« いい増加 | トップページ | 校閲講座、受けてみた »

2020年8月29日 (土)

次の楽しみへ

まーた記録し忘れた。気が抜けているな。
2時就床、9時起床(そもそもさあ、と詰め寄りたくなるお布団時間)。

昨日の勉強会がいったん『ストーナー』の最終回だった。
最後まで難しくて全然文体や言い回しに慣れないまま終わってしまった。
"You go on to the University come fall. "の"come fall"はお父さんが言葉足らずなんじゃなくて「次の秋」っていう意味の普通の英語なんですってよー(昨日一番の衝撃)。

辛くもあった3カ月だったけど、3人であれこれ話しながら本と闘う時間はやっぱり楽しい。
次にこの本に戻ってくるのは来年かな。
最近『ねみみにみみず』を読んで、訳者の東江さんの偉大さを今更ながら垣間見ることができたことだし、次はもっと大切に訳していきたい。

そして次の本は

Dsc_0464

ずいぶん毛色が変わってこちら。
こういう本って自分ではあまり選ばないから、とても新鮮。
どんな話なのかなあ。わくわく。

Dsc_0463

あまり関係ないけど、衝動買いした2冊が昨日届いた。
JACIのフォーラム、1つ聞くたびに何か買いたくなってしまうから危険。
パンクチュエーションの本もこれから続々と届いちゃいますよー。

0829

2時間3分。
この30日間チャレンジ、あまり抑止力になっていないな。
来月も継続したらだんだん変わってくるのか、方向性自体を間違えているのかどっちなんだろう。

■読書ログ■
・和書88:『ある精神科医の試み 精神疾患と542試合のソフトボール』織田淳太郎・著、アドレナライズ、電子書籍→読了
・和書89:『たった1つの場所を片づければ一生散らからない』石阪京子・著、すぅ・漫画、KADOKAWA、電子書籍→読了
・和書90:『モノ・人・お金 自分整理のすすめ』阿部絢子・著、KADOKAWA、電子書籍
・翻訳書19:『ストーナー』ジョン・ウィリアムズ・著、東江一紀・訳、作品社、紙の本
・翻訳32:『月と六ペンス』サマセット・モーム・著、龍口直太郎・訳、グーテンベルク21、電子書籍(たぶん8月末までには読み終われないのに取り掛かってしまった…)
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック
・洋書7:『Stoner』John Williams・著、Vintage Digital、電子書籍

■勉強ログ■
・洋書4:~最後、2巡目
・洋書7:勉強会
・NHKラジオ講座:42分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

« いい増加 | トップページ | 校閲講座、受けてみた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いい増加 | トップページ | 校閲講座、受けてみた »