« 耐え忍ぶネイル | トップページ | 影響を与え合う »

2022年5月13日 (金)

幼児教育を考える





以前訳した記事が公開されました。(2記事に分かれています)
幼児教育はどうあるべきか。その議論自体の歴史が浅いし、検証も難しいうえに時間がかかるものだけど、健全な成長が実現できる方向に改革が進んでほしいなあと思う。

Screenshot_20220422222512

最近読んだ本。スウェーデンは記事にも出てくるインクルーシブ教育の先駆けでもある。
幼稚園と保育園(用語は違うけど)の棲み分けや、義務教育の開始年齢、プレスクールの設置など、日本でも参考にできそうな話が出てくる。
でもここまでたどり着くのに半世紀以上かかっていると思うと、先は長いですなあ。
(記事の翻訳前に読んでおきたい本だったかも)

« 耐え忍ぶネイル | トップページ | 影響を与え合う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 耐え忍ぶネイル | トップページ | 影響を与え合う »