« 「実質がともなわない無駄な動き」 | トップページ | 球春到来 »

2022年1月10日 (月)

1年ぶり2回目

昨日のバドミントンでまたもや転びました。
1年前にやらかしたのとまったく同じ転び方。

202201091441092

(ちなみにこれから転ぶのは左奥の人です)
前に落とされたシャトルをヘアピン(ネットギリギリにちょん、と返すショット)で返したらロブ(コートの奥に高く上げるショット)が返ってきた。

202201091441093

ペアの相手が追いかけてくれているのに、自分が下がろうとして(しかもこの下がり方が、本当に本当にひどい)1歩目でよろけて。

202201091441091

がしゃん。
結局このロブはペアの相手が返してくれたのでラリーは続き

202201091441096

その場で起き上がって

202201091441098

プレーは続いたんだけど。

このときは「いたた……」くらいだったからそのまま試合を続けたんだけど、終わってからお尻を見たらすでに青たんができていた……。
参加者の中に整骨院の先生がいらっしゃるので(最高!)アドバイスをいただきながら、結局そのまま2時間くらい試合を続けた。
しかし、家に帰ってみたらまあ痛いこと痛いこと!
今もお尻の下に氷嚢を置いた状態で仕事しています。

結局ねえ、いつまでたってもステップができていないのよ。
前を向いたままちょこちょこ下がっちゃう。
正しい動きができるように家でも練習しているんだけど、いざシャトルが上がると同じ動きをしている。どうしてなんだー!
いやでも、2回とも尻もちで済んだのは奇跡で、頭とかもっと危険な場所をぶつけていたかもしれないわけで。
本当にステップ練習頑張ろう。怪我しないためにも頑張ろう。
自分がいかに「喉元過ぎれば」タイプなのかは十分自覚しているので、「どうせ今回も……」と諦めの気持ちもあるけれど。
(この転んでいる写真をスマートフォンの待ち受けにしましょうかね……)

前回の怪我、1カ月くらい引きずったと思い込んでいたけれど、今ブログを読み返したらその週の間には回復してますね。
ちょっと安心。

明日も幸せである様に♪

« 「実質がともなわない無駄な動き」 | トップページ | 球春到来 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「実質がともなわない無駄な動き」 | トップページ | 球春到来 »