« 第5段階 | トップページ | 元祖 »

2021年1月12日 (火)

オチも切れ目もわからない

Dsc_0713-2

今朝の空。雪予報だったけど小雨。

Screenshot_20210112134119

今読んでいるこの本、すごく不思議なんですよー。
じわじわ怖い展開になっていってこれから、というところで話が終わる。「えっ」って感じ。
作者の蘭郁二郎さん(1913-1944)は名前すら存じ上げなかったんだけど、調べてみるとSF小説から探偵小説まで幅広く手掛けていて、亡くなった年齢にしてはかなり多作。
ちょっと江戸川乱歩っぽさもあるのかな。とにかく不思議な読後感です。
(最初「郁」を「都」に空目して、「蘭都//二郎」というお名前だと思い込んでいたことをここに懺悔いたします)

仕事は本当にやばい。いろんなことを投げ出しながら踏ん張る。

■読書ログ■
・和書5:『幻聴』蘭郁二郎・著、オリオンブックス、電子書籍
・和書6:『新DMの教科書』日本ダイレクトメール協会・著、宣伝会議、紙の本
・翻訳37(2020年の連番):『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル・著、鬼澤忍・訳、オーディオブック(2回目)
・洋書6:ビジネス(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:45分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

« 第5段階 | トップページ | 元祖 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第5段階 | トップページ | 元祖 »