど、それ以上にないのは読書体力なんじゃないの。
10年も仕事で英語を見続けてきたのに「英語を読み続けるのに慣れていない」って何なのって思うけど、ここは認めなきゃいけない。慣れていないんだ。

この本では読書体力をつけるために「Kindleで洋書を読む」という方法を推奨している。
でも、私はちょうど講座で洋書を読んでいるのだから、まずはこれを続けることにしよう。
それ以外にも読んだ方がいいとは思うけど、欲張っても挫折するのが目に見えているからとりあえずは1冊ずつで。

速読力については、とにかく「速く読むことを意識する」ために、実際の目標よりかなり速く読む訓練をする。
この本では、1カ月かけてアーノルド・ベネットの"How to Live on 24 Hours a Day"を読む。
1日500ワードくらいを<①普通に読む ②精読する ③内容を意識しながらなるべく速く読む ④③の1.5倍の速度を意識して読む ⑤③の2倍の速度を意識して読む ⑥翌日普通に読む>という流れで取り組む。
内容を理解したうえで、スピードを上げる感覚を身に着けるという方法ですね。
洋書の講座では逆方向のアプローチで、<①80ページくらいを一気に1ページ15秒くらいのスピードで読む(もちろん全然わからない) ②30ページずつくらいずつ、やや読むスピードを落としながら複数回読む ③内容に関する講義(音声)を聞く ④②③で少しずつ内容を理解したうえで、最終的に1ページ30秒くらいのペースで読めるようになる>という流れなのが面白い。
両方続けると力がつくかも。

いわゆる速読とか、チラ見するだけで内容が大体わかるとか、そういう世界を目指しているわけではない。
したいのは翻訳だから精読できないと意味がないし。
ただ、1単語ずつじっくり見たからと言って理解度が上がるわけじゃないし、今の私はゆっくり読みすぎて逆に英文の流れを読み落としているはず。
今の自分が日本語を読むくらいのスピードと理解度で英語を読めるようになりたい、というのは贅沢すぎるけど、その領域に少しでも近づきたいなあ。

Dsc_0391

怪しい空。今日は雨?

Dsc_0392

でも夕焼けは晴れ。
今日はどっち?

■読書ログ■
・和書51:『学校では教えてくれない!1ヶ月で洋書が読めるタニケイ式英語リーディング』谷口恵子・著、プチ・レトル、紙の本
・和書52:『時計の常識』織田一朗・著、ユナイテッド・ブックス、電子書籍→読了
・和書53:『時の常識』織田一朗・著、ユナイテッド・ブックス、電子書籍
・翻訳書18:『2分間ミステリ』ドナルド・J・ソボル・著、武藤崇恵・訳、早川書房、紙の本
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月23日 (火)

悟りと天文

Screenshot_20200623143009

今度は睡眠記録を切り忘れていた…。
でもどっちにしても1時→9時半の睡眠だから全然ダメなんだけど。

Dsc_0388

日曜日もこのくらい晴れていたら日食が見られたのに、と言いたくなってしまうけど、天文現象は天気も含めて思うようにいかないもの。
その都度心を乱されていたら持たないよね。
知り合いの天文学者さんがみんな悟りを開いているような人ばかりなのも納得。
悟りの境地に少しでも近づくには、天文学をやるといいかもしれないよ!

Dsc_0390

この間妹がお土産にくれた大豆のお肉を使って麻婆茄子を作ってみる。
思っていたよりかなりお肉でおいしい!
技術は進んでいるんだなあ。

■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書52:『時計の常識』織田一朗・著、ユナイテッド・ブックス、電子書籍
・翻訳書14:『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』ロルフ・ドベリ・著、安原実津・訳、サンマーク出版、オーディオブック(2巡目)
・翻訳書18:『2分間ミステリ』ドナルド・J・ソボル・著、武藤崇恵・訳、早川書房、紙の本
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月22日 (月)

左側

Screenshot_20200622123215

せっかく22時台に布団に入ってそのまま眠れたのに、うっかり4時に目が覚めたらそのまま寝付けなくて、寝たり起きたりを繰り返しているうちに昼になった人です!
書いているだけで自己嫌悪。

Dsc_0380

昨日は薄雲りでした。
これは無理かなあと思いつつ、お散歩しながら日食グラスを覗く。

Dsc_0383

食の最大。

Dsc_0384

食の最大から10分後くらい。
かろうじて、左側が欠けている感じはわかるような。
(どちらも日食グラス越しです。直接は見ないでねー!)

私にとって日食の思い出は何といってもこの時。



ブログの写真が記憶の数倍ひどいけど、これももう8年前の話なのか。
清水の舞台から飛び降りて本当によかった、と今でも思える。
セスナなんて、日食がなくてももう一生乗る機会はないんじゃないかしらね。

名古屋周辺で次に日食が見られるのは、2030年。金環日食です。(参考:名古屋市科学館
2023年4月20日の部分日食も太平洋側南端では見られる場所があるので、チャンスがある方はぜひ!

Dsc_0385

日食が終わったら、空が怪しい色になっていた。



■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書52:『時計の常識』織田一朗・著、ユナイテッド・ブックス、電子書籍
・翻訳書14:『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』ロルフ・ドベリ・著、安原実津・訳、サンマーク出版、オーディオブック(2巡目)
・翻訳書18:『2分間ミステリ』ドナルド・J・ソボル・著、武藤崇恵・訳、早川書房、紙の本




君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月21日 (日)

3カ月ぶりの

Dsc_0371

3カ月ぶりのモーニング。
カフェ自体も久しぶりだけど、このお店で友達とおしゃべりする時間が戻ってきたのが、本当に嬉しい。

そして午後は

Dsc_0373

3カ月以上ぶりのバドミントン。
シニアの皆さんも含めてお変わりない姿に安心した。
お年寄りはいきなり無理しない方がいいのでは…という私の不安をものともせず、全員めちゃめちゃ動くしキレもすごい。
私の方が息も絶え絶えだったし、今もふくらはぎが号泣している。

以前のペースで体育館を使えるようになるにももう少しかかるらしいけど、少しずつ取り戻していけたらいいな。
私の体力も。

Screenshot_20200621091451

へばりすぎて睡眠もぐちゃぐちゃ。日が変わる前に布団に入るという目標すらできないのかー。

さて、今日はこの後部分日食ですね。



地域によりますが、16時過ぎ~18時頃まで太陽の一部が月に隠れます。
名古屋が食の最大(一番欠けている状態)を迎えるのは、17時10分。
絶対にしてはいけないのは、太陽を直接またはカメラのファインダー越しに見たり、サングラスや黒い下敷きを使ったりすることです。

Dsc_0379

私は、2012年の皆既日食のときに買ったリラックマ日食グラスを使って見てみます。
木漏れ日を観察するのもいいですよー。



■読書ログ■
・和書52『時計の常識』織田一朗・著、ユナイテッド・ブックス、電子書籍
・翻訳書14:『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』ロルフ・ドベリ・著、安原実津・訳、サンマーク出版、オーディオブック(2巡目)




君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月20日 (土)

おはようございます。
また記録できてなかった…。
0時就寝、7時半起床。

野球を愛する皆さん、春ですね!!!

Dsc_0370

見れてるの?って感じですが、めっちゃ見てます!つまり洋書はあまり進んでいません。
(この写真、私の世界が全部詰まってるな…)
土砂降りに近い雨の中投げて打って走って守る選手たち、回ごとにグランド整備をしてくれているスタッフ。
観客はいないけど、その分響き渡るボールの音、ベンチからの声援、観客席には選手の名前と応援メッセージ。
ああ、もう胸いっぱい。
勝っても負けても幸せだー!

……とぼろ負けしている間は思っていたんだけど、ドラゴンズが7回に追いついてヤクルトの石川投手(好き)の勝ちが消えた瞬間、「もうせめてドラゴンズ勝ってー!」と応援し始めてしまった。ファン心理は複雑。

雨の中皆さん本当にお疲れ様でした。
今日からも楽しみにしています!

■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書52:『時計の常識』織田一朗・著、ユナイテッド・ブックス、電子書籍
・翻訳書16:『トゥルー・ストーリーズ』ポール・オースター・著、柴田元幸・訳、新潮社、紙の本
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック
・洋書5:『The Red Notebook』Paul Auster・著、Faber & Faber、電子書籍


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月19日 (金)

スライド

Dsc_0367

昨日は妹の家に行ってきました。
数時間で帰宅するつもりが、結局8時間くらいしゃべりどおし。そんなにしゃべることある…?
この日一番の学びは「自重トレーニング」の読み方である。自重トレーニングしているんだ!と間違った読み方で自慢したのだった。悲しい(正しい読み方は私以外の全日本人がご存知だと思いますので(あと間違え方もご想像通りですので)割愛します)。
盛り上がり過ぎて帰宅が遅くなったらそこから全部スライドしていって、今日は夜更かし&寝坊(しかも記録できていなかった)。早起きって、前日の昼から始まるんだね。
しかし本当に楽しかった。ここでも「痩せた」って言われたし。

0619

うん、間違いなく落ちてる。
折れ線グラフが画面から消えそうになってきたから、上にスライドしてみた。
今の下限からさらに1kg下が、数値上の目標です。まだ遠いな。
でも最大の目標は、数字自体ではなくて、無理なくその体重をキープできるような生活習慣。
お互い頑張ろうね、妹!

■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書52『時計の常識』織田一朗・著、ユナイテッド・ブックス、電子書籍
・翻訳書16:『トゥルー・ストーリーズ』ポール・オースター・著、柴田元幸・訳、新潮社、紙の本
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック
・洋書5:『The Red Notebook』Paul Auster・著、Faber & Faber、電子書籍


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月18日 (木)

キーマ開き

Screenshot_20200618065006

おはようございます。ぎりぎり日が変わる前に布団に入った!(そのあと1時間起きてるじゃん)
外出する日だけは早起きできる。
つまり気持ちの問題だけっていうことだよなあ。

Dsc_0365

昼間にうっかり走りに行ったらひどい目にあったので、夕方仕切り直し(お散歩だけど)。
いい空!

そして毎年恒例、夏野菜消費モードの象徴

Dsc_0366

キーマカレー。
私はおいしい!と盛り上がって食べていたんだけど、隣で夫が「辛さはあるけど、カレーの味が去年より少ないような?」と首をかしげていた。
辛さとカレーの味って違うの!?とショックを受ける、味音痴な私。
少しでも夏野菜を消費しようと、ちょっと入れすぎたのかな。

ちなみに、「キーマ開き」と書いてから「キーマってどういう意味だろう?」と調べてみたら、こんな説明が。

「キーマ」(Keema、Qeema)とは、ヒンディー語やウルドゥー語で「細かいもの」を意味します。
(ハウス食品のHPより)


へえーーーっ!つまり、玉ねぎとなすとピーマンを刻みまくった部分(+ひき肉)が「キーマ」なんですね。
また一つ勉強になった。

■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書38:『怪書探訪』古書山たかし・著、東洋経済新報社、電子書籍→読了。よき!
・和書52:『時計の常識』織田一朗・著、ユナイテッド・ブックス、電子書籍
・翻訳書14:『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』ロルフ・ドベリ・著、安原実津・訳、サンマーク出版、オーディオブック(2巡目)


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月17日 (水)

何を話さないか

Screenshot_20200617064908

おはようございます。
22時半就寝、6時半起床。
夕食後急にお腹を壊して、ヨレヨレだから今すぐ寝るっ。゚(゚´Д`゚)゚。と布団にもぐりこんだ結果である。
2カ月以上毎日続いていたストレッチも、1カ月以上続いていたマッサージ&自転車こぎも止まってしまった。無念。
体調不良をきっかけに規則正しい生活に切り替えられたら、結果オーライって思えるんだけどなあ。
今は元気!

Dsc_0363-1

ほらーーーーーー。
いや、わかっていた。ブログに「迷っている」なんて書いた時点で、もう決めているんだよ。
それとも、「迷っている」と書くことで頭の中にモヤモヤと広がっていた迷いが形になってしまって、決断につながったのかもしれない。
ほら、人への悪口とか、社会とか組織に物申したいこととか、誰かに伝えた途端にむしろ気持ちが増幅されることってないですか。
(余談だけど、人や物に対して悪口を言ったり誹謗中傷しておきながら「これは(正当な)批判です」と自分で言う人のことは信用しないと決めている。あと、「何かが好きだと言いたいときに、比較のために嫌いなものをあげつらうのはよくない」という意見には大賛成だけど、そういうことを言う人もたいてい同じ論法を使っている。どっちも自分に刺さりまくるので、本当に気を付けたい!!)
「話せば楽になる」というのは、決して言葉と一緒に気持ちも手放せるという意味ではなく、言葉にしているうちに頭の中のモヤモヤが明確になって、結果楽になるということだと思っている。
あと、誰かに話すからには自分の発言に整合性と正当性がなければいけない、と無意識にでも思うはず。
そうして、本来モヤモヤでしかなかったはずの気持ちが自己強化されていくのではないだろうか。

もうネイルの話はどっかに行ってるけど、何が言いたいのかというと。
何でも話した方がいいとか、オープンな人の方が好かれるとか、そんなことに惑わされちゃだめだよということです。
何を話すかじゃなくて、何を話さないかをちゃんと考えたほうがいい。
勢いあまって言っちゃったことはもう戻ってこないし、自己強化までされてしまうんだから。
お前に言ってるんだよ、自分ーーー!
言わなくていいことを言って場の雰囲気を氷河期くらいにしてしまった最近の私に、懇々と諭したい。
気持ちなんてモヤモヤさせておけばいいのである。
自分がすっきりしたいという身勝手さで他の人を巻き込んじゃいけない。
何を話さないかをもっと考えたほうがいいですよー!

あ、ネイルはめちゃくちゃ気に入っています。
これはここに書いてよかったことですね!

Dsc_0361

あじさい。

Dsc_0362

お散歩中の夕日。

■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書38:『怪書探訪』古書山たかし・著、東洋経済新報社、電子書籍
・和書51:『学校では教えてくれない!1ヶ月で洋書が読めるタニケイ式英語リーディング』谷口恵子・著、プチ・レトル、紙の本
  最近ずっと読んでいたのに、ここに載せるのを忘れていた。
・翻訳書14:『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』ロルフ・ドベリ・著、安原実津・訳、サンマーク出版、オーディオブック(2巡目)
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月16日 (火)

下方修正

Screenshot_20200616050510

おはようございます。早起きできるのは外仕事の日だけだぜー。
とりあえず、自分との約束は「日が変わる前に布団に入る」にしよう(寝なくてもOK)。
22時までに布団に入って朝6時に起きるなんて目標、私には高すぎたんだ。ぐすん。

昨日は久しぶりにいい天気だったので、お散歩。

Dsc_0360

あじさいも華麗。
1つのかたまり?の中でも色が結構違うんだね。

■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書38:『怪書探訪』古書山たかし・著、東洋経済新報社、電子書籍
・翻訳書14:『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』ロルフ・ドベリ・著、安原実津・訳、サンマーク出版、オーディオブック(2巡目)
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月15日 (月)

4カ月

Screenshot_20200615063151

眠い…。
余りにも自分との約束が守れなくて、そういうタイトルの本を読みふけっちゃったよね(今日の読書ログ参照)。

Dsc_0359


最後にネイルサロンに行ってから4カ月、爪がようやく伸び切りました。
薄いところもなくなった。さて、これからどうするか。
月イチでネイルサロンに行かなくていいって楽だなあとは思う。本当に思う。
でも、この間久しぶりにスコア付け動画を撮影したんだけど、映り込んでいる指が野暮ったくてテンションが下がりまくって、動画のアップを見合わせるレベルだった。
やっぱり指先はきれいでいたいんだよなあ。
……というのが、ここ数日の一番の悩みである。
今週の後半から人と会う予定が続くんだよね。ぐおー(悩む音)。

全然関係ないけど、昨日6月14日は1年で一番日の出が早い日だったそうですよ(名古屋の場合→このサイト調べ)。
日中の時間自体はもう少し伸びるけど、日の出はこれから冬にかけて遅くなっていくんですねー。

■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書38:『怪書探訪』古書山たかし・著、東洋経済新報社、電子書籍
・和書50:『自分との約束を守れる自分を作る方法。ダイエット、筋トレ、勉強が続かない三日坊主のあなたへ。』なかった崎てつを・著、MBビジネス研究班・著、編集、まんがびと、電子書籍
・翻訳書14:『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』ロルフ・ドベリ・著、安原実津・訳、サンマーク出版、オーディオブック(2巡目)
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月14日 (日)

記録

Screenshot_20200614101549

数日ぶりに記録をつけられたから、今日は満点!(いくら何でも甘すぎじゃない…?)

Dsc_0356

いきなり旧姓でお知らせが来てびびる。
雇用保険の給付額が低く抑えられていた可能性があるよ、の通知。
え、これ私も対象だったの?
私が雇用保険を受け取ったのは2007年で住所も今から2つ前のとき(だから名前は旧姓なのかしらね)。よく探し出せるものだなあ。私の睡眠記録の杜撰さと大違いだ。
いくらもらえるのかとワクワクしていたら、平均して合計1300円程度らしくて(あくまで平均なのでこれより多い場合も0円という場合もあるそうです)ちょっと肩透かしだったけど。

■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書38:『怪書探訪』古書山たかし・著、東洋経済新報社、電子書籍
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月13日 (土)

大トリ

Screenshot_20200613142648

最後の1冊、他の本の倍近く量があったから少し時間がかかるかなと思っていたんだけど、めちゃくちゃ面白くて一気に読みきってしまった。
この作家さんはどんでん返しを畳みかけるのが上手なんだけど、殺人事件だとどんでん返しが多すぎてちょっと都合よさが目立ってしまう。
これは昭和初期に大阪の造幣局から東京の日銀まで金貨を運ぶ政府側の陣営と、金貨を奪おうとする陣営とが出し抜き合うというストーリーで、こういう物語展開だと畳みかけられるどんでん返しがうまくはまっていた。
最後にこんないい本が残っていたとは。
ワクワクと読み続けていたら朝になっていたよね……(懺悔)。

Dsc_0357

久しぶりの外食。上ミスジステーキ。付け合わせがないとあまり「映えない」よねー。

0613

この1週間、一気に減りすぎではないか。
調子が悪くてあまり食べてないからなあ(青い縦棒のマイナスがすごい)。
1週間で1kg減くらい……ちょっと不健康な減り方だよね。少し食べる量を増やした方がいいかな。

■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書49:『黄金機関車を狙え』日下圭介・著、アドレナライズ、電子書籍→読了


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月12日 (金)

一気読み

今日も寝坊しました…。
しかも、目覚ましを止めるときに寝ぼけてスマートフォンの電源を切っちゃったので、記録もない。んもー!

Screenshot_20200612111157

ここしばらく、定額読み放題に入っていた日下圭介を全巻読破中だった。
6月末までの期間限定読み放題だったので頑張って読んできて、夕べ読み始めた(こら)『黄金機関車を狙え』が最後の13冊目。
実は今回読み始めるまで日下さんはお名前しか存じ上げなかったんだけど、一気に読むと作風やミステリーの傾向が見えてきて面白いね。
長編では、自然科学(『蝶たちは今…』など)や歴史(『名前のない死体』『神がみの戦場』など)の話が謎の背景にある本が読み応えあった。ただ、全体的には短編集の方が面白かったかなあ。
私の中で最大の謎は、今回読んだほぼすべての長編(と一部の短編)に同じ名前の別人が出てくること。ほとんどちょい役なんだけど、誰かへのメッセージなのかしら。気になる。

■読書ログ■
・和書48:『血の色の花々の伝説』日下圭介・著、アドレナライズ、電子書籍→読了。
・和書49:『黄金機関車を狙え』日下圭介・著、アドレナライズ、電子書籍
・翻訳書16:『トゥルー・ストーリーズ』ポール・オースター・著、柴田元幸・訳、新潮社、紙の本
・洋書5:『The Red Notebook』Paul Auster・著、Faber & Faber、電子書籍


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月11日 (木)

朗報



これは本当に嬉しいニュース。
色々課題はあるかもしれないけど、少なくともこの年の高校生にとって希望になるんじゃないかな。
8月10~12日と15~17日。万障繰り合わせてテレビ観戦します!雨降らないでー。

Screenshot_20200611084242

今日は行けると思ったのに、寝直してしまった。くよくよ。

■読書ログ■
・和書47:『鶯を呼ぶ少年』日下圭介・著、アドレナライズ、電子書籍→読了
・和書48:『血の色の花々の伝説』日下圭介・著、アドレナライズ、電子書籍
・翻訳書16:『トゥルー・ストーリーズ』ポール・オースター・著、柴田元幸・訳、新潮社、紙の本
・洋書5:『The Red Notebook』Paul Auster・著、Faber & Faber、電子書籍


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪


2020年6月10日 (水)

経営者の本棚




こちらで『ベゾス・レター』をご紹介いただきました。
会員限定記事ですので冒頭部分のみですが。
経営者(もちろん経営者ではない方も!)の本棚に置いていただけたら嬉しいです。

Screenshot_20200610105229

相変わらずいまいちな体調。
でも、昨日待望のバトミントンサークル再開連絡が来た。
嬉しい。嬉しすぎる。来週末までに元気になるぞー。

Dsc_0355

今日から天気が崩れるそうなので(今はまだ降っていないけど)、夕焼けにも当分会えないかな。



■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書46:『罪の女の涙は青』日下圭介・著、アドレナライズ、電子書籍→読了
・和書47:『鶯を呼ぶ少年』日下圭介・著、アドレナライズ、電子書籍




君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月 9日 (火)

移り変わり

Screenshot_20200609113348

単なるぐーたらで遅寝遅起きを繰り返している間に、ちょっと体調も悪くなってきた。
初夏バテ?ダイエットのしすぎ?
そんなわけで、今日は計画的に昼過ぎまでだらけました(キリッ)

Dsc_0353

19時過ぎでも空が赤い。夏至まであと約2週間(日が沈むのが一番遅いのはもっと後だけど)。
この辺りは間もなく梅雨入りです。

Dsc_0354

今年も夏野菜と格闘する時期がやってきました。
先週から1日3本以上はきゅうりを調理しているかも。

■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書45:『神がみの戦場』日下圭介・著、アドレナライズ、電子書籍→読了
・翻訳書14:『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』ロルフ・ドベリ・著、安原実津・訳、サンマーク出版、オーディオブック(2巡目)


明日も幸せである様に♪

2020年6月 8日 (月)

満開

Screenshot_20200608085314

挫折感。

Dsc_0349

あじさいも満開なのに。

■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書44:『蝶たちは今…』日下圭介・著、アドレナライズ、電子書籍→読了


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月 7日 (日)

変わったり変わらなかったり

休日は朝の概念がなくて、ブログを書かないままぼーっとしてしまう。

Screenshot_20200607104919

いかに自分に意志力がないかを毎日アピールし続けているだけのような気分になってきた。
お気づきかもしれませんが、ここ数日、布団に入ってから日下圭介を読みふけっている。
寝る前にスマートフォンを見ないという目標もガン無視である。

何でこうなんだろうとくよくよしちゃうけど

Dsc_0346

電線が平行のようでいてそうでもないのと一緒なのかなあと無理矢理考えてみる。
月に5kgみたいなダイエットは一時的にはいいけれど、たぶんリバウンドしてしまう。生活習慣自体が変わったわけじゃないからだ。
本当に習慣自体が変わっていくときは、昨日と今日を比べても何も違わないように見える。
本当に変わっているときと、まるっきり変わっていないときは、たぶん見え方は同じなんだ。

0607

何カ月も1kgも変わらないと思っていた体重は、先月たまたま一気に落ちたけれど、今またその場所で停滞している。
でもそれはきっと本当に変わっているということ。
睡眠習慣はどうだろうかねえ。
じわじわ変わろうとしているところなのか、何も変わっていないのか。
きっとそれは、あと1年くらい続けたらわかるはず。

■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書42:『瓶詰めの過去』日下圭介・著、アドレナライズ、電子書籍→読了
・和書43:『悪夢は三度見る』日下圭介・著、アドレナライズ、電子書籍→読了
・翻訳書14:『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』ロルフ・ドベリ・著、安原実津・訳、サンマーク出版、オーディオブック(2巡目)
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月 6日 (土)

思ってたのと違う

Screenshot_20200606103302

ひどい。

Screenshot_20200605140113

えっ…私が思っている開脚前屈と違う…。
あと痛い痛い痛い痛い無理無理無理。
(死ぬかと思った)

■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書39:『ころす・の・よ』日下圭介・著、アドレナライズ、電子書籍→読了
・和書40:『名前のない死体』日下圭介・著、アドレナライズ、電子書籍→読了
・和書41:『偶然かしら』日下圭介・著、アドレナライズ、電子書籍→読了
・翻訳書14:『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』ロルフ・ドベリ・著、安原実津・訳、サンマーク出版、オーディオブック(2巡目)
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック

突然の日下圭介ブーム(読みふけりすぎ)。


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月 5日 (金)

痛みの効用

Screenshot_20200605104254

やっぱりこの習慣が一番難易度高いな。
寝る3時間前から電子機器を見ないとアドバイスいただいたのに、まるっきりできない。わーん。
今年の残り半年、ずっとこの目標を続けた方がいいんじゃないか。

Screenshot_20200603100528

件の開脚トレーニング、2日目まで終わったんだけど(画像は昨日と同じものです)、筋肉痛がすごい。
ふとももって、前も後ろも外側も内側も全部痛くなるものなんだ…。
痛いということは効いているということだと信じて、今日も頑張る。

痛みと言えば、ここ数日、今まであまり経験したことのない頭痛が続いているんだけど、これも何かを教えてくれているのかも?
調べてみよう…「左耳の裏側の痛み」…(検索結果)。

猫背などの姿勢や頚椎の変形、長時間パソコンに向かうなどの同じ姿勢をとり続けること、精神的なストレスなどが発生のきっかけとなります。また、肩こりが強い方もこの痛みを起こしやすいようです。


ほほう…。ここ数カ月は仕事量が減っているしストレッチもしているから姿勢や肩こりは当てはまらないような気もするけど、じゃあストレス……?
いや、もうしばらく痛みが続いたらちゃんと病院に行きます。

■読書ログ■
・和書36:『優しく埋めて』日下圭介・著、アドレナライズ、電子書籍→読了
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書38:『怪書探訪』古書山たかし・著、東洋経済新報社、電子書籍
・翻訳書14:『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』ロルフ・ドベリ・著、安原実津・訳、サンマーク出版、オーディオブック(2巡目)
・翻訳書16:『トゥルー・ストーリーズ』ポール・オースター・著、柴田元幸・訳、新潮社、紙の本
・洋書5:『The Red Notebook』Paul Auster・著、Faber & Faber、電子書籍


明日も幸せである様に♪

2020年6月 4日 (木)

私はどこへ向かっているのか

おはようございます。
また睡眠記録に失敗しました…。
どうもうまくいかないな。
0時半くらいに布団に入ったけど2時くらいまでうだうだしていて、7時の目覚ましでは起きられず、9時半まで寝直した今日です(キリッ)。

毎日ストレッチをしていてもなかなか開脚前屈ができるようにならない。
というわけで

Screenshot_20200603100528

こういうのも始めてみようかしらね。
どれだけやること増やすのって感じですが。
気軽な気持ちで1日目を開いてみたら

Screenshot_20200603220256

えっ……ストレッチじゃない……。
夜10時にジャンピングジャックを始めて夫から苦情を受ける私。
終わったら、144kcal消費って表示されたんだけど(ぜえぜえ)。

続けられる自信があまりないけど、いけるところまでやってみようと思います。
これで本当に開脚前屈できるようになるのかどうかはよくわからないけど。

Dsc_0344

結局走ったのは夕方だった。
めちゃくちゃ久しぶりに走ったら、3kmで過呼吸気味。

■読書ログ■
・和書17:『KAN in the BOOK 他力本願独立独歩33年の軌跡』KAN・著、シンコーミュージック 、紙の本→読了。
・和書35:『雨がやんだら』椎名誠・著、新潮社、電子書籍→読了。
・和書36:『優しく埋めて』日下圭介・著、アドレナライズ、電子書籍
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・翻訳書14:『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』ロルフ・ドベリ・著、安原実津・訳、サンマーク出版、オーディオブック(2巡目)
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック
・洋書5:『The Red Notebook』Paul Auster・著、Faber & Faber、電子書籍


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月 3日 (水)

こんもり

おはようございます。

Screenshot_20200603082954

布団に入っているのに寝ていない時間が長すぎるけど、とりあえず日が変わる前には就床できた。
夜になったらパソコンを開かないという対策、悪くないかもしれない。

Dsc_0336

昨日のランチは父と久しぶりにステーキ屋さんへ。
サラダバーが、種類ごとに1回分ずつ容器に入っていたり、トングが共有じゃなくて水と一緒に人数分渡してもらえる形だったりと色々な対策が講じられていた。
安心して営業できるように、どこも苦しい中本当に工夫している。
状況を見ながらではあるけど、私もこれからは少しだけ、自粛より経済を回す方に重心を移動していきたいなあ。

Dsc_0339

散歩していても感じる日の長さ。
18時過ぎても首にじりじりと暑さを感じる。
なのに、今日これから走りに行こうとしているんだけど、大丈夫だろうか私。

Dsc_0340

別の場所にもこんもりとあじさい。

■読書ログ■
・和書17:『KAN in the BOOK 他力本願独立独歩33年の軌跡』KAN・著、シンコーミュージック 、紙の本
・和書35:『雨がやんだら』椎名誠・著、新潮社、電子書籍
・翻訳書14:『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』ロルフ・ドベリ・著、安原実津・訳、サンマーク出版、オーディオブック(2巡目)


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月 2日 (火)

見える成果

ちょっと前から夫が「痩せたねー!」と叫び始めていた。
太っても痩せてもすぐに気づいてくれる夫だから嘘じゃないのはわかっていたけど、いつものことだしと話半分に聞いていた。

昨日、外仕事で会った方から「シルエットが変わった」と驚かれた。
(いつもこのブログを読んでいて下さる方だからこういうこと書くと居心地が悪かろうとわかっているのに、すぐに登場させてしまう。すみません)
もしかして、本当に成果が出ているのかしら。急にじわじわ嬉しい。

マッサージ屋さんのプリペイドカードの有効期限が切れそうだったので、ちょっと不安だったけど久しぶりに行ってみる。
使い切るためにいつもは入れない「ストレッチ」のコースも追加してみたら、その施術中に
「ものすごく体が柔らかいですね。何かされているんですか?」
と言われた。
もしかしてストレッチの成果も出ているのねー!
鼻息荒く「実はここ2カ月間、毎日20分ずつストレッチを続けているんです!」とアピールしたものの、帰宅してから夫にこの話を報告したら「そこは、大人として『大したことはしていないんですけど、なんででしょうね』とかでよかったんじゃないの」と言われてしょぼん。
なんだよー。アピールしてもいいじゃないか。

Dsc_0324here

あじさいが咲き始めていた。

Dsc_0335

これは別の種類のあじさい。

Dsc_0334

こっちはほぼ満開。同じ場所のあじさいなのにずいぶん違うね。

早寝早起きは早速失敗した上に、記録中にスマートフォンの充電が切れて記録もできていなかった。
これもいつか成果が出た、と言えるように、今日からまた頑張る。

■読書ログ■
・和書17:『KAN in the BOOK 他力本願独立独歩33年の軌跡』KAN・著、シンコーミュージック 、紙の本
・和書34:『定本 岳物語』椎名誠・著、集英社、電子書籍→読了
・和書35:『雨がやんだら』椎名誠・著、新潮社、電子書籍
・翻訳書14:『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』ロルフ・ドベリ・著、安原実津・訳、サンマーク出版、オーディオブック→読了。面白かったからもう一周聞く。
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪
(試行錯誤中)

2020年6月 1日 (月)

試行錯誤

Dsc_0332

おはようございます。6月ですね。

Screenshot_20200601045957

本当に久しぶりに日が変わる前に布団に入ったら、3時半に目が覚めてしまった。
今日は外仕事なので、そのまま行動しています。

1日うまくいったからってそのまま成功できるなんて思わない。
失敗したり心が折れたりしてばかりの毎日だけど、それも試行錯誤。
一歩ずつやっていこうっと。

あたしは今日も上を向く 昔あなたがしてたから♪

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »