« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月31日 (土)

祝・目標達成

ついに。ああついに。

1031

今朝、目標体重に到達しました。いやったああああああ!

人生最重量を記録したのが去年の11月。
ちょうど1年かけて、8kg落としたことになる。
こんなに減ったのももちろん初めてだし、今の体重は新卒の営業で毎日走っていた時以来。つまりえっと・・・ほぼ17年ぶり!
(それはそれでショックだな。大学卒業なんてつい最近のつもりだったのに)
体脂肪率(オレンジ点線)も今20~22%くらいで、女性ならちょうどいいライン。いい痩せ方ではないでしょうか!

そんなに血のにじむような努力をしてきたつもりはないから、油断して暴飲暴食しないようにだけ気を付けていれば、当面キープはできそう。
余分な肉はまだあちこちにあるけど、私の身長だと今くらいが理想体重(BMI・20)みたいなので、あとは筋肉をつける方向かな。
ああ、嬉しいいいい。
とりあえず自分でめちゃ褒め中。あんた、すごいよ!

Screenshot_20201031104532

あすけんのお姉さんもお祝いしてくれた。
本当はもっとパンパカパーンな画面もあったんだけど、保存しそびれてしまった。無念。

■読書ログ■
・和書118:『同時通訳者が「訳せなかった」英語フレーズ』松下佳世・編著、イカロス出版、紙の本
・和書120:『あの天才たちは、こう育てられていた! 才能の芽を大きく開花させる最高の子育て』諸富祥彦・著、KADOKAWA、電子書籍
・洋書12:社会学(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間3分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月30日 (金)

栗名月に暁月を思う

今度はGoogleカレンダーのファビコンが変わった。
毎日見ているものの見た目が変わると、一瞬ヒヤッとなる。
これ、そのうちYouTubeも変わるんですかね。あれは別物ですか。

Dsc_0575

秋の夕焼けは空気が透き通っていていいね。
「色なき風」という秋の季語を昨日知ったよ。なんと風流な。

Dsc_0576

夕暮れの十三夜。
明後日は今月2回目の満月、つまり10月はブルームーンですね、って書いてからもう1カ月たつの。嘘でしょ。
中秋の名月(芋名月)の次の十三夜は芋名月と呼ばれます。

Dsc_0577

そんなわけで、栗きんとんをいただきました。
このお皿、栗きんとんで隠れているところに「crescent moon」って書いてある。
三日月とは向きが逆(右側が膨らむ形が三日月)だよって思っていたら、英語のcrescent moonは意味がもっと広いんですね。

the moon at any stage between new moon and first quarter and between last quarter and the succeeding new moon when less than half of the illuminated hemisphere is visible
(Webster)


新月~上弦の間の月と、下弦から新月の間の月の両方を指すんだって。つまり、お皿の英語は合っていた。
でも日本語だって、厳密に三日目の月でなくても半月より細ければ「三日月」って呼んじゃうし、朝の細い月を見て「暁月だね」って言う人がいたらだいぶ気持ち悪い(私です)。
ちなみに暁月(ぎょうげつ)とは、明け方に見える消えそうな月のこと。次は11月12~13日くらいに見えますよ。

■読書ログ■
・和書118:『同時通訳者が「訳せなかった」英語フレーズ』松下佳世・編著、イカロス出版、紙の本
・和書119:『野村の極意』野村克也・著、ぴあ、電子書籍→読了
・和書120:『あの天才たちは、こう育てられていた! 才能の芽を大きく開花させる最高の子育て』諸富祥彦・著、KADOKAWA、電子書籍
・洋書12:社会学(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:2時間36分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月29日 (木)

秋、色とりどり

昨日は鍼灸。
ストレッチさぼり気味の影響がしっかり出ていた。がんばらねば。

怒りが一瞬で爆発してしまうという話をしたら、ツボを2つ教えてもらったよ。
①内関:手首のしわから指3本分離れた腕の中央部分。
②老宮:軽く握りこぶしを作ったときに中指の先が当たるところ。
なるほどー。ぐりぐり。

Dsc_0571

帰り道、赤くなり始めている木を発見。もう紅葉かあ。

Dsc_0572

これはスイートアリッサム?
花は芝桜に似ているね。

これから外仕事に行ってきまーす!

■読書ログ■
・和書117:『子どもに聞かれてきちんと答えられる 池上彰のいつものニュースがすごくよくわかる本』池上彰・著、KADOKAWA、電子書籍→読了
・和書118:『同時通訳者が「訳せなかった」英語フレーズ』松下佳世・編著、イカロス出版、紙の本
・和書119:『野村の極意』野村克也・著、ぴあ、電子書籍
・洋書12:社会学(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:3時間


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月28日 (水)

魅力に再会

今朝、突然Gmailのファビコンが変わってびっくりしている。
あれ、前からだったっけ。

Screenshot_20201028071017

前に読んで感動した工藤公康さんの『野球のプレーに、「偶然」はない』、続編があったので読んでみた。
前著はプロ野球のプレー全体に関する話だったけど、今回はピッチャー(というかバッテリー)の話に特化している。
今回も面白かった!
各球種をどういう意図で投げているのか。場面に応じてどういう攻め方をしているのか。同じ打者と何十回何百回対戦する中で、どういう騙し合いをしているのか。
もちろん工藤さんの考えだけど、観戦しながら何となくモヤモヤしていた部分がすっきりした気がする。

工藤さんが若き城島さんを育てるために、あえてサイン通りに投げてホームランを打たれる(後でフォローもする)こともあったという話にはうなってしまった。
それって自分の防御率が下がったり下手したら負け投手になったりしちゃうんでしょ。自分の成績のことだけ考えていたら絶対にできないよね。
キャッチャーを育てることが常勝チームには欠かせない。いつも自分とバッテリーを組めるわけじゃないから、自分で考えられるようにならなければ意味がない。それがベテランの役割なんだ、と言い切れるのってすごいなあ。

高校野球(のトーナメント大会)の魅力は一発勝負であること。プロは年間100試合以上あるから、一発勝負に比べるとヒリヒリした緊張感に欠ける――なんて言われることもあるけれど。
年間100試合以上を戦う生活を10年前後(現役年数の平均)続けるからこその魅力もやっぱりあるんだなあ。

ソフトバンク、3年ぶり(っていう感じが全然しないけど)の優勝おめでとうございます!

■読書ログ■
・和書110:『英単語のあぶない常識―翻訳名人は訳語をこう決める』山岡洋一・著、筑摩書房、紙の本→読了
・和書116:『ピッチャー視点で“観戦力"を高める 工藤公康のピッチングノート』工藤公康・著、カンゼン 、電子書籍→読了
・和書117:『子どもに聞かれてきちんと答えられる 池上彰のいつものニュースがすごくよくわかる本』池上彰・著、KADOKAWA、電子書籍
・和書118:『同時通訳者が「訳せなかった」英語フレーズ』松下佳世・編著、イカロス出版、紙の本
・洋書12:社会学(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間58分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月27日 (火)

感動話

昨日はドラフト会議でしたね。
全球団の指名選手を一度頭に入れてから、過去数年分の甲子園ダイジェスト映像(5分くらいのやつ)を見返して「あ、この子だ!」と盛り上がるのが、我が家のブームです。
大卒や社会人の選手の出身高校を見て「この子見覚えある…!」と記憶力大会になるのも楽しい。

阪神・5位の村上頌樹投手(東洋大)は智弁学園出身、2016年のセンバツの優勝投手になりましたね。
広島・1位の栗林良吏投手(トヨタ自動車)は今私が住んでいる愛知県弥富市の黎明高校出身で、大学(名城大)では元ドラゴンズの山内壮馬さんのコーチを受けて才能が開花した、と東海地方では2年前のドラフトでも話題だった投手。ついに、しかも1位指名ですって。おばちゃん泣けちゃう。森下投手に続けー!
横浜・1位の入江大生投手(明治大)は作新学院。2016年夏に今井達也投手とともに優勝メンバーになっています(4番ファースト)。
ロッテ・1位の鈴木昭汰投手(法政大)は常総学院。2016年夏はベスト8に進みました。
そして楽天・1位の早川隆久投手(早稲田大)は木更津総合のエース。かっこよかったよねー!この年(2016年夏)は木更津総合を応援していたので、強気なピッチングで打たれても「フン」みたいな顔をしていたのが頼もしすぎて記憶にしっかり残っています。

もっと高校時代にも注目されていた選手はたくさんいるんだろうけど、私のレベルではこれが限界。いや、十分気持ち悪いか…?

高校生で注目されてから、プロか進学(社会人)か悩んで、そのあとも伸び悩んだり怪我したり、きっといろんなことがあったんだろう。
ドラフトで指名を受けるって、野球少年の夢としてとりあえずの最高峰なんじゃないかしら。
積み重ねてきた努力を心から祝福します。そして、さらに高いところへ行けるよう陰ながら応援しています!

そういう経緯で十分感動しているから、その後の感動番組はもうお腹いっぱいです。
一応見ちゃうし、結局その選手を応援しちゃったりもするから、こんな番組いらないとまでは言わないけど。
野球自体の話は聞きたいけど、プライベートな話は知らないままでもいいかなあ。
あと、「お母さんありがとう」という題字はどうかと思うけど。(めっちゃ不満言うじゃん)

■読書ログ■
・和書116:『ピッチャー視点で“観戦力"を高める 工藤公康のピッチングノート』、工藤公康・著、カンゼン 、電子書籍
・洋書12:社会学(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間16分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月26日 (月)

ブランク

Dsc_0569-1

新しい靴で久しぶりに公園を1周。
すっかり季節が変わっていた。

そして、家に帰ったら右膝が痛い。
ブランクの影響ってそんなにあるもの?
いや、たぶん靴が新しいせいだ。これから慣れるはずだから大丈夫!

■読書ログ■
・和書110:『英単語のあぶない常識―翻訳名人は訳語をこう決める』山岡洋一・著、筑摩書房、紙の本
・和書115:『留学しないでネイティブ英語を身につける方法』有子山博美・著、KADOKAWA/中経出版、電子書籍→読了
・和書116:『ピッチャー視点で“観戦力"を高める 工藤公康のピッチングノート』、工藤公康・著、カンゼン 、電子書籍
・洋書12:社会学(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:50分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月25日 (日)

習慣化と期間

すっかり、息をするように習慣化したと思っていたストレッチ。

Screenshot_20201025003236

ぎゃー。
「6日間やってませんよ」みたいな通知が表示されて、慌てて夕べ再開したのだった。
やりたいことを「寝る前のストレッチ」として全部まとめたら、1回が30分越えになっちゃって(というか40分くらいかかっているはずなんだけど、なんで「31分」って表示されるんだろう?)、へとへとな日に0時を過ぎると途端に心が折れるようになってしまった。

ストレッチは4月から始めて、9月に入るくらいまでは1日も欠かさず続けていた。
これはもう習慣化されたでしょ、と思ったのに、結局挫折してしまうのか。
習慣化までの期間は21日って何の話だったんだっけ。



なるほどー・・・。
習慣化したい行動の種類によって、期間にはだいぶばらつきがあるんだって。あとはもちろん個人差。



  • 行動習慣(片付け、勉強):約1カ月

  • 身体習慣(運動、ダイエット):約3カ月

  • 思考習慣(ネガティブな考え方を変える、とか):約6カ月



それぞれの傾向についてはなるほどと思うけど、期間はむしろ、どれも短すぎない?と思う。
勉強する習慣、1カ月じゃ身につかなかったよー。思考習慣が半年で変わる気なんて全くしない。
やっぱり個人差っていうことか。

これは逆の人もいると思うので私の場合だけど、「連続記録」のようなものが途絶えた途端に、一気にゼロに落ちていく傾向がある。
ストレッチの場合だと、ぼんやりしていたら日が変わってカレンダーの緑丸が途絶えちゃった日があって。今思うとあれが気持ちが切れたきっかけだった気がする。
今年ブログが続いているのも、何が何でも毎日書いているからだ。3日に2日みたいな続け方は私にはできないと、一度挫折したときに思い知った。
日が変わったレベルなら後で微調整できる方が私は続けやすいんだろうなあ。カレンダーにずっと丸がついているという見た目が重要っぽい。
自分で変更できる仕様だとどこまでも誤魔化せちゃうから、難しいところだけど。

毎日とか、ほぼ日とか、週に1回とか、習慣が身についている人はどんな工夫をなさっているのでしょう。



■読書ログ■
・和書115:『留学しないでネイティブ英語を身につける方法』有子山博美・著、KADOKAWA/中経出版、電子書籍
・洋書12:社会学(おしごと)




君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月24日 (土)

言葉との邂逅

Dsc_0568

ようやく出会えた。足の入るNew Balance。
あまりNew Balanceっぽくない(と思う)けど、お散歩用ならこれくらい軽いのがいいよね。
すっかりさぼっていることだし、これからちょっとずつ歩くぞー。
えっと、aikoが聞けるくらいまで落ち着いたら…。

「出会い」みたいな言葉をブログのタイトルにしようと思って、類語辞典を検索していたら(いつもそんなことしてるのって感じだけど)、「邂逅」が出てきて意外な気持ちになった。
長年会っていなかった人に久しぶりに会えた、というときに使う言葉だと思っていたから。
しかも、もう二度と会えないはずだった人に何らかの偶然で再会できてしまった、という魂を揺さぶられるような状況にしか使えないと思い込んでいた。
だから、自分でこの言葉を使ったことはたぶんない。

思いがけなく出会うこと。めぐりあい。
「旧友と━する」
(『明鏡国語辞典』第二版)

用例からすると私の理解が間違っていたわけじゃなさそうだけど、それが一番目の意味じゃないわけね。なるほど。

なんで私は「邂逅」をそういう意味だと思っていたんだろう。
思い当たったのは、この言葉との出会い。
記憶が正しければ、「邂逅」という言葉を知ったきっかけはさだまさしさんの同名の曲だった。



仲違いしたまま死別した父親と、カメラのフィルムを通じて「邂逅」する。
そのくらいの状況じゃないと、おいそれと使っちゃいけないと思っていたんだよー。
いや、靴との出会いくらいじゃどっちみち使わないだろうけど。

どういう状況で出会ったかによって、その言葉との付き合い方が決まってしまう。
そう思うと、言葉との出会いも「邂逅」と呼んでいいのかもしれないね。
「巡り合い」という意味で使えるとわかった今も、とっておきの場面まで使わないでいたいという気持ちは変わらないから。

■読書ログ■
・和書115:『留学しないでネイティブ英語を身につける方法』有子山博美・著、KADOKAWA/中経出版、電子書籍
・洋書12:社会学(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間36分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月23日 (金)

耳元とデスク

Dsc_0566

新曲、届きましたー。じーん。

すごい歌詞だなあとは思っていたけれど、この記事を読んで背筋がぞくっとした。
そんな風に曲の間で世界がつながっていくことがあるんだ。

もっと もっと もっと もっと ねぇもっと
そばにいたかったんだ

嫌いになればいい僕の事なんて忘れて
嫌いになる言葉ばかり並べてた
              「もっと」


そう、たしかにこの曲を聞いたとき、どうしてなのって思ったんだった。
なんでそんなにそばにいたかったのに「嫌いになる言葉ばかり並べてた」の?って。
そうか。切ない世界だったんだ。
いやあくまでこの記事の説ですけど。でもすごく腑に落ちたから、これが答えなのだと思うことにする。

えっと、鼻先に人参じゃなくて、ほっぺたに札束じゃなくて、頭上にヘッドスパでもなくて。

耳元にaiko。
デスクにCDジャケット。

よおおおし、がんばるぞー!
いやその、CDくらい今聞けばいいじゃんって感じですけど。

■読書ログ■
・和書110:『英単語のあぶない常識―翻訳名人は訳語をこう決める』山岡洋一・著、筑摩書房、紙の本
・和書114:『[カラー改訂版]頭がよくなる「図解思考」の技術』永田豊志・著、KADOKAWA、電子書籍→読了
・和書115:『留学しないでネイティブ英語を身につける方法』有子山博美・著、KADOKAWA/中経出版、電子書籍
・洋書8:翻訳セミナーの課題書
・洋書12:社会学(おしごと)

■勉強ログ■
・洋書7:復習勉強会
・NHKラジオ講座:1時間12分


明日も幸せである様に♪

2020年10月22日 (木)

心の支え

ちょー綱渡り中。
バドミントン練習も行かず、ちょいビハインドペースであれこれ取り回しております。
本当にビハインドは「ちょい」レベルなのか…?

今の心の支えは、何が起きたのレベルでいきなりドラゴンズが強すぎること。
借金9から貯金7って、今になってそういうことができるならどうして最初からやってくれなかったの、とも思うけど、そういうところも心の支えになる。
最終的に帳尻が合えばいいんだ、私も!(ほんと?)

マジックが点灯すると、このチームが優勝するには、自チームが何勝して相手チームが何勝すればいいみたいな表が新聞に載るじゃないですか(こういうやつ)。
私これを見るのが大好きで、ないなら自分で計算したりしている。
なのに、ついさっきまで巨人のマジック対象チームが阪神だと思い込んでいた。
「絶対にドラゴンズはマジック対象にならないんだよ。だってもう直接対決がないから!」と夫に力説しながら、「いや、それおかしくないか…?」と急によぎって、計算したらいつの間にかドラゴンズがマジック対象チームになっていてめちゃくちゃびっくりした。
どうやら、なぜか自力優勝と優勝可能性がごっちゃになっていたらしい。直接対決があってその試合数がゲーム差より多ければ、もちろん自力優勝の可能性は残る。直接対決がないということは自力優勝の可能性はゼロなんだけど、でも優勝する可能性はまだ残っている。それはわかっていたのに、マジックのところだけ混ざっていたのだった。
念押し。1位以外の全チームに自力優勝の可能性がなくなったときにマジックナンバーが点灯する。そして、残り試合で1位チームが全敗しようが他のチームが全勝しようが逆転不可能になった瞬間がM0。それまでは、自力優勝の可能性はなくても優勝の可能性は残るのである。
まあ、いくらドラゴンズファンでもここから逆転するなんて全く思っていないけど、1日でも粘れたらいいよね。
直接対決がないということは、目の前で胴上げを見せられることだけは絶対にないのだから。
(ていうか、今年胴上げするんだろうか。密は避ける?)

私も粘るーーー。

■読書ログ■
・和書110:『英単語のあぶない常識―翻訳名人は訳語をこう決める』山岡洋一・著、筑摩書房、紙の本
・和書113:『野村の流儀』野村克也・著、ぴあ、電子書籍→読了
・和書114:『[カラー改訂版]頭がよくなる「図解思考」の技術』永田豊志・著、KADOKAWA、電子書籍

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:20分


明日も幸せである様に♪

2020年10月21日 (水)

頭上にヘッドスパ

1021

見づらいかな…。
体重(赤線)だけじゃなくて体脂肪率(オレンジ)も落ちてきていることを自分で確認したくて、グラフを調整してみた。
もうひとつグラフを作って重ねただけだけど。

ありがたいことにだいぶテンパってきた。(謎日本語)
グラフの加工なんてしてる場合じゃないくらいには。
この流れが終わった頃に誕生日が来るはずなので、当日にヘッドスパ&トリートメントの予約を入れてみた。
鼻先に人参、って言葉の響きがあまりお洒落じゃないよねと思ってウェブで類語を検索してみたら、ようやく出てきたのが

札束で頬を引っぱたく。

ひえっ。

もう自作しよう。
頭上にヘッドスパの手。
恐怖じゃん。

■読書ログ■
・和書110:『英単語のあぶない常識―翻訳名人は訳語をこう決める』山岡洋一・著、筑摩書房、紙の本
・和書112:『4行でわかる世界の文明』橋爪大三郎・著、KADOKAWA、電子書籍→読了
・和書113:『野村の流儀』野村克也・著、ぴあ、電子書籍
・翻訳28:『21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考』ユヴァル・ノア・ハラリ・著、柴田裕之・訳、河出書房新社、オーディオブック(2巡目)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:25分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月20日 (火)

いきなりピンチ

Dsc_0563

今日はバドミントン友達とパン屋さんでランチ。
パンおかわり自由なんだけど、友達が5回くらいおかわりしていて震えた。
なんでこんなに食べて痩せているんだ。

Dsc_0564

ほっそり月。

帰宅したら、仕事メールが殺到している。
あれ、もしかして私、結構やばいのでは。

■読書ログ■
・和書110:『英単語のあぶない常識―翻訳名人は訳語をこう決める』山岡洋一・著、筑摩書房、紙の本
・和書112:『4行でわかる世界の文明』橋爪大三郎・著、KADOKAWA、電子書籍

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:4時間12分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月19日 (月)

こうせいくんの話

Dsc_0562

新ネイル。
寒くなったので、一気に秋のデザイン。

昨日書くつもりだった話。ただの昔話です。
発端は、マインドフルネス瞑想のトレーニングをしていたら、今までの人生で経験したポジティブな出来事を思い出しましょう、と呼びかけられたことだった。
嬉しかったことや幸せを感じたことでいいのかな。それならいくらでも浮かんでくるよ。
去年出せた本、最近合格したトライアル、ドラゴンズが強かった時代、ライブでaikoに会えた日、翻訳の仲間と過ごした時間。
それから、新卒で入った会社のこと。営業でさっぱり芽が出なくて電話指導という内勤職に異動したのに、そこで待っていたのも営業っぽい仕事だった。長期休みごとに、担当している生徒に対して講習会に来るよう動員する。最初は嫌で仕方なかったんだけど、終わってみたらまさかの全国2位で、びっくりしたなあ。
次々に思い出が浮かんでいく。その流れに漂っていると、「では、浮かんだ出来事の中から1つだけ選んでください」という声が聞こえた。
1つだけ。
そのとき私の頭に浮かんだのは、ドラゴンズでも翻訳でもaikoでもなくて、こうせいくんだった。
全国2位になったあの夏、講習会に来てくれた男の子。

当時在籍していたのは、主に高校生が自宅で英語学習できるようにサポートする部署だった。
担当する生徒さんは最大80人。アルファベットも読めない子から、英検準1級を目指す子までレベルはさまざまだ。
英語が大好きで将来語学を使う仕事に就きたいとやる気満々の子もいれば、部活ばかりで塾にも行けないからせめて家庭学習の習慣をつけさせたい…と親御さんが言うばかりで本人のやる気はゼロというご家庭ももちろんあった。
色々な子に対して、毎日机に向かって勉強すること(と英検合格)を目標に、FAXと電話を使って毎日指導をする。その子が講習会に来ない限り、互いの顔も知らないまま。今思うと不思議な関係だよねえ。

こうせいくんは、たしか当時21歳くらい。
高校は中退していて、アルバイトはしていた気がするけど、基本的には家から出ない毎日。
母子家庭で、経済的にも苦労してきたらしい。
英語が全然できない子ではなかったけど、それより家で机に向かう習慣をつけてほしい、そして外界との接点を失わないでほしい。それがお母さまのご要望だった。
そういう話を、前任のT主任(当時)から聞いた。T主任はもう何年もこうせいくんを担当していた。
「すごくいいやつだし明るいんだけど、絶対に講習会には来ないんだよ。お金の問題もあるだろうし、やっぱり家から出るのは怖いのかな」
T主任にとっても、こうせいくんは特別な生徒だった。

電話で話してみると、こうせいくんは本当に明るかった。何でこの子が引きこもっているのかわからないくらいに。
毎回の電話で話すべき内容は一応決まっているんだけど、それ以外の話も色々とした。
当時の私は24歳で、こうせいくんはほぼ同年代。
「先生」なんて呼ばれるからとりあえず偉そうにしていたけど、本当の私は半年前まで営業のきつさで心が折れて入院していたような人間で、生徒さんが頼ってくれても私の引き出しは空っぽだった。今もだけど。
なのに、こうせいくんは不思議なくらい私を信じてくれた。

夏休みの講習会に向けて、動員が始まる。
こうせいくんは絶対に講習会に来ない。一応声だけは掛けて、断られたらすぐに引くこと。
そう注意されていたから、「もうすぐ講習会なんだよ。おいでよ」と誘いつつも、もちろん何の期待もしていなかった。
なのに。
「はい、行きます」
耳を疑った。
「え、いいの?」
「はい。先生に会いたいから、行きます」
何かの間違いじゃないかとお母さまに代わってもらったけど、嘘じゃなかった。本当に、本人が行きたいと言っているという。
「先生、本当にありがとうございます」
と電話口で言われても、まだぴんと来なかった。
T主任に報告したら、目を丸くしたあとで、泣き笑いのような顔をしていたのを覚えている。

講習会当日になっても、こうせいくんが本当に来てくれるかどうかわからなかった。
長年家に閉じこもってきた人が、いきなり年下の子が大勢いる場所に飛び込む。私なら絶対に無理。来られなくても当然だよ。
そう思いながらも教室を見まわしていると、後ろから声を掛けられた。
「和田先生」
振り返ると、そこにはハタチくらいの男の子が笑顔で立っていた。初対面でもすぐにわかる。こうせいくんだ!
足が震えた。一度控室に戻ってT主任を呼んでから、一緒に声を掛けた。1人じゃ先生面なんてできそうになかったから。
何をしゃべったのかはもう全然覚えていない。覚えているのは、ずっとこうせいくんが笑顔だったこと。

こうせいくんはどうして来てくれたんだろう。
その後、冬休みの講習会でも声を掛けたけど「もういいっす!」とあっさり断られた。
あのときだけ、どうして来ようと思ってくれたんだろう。
私は当時、自分のことしか考えていなくて、動員の結果に一喜一憂していただけだった。
どれほどの思いと覚悟を持って決断してくれたのかを考えたことさえなかったし、もちろん本人に対してそのことを労いもしなかったはず。
頑張ってくれてありがとう、会えて嬉しい。せめてそのくらいは伝えたのかな。覚えてはいないけど、伝えていてほしい。せめて。
お母さまもT主任もこうせいくんもわかっていたことを、きっと私だけが直視さえしてこなかった。
そして、今の私だって何もわかっていない。わかるのは、「ポジティブな出来事を1つだけ選んで」と言われて、あの日のこうせいくんの顔が浮かんだということだけ。

いやその、何も結論はありません。おしまい。

■読書ログ■
・和書110:『英単語のあぶない常識―翻訳名人は訳語をこう決める』山岡洋一・著、筑摩書房、紙の本
・和書112:『4行でわかる世界の文明』橋爪大三郎・著、KADOKAWA、電子書籍
・翻訳28:『21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考』ユヴァル・ノア・ハラリ・著、柴田裕之・訳、河出書房新社、オーディオブック(2巡目)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:44分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月18日 (日)

エネルギー切れ






バドミントンの基礎練習。
今回も絶望するんだろうなあと思っていた動画、見直したら予想よりもだいぶ動けていた。
まあもちろんまだできていないことだらけなんだけど。

今「できるようになった」と思っているところも、しばらくすれば絶望ポイントになる。
それが成長の兆しのはずだから、その日を信じてもっと頑張る。

今日本当は書こうと思っていた話があったんだけど、さっきまでのセミナーで予想以上の疲労感。
受講しただけなのになんでこんなに疲れ果てているのか。
セミナー自体の話も書きたいけど、それは明日以降に。
取り急ぎ、先生、今回も本当にありがとうございました!

■読書ログ■
・和書110:『英単語のあぶない常識―翻訳名人は訳語をこう決める』山岡洋一・著、筑摩書房、紙の本
・和書111:『ネイティヴだからわかる 日本人が苦手な英語 Getの使い方49』ディビッド・セイン・著、ユナイテッド・ブックス、電子書籍→読了
・和書112:『4行でわかる世界の文明』橋爪大三郎・著、KADOKAWA、電子書籍
・洋書8:翻訳セミナーの課題書

■勉強ログ■
・洋書7:セミナー受講
・NHKラジオ講座:1時間


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月17日 (土)

爪とライブ

Dsc_0555

おとといチケットが届いた。「会場:あなたのいる場所」うおおおん。

Dsc_0556

例のブツは

Dsc_0557

これだったんだけど、もったいなくて使えなかった。
しばらくデスクに置いておいて、浸ろうっと。

Dsc_0558

最初の1時間くらいはずっと一緒に歌っていたんだけど、最後はもう泣いちゃって無理だった。
泣きすぎて過呼吸になるかと思った。

どんな事があっても忘れたりしない
幸せも痛みも永遠の約束
いつかまた逢える日が来るでしょう
その日まで必ず元気でいてね
元気でいてね
           「約束」


元気でいるううううう。
直接のライブができる日がいつ来るのかわからないけど、それまでちゃんと生きていかねば。
こんな時間を作ってくれたaikoとその周りの皆さんに感謝。

実は今、バドミントン中に留めておいた絆創膏ごと足の中指の爪が吹っ飛んだ状態でこのブログを書いているんだけど、そういうことも含めてこれから頑張る、とまで思えている。(だんだん痛みを思い出してきたので書いているんですが)
いやもう本当に、頑張る。何があってもめげないもん。

明日も幸せである様に♪

2020年10月16日 (金)

たらふくDays

Dsc_0550

昨日もがっつり食べたのに

Dsc_0551

今日はまたもやガッテンダーランチ。
何度食べてもテンダーロインステーキが美味しすぎる。

今日はいつも一緒に翻訳の勉強をしてくれている2人とのランチ。
帰ってきた今、なんだか心が感謝で満たされているので、ここからしばらく気持ち悪いこと書きます。
3人体制になってから半年ちょっと。時間が経つほどに、勉強会がますますかけがえのない時間になっていく。
一番辛い時期を乗り越えられたのも、あのとき2人が励ましてくれたから。ありがたいなあ。
そこまで考えて、いや2人だけじゃないと思い直す。あのときは他にもあたたかい言葉をかけてくれた人がいた。
すごいなあ。私の周りは優しくてあたたかい人ばかりだ。ちょっと身に余るくらいに。
どの世界でもどの段階でも誰かが助けてくれる。私がその分の価値を返せているとは全然思えないのに。
pay it forwardの意識ではいるけれど、それはそれとして恩を受けたご本人にもお返しできる自分になりたいなあ。

今日もいろんな話で盛り上がっていたら、あっという間に閉店の時間が来てしまった。
またぜひ会いましょう。まずは今週末!

Dsc_0553

今は、調子に乗ってスモアまで注文した自分に反省中だけど。苦しい…。

ちょっと(?)食べすぎちゃったけど、明日はバドミントン&aikoライブだから相殺されるはず!

■読書ログ■
・和書110:『英単語のあぶない常識―翻訳名人は訳語をこう決める』山岡洋一・著、筑摩書房、紙の本
・和書111:『ネイティヴだからわかる 日本人が苦手な英語 Getの使い方49』ディビッド・セイン・著、ユナイテッド・ブックス、電子書籍

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間16分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月15日 (木)

くまとコーヒー

昨日の悩みは、10分間でミニスナックゴールドをもぐもぐして乗り切りました。
大好きなパンだけど、どこがミニなんだっていつも思うよね。583kcalですってよ。ひょー。
(今調べたら、商品名が決まるまでの経緯が結構面白かった。社内でももはやわからないって、いいね)

美容院(←用事)で「どうやってそんなに痩せたんですか」ってきかれてちょっと困った。どうやって…うーん。
ケーキもおやつもそんなに減らしている感覚はないし。
あえて言えば、食事記録を付け始めてから、ある程度の期間の平均をとれば暴食にはならないように気を付けるようにはなったかも。
焼肉やお寿司を食べることがわかっている日は、朝かお昼は抜くとか。モリモリ食べちゃった翌日はちょっと抑え目にするとか。
でもその程度。
運動だって、1月は走っていたし、梅雨に入るまでは毎日3~4km歩いていたけれど、それもずいぶん前に挫折してしまった。
週2回のバドミントンだけじゃいくらなんでも7kg減の説明にはならないからね。

…というもにゃもにゃした話をしてきたんだけど、ミニスナックゴールドの583kcalというカロリーを見て、答えがわかった気がしたよね。
こんなの無自覚に(しかもおやつとして)食べつづけてたら、そりゃ太るわ。
当たり前のことだって、継続すれば大きな変化になるのね。

Dsc_0549

その美容院に向かう(つもりが違う道に迷い込んだ)途中で発見した撮影スポット。
くまさんが美味しいコーヒー豆を薦めてくれている…!
今度時間のあるときにまた来ます。買いたいー。

■読書ログ■
・和書109:『脱ネット・スマホ中毒 ver.2.0: 炎上・犯罪に巻き込まれない!SNS時代を生き抜く最新護身術』遠藤美季・著、誠文堂新光社、電子書籍→読了
・和書110:『英単語のあぶない常識―翻訳名人は訳語をこう決める』山岡洋一・著、筑摩書房、紙の本
・和書111:『ネイティヴだからわかる 日本人が苦手な英語 Getの使い方49』ディビッド・セイン・著、ユナイテッド・ブックス、電子書籍
・翻訳28:『21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考』ユヴァル・ノア・ハラリ・著、柴田裕之・訳、河出書房新社、オーディオブック(2巡目)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間52分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月14日 (水)

悩み

Dsc_0544

ちょっと日が陰ってきて、薄暗い感じの光が水の残った田んぼを照らしている時間がとても好き。
もう少しすると均されてしまうので、この絵はあと何回見られるかな。

ところで、今午前10時なんですが。
朝食は8時半くらいに食べたんです。
この後、16時くらいまでずっと用事が入っていて、10分ずつくらいしか空いている時間がないんですけど、どうしたらいいかなあ。
意外と持ちこたえられたりしないものか。いや、厳しいだろうなあ…。
10分で吉野家で食事……いや、私の時間が空いているの12時台だよ。無理無理。

■読書ログ■
・和書109:『脱ネット・スマホ中毒 ver.2.0: 炎上・犯罪に巻き込まれない!SNS時代を生き抜く最新護身術』遠藤美季・著、誠文堂新光社、電子書籍
・和書110:『英単語のあぶない常識―翻訳名人は訳語をこう決める』山岡洋一・著、筑摩書房、紙の本
・翻訳28:『21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考』ユヴァル・ノア・ハラリ・著、柴田裕之・訳、河出書房新社、オーディオブック(2巡目)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:50分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月13日 (火)

段階ごと




(サムネがお尻丸出しですみません…)
いい加減しつこいけど、なんか痩せた気がするー!
試合自体は1対2なのにぼろ負けしているけど。

この動画は参加者の皆さんにも共有しているんだけど、みんな同じ反応をする。
「客観的に見て、自分がいかに動けていないかがよくわかった」
↑で私たち2人をボロボロにした子さえ、動画を見て絶望したらしい。なんでよ、と思っちゃうけど。

結局、どの段階になっても成長のためのポイントはあるんだろうね。
今の私の段階じゃ見えてさえいない欠点が、レベルアップしたら見えるようになる。
だからきっと、いつまでたっても動画を見て絶望するんだ。
だけどそれって、1年後に今の動画を見返したら、急成長を感じられるということでもあるんじゃない?
そうだといいなあ。そうなれるように、今日を頑張ろうっと。

5e8c6c57919540e6900bc026c3184e37

というわけで、去年の12月のワタシ。
ぐああああああ。
1年間の成長(縮小?)は感じたけど、ダメージも大きすぎる。こんな状態で去年皆さんにお会いしていたのか……。

■読書ログ■
・和書109:『脱ネット・スマホ中毒 ver.2.0: 炎上・犯罪に巻き込まれない!SNS時代を生き抜く最新護身術』遠藤美季・著、誠文堂新光社、電子書籍
・和書110:『英単語のあぶない常識―翻訳名人は訳語をこう決める』山岡洋一・著、筑摩書房、紙の本
・翻訳28:『21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考』ユヴァル・ノア・ハラリ・著、柴田裕之・訳、河出書房新社、オーディオブック(2巡目)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間31分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月12日 (月)

you & me both

間もなく発売されるaikoの新曲がPV公開されました。



「ハニーメモリー」。うおおおん。

「心臓は5個あったらいいな
入れ替えたらあなたの前でずっと笑ってられるわ」
ほんとうに…僕は粉々になった

涙が出そうになって指で塞ぐ仕草は
僕への想い透明にする準備だった


なんでこんなに切ないんだろう。
誰も悪くないんだよおおお、と抱きしめたくなる。誰を?

きっとこの曲も歌ってくれるに違いないオンラインライブも今週の土曜日。
今日、ついにグッズが届いた。

Dsc_0546

何とか入手できたTシャツとタオル。
ジョッキは人気すぎて無理だった。せめて家のジョッキで一緒に乾杯しようっと。

Dsc_0545

ちなみにTシャツに書かれている「You & Me」は、実際にそういう曲もある(正確には「You & Me Both」)。
これもいい曲でねえ。

あなたにしたキスがもう乾いた
フライパンの流星群
蒸発する水は綺麗
空っぽの頭に響いた
あなたを思う程に弾ける
小さなマイナスは破裂する
愛してるよ この時間も
あなたも…


こっちは幸せな曲だけど、幸せな曲ほど切なさが上がるから油断ならない。
ライブではいっぱい泣くぞー。

■読書ログ■
・和書108:『眠れぬ夜の恐ろしい話』桐生操・著、KADOKAWA、電子書籍→読了
・和書109:『脱ネット・スマホ中毒 ver.2.0: 炎上・犯罪に巻き込まれない!SNS時代を生き抜く最新護身術』遠藤美季・著、誠文堂新光社、電子書籍
・翻訳28:『21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考』ユヴァル・ノア・ハラリ・著、柴田裕之・訳、河出書房新社、オーディオブック(2巡目)
・翻訳31:『カウントダウン 世界の水が消える時代へ』レスター・R・ブラウン・著、枝廣淳子・監訳、海象社、紙の本→読了

■勉強ログ■
・洋書7:見直し→提出


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月11日 (日)

コンテナハウスでピザを食べたい

以前訳した記事が2本公開されました。



「建材は「6メートルコンテナ3台」 息飲む景観、夢のコンテナハウス」

コンテナを改造して快適な住居を作るニュージーランドの女性の話です。
「空間を最大限に生かした完璧な設計図を作る達人」っていうところがかっこよすぎる。空間能力が壊滅的な私からすれば神様みたい。



「「1時間に300枚」のAIピザ製造機。具材配置はアルゴリズムで」

ピザ製造のうち、生地に具材を載せる作業を一瞬でできてしまうという機械の話。
品質のばらつきがなくなるとか、速くできるからすごいとかだけじゃなくて、こぼれないから食品ロスが減るとか、具材の量にばらつきが出ないから在庫が残ったり足りなくなったりしづらいという面も書かれている。
新しい技術は、やっぱり環境への配慮っていう点を忘れちゃいけないんだろうなあ。

ご興味あればぜひご一読くださいませ。

君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月10日 (土)

影の輝き(『あと一歩!逃し続けた甲子園 47都道府県の悲願校・涙の物語』の感想文)

頭おかしいんじゃないの、と言っていた1カ月半で53冊読破チャレンジ(いや、そんなチャレンジはしない。しちゃだめ)、ここ数日は1日1冊というオンペースで読み進んでいる。
焦って読み飛ばしているわけじゃなくて、あまりに面白くて気付いたら読了しているということなんだけど。
そんな中、この人なら絶対好きだろうと取っておいた本が、期待にたがわない面白さだった。

Screenshot_20201010105012

『あと一歩!逃し続けた甲子園 47都道府県の悲願校・涙の物語』田澤健一郎・著。

「悲願校」というのは著者の造語。

かんたんに説明すれば、高校野球の世界で「甲子園出場の一歩手前で何度も敗退」、「秋春は強いのに甲子園がかかる夏になると弱い」「都道府県内では実績のある高校なのに、なぜか甲子園と縁がない」といった甲子園未出場校のこと。つまり「甲子園出場が悲願」となっている高校を「悲願校」と名付けたのだ。
(中略)
勝者は讃えるべき存在であり、たくさんの物語があるのはたしかだ。だが、同じように敗者にもたくさんの物語があるのがスポーツの世界。その意味で、「悲願校」にもたくさんのエピソードがある。


もうこの前書きを読んだだけで、ハンカチを準備したくなった。
スポットライトを浴びる人がいる一方で、その影に隠れた人にもたくさんのドラマがある。もともとそういう話が大好きなんだけど、その題材が高校野球というだけで、もうつまらない要素はゼロだよね。

本書では、様々な観点から選出された悲願校が次々に紹介されていく。
私くらいの新米甲子園ファンじゃ名前も知らない学校がほとんどだけど、物語に引き込まれてつい「近々悲願がかなってほしいねえ」と一緒に願ってしまう。

時々差し込まれる元・悲願校の話も感動的で、中でも涙したのは八戸学院光星のエピソード。
今は言わずと知れた強豪校だけど、実は1997年のセンバツが初出場。それまでは長らく悲願校だった。

Screenshot_20201009233630_20201010110801

当時光星学院だった八戸学院光星は、1994年から1996年まで3年連続で決勝で惜敗して甲子園出場を逃している。
それだけでも悲願かなわぬ辛さがあるけど、特筆すべきはその3試合に先発したのがすべて同一人物だったということ。
つまり、甲子園出場のかかった地区大会決勝戦で入学間もない1年生が先発して、その投手が2年生でも3年生でもエースとして投げたのに、ついに悲願がかなわなかったのだ。
しかも何が悲しいって、その翌年の春(つまりこの学年が引退した直後の秋の成績によって)、光星学院は初の甲子園出場を決めちゃうのである。いや、悲しいと言っちゃいけないんだろうけど。
その投手とは、洗平竜也さん。その後大学進学を経て、なんとドラゴンズにも入団していました。逆指名2位なのに全然名前に見覚えがない…。

このエピソードは、筆者が悲願校を追い続けることになったきっかけでもあるのだという。
後年、筆者は洗平さんに当時のことをインタビューしている。
実は彼が先発した決勝戦のうち、3年時の試合だけ洗平さんは途中降板した。4点リードを追いつかれて、8回裏の先頭打者に死球を与えたときに、自ら監督に降板の意思を伝えたという。その時の気持ちを洗平さんはこう語った。

「ボール自体は衰えていなかったんですが、『オレじゃ勝てないのかな』って思ってしまったんです。前と違って他の投手も育ってきていたし、自分一人じゃないと思うようになったというか……。たぶん、チーム全体のことを考えたから降りたんです。2年生までだったら、きっと降りていなかった。でも、逆に、下級生の頃のように無我夢中で投げていれば、負けずに済んだ気もします。なんというか、3年生のときは余計なことを考えすぎたんですよ。正直、また自分のせいで負けるのがイヤだという気持ちもありましたから……」


悲願校の思いを一身に背負うと、夢に向かうマウンドでこんな気持ちになってしまうのか。
きっと最初はただ楽しくて始めたんだろうに。
甲子園のマウンドに立たせてあげたかったなあ。立っていたらこんなドラマも知らないままだったんだけど。
これからはもう、八戸学院光星を甲子園で見るたびに、俄然応援してしまいそうである。

Screenshot_20201009233652

49地区の「ベスト・オブ・悲願校」。ベスト以外にも地区ごとに数校ずつ紹介されているから、すごい分量である。
甲子園に出たことが1回もなくてしかも長年惜しい戦いはしているという縛りで、そんなにたくさんあるものなんだねえ。

でも、悲願校はいつか悲願校ではなくなる、ところもある。
前述の八戸学院光星だって元悲願校だし、ほかにも大曲工(秋田・初出場は2015年春(※以下、カッコ内の年は同じ意味))、羽黒(山形・2003年夏)、利府(宮城・2009年春。ちなみに夫の草野球の元チームメートのお父さまは、利府の初代監督を長年務めた人。近いのか遠いのかよくわからないな)、前橋育英(群馬・2011年春)、豊川(愛知・2014年春)、滋賀学園(滋賀・2009年夏)、奈良大付(奈良・2015年春)、履正社(大阪・1997年夏)、明石商(兵庫・2016年春)、松山聖陵(愛媛・2016年夏)、沖学園(福岡・2018年夏)などなど、苦しい期間を経て甲子園出場を果たした高校も多いし、中にはすっかり常連校になっている高校もある。
この本は2019年の春に書かれたから、そのあと開催された甲子園は2019年の夏と2020年の春(が延期された交流大会)の2回だけなんだけど、その短い間にめでたく悲願校リストから卒業した高校がある。

  • 誉(愛知・2019年夏)
  • 加藤学園(静岡・2020年春)


来年以降、「初出場」と書かれた高校があったら注目してしまうんだろうな。
影にいるときだって輝きは嘘じゃなかったけれど、「聖地」に立って光を浴びることができる日を今から楽しみにしたい。
何よりまずは、来年のセンバツが開催できますように。

■読書ログ■
・和書107:『あと一歩!逃し続けた甲子園 47都道府県の悲願校・涙の物語』田澤健一郎・著、KADOKAWA、電子書籍→読了
・和書108:『眠れぬ夜の恐ろしい話』桐生操・著、KADOKAWA、電子書籍

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間4分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月 9日 (金)

褒められたい禁欲派

爪がはげた右足中指。今日ネイルサロンで補修してもらったら、泣く寸前くらいに痛かったけど我慢した。
補修が終わった爪の裏側に血豆を見つけてにわかに痛みが増してきたけど、「美味しいものでも食べて辛いことを忘れようよ」の誘惑に打ち勝って近鉄に飛び乗った(お昼ごはんにはおでんの残りがあるからね)。
「何もブログのネタがないと困るし、今日は我慢して偉かったから、帰りにケーキ屋さんに寄ってもいいんじゃない」という悪ぼぼの声にも耳を貸さずに家に到着した。
エネルギーを使い尽くしてお昼寝したい気持ちだけど、なんと仕事部屋に移動して今仕事を始めようとしている(「なんと」って…?)。

その結果、今本当に何も書くことがないけど、ストア派くらい耐えきった私を誰か褒めてください。
念のため「ストア派」を検索したら、ストア派はストイックとは違って欲望の我慢を目指しているわけじゃないという説明を発見してしまったけど、もう書き終わっちゃったのでこのままいく。
そもそも「褒められたい」っていう言葉自体が、完全に欲望にまみれているよね…。

■読書ログ■
・和書103:『万葉集の恋うた』清川妙・著、KADOKAWA、電子書籍→読了
・和書107:『あと一歩!逃し続けた甲子園 47都道府県の悲願校・涙の物語』田澤健一郎・著、KADOKAWA、電子書籍
・翻訳31:『カウントダウン 世界の水が消える時代へ』レスター・R・ブラウン・著、枝廣淳子・監訳、海象社、紙の本
・洋書8:翻訳セミナーの課題書

■勉強ログ■
・洋書7:訳し終わって見直し中。
・NHKラジオ講座:2時間1分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月 8日 (木)

おでん開き

急に寒くなりましたね。
流れをつかめずに半袖で過ごしていたら、今すっかり凍えています。

Dsc_0543 

そんなわけで我が家は昨日がおでん開き。
あと、お風呂の床暖も昨日から。
あったまるねえ。

今日も午前中はバドミントン練習だったんだけど、最近終わった後の疲れ方がこれまでと比較にならない。
私の体力が落ちたんじゃなくて、どんどんレベルが上がって体の限界以上に動いているということかな。
家に帰ったら、足の爪が根元からはがれていたもんなあ。いくらジェルネイルで保護しても、根元からじゃどうしようもないよね……。
バドミントン疲れで茫然としている間に午後が過ぎていって仕事にならないので、もうちょっと体を慣らしていきたいんだけど。

■読書ログ■
・和書103:『万葉集の恋うた』清川妙・著、KADOKAWA、電子書籍
・和書106:『自由な心になれる 般若心経エッセイ』加藤朝胤・監修、リベラル社、電子書籍→読了
・翻訳31:『カウントダウン 世界の水が消える時代へ』レスター・R・ブラウン・著、枝廣淳子・監訳、海象社、紙の本
・洋書8:翻訳セミナーの課題書

■勉強ログ■
・洋書7:ちょっと翻訳。むずかしいぞ…?
・NHKラジオ講座:46分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月 7日 (水)

今ここに引き戻す

「マインドフルネス」という言葉を初めて知ったのは、たぶん5年くらい前。
リーディング依頼を受けた洋書で取り上げられていた。
「日本ではあまり広まっていない概念だと思うので、『マインドフルネス』という言葉を使うべきかどうか」みたいなことを書いた気がする。きっとあの時点でも「広まっていない概念」なんてことなかったよね。知らないって恥ずかしいし、私が余計なことを書いたせいであの本の出版が見送られていたらどうしよう(思い出し焦り)。
いや、こういうことをいつまでもくよくよしないのがマインドフルネスの理念でした。

あれから数年の間に、最初から日本語で書かれた自己啓発書でも「マインドフルネス」という言葉をよく見かけるようになったし、そのものの言葉が使われていなくても「今ここに意識を向ける(過去や未来にとらわれない)」という考え方はかなり市民権を得てきたように思う。
それで何となくわかったような気になっていたんだけど。

最近気持ちの落ち込みがひどくてどうしたらいいかわからなかったときに、この本のことを思い出した。
(というか、ある方に思い出させていただいた)

Screenshot_20201007124219

心がヘトヘトなあなたのためのオックスフォード式マインドフルネスルビー・ワックス・著、上原裕美子・訳
尊敬する先輩翻訳者・上原裕美子さんの訳書です。

出版されたときから気にはなりつつ、申し訳ないことに後回しにしていたんだけど、読むのが今のタイミングで心底よかった。
イギリス人コメディアンのルビー・ワックスさんが、ご自身の体験をふんだんに盛り込みながら、心がヘトヘト(frazzled、「心がヘトヘト」ってすごくないですか!絶対私じゃ思いつかない…)なあなたと私のためにマインドフルネスの方法と効果を教えてくれる。
最初から最後までまなざしがずっと優しくてあたたかくて、何度も涙が出そうになった。

私の頭の中ではいつも声が流れていて、騒いだり、周りや自分自身を罵りつづけたりしている。過去の失敗を蒸し返したり、明日の予定のことを思い出して焦ったりしている。
そんな声に気づいたら、ただ責めずに引き戻す。
毎日続けているストレッチの間、まずはそれだけをやってみることにした。
まだ日常生活への影響までは感じていないけど、とりあえずストレッチが今までより気持ちよくなったよ。

あと、大先輩の作品にこんなこと書くのおこがましいんですが、翻訳がめちゃくちゃよかったです。
ルビー・ワックスさんのことは存じ上げないので、すっかり上原さんに1冊分励ましていただいたような気分になっている。

Screenshot_20201007124242

スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック』ジェームズ・ドゥティ・著、関美和・訳

続けて読み始めたこちらもすでに最高。
もうプロローグでちょっと泣いたもん。
関美和さんの翻訳書、今年もう3冊目だけどどれもすごくいい。
この本、読み終わったら翻訳の勉強に使わせてもらおうかな。どんな原文からこんなに自然な日本語になるのか知りたい。
今は手元の52冊を読まないといけないから、ちょっとだけ後回しにしますけど(本末転倒)。

こういう本からマインドフルネス瞑想に挑戦してみようかと思ったものの、本の文字を見るときにやや現実に戻ってしまう。音声でナビゲートしてくれるものがないかと探してみると、本もDVDもYouTubeもいくらでも出てきた。すごい。

Screenshot_20201007124152

とりあえずアプリにしてみました。
Relook。無料でこんなにいいの、と思うくらいコンテンツが充実している。あと、ナレーターの女性の声が可愛い。
筋トレと一緒で、1日だけ詰め込むより毎日少しずつでも続けたほうがいい、とナレーターの女性が言っていたので、まずは続けてみようと思います。今日がその1日目ですが。
習慣を無理に増やすとまた爆発してしまうので、自分の状態を見極めながら、少しずつね。

■読書ログ■
・和書105:『ヒーローたちの戦うキモチ~ウルトラマンからワンピースまで』林延哉、高田明典・著、サイゾー、電子書籍→読了
・和書106:『自由な心になれる 般若心経エッセイ』加藤朝胤・監修、リベラル社、電子書籍
・翻訳31:『カウントダウン 世界の水が消える時代へ』レスター・R・ブラウン・著、枝廣淳子・監訳、海象社、紙の本
・洋書8:翻訳セミナーの課題書

■勉強ログ■
・洋書7:課題範囲を読み込み
・NHKラジオ講座:1時間16分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月 6日 (火)

52

昨日の「マコトシヤカ」の話ですけど、映像トークに夢中になって肝心なことを言い忘れた。
前奏や間奏の「チャーラーチャラララーチャラーラーラーラー♪」のところ、「燃えよドラゴンズ」のメロディーなんだよー。倍速にすれば聞こえやすいらしい。かっこよすぎる。
今日になってから、この曲を私の25倍くらいの熱量で語っている記事を見つけたので、載せておきます。
あと、「やる気ジャッカでスタン 軽くエビスパン」って何ってずっと思っていたんだけど、これはどうも歌詞サイトが間違っていて「やる気着火でスタート 軽くエキスパート」が正しいらしい。「軽くエキスパート」もよくわからんけど。

家から歩いて30秒くらいのところに謎のコスモスエリアがある。

Dsc_0541-1

たぶん野生じゃなくて誰かが植えているんだと思うけど、すごい野生感。
生命力を感じてにこにこしてしまうんだよね。
明日からは天気が崩れるみたいだから、今日こそお散歩に出かけたいなあ。

Screenshot_20201006120934

前にも書いたブックパス、本能の赴くままにダウンロードしまくっていたら52冊になっていた。ほとんどの本の期限は10月末か11月15日。
頭おかしいんじゃないのか、私。1カ月半でそんなに読めるわけないじゃん。
…と自分をののしりつつ、読めるところまで粘ってみようと思います。
こんなに読めたら、今年200冊になっちゃうねえ。

■読書ログ■
・和書105:『ヒーローたちの戦うキモチ~ウルトラマンからワンピースまで』林延哉、高田明典・著、サイゾー、電子書籍
・翻訳28:『21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考』ユヴァル・ノア・ハラリ・著、柴田裕之・訳、河出書房新社、オーディオブック(2巡目)
・翻訳31:『カウントダウン 世界の水が消える時代へ』レスター・R・ブラウン・著、枝廣淳子・監訳、海象社、紙の本

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:24分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月 5日 (月)

音楽と映像

Dsc_0539

家の前の田んぼ、無事に稲刈りが終わった。
ちょっと切ない姿。



最近気が付くと聴いているこの曲。流し始めるとしばらくループ再生してしまうレベル。
よくぞこんな全国区の歌い手さんがドラゴンズの応援歌(正確には地元テレビ局の野球中継の主題歌)なんて歌ってくれたなあ。

某アニメの主題歌に対しては何の感情もなかったし、某全国放送の番組で某球団…もうやめよう、巨人の丸選手がLiSAさんのファンで登場曲に使ってほしいですキャッキャみたいなシーンを見たことがあったので、てっきり巨人ファンかと思っていた。
ドラゴンズファンでビシエド選手推しだそうです。急に親近感。

実はこの曲も最初聴いたときは特にいいと思っていなかったんだけど(すみません)、最近、ドラゴンズ応援番組の「過去1週間の(ドラゴンズの)得点シーン」だけをひたすら流すというコーナーのBGMで使われるようになったことで、一気に刷り込みが進んでいる。
得点シーンなんて、純度100%の幸せ映像じゃないですか(エラーとかダブルプレー間の得点とかも流れるから本当に純度100%かは微妙だけど)。その映像とセットで流れるもんだから、急に名曲に感じられてきちゃったのだ。
このPVもすごくいいと思う。まるで強いチームみたいじゃないですか。

音とリズムと歌詞だけで音楽を味わえる方がいいとは思うけど、そこまで音楽神経のない私は、すぐ映像の影響を受ける。
好きな映画の主題歌やサントラを、映画を知らなくても同じくらい好きになれたかときかれると、全く自信がない。
NHKの甲子園中継で使われている福山雅治さんの「甲子園」なんて、完全に一緒に映っている高校球児の姿で好きになった曲だ(福山雅治さんご本人は大好きです)。
「GONG鳴らせ」もすごく好きだったけど、あれもMADなのがよかったんだろうなあ。
TikTokと「歌ってみた」シリーズの親和性もよくわかる、気がする(ちゃんと見たことすらないので、ただの想像です)。
そもそも映像がなくても、好きな音楽に対しては脳内で映像を作りまくっちゃうしねー。

映像を見て好きになった曲も、映像なしで何度も聴いているうちに良さがわかったのかな。
それとも映像がなければ、いつまでも「合わない」と思うだけだったのか。
自分の判断基準がいかに曖昧かって、直視するとちょっと怖くなるね。

■読書ログ■
・和書104:『品格が磨かれる 論語エッセイ』野村茂夫・監修、リベラル社、電子書籍→読了
・和書105:『ヒーローたちの戦うキモチ~ウルトラマンからワンピースまで』林延哉、高田明典・著、サイゾー、電子書籍
・翻訳28:『21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考』ユヴァル・ノア・ハラリ・著、柴田裕之・訳、河出書房新社、オーディオブック(2巡目)
・翻訳31:『カウントダウン 世界の水が消える時代へ』レスター・R・ブラウン・著、枝廣淳子・監訳、海象社、紙の本

■勉強ログ■
・和書51:7日目
・洋書4:70~97ページをオーディオブックで聴き直し&154~181ページの2巡目
・洋書7:課題範囲を読み込み
・NHKラジオ講座:1時間28分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月 4日 (日)

名言は同じことを言っている

昨日のバドミントン練習でも動画撮影。



・下がるときに後ろ向きにちょこちょこ走っている(私のペアの人のように反復横跳びっぽく動きたい)。
・クリアやスマッシュを打つときに右足から左足への体重移動ができていない。
・そもそもクリアの振りでもない。
・さらにそもそもで、持ち方も違う。
・ペアの相手の動きに合わせたポジショニングができていない(これもペアの人はできている。勉強になるー)。
・ずっと動いていて、動きながら打っているから力が伝わらない。
・前衛のとき、前に出すぎ。
・腕がすぐに下がる。
・構えが腰高。
・内股。足幅が狭すぎる。

動画を見ながら夫から指摘が出るわ出るわ。
自分でも下手だなあと思っていたけれど、これだけ次々に言われると現実を見るしかない。

「下手糞の上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目」(安西先生@スラムダンク)

という名言を夕べ友達から教えてもらった。
これって、前にも書いた「下手だと思った時こそ伸び時」という話と一緒だよね。
みんな同じこと言っているんだから、きっと正しいって信じる。
今が一歩目だと信じるんだ。

■読書ログ■
・和書104:『品格が磨かれる 論語エッセイ』野村茂夫・監修、リベラル社、電子書籍
・翻訳28:『21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考』ユヴァル・ノア・ハラリ・著、柴田裕之・訳、河出書房新社、オーディオブック(2巡目)
・翻訳31:『カウントダウン 世界の水が消える時代へ』レスター・R・ブラウン・著、枝廣淳子・監訳、海象社、紙の本
・翻訳37:『スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック』ジェームズ・ドゥティ・著、関美和・訳、プレジデント社、電子書籍

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:12分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月 3日 (土)

偶然

Dsc_0538

1日に夫が買ってきてくれたおやつ。
「芋名月だからかー、気が利いてる!」とひそかに感激していたら、そんなこと全然考えていなかったことが夕べになってから発覚。
そもそも芋名月という言葉も知らなかったんですって。THE偶然。

***

20代の頃からなんか前時代的な話し方をする癖があるんだけど、40代を目前にして、本格的におばちゃんらしさが増している。
「あらまあ」っておばちゃんが言うと本当におばちゃんっぽくなるんだよ。
外仕事で上司の方が「本当に痩せましたねえ!」と何度も言ってくださったんだけど(すぐばらす)、嬉しすぎて錯乱した私の返答はずっと

「やだもうっっっ(ノ∀`)つ))」

であった(手の動きもそのまま)。THEおばちゃん。

では、おばちゃんはこれからバドミントンで萎れてきますー!

***

君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月 2日 (金)

秋の真ん中

Dsc_0533-1

外仕事帰りに保険会社の方と打ち合わせ。
これ、想像よりもさらにおいしかった。上島珈琲の「アーモンドとバターのザントクーヘン」ですって。

今日は中秋の名月ですね。

Dsc_0534

とりあえず目玉焼きハンバーグ(盛り付け力のなさよ…)。

Dsc_0537-1

写真はぜーんぜん駄目だった。左下に見えているのは大接近中の火星です。明るいよー。
ずいぶん久しぶりに月光浴もしてみる。そんな正式(って何)なやつじゃなくて、しばらく月の光を感じていただけだけど。

ところで、「中秋」の名月ってどういう意味かご存知ですか?
実はそのままで、「秋の真ん中」っていう意味なんですよ。
陰暦では7月、8月、9月が秋とされていたので、陰暦8月15日が秋の真ん中なんですねー。
ていうか、もしかしてと思って確認したら、9年前に全く同じ内容のブログがあった…。
ブルームーンの話もこの日に書いてるし。
9年前なんて別人だよ。忘れてても仕方ない。

そのブログからそのまま持ってくるけど、中秋の名月にはたくさんの別名がある。
十五夜(これは毎月の満月を指すことも多いけど、8月15日の月を指すこともあるので)、三五月、芋名月。
それ以外の満月にも、望、望月、天満月などの別名があって、冬の満月は月天心なんて呼び名もある。美しい。
やっぱり満月は特別だね。
でも本当の満月は今夜。さっきのリンク先の月写真は今よりちゃんとしている(と思う)ので、今夜見られなそうな方はよろしければ。
たくさん撮っていたんだなあ。懐かしい。(懐かしすぎて、リンク貼っちゃう。あとで自分で読み返そうっと)

■読書ログ■
・翻訳28:『21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考』ユヴァル・ノア・ハラリ・著、柴田裕之・訳、河出書房新社、オーディオブック(2巡目)
・翻訳31:『カウントダウン 世界の水が消える時代へ』レスター・R・ブラウン・著、枝廣淳子・監訳、海象社、紙の本
・翻訳37:『スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック』ジェームズ・ドゥティ・著、関美和・訳、プレジデント社、電子書籍

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:49分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月 1日 (木)

にわとりが鳴いてる

外仕事の日は5時起きなんだけど、近頃5時はまだ真っ暗で何だか寂しくなる。

Dsc_0532

5時45分の空。ようやく明るくなってきてほっ。
そして今、どこかでめっちゃにわとりが鳴いています。すごい。本当に日の出の頃に鳴くんだ。

そんなわけで10月ですね。今年あと3カ月って冗談でしょ。
仕事がなかったわりにやっておきたかったこともあまり進んでいない。
メンタルも復活してきたことだし、ここから(様子見ながら)ギアを上げて頑張る。

今夜は中秋の名月ですよ。晴れるといいなあ。
ちなみに、今月は明日と31日の2回満月が来る、ブルームーンという珍しい月です(参考)。いいことがありますように!

■読書ログ■
・翻訳28:『21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考』ユヴァル・ノア・ハラリ・著、柴田裕之・訳、河出書房新社、オーディオブック(2巡目)
・翻訳31:『カウントダウン 世界の水が消える時代へ』レスター・R・ブラウン・著、枝廣淳子・監訳、海象社、紙の本
・翻訳34:『心がヘトヘトなあなたのためのオックスフォード式マインドフルネス』ルビー・ワックス・著、上原裕美子・訳、双葉社、電子書籍→読了
・翻訳37:『スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック』ジェームズ・ドゥティ・著、関美和・訳、プレジデント社、電子書籍
※1月~9月の合計140冊。

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間38分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »