« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月31日 (木)

2020年まとめ② 体重記録

Dsc_0696-1

今朝の空。雪がぱらぱら。

今年は生まれて初めて減量に成功した。
去年の11月から最終的に約8kg減。去年が人生最重量だったんだけど、それでも嬉しい。

1240

思ったほど明確にはリバウンドしていない。
ここしばらくずっと摂取カロリー>消費カロリーだから時間の問題だとは思うけど。
今後も、過去半年くらいの記録を時々アップしようと思っています。

Screenshot_20201231123653

あすけんのお姉さんにも労ってもらえた。
こちらこそ来年もよろしくお願いいたします!

色々あったけど、成長を感じる部分もある1年だった。
まだしばらくヨレヨレ生活は続くけど、きちんとした大人を目指して頑張る。

皆さんはどんな1年でしたか?
来年は笑顔で元気に会えますように!

■年末進行ログ■
☑年賀状、まだ半分も終わっていないけどめげずに頑張る。

■読書ログ■
・和書143:『秘密結社 世界を動かす「闇の権力」』桐生操・著、アドレナライズ、電子書籍
・翻訳40:『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル・著、鬼澤忍・訳、オーディオブック(2回目)
・翻訳41:ビジネス(おしごと)
・洋書13:ビジネス(おしごと)


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年12月30日 (水)

2020年まとめ① 読書記録

家から徒歩10分のポストまで年賀状を出しに行ったら、ポストに着いたところで嵐になって絶望。家を出たときは晴れていたのに~。
びしゃびしゃになりながら家に向かう途中で、夫が迎えに来てくれたから助かったけど。
浮き沈みの激しい1年を象徴するような出来事だね、こりゃ。

というわけで、今年も色々ありました。
20年ぶりくらいに数を意識して本を読んだので、簡単にまとめてみます。

読了冊数:188冊
うち和書:138冊(73.4%)
  翻訳:34冊(18.1%)
  洋書:6冊(3.2%) ※目標は和:翻:洋=6:3:1でした。

 

◆特に面白かった本(読み終わった順)
Think CIVILITY「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略であるクリスティーン・ポラス・著、夏目大・訳、東洋経済新報社
『ぼくたちは習慣で、できている』佐々木典士・著、ワニブックス
『最後の1分』エレナー・アップデール・著、杉田七重・訳、東京創元社
『アーロン・ジャッジ ニューヨーク・ヤンキースの主砲 その驚くべき物語』デヴィッド・フィッシャー・著、藤田成子・訳、東洋館出版社
『SINGLE TASK 一点集中術――「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる』デボラ・ザック・著、栗木さつき・訳、ダイヤモンド社
『野球と戦争 日本野球受難小史』山室寛之・著、中公新書
『下剋上球児 三重県立白山高校、甲子園までのミラクル』菊地高弘 ・著、カンゼン
『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリング/オーラ・ロスリング/アンナ・ロスリング・ロンランド・著、上杉周作/関美和・訳、日経BP
『声』アーナルデュル・インドリダソン・著、柳沢由実子・訳、創元推理文庫
『黄金機関車を狙え』日下圭介・著、アドレナライズ
『ここぞというときに力が出せる睡眠の3鉄則』菅原洋平・著、主婦と生活社
『西洋人の無神論 日本人の無宗教』中村圭志・著、ディスカヴァー・トゥエンティワン
『老人と海』アーネスト・ヘミングウェー・著、野崎孝・訳、グーテンベルク21
『ねみみにみみず』東江一紀・著、越前敏弥・編集、作品社
『野球のプレーに、「偶然」はない ~テレビ中継・球場での観戦を楽しむ29の視点~』『ピッチャー視点で“観戦力"を高める 工藤公康のピッチングノート』工藤公康・著、カンゼン
『心がヘトヘトなあなたのためのオックスフォード式マインドフルネス』ルビー・ワックス・著、上原裕美子・訳、双葉社
『あと一歩!逃し続けた甲子園 47都道府県の悲願校・涙の物語』田澤健一郎・著、KADOKAWA
『野村の流儀』野村克也・著、ぴあ
リーディングの仕事で読んだ洋書。詳細を書けないのが悔しい。出版に向かって進んでくれていますように!
『ビジネスパーソンのための 折れないメンタルのつくり方』相場聖・著、ディスカヴァー・トゥエンティワン
『「精神科医の禅僧」が教える 心と身体の正しい休め方』川野泰周・著、ディスカヴァー・トゥエンティワン
『火花』又吉直樹・著、文藝春秋
『翻訳の授業 東京大学最終講義』山本史郎・著、朝日新聞出版
『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル・著、鬼澤忍・訳、早川書房


10冊くらいに収めるつもりだったのに。
でも面白い本とたくさん出会えてよかった。数を意識するのもいいね。
来年はこんなには頑張らないけど(たぶん)、一応記録は続けてみようと思っています。

■年末進行ログ■
☑窓掃除4/7 夫がやってくれた…ううう。
☑玄関などの正月飾り これも夫がやってくれた(何してるの私)
☑年賀状まだ書いてる。年を越す予定。

■読書ログ■
・和書143:『秘密結社 世界を動かす「闇の権力」』桐生操・著、アドレナライズ、電子書籍
・翻訳40:『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル・著、鬼澤忍・訳、オーディオブック(2回目)
・翻訳41:ビジネス(おしごと)
・洋書13:ビジネス(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:45分


明日も幸せである様に♪

2020年12月29日 (火)

あしとこし

Dsc_0695-1

今朝の空。鳥さんが出演してくれた(撮ってから気づいた)。

足腰が弱ってきたのと、ちょっと体重も増え始めていたこともあり、昨日は整骨院まで歩いてみた。
いつも車だから距離を甘く見ていて「1.5kmくらいかな、じゃあ15~20分くらいで着くかな」と出発したらまさかの2.5km。誤差レベルじゃないし。予約時刻が危なくて、後半1kmは走ったよね…。
2.5km(往復5km)かあ。ちゃんと毎回歩いていたら、ここまで足腰弱らずに済んだのでは。来年はそうしようかしらね。

Dsc_0694-1

帰り道。日差しがかなり強くて、頭皮がチリチリするくらいだった。

Dsc_0691-1

氏神様。

たいして歩いてもいないのに、午後は疲労感。
これは本当に衰えておるな。

仕事した量を週ごとにアップする話、いきなり忘れていた。

12月21日~27日:和訳2,892ワード&納品前チェック10,165ワード、英訳チェック16,566文字


遅れ拡大中。

■年末進行ログ■
☑年賀状書いてる。
☑窓掃除(1/7)

■読書ログ■
・和書143:『秘密結社 世界を動かす「闇の権力」』桐生操・著、アドレナライズ、電子書籍
・翻訳40:『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル・著、鬼澤忍・訳、オーディオブック(2回目)
・翻訳41:ビジネス(おしごと)
・洋書13:ビジネス(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:2時間14分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年12月28日 (月)

午前0時の怪談

Dsc_0689-1

今朝の空。雨。

そもそも何でそんな事故レベルの髪型で出掛けたのかと言うと(話続いているんだ…)、生え際の白髪が気になり始めていたから。
このまま2月末まで美容院には行けそうにないけど、縛ってしまうと生え際が目立っちゃうから下ろしてふわっとさせよう、と思ったのだ。
完全に裏目に出て、むしろ悪目立ちしたけど。

そう、2月末まで美容院に行けそうにない、と諦めていたわけです。
ところが、夕べ髪を乾かしながら、ふと髪をかき上げてみたら…………。

ぎゃーーーーガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

……(もう一度見る)
ぎゃーーーーーーーーーガ━━(;゚Д゚)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━ン!!!!!

その場ですぐに予約しました……。
1月5日の作業時間が半日分消えたから、その分今頑張ります。
夜中に心臓止まるかと思った……。

■年末進行ログ■
☑年賀状を書き始める。

■読書ログ■
・和書143:『秘密結社 世界を動かす「闇の権力」』桐生操・著、アドレナライズ、電子書籍
・翻訳40:『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル・著、鬼澤忍・訳、オーディオブック(2回目)
・翻訳41:ビジネス(おしごと)
・洋書13:ビジネス(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:35分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年12月27日 (日)

言葉選び

Dsc_0688

今朝の空。大掃除日和(夫任せ)。

昨日、久しぶりにお会いするからと張り切って髪を巻いて行ったんだけど、30分歩いている間に乱れまくっていたらしい。
先に着いて練習していた夫から「何でそんなことになっちゃったの…?」と言われてようやく気づく。

夫に指摘されるまで10人以上の人と話していたのに、誰もはっきり言ってくれなかった。
「あれ、加藤さんいつもと雰囲気違いますねえ」とニコニコしながら言ってくれるものだから、てっきり誉め言葉だと思っていたら…!
そういう遠回しの優しい指摘には気づけないんだよおおおお。

大人は優しい言葉を選べる人。そして、大人はそれが選ばれた言葉だと気づける人。
来年は私もそんな大人になりたい(吐血)。

■年末進行ログ■
☑年賀状を印刷中。枚数足らなかった…。
☑請求書発送
☑持続化給付金が入金されていた!というか、1週間前に入っていた。ウェブではずっと「審査中」になっていてやきもきしていたけど、ほっ。

■読書ログ■
・和書143:『秘密結社 世界を動かす「闇の権力」』桐生操・著、アドレナライズ、電子書籍
・洋書13:ビジネス(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年12月26日 (土)

バドミントン納め

Dsc_0684-1

なんとかパウンドケーキも作れたので、バドミントンクラブの皆さんにご挨拶。
足腰がだいぶ衰えているので、せめて歩いて行ってきた。

Dsc_0685

いつもお散歩で通る橋を越えて30分くらい。
今年最後のバドミントン練習だけど、年の瀬だからか、この地域でも感染が増えてきているからか、いつもよりだいぶ参加者は少なかった。
それでも挨拶したい人には概ね会えたし話もできた。
皆さん怪我を心配してくださってうるうる。全然治ってません、と答えるのが心苦しい。
こんな状況ですが、来年もよろしくお願いいたします。

Dsc_0686

帰る頃には日が陰り始めている。

Dsc_0687-1

雲の隙間から光。

怪我が治ったときにちゃんとバドミントンできるように、体力も戻していかねば。

■年末進行ログ■
☑ローストチキン作った
☑バドミントンクラブに年末挨拶
☑年賀状購入。ひー。

■読書ログ■
・和書143:『秘密結社 世界を動かす「闇の権力」』桐生操・著、アドレナライズ、電子書籍
・翻訳40:『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル・著、鬼澤忍・訳、オーディオブック→読了
・洋書13:ビジネス(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間5分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年12月25日 (金)

メリークリスマス

Dsc_0679-1

駆け込みチキン。何とか作れたー。

Dsc_0682-1

ケーキ。

明日も幸せである様に♪

2020年12月24日 (木)

好き好んで

Dsc_0747

今朝の空。まっしろ。

昨日心療内科の先生に聞いてみたら、HSPの特性と似ているように思える性格はあるから、あまり気にする必要はないみたいです。
あの本にはHSPは病気でなくて1つの気質と書かれていたけれど、先生は「以前『神経過敏症』と呼ばれていたものと同じ」とおっしゃっていたから、↑の言葉も「あなたは病気ではない」という意味かもしれないけど。

Dsc_0745

家で採れたサツマイモでパウンドケーキ。
こんなことしている時間1秒だってなかったはずなのに、何してるんだ私。
しかもこれは練習で、土曜日の今年最後のバドミントン用にもう一度作っていこうとしているのである。
ちゃんと作ったらねえ、これめっちゃ美味しいっ!(やけくそ)

実は昨日少し息ができなくなって。
ちょっとやばいと気づいて、無理矢理こういう時間を作ってみた。
あれもこれもこっち(パウンドケーキ)も全部好き好んでやっている。誰に強制されているわけでもない。勝手に追い詰められずに軽やかに頑張るぜー。

■年末進行ログ■
☑年賀状の宛名テンプレ作成。指が痛くて字が書けないので、生まれて初めて宛名手書きを諦めた。WordとExcelでも作れるんだねえ。

■読書ログ■
・和書142:『人生に主導権を取り戻す90分の授業』高橋ひでつう・著、三才ブックス、電子書籍→読了
・翻訳40:『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル・著、鬼澤忍・訳、オーディオブック
・翻訳41:ビジネス(おしごと)
・洋書13:ビジネス(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:30分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年12月23日 (水)

境界線

Dsc_0742

今朝の空。

Dsc_0740

ここ数日、木星が土星を追い越していくのがはっきりわかって面白い。
ぶれてるんじゃなくて、本当に星が2つ並んでいるんだよー。

最近読んだこの本。

Screenshot_20201223005000

『敏感すぎる自分が幸福いっぱいに変わる生き方』。

HSPという気質があることは前から知っていたけれど、自分に当てはまると思って読み始めたわけではない。
むしろ私は相当無神経だから、周りの人たちを知らず知らずのうちに傷つけているはず。接し方とか気を付ける点を学びたかったのだ。
20%がHSP気質を持っているなら、絶対に接したことあるはずだものね。

ところが、読んでみると自分に当てはまるところが色々見つかっていく。
周りの目を気にしすぎてしまうとか、息をするように自分を責めるところとか(笑・笑っている場合じゃない)、共感しすぎて相手の問題に立ち入り過ぎてしまうところとか。
自分がやらないと、という使命感で何でも引き受けて今まさに死にそうになっているところとか!

いや、ベースが無神経だしがさつなのは間違いないんだよ。謙遜では全くなく。
そんな私ですら「あれ、これ私…?」と一瞬でも思ってしまうということは、本当はこの気質全員が持っているんじゃないの?
「気質」だものね。境界線は曖昧なんだろうなあ。

気質自体は変わらないし変える必要はない。ただ、もう少し楽に生きる方法はあるんだよ。
予想外に自分の生き方を学んでしまった。結局、HSPの人にどう接すればいいかはわからなかったけど。

■読書ログ■
・和書142:『人生に主導権を取り戻す90分の授業』高橋ひでつう・著、三才ブックス、電子書籍
・翻訳41:ビジネス(おしごと)
・洋書13:ビジネス(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間39分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年12月22日 (火)

寄り添う

Dsc_0738

今朝の空。ピンク。

夕べは晴れました!

Dsc_0729

完全にくっついて1つの星になっている姿を想像していたけど、まだ両方見えるね。
この後、22日午前3時が最接近でしたが、すぐ沈んでしまったのでそこまでは確認できません。(参考:名古屋市科学館HP

Dsc_0736

沈む直前。めちゃくちゃ寄り添ってるー!
心なしか、さっきよりさらに近づいているような(たぶん気のせい)。

黄色い月に真っ赤な星がよーりそうーようにー
いつ何時もあったし あなたのー力になりたいっ!

これからだんだん離れていくんだなあ。ちょっと切ない。

Dsc_0737

夕べは冬至でしたね。盛り付けがひどすぎるけど載せちゃう。
今年は入浴剤じゃなくてゆずを切ったゆず湯にも入ったよ。
健康に生きるぞー。日も伸びるぞー(嬉)!

■年末進行ログ■
☑(というわけで)冬至らしいことは何とかできた。あとは…クリスマスのローストチキン…(ぜえぜえ)

■読書ログ■
・和書141:『敏感すぎる自分が幸福いっぱいに変わる生き方』保坂隆・著、電波社、電子書籍→読了
・和書142:『人生に主導権を取り戻す90分の授業』高橋ひでつう・著、三才ブックス、電子書籍
・翻訳40:『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル・著、鬼澤忍・訳、オーディオブック
・翻訳41:ビジネス(おしごと)
・洋書13:ビジネス(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間36分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年12月21日 (月)

数字で安心する人

Dsc_0727

今朝の空。日の出直後。
今更だけど、もう少し東を向いて定点観測したほうがよかったね。

Dsc_0726

12月21日の木星・土星最接近を前に、わくわくしながら外に出たら、地平線付近だけ曇っていた悲しみよ。
せめて撮ってみた月もこんなだし。



名古屋市科学館の公式YouTubeチャンネルで、17時15分から中継してくれるそうです。
他のところでもやっているとは思うけど、ご興味ある方はぜひ!

***

やってもやっても遅れ続けていて、「私、さぼっているんだろうか…」と不安になってくる。

1221-1

そこで、全案件を記入できるように作業記録を改良。
数字を見ると少し安心する。
そんなわけで、1週間ごとに作業量を残しておくことにした。

12月14日~20日:和訳5,308ワード、英訳チェック29,311文字


うん、それ以外の仕事もあることを思えば、なかなかの量。他の人の平均はわからないけど。
今週もがんばる!

■読書ログ■
・和書141:『敏感すぎる自分が幸福いっぱいに変わる生き方』保坂隆・著、電波社、電子書籍
・翻訳40:『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル・著、鬼澤忍・訳、オーディオブック
・翻訳41:ビジネス(おしごと)
・洋書13:ビジネス(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:36分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年12月20日 (日)

じわじわ

Dsc_0725

今朝の空。久しぶりに快晴。

最近、じわじわとおやつの量が増えてきている。

Dsc_0720

おとといのおめざ。

Dsc_0724

昨日のおやつ。
そして、さっき冷蔵庫を見たらエクレアが入っていた。妖精さーん(=夫)!

今のところ、体重も体脂肪も目立った変化はないけれど、何となく輪郭が緩んできた気がする…。
歩いてすらいないもんなあ(先週末にも同じこと言っていなかったっけ?)。
動くかおやつを減らすか、せめてどっちかはしなくては。

■読書ログ■
・和書141:『敏感すぎる自分が幸福いっぱいに変わる生き方』保坂隆・著、電波社、電子書籍
・洋書13:ビジネス(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間12分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年12月19日 (土)

無意識の連想

Dsc_0723

今朝の空。ほぼ昼だけど。

Dsc_0722

前日に見逃した木星・土星と月。
少し離れちゃったし、(私の撮影技術のせいで)全然細い月に見えないけど、何とか1枚の写真には納まってくれた。
そして木星と土星の近さときたら。
別々の星として見えるのはいつまでなんだろう。

一緒に過ごした心在る日々 白い服も黒い服も着たね
喜びも憂いもあなたと 消えるはずない素晴らしい光

黄色い月に真っ赤な星が寄り添う様に
いつ何時もあたしあなたの力になりたい
(aiko「白い服黒い服」)


今朝急にこの曲を思い出して熱唱していて、この部分に入ったところで「月と星って言ってるー!」と自分でびっくりした。無意識に浮かんじゃったのかしら。
そういえばこの間、訳していていまいち意味が取れない(というかその言葉で何が言いたいかがピンとこない)ところがあったんだけど、翌日関係ない本をAudibleで聞いていたら全く同じ概念が出てきて「おお!」と声が出た。単に有名な概念なのかもしれないけど。
おかげで、自分の思っていた方向にも自信が持てました。ほっ。

■年末進行ログ■
☑2020年の仕事記録まとめ(それって今やらなきゃいけないことなの…?)

■読書ログ■
・和書141:『敏感すぎる自分が幸福いっぱいに変わる生き方』保坂隆・著、電波社、電子書籍
・翻訳40:『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル・著、鬼澤忍・訳、オーディオブック
・翻訳41:ビジネス(おしごと)
・洋書13:ビジネス(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間20分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年12月18日 (金)

見逃し

Dsc_0715

今朝の空。さすがに起きられなかった。

Dsc_0719

外仕事の帰りに、今年最後のネイル。
夜空の星をちょっとだけイメージ(サンプルから選んだだけだけど)。

そして、木星と土星と細い月の並びを見逃して悲しすぎる…。
気付いたときにはすっかり曇っていました。しょんぼり。


本当はこういう状態が見られるはずだったのに。うえーん。

でも、木星と土星はまだまだ近づきます。
今夜こそ見る!

■読書ログ■
・和書140:『図解で身につく!ドラッカーの理論』久恒啓一・著、KADOKAWA、電子書籍→読了
・和書141:『敏感すぎる自分が幸福いっぱいに変わる生き方』保坂隆・著、電波社、電子書籍
・翻訳40:『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル・著、鬼澤忍・訳、オーディオブック
・翻訳41:ビジネス(おしごと)
・洋書13:ビジネス(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:20分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年12月17日 (木)

雪とクリスマスと桜と

Dsc_0713

今朝の空。

Dsc_0714

田んぼは雪景色。

昨日は結局歩いて行ってきました。道が凍っているところもあったので、正解だったっぽい。めちゃ寒かったけど!

Dsc_0710

ちょうど日の出。

Dsc_0711

ナナちゃんもクリスマス仕様。おしゃれー!
名古屋に着いたらまた雪がちらついていて、震えながら職場まで向かっていたら、

Dsc_0712

桜が咲いている!
後で調べたら、これは四季桜という春と秋に咲く品種なんだそうです。なんだか嬉しくなっちゃう。

■年末進行ログ■
☑年賀状印刷用のムックを購入。書くんだ私…。

■読書ログ■
・翻訳41:ビジネス(おしごと)
・洋書13:ビジネス(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間31分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年12月16日 (水)

待望

Dsc_0706

今朝の空。

Dsc_0707

うっすらと雪。
これから外仕事だけど、駅まで歩いたほうがいいかな。

毎年布マスクを購入しているサイト、ようやく在庫が復活してきたので注文。

Dsc_0708

(眠いの…?)
いつものマスクだー。嬉しい!

■読書ログ■
・和書138:『翻訳家になるための7つのステップ 知っておきたい「翻訳以外」のこと』寺田真理子・著、雷鳥社、紙の本→読了
・和書140:『図解で身につく!ドラッカーの理論』久恒啓一・著、KADOKAWA、電子書籍
・翻訳40:『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル・著、鬼澤忍・訳
・翻訳41:ビジネス書(おしごと)
・洋書13:ビジネス書(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:46分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年12月15日 (火)

切り替え

Dsc_0704

今朝の空。寒すぎる。
冬さん、いきなり本気出しすぎじゃないですかね。

Dsc_0703

木星と土星もまた近づいた。

Dsc_0705

3年以上前に買ったPC用眼鏡(手前)と、今年新調した普段使いの眼鏡
何年たっても、切り替えできるようにならない。
PC用眼鏡で外出するし、普段使いの眼鏡で1日中パソコン前にいるし。
そんな習得が必要な技能じゃないと思うんだけど。同業の皆さんは切り替えできてます?
あと、今年のブログを読み返していて、サングラス用のアタッチメントも1回も使っていないと気づいた。あれ、どこ行ったんだろう…。

■読書ログ■
・和書138:『翻訳家になるための7つのステップ 知っておきたい「翻訳以外」のこと』寺田真理子・著、雷鳥社、紙の本
・和書140:『図解で身につく!ドラッカーの理論』久恒啓一・著、KADOKAWA、電子書籍
・翻訳40:『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル・著、鬼澤忍・訳
・洋書13:ビジネス書(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間22分


今夜から明日にかけて大雪になるところもあるようです。お互い気をつけましょうねー!

君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年12月14日 (月)

衰え

Dsc_0702

今朝の空。怖い。

お尻と親指の治療で、毎日整骨院に通っている。
その先生から、走ることの効用を教えてもらった。自然と骨盤が安定するとか、髄液にいい刺激が与えられることによるリフレッシュ効果とか。
特に運動する人は絶対に走った方がいいという。走らなくなると、スタミナもなくなるし足も前(や後ろ)に出なくなるんだって。
私がバドミントン中に足がもつれて尻餅をついたのも、たぶん自分の間隔以上に足にきていて、足が上がっていなかったんだろう、と。
がーん。
たしかに、最近足腰の衰えを感じる。めっきり走っていないもんなあ。なんなら歩いてもいないもんなあ。

Dsc_0701

というわけで、まずは近所の公園を散歩。
1周2.5kmでも、何もしないよりはずっといいはず。
毎日続けたいけど、無理はせずまずは少しずつ。
年明けからのバドミントン再開を目指すぞー。

■年末進行ログ■
☑2020年度売上処理完了→持続化給付金申請完了!えらい私---!

■読書ログ■
・和書138:『翻訳家になるための7つのステップ 知っておきたい「翻訳以外」のこと』寺田真理子・著、雷鳥社、紙の本
・和書140:『図解で身につく!ドラッカーの理論』久恒啓一・著、KADOKAWA、電子書籍
・翻訳40:『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル・著、鬼澤忍・訳
・洋書13:ビジネス書(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:16分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年12月13日 (日)

惑星

Dsc_0699

今朝の空。ほら、すぐに徹夜するーーー。
遅れた分はだいぶ縮められたので、ここからは健康も意識しながらがんばる。

明け方は金星。

Dsc_0698

夕方は木星と土星。さらに近づいたね。

■年末進行ログ■
☑お寺でお礼

■読書ログ■
・和書138:『翻訳家になるための7つのステップ 知っておきたい「翻訳以外」のこと』寺田真理子・著、雷鳥社、紙の本
・和書140:『図解で身につく!ドラッカーの理論』久恒啓一・著、KADOKAWA、電子書籍
・洋書13:ビジネス書(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:18分


明日も幸せである様に♪

2020年12月12日 (土)

湯たんぽシーズン

Dsc_0697

今朝の空。寝坊した…。
そうなんだよ。無理したって続かない。今日は今日できる量しかできないんだ。

この週末から一気に冷え込むみたいですね。

Dsc_0696

去年友達がくれた湯たんぽ。
お湯につけたり電子レンジにかけたりする必要はなくて、コンセントでつないであっためたら3~4時間はぬくぬく。
これで寒い季節も安心だぜー。

さっきFacebookから通知が来て思い出したけど、これ懐かしいなあ。12が6回!

■読書ログ■
・和書138:『翻訳家になるための7つのステップ 知っておきたい「翻訳以外」のこと』寺田真理子・著、雷鳥社、紙の本
・和書140:『図解で身につく!ドラッカーの理論』久恒啓一・著、KADOKAWA、電子書籍
・翻訳40:『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル・著、鬼澤忍・訳
・洋書13:ビジネス書(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間1分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年12月11日 (金)

7777

Dsc_0695  

今朝の空。
最近アップしているこの写真は、仕事開始直前に撮影している。
日の出が遅くなっていくのを感じられるかなと思って始めたんだけど、感じられるのはどんどん追い込まれて早起きになっていく私の変化だったという……。
(ちなみに冬至の後も日の出時刻は遅くなっていきます。愛知県の場合、1月7日頃(7:07)が一番遅いです。逆に日の入時刻は今(16:41)が一番早くて、明日からだんだん遅くなっていくそうですよ。なんだか嬉しい!)

鉄塔のすぐ近くに金星が見えますね。その上で光っているのはおとめ座のスピカ。もう春の星座ですって!

Dsc_0694

決定的瞬間。縁起がいい!
ここまで5年半かかったけど。車を持っている意味はあるのか。

Dsc_0693

今年もセブンイレブンのおぜんざい。幸せだー。

■年末進行ログ■
☑正月飾りを購入。大安だったので!

■読書ログ■
・和書138:『翻訳家になるための7つのステップ 知っておきたい「翻訳以外」のこと』寺田真理子・著、雷鳥社、紙の本
・和書140:『図解で身につく!ドラッカーの理論』久恒啓一・著、KADOKAWA、電子書籍
・翻訳40:『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル・著、鬼澤忍・訳
・洋書13:ビジネス書(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:17分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年12月10日 (木)

上向き矢印

Dsc_0692

今朝の空。地面付近にもや。

昨日のブログ、びっくりするほどたくさんの方に読んでいただきました(当社比)。
UU数が3桁になっているなんて初めてで、何か炎上する文言が入っていないか逆に不安。


Twitterでいただいた反応も、おそらく自分史上最大(とりあえず『ベゾス・レター』の告知ツイートは超えました)。こんな雑録ブログになんだかすみません。ありがとうございます…!

※というか、久しぶりにアクセス解析の結果を見たら、すでに先月後半からアクセスが倍増していた。
全世界で20人くらいの方だけがご存知の過疎ブログだったはずが、毎日50人以上アクセスしてくださっている(UU≠正確な人数というのは承知しています)。
「しわっすヾ(*´∀`*)ノ」とか遊んでいる場合じゃなかかった…。
えっと、1年に1回有益な話があれば大当たりくらいのブログですので、あまり期待なさらずお付き合いくださいますと幸いです…。

中腰になったり座ったりするだけで激痛が走っていたお尻、毎日整骨院で治療してもらっていたら昨日の午後から急に痛みが取れてきた。
それから、ついに入れ歯デビューしました。まだ違和感がすごいけど、これから落ち着いてくれると期待。
完治までいかなくても、上向きの矢印を感じられるだけで心の負担が全然違うよね。
必ず上向いていくと信じて、まずは今日を乗り切る!

■年末進行ログ■(何か終わったら自分で褒める用)
☑お坊さんに渡すお礼を新札に両替

■読書ログ■
・和書137:『図解 マーケティング思考が驚くほど身につく本』安原智樹・著、学研プラス、電子書籍→読了
・和書138:『翻訳家になるための7つのステップ 知っておきたい「翻訳以外」のこと』寺田真理子・著、雷鳥社、紙の本
・和書140:『図解で身につく!ドラッカーの理論』久恒啓一・著、KADOKAWA、電子書籍
・洋書13:ビジネス書(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間16分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年12月 9日 (水)

5箇条

Dsc_0691

今朝の空。薄曇り。

昨日、先月のセミナーで私が最後にした「チェッカー5箇条」の話がよかったと書いてくれた人がいました。すごく嬉しかったので、あの日話したことを文字としても残しておきます(読み原稿を写したものなので、実際に話した内容とはちょっと違うかも)。
チェッカー5箇条は、私がチェックをするときに心掛けていることで、何を疑って何を信じるのか(J-POPっぽい)に関する原則です。
つまり、私自身が忘れがちなので気を付けているということなんだけど。

1209

①翻訳者の訳文を疑う
きっと大丈夫でしょう、と妄信してしまうのではなく、どんなミスもあり得るという意地悪な目は必要だと思います。一方で、
②翻訳者の思考回路を信じる
翻訳者がちゃんと筋道を立てて考えているはず、という部分は信じます。意外な翻訳でも、勝手に「間違えている」と決めつけて直さない。何か意図があるはず、と考えます。これは、自分に対しても同じで、
③自分の解釈と行動を疑う
原文を読み違えているかもしれない。修正し間違えているかもしれない、と常に疑って、そうならないように対策します。一方で
④自分の判断を信じる
検討し尽くしたら、最終判断者として毅然とします。訳者さんやコーディネーターさんがこう言っているから、と丸投げしないようにします。そして最後に、
⑤全員がチームだと信じる
翻訳者もコーディネーターもチェッカーもクライアント様も、関わる人全員が「いい翻訳」を作るチームだと信じます。誰もひどい翻訳にしてやろうなんて思っていない。そんなことはわかっているはずなのに、実際の仕事の中ではわからなくなっちゃうときがあるんですよね。

毎日の仕事の中では、私馬鹿にされているんじゃないかと思えるようなことも起きます。そうじゃないんだと自分に言い聞かせるためにも、この5箇条を日々目にするようにしています。


綺麗事と思われるかもしれませんし、これはたしかに綺麗事です。翻訳現場にはそんなこと言っていられない状況がたくさんあることは知っています。状況を良くするために先輩方が動いてくださっていることには感謝しかありません。
ただ、私自身は、この綺麗事を信じて仕事をしていきたいと思っています。誰のことも悪く言いたくはない。それは何よりも、自分のためです。必ずそういう感情は自分に返ってくると思うからです。
「この人はダメな翻訳者だ」「使えない」のように一度誰かのことをラベル付けをすると、ずっとその言葉を証明するものを探すことになる。そうじゃない人もいると思いますが、少なくとも私はそうなります。

不思議ですが、誰かのことを馬鹿にしたり相手の意図自体を疑ったりすると、実際にそういう仕事が多くなる気がしています。逆に謙遜だったとしても「自分なんて」のように自分を下げていると、翻訳会社からも信じてもらえなくなることがあります。
一方で、ミスの多い翻訳だったとしても、チェックのときに「なんでこんなこともできないの」と必要以上に感情を乱したりせず、むしろ意識的にいいところを見つけるようにすると、しばらくお付き合いをつづけるうちにその翻訳者さんが見違えるような訳文を納品してくれるようになることがあります。まるでスピリチュアルか引き寄せの法則のような話ですが、心理学にも「返報性の法則」という言葉があるそうですね。結局、心に抱いた気持ちって、たとえ文面だけのお付き合いでもにじみ出ていて、相手にはしっかり伝わってしまうということだと思います。
自分のことを馬鹿にしている人よりは、信頼してくれている人に対していいところを見せたくなるじゃないですか。自分なんて全然だめな翻訳者です、という人のことはやっぱり信用できない。だからこそ、自分のためにも、必要以上に攻撃的な感情は持たないほうがいいんじゃないかなと私は思っています。

***

どこがテンプレートなんだって感じですが、この話はぜひ伝えたかったので最後に無理矢理ねじ込みました。
昨日見たもの以外にも5箇条の話がよかったというお声はいただいていたので、話せてよかったのかなと思っています。

もうあのセミナーから1カ月たつんだなあ。本当に身に余るくらいの経験をさせていただきました!

■読書ログ■
・和書137:『図解 マーケティング思考が驚くほど身につく本』安原智樹・著、学研プラス、電子書籍
・和書138:『翻訳家になるための7つのステップ 知っておきたい「翻訳以外」のこと』寺田真理子・著、雷鳥社、紙の本
・和書139:『おしまいおしまいでは終わらない昔話: 「なぜ浦島太郎は玉手箱を渡されたのか?」から始まるショートショート短編集』小林丸々・著、電子書籍(再読)
・洋書13:ビジネス書(おしごと)

■勉強ログ■
・和書51:7日目
・洋書4:70~97ページをオーディオブックで聴き直し&154~181ページの2巡目
・洋書7:課題範囲を読み込み
・NHKラジオ講座:22分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年12月 8日 (火)

年末行事

Dsc_0680

取引先からいただいたお歳暮。おいしそう!
真ん中下の2種類もケーキじゃなくて焼き菓子。クリームに見える部分もアイシングなんだよ。わくわく。

お歳暮が来たということは、世間はいよいよ年の瀬ってことか。
住職さんへのお礼を新札に変えて、大安に正月飾りを買って、持続化給付金の申請を(本当に!今度こそ!)して、年賀状を書いて、大掃除して。
あ、仕事の依頼が来た・・・・・。
お歳暮をおいしくいただきながら乗り切ります。

■読書ログ■
・和書137:『図解 マーケティング思考が驚くほど身につく本』安原智樹・著、学研プラス、電子書籍
・翻訳40:『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル・著、鬼澤忍・訳
・洋書13:ビジネス書(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間44分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年12月 7日 (月)

怪我、怪我、怪我

そんなわけで、傷ついたトークです(物理)。
昨日は自分で企画している方のバドミントンだったので、久しぶりに参加。
でもやっぱり開始10分で親指が痛い。
こういう動きをすると痛くなりそうという予感はすでにあるから、その動きは避けて小細工ばかりする。体も縮こまって思い描いているプレーとはほど遠い。関係ないのに足まで出なくなっている。
怪我する前までは上達の兆しがあった気がするのに。悲しすぎる。

それでも誤魔化しながら休みながらプレーを続けて3時間後、試合中に思い切り転びました……。
後ろに下がろうとした1歩目がもつれて、2歩目で踏ん張ろうとしたけど駄目だったので、あとはとにかく後頭部だけは守るべく、できないなりに受け身を取ろうとした結果、床にお尻を直撃。ああいう時ってスローモーションになるって本当なんだ。
それでも、大事故くらいのつもりだったのに、コート内の他の3人からは優雅に転がっているように見えたらしい。優雅って何。
お尻だし優雅だし大したことないかと思いきや、丸1日経った今もまともに座っていられないくらい痛いよね。

この1カ月だけで、
・足の爪が3枚行方不明
・親指の付け根を痛める→悪化して、パソコン作業も家事も辛いレベルに
・左手の人差し指をラケットでぶん殴る
・転んで左のお尻を強打
こんなにやらかしているんだけど。しかも、親指を痛めて以来1/3くらいに減らしているのに、出掛けるたびに新しい傷ができていく。
何なのこれ。40歳ってそういう年なの。

しかもさっきタンスの引き出しで思い切りあごをぶつけて

Dsc_0690

今見たらあざになってるー!(わかりにくいな。割としっかり青タンです)
ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

私が何をしたっていうの。ちょっと立ち直れない。

■読書ログ■
・和書136:『はじめてでもよくわかる! デジタルマーケティング集中講義』押切孝雄(カティサーク)著、マイナビ出版、電子書籍→読了
・和書137:『図解 マーケティング思考が驚くほど身につく本』安原智樹・著、学研プラス、電子書籍
・洋書13:ビジネス書(おしごと)

■勉強ログ■
・和書51:7日目
・洋書4:70~97ページをオーディオブックで聴き直し&154~181ページの2巡目
・洋書7:課題範囲を読み込み
・NHKラジオ講座:23分


明日も幸せである様に♪

2020年12月 6日 (日)

朝と夜のかすかな光

Dsc_0687

9時過ぎに空を見たら、西の空に下弦前の月がうっすら。
朝にここまで膨らんでいる月が見えるって珍しいかも。

夜、色んなことに傷ついて帰ってきたら、

Dsc_0689

木星と土星がくっつきそう。
なんと、ここからまだまだ近づきます。最接近する21日には、満月の見かけ直径の2割くらいの距離になって、本当に1つの星にしか見えないくらいらしいですよ。望遠鏡が欲しい!
このレベルの大接近が次に起きるのは60年後。
17日には細い月もすぐ近くに来るんですって。

惑星に気を取られていたけれど、眺めているうちに、他にもかすかな光があることに気づく(ブログの写真では全部見えないかも)。
木星と土星のすぐ上に2つ並んでいる暗めの星は、やぎ座のα星アルゲディ(右上)とβ星ダビー。アルゲディは二重星です。
木星と土星の右下では、いて座の一部が弧を描いている。
写真の右上ぎりぎりの明るい星は、わし座のアルタイル。夏の大三角形が今もまだ見えるんですねー。

夜空を見るとわくわくする。特に冬の夜空は透き通っていて、かすかな光も全部見つけられる気がして、いつまでも眺めてしまうね。
1週間後にはふたご座流星群も極大。やや天気予報が怪しいけど、楽しめますように。

あ、傷ついた話は明日します笑。

■読書ログ■
・和書136:『はじめてでもよくわかる! デジタルマーケティング集中講義』押切孝雄(カティサーク)著、マイナビ出版、電子書籍
・洋書13:ビジネス書(おしごと)


明日も幸せである様に♪

2020年12月 5日 (土)

惨敗

免許写真の戦いは惨敗でした。
前回よりさらに深いトラウマが刻まれてしまった。
一応夫に写真を見せてみたら「なんでこんなことになっちゃったの…」と言った挙句、「でも見せてきたってことは自分ではそんなに悪くないって思ってるんでしょ」とのたまった。そんなわけないだろう。むきーっ!

気を取り直して、旅の思い出を。
名古屋市をほぼ横断した果てにある地下鉄徳重駅を降りて、

Dsc_0682

こんな道をひたすら歩く。途中で可愛いカフェに誘惑されたけど、早く帰らないといけないので耐える。
20分くらい歩くと

Dsc_0683

だんだん見えてくる建物。まだ工事中のところもあるんですね。

Dsc_0684

どこの大学ですか、というくらい綺麗に生まれ変わっていました。
建物の中は撮影禁止だったけど、めちゃくちゃお洒落だったし、動線がもうすごかった。
気付いたら写真撮影が始まっていたから、こんな悲劇が起きたんだよね……。

ほんと、往復4時間もかけて何しに行ったのかと思う。
おとなしく近所の警察署で更新すればよかった。くよくよ。

■読書ログ■
・和書131:『翻訳の授業 東京大学最終講義』山本史郎・著、Amazon(紙)、朝日新聞出版、紙の本
・和書136:『はじめてでもよくわかる! デジタルマーケティング集中講義』押切孝雄(カティサーク)著、マイナビ出版、電子書籍
・洋書13:ビジネス書(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:30分


明日も幸せである様に♪

2020年12月 4日 (金)

負けられない戦い

免許更新!証明写真!!


5年前に近所の警察署で撮ってもらった写真がトラウマものだったので、今日は平針試験場まで旅に出る。家から片道2時間以上。ほぼ東京に行けちゃう移動時間である。

なのにしっかり寝坊して、午前の部を逃した今。何してるんだ。


でもめげない。今後5年間の幸せのためにも負けない!(移動中)











2020年12月 3日 (木)

ブルーの血

夏前に応募したのがようやく当選して、夫と2枚ずつ購入していたミズノのマスク。
昨日ついに届いた。

Dsc_0679

かっこええ。
届いてみたらバドミントンできない体(と1日)になっていたけれど、見るだけでワクワクするからいいのである。
青い方、ドラゴンズブルーですね!(いやその、言おうと思えばベイスターズともスワローズとも言えるんですけど)
ラテンアメリカの選手じゃないけど、私にもドラゴンズブルーの血が流れているんだぜー。

■読書ログ■
・和書131:『翻訳の授業 東京大学最終講義』山本史郎・著、Amazon(紙)、朝日新聞出版、紙の本
・和書135:『出版翻訳家なんてなるんじゃなかった日記』宮崎伸治・著、三五館シンシャ、電子書籍→読了
・和書136:『はじめてでもよくわかる! デジタルマーケティング集中講義』押切孝雄(カティサーク)著、マイナビ出版、電子書籍
・洋書13:ビジネス書(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:51分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年12月 2日 (水)

誰に泣かされているのか

昨日の朝聞き終わった。

Screenshot_20201202095844

『火花』又吉直樹・著、堤真一・朗読。

恥ずかしながら、原作自体読んだことがなかった。ドラマも映画も見ていない。
ずっと気になってはいたし、昨年末に尊敬する先輩翻訳者(ぼかす意味は…?)からこのオーディオブックの話を聞いてますます興味が湧いていたんだけど、結局購入に至ったのはAudibleのキャンペーンで700円になっていたから。

もうほんっとーーーーーにすみませんでした! もっと早く読めばよかった。

物語は、売れない若手漫才師の徳永が、熱海の花火大会のイベントで出会った漫才師の神谷を師匠と仰ぐようになるところから始まる。
天才に憧れつつ届かない徳永にとって、破滅型の神谷は天才だと映る。だが、現実の神谷は全く売れず借金も膨らむ一方で、徳永は少しずつテレビへの出演機会を得ていく。
最終的には、徳永は芸人を引退し、神谷は大変なことになり、出会ったのと同じ熱海の温泉で物語が終わっていく。

最初から最後まですごかった。
徳永が神谷に対して抱く感情の揺れ動きも生々しいし、やりたいことと世間の評価が乖離する中で何を優先すべきかという話にも深く頷いた。引退って何なのかという話にも。
学生時代のバイト仲間が役者を目指していて、やっぱり生活が苦しくてたくさん借金もしていた。それでも今も努力を続けている彼は、私にとって羨望と畏怖の対象だ。私にはどうあがいてもそういう生き方はできなかったから。
スポーツ選手でも、自分が満足できるパフォーマンスができなくなれば辞めるという人も、ボロボロになるまで続けたい人もいる。
芸人は芸をしていなくても芸人、芸人に引退はない、と最初から最後まで話す神谷は眩しいけれど、そんな風に生きられなくて夢を諦めた日の自分を思い出して胸が痛む。

もちろん笑いも随所にちりばめられている。泣けるところも。
昨日の朝、もう外仕事に出かける時間だったのに、よりによって「常識を覆すような漫才」が流れてきて、声をあげて泣いてしまった。化粧し直しである。
で、泣き終わってから思った。今私は誰に泣かされたんだろう、と。
というのも、堤真一さんの朗読がとにかくすごかったんですよ。その場の雰囲気も感情も伝わってきて、声を聞いているだけでその世界に入り込んでしまう。もちろん又吉さんの原作に力があることが前提なんだけど、堤さんの声がその価値をもっと高めていて。
もし出版直後に活字で読んでいたとしたら、私はここまで感情を揺さぶられただろうか、とまで思った。今泣いているのは、どこまでが又吉さんでどこからが堤さんなのか。
いやまあ、そんなこと考えるだけ野暮なんですけど。
ただ、映画やドラマなど他のメディア展開でこんな風に感じたことは一度もない。原作が本なら、一番価値が高いのは原作だと疑ったことすらなかった。だから、こんな気持ちになっている自分にびっくりしている。

『わたしを離さないで』をオーディオブックで聞いたときにも(こちらは原作も読んでいたのに)衝撃を受けたのだった。どうやら、小説の朗読ってすごい力を持っているらしいぞ?
(以上の考察は、私がドラマ恐怖症(主人公がピンチになる展開を直視できない個人的症状(造語)。小説は大丈夫だけど映像だと本当に無理)であることの影響をだいぶ受けている気がするので、あくまで私に限定した話です)

それにしても、さっきふわっと書いたけど、朗読する声が高めた原作の価値って何だろうね。
たとえば、音楽のカバー曲が元の曲にないものを足していたらそれは一律によくないことなのか、何を足しているかによるのか。翻訳ならどうなのか。
もやもやした考えを残したままで、今日はおしまい。

■読書ログ■
・和書129:『火花』又吉直樹・著、文藝春秋、オーディオブック→読了
・和書131:『翻訳の授業 東京大学最終講義』山本史郎・著、Amazon(紙)、朝日新聞出版、紙の本
・和書135:『出版翻訳家なんてなるんじゃなかった日記』宮崎伸治・著、三五館シンシャ、電子書籍
・洋書13:ビジネス書(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:24分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年12月 1日 (火)

今年もテンション上がっています

あー、あー。ごほん。
では、毎年恒例のあれ行きます。

しわっす!!!ヾ(●`・ω・´●)ノ

なんか、この言葉を書くときはいつも切羽詰まっている気がする。師走だからね。
お坊さんも御師も先生も走るんだから、私も猛ダッシュだぜー!
(「師馳す」が語源という説の方が有力っぽいですけど)

Dsc_0674

6時10分の空。こんなにピントが合わないことある…?
というわけで、外仕事にいってきます!

■読書ログ■
・和書131:『翻訳の授業 東京大学最終講義』山本史郎・著、Amazon(紙)、朝日新聞出版、紙の本
・洋書13:ビジネス書(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:3時間3分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »