スポーツ

2021年10月14日 (木)

空を見上げて、来年を見据えて

昨日は柳投手への愛があふれかえってしまった。

Dsc_0850

今年初のバンテリンドームでは、他にも色々ありました。

Dsc_0852-1

なんだろう?と思ったら、「アンブレラテラス」というイベントでした。

アンブレラスカイは、ポルトガルの小さな街アケダが発祥の美術装飾で、頭上に色とりどりの傘たちが浮かぶ幻想的な光景は、多くの人々の心を引きつけています。
昨今の情勢により、大きく日常が変わってしまい不安な日々が続く中においても、『空を見上げ、前向きに過ごしていただきたい』と想いを込めて、「ドラゴンズ アンブレラ テラス」をオープン!


ほほーっ。たしかに空を見上げました!

Dsc_0853-2

この日はガールズユニフォームの配布日。
ホーム最終カードでプレゼント付きなのに、先週の時点で(たぶん当日も)まだたくさん空席があったんだけど……。まあ、これがチーム事情というやつです。
これ、今までで一番可愛いかも!

Dsc_0854

昨日も載せたけど、ドーム内には木下雄介さんスペースがありました。

Dsc_0855

いい顔。
何度振り返ってもつらいけど、昨日のブログに載せた動画も最後は笑いで締められていた。
空を見上げて、前を向いて。

この日、与田剛監督の辞任が発表されました。

Dsc_0860

だから、この姿を見るのもきっと最後。
批判も多かったけど、私はいい監督だったと思っている。器の大きい人でもあった。
まだ数試合残っているけれど、まずはお疲れ様でした。ありがとうございました。

Dsc_0859

つば九郎さまーーー!
なんかね、入場したときにもらえるカードのQRコードを読み込むと、つば九郎とドアラがスマホの中で暴れまくるという企画があったらしいんですよ。カードなんてもらってない(号泣)!!!
ずっと外野にいたのでこのくらいの大きさにしか見えなかったけれど、5回裏が終わってからダンスしているチアドラに無理矢理ヤクルトのユニフォームを着せたりと、相変わらずの傍若無人ぶりでした……好き……。
(柳投手といい、私まさかそういう人(?)がタイプなの? それか、自分も鬼畜タイプだから共感しているのか?)

Dsc_0873

若手一推しの岡林勇希選手。
評価はずっと高かったのにチャンスが来ない1年だったけど、最近ようやく1軍登録されてからは、ずっと自分の力でスタメン出場を続けている。
選球眼もミート力もあるし、足も速い。これから大きく育ってほしい!

Dsc_0875

(その瞬間を撮り損ねたけど)プロ初盗塁を決めたので2塁にいますよという写真。おめでとう! ここからぜひ400盗塁を!
ピッチャーゴロを打っているのは、この日柳投手からさんざんいじられたキャプテン。
私もいじってるな、すみません。本当は2安打(得点につながる2塁打含む)と活躍もしたのでした。

Dsc_0886

ドアラのバック転を見守るつば九郎さま。

Dsc_0887

成功!

来年はもっと見に行けるといいなあ。そして強くなってほしいなあ。

2日に分けても長かった。

***

君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2021年10月13日 (水)

ラブレター

Dsc_0850

今年最初で最後のナ……バンテリンドーム(慣れてない)。
昨日はとにかく柳投手の日だった。
めったに野球選手のファンにならない私が久しぶりにはまってしまった選手。
今日は彼への思いをラブレター形式で語りたい。気持ち悪いな、私。

***

柳裕也様(そこから……?)

拝啓

私は、あなたが2018年に挙げた2勝をどちらもナゴヤドームで拝見して以来のファンです。
若くしてお父様を亡くして頑張っていらっしゃることも、イケメンコンテストで毎年入賞を逃すたびに「僕は心のイケメンだから」と言い続けるメンタルにも、心を鷲づかみにされてきました。
一生付いていく!と決めたのは、去年、8回に交代を告げられそうになったときにセカンド辺りまで逃げていく姿を見たとき。長い回を投げることへの気持ちの強さには、いつも感嘆するばかりです。



横浜高校の大先輩(福田選手)をお立ち台でいじりまくったり、高橋周平選手(一応1歳上)にも打てないだのゲッツーだの言いまくったり、鬼畜な一面も好きです。

そして、

Dsc_0854

今年亡くなった木下雄介さんとは同期の柳投手。

Dsc_0855

(バンテリンドームの中にこのような追悼スペースがあります。このコーナーを見に来たかったというのが、チケットを買った一番の理由かも)



追悼試合のとき、それまでこらえていたのにこのシーンで泣き出した柳投手。
(ちなみにこの動画はぜひ最初から全部見てほしい。何度見ても声を上げて泣いてしまう。そして、このときのベイスターズの選手たちには本当に感謝しています)

7回だろうが8回だろうが打席に入ろうとする(そして代打を告げられて、ベンチでヘルメットも取らずに悔しがる)姿。
そして精密なコントロールとクレバーな配球。

Dsc_0867

何とか投手3冠に望みをつなぐ投球を。
(ちなみに上の写真でサードにいる人が、この後散々いじられる人。そして、右端(セカンド)の人が昨日のヒーローです)

Dsc_0895

序盤はボール先行も多くて調子が良くなさそうにも見えたけれど、途中からは見事な投球。
ただ、いつも通り味方の援護がない。しかも味方のエラーから失点するという最悪の展開。
直後に追いついたものの、勝ち越せないまま試合は後半へ。
1アウト1、3塁というピンチをスクイズ失敗と三振でしのいだその裏に自分で2ベースヒットを打ったのに、それでも得点は入らない。かわいそうになってくる。

8回裏、1アウトになったところで投球練習を始める柳投手。まだ行くつもりだ……!
結局その後、犠牲フライで勝ち越すことができたのでここでお役御免となったけど、今日も本当に熱い姿を見せてもらいました(急に、ラブレターだったことを思い出す)。



ヒーローインタビューでは「三塁手もいい守備をしてくれたのでよかったと思います」「(投手3冠についてきかれて)そんなことより、このあと周平さんにノック打つので、そっちのほうでまずは頑張りたいなと思います」と鬼畜発言連発。
(ちなみにもう1人のヒーロー髙松選手の初々しさときたら……! 「試合に出られない人もいるとは思うんですけど、その1試合を僕に与えてくれたので、何とか1つでも印象に残ることをと思って毎日頑張ってます」。いいコメントすぎるー! 高卒1年目くらいの顔つきだけど、本当はヤクルトの村上選手と同い年です。ひえーっ)

最後まで柳さんらしさが見られて嬉しかったです。
これからも応援しています。かなりお疲れでしょうから、怪我にだけは十分注意して、オフは体をしっかり休められますように。

敬具

***

柳投手への愛を語っていたらすごい量になってしまったので、続きはまた明日。

明日も幸せである様に♪

2020年8月18日 (火)

夢のあとの現実

今日から朝更新に戻そうと思っていた。
外出前に本文は書き終わったのに、全然写真がアップロードされないので諦めて、今帰宅してから更新しています。しょんぼり。

Screenshot_20200818082444

1時15分就床、8時半起床。
こちらも、リズムを戻していかねば。夏休みも終わったことだしね。

0818

3時間。うむむ、ひどい。
色んなことを立て直さないといけないなあ。

Dsc_0443

全試合のスコア表。(画像間違えていたので貼り直し)
並べると壮観……っていうか、私の頭おかしさが際立つ。
何ひとつ後悔していませんっ。

Dsc_0440-1

夢のあとの夕焼け。

■読書ログ■
・和書85:『ねみみにみみず』東江一紀・著、越前敏弥・編集、紙の本
・和書86:『人生が整う 家事の習慣』本間朝子、藤原千秋・監修、西東社、電子書籍
・翻訳23:『父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』ヤニス・バルファキス・著、関美和・訳、ダイヤモンド社、オーディオブック(2巡目)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間24分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年8月16日 (日)

現実を垣間見る

またパソコンからネットにつながらないので、今日もスマートフォンから更新します。


今日もひたすらスコア付け。

こんな日々が永遠に続いてほしいと思っていたけれど、残念ながら交流試合は明日で終わり。

思うように練習できなかったんだろうなあと切なくなったり、一方でブランクを感じさせない堅実な守備に胸が熱くなったり、試合後の選手からもらい泣きしたり……と感情が大忙しの一週間も間もなく終わる。

明後日からは仕事も勉強もまた頑張る。

あと、確実に腰痛が悪化したので、明後日からはまた整骨院のお世話にならねば。

……。

まだ天国にいるはずなのに、見なくていい現実まで思い出してしまった。


明日も幸せである様に♪

2020年8月15日 (土)

スコア付け天国

Screenshot_20200815085903

1時半就床、9時起床。

昨日アップした動画(とその次の動画)がたくさんの方に見ていただけていて嬉しい。
大半は一瞬見て「思っていたのと違う」と閉じてらっしゃるんだろうけど、それでも嬉しい。

まだ未作成の動画が1本分残っているんだけど(データのPCへのアップロード自体がまだ終わらないから)、いくら何でも我が家の弱小WiFiに負荷をかけすぎだし、やっぱりYouTubeに上げるところで画質が悪くなっているみたいだから、今回の交流試合の動画はあと1本でおしまいにする予定。
そのうち、スコア付けの方法を動画で説明してみようかな。
全然需要なさそうだけど。

Dsc_0569

今日の天国たち。守備妨害と打撃妨害の両方を記録できて勉強になった。
めったにないから、記号を忘れちゃうんだよね。
(ちなみに守備妨害が「IP」、打撃妨害が「IF」、ついでに走塁妨害は「OB」だそうです)

Dsc_0567 

3試合観戦し終えて家の外に出たら、空が美しすぎた。

0816

2時間4分。

■読書ログ■
・和書82:『超短編小説で学ぶ日本の歴史 54字の物語 史』氏田雄介/西村創・著、武田侑大・イラスト、PHP研究所、電子書籍
・和書84:『イライラしない、怒らない ADHDの人のためのアンガーマネジメント』高山恵子・監修、講談社、電子書籍
・和書85:『ねみみにみみず』東江一紀・著、越前敏弥・編集、紙の本
・翻訳23:『父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』ヤニス・バルファキス・著、関美和・訳、ダイヤモンド社、オーディオブック(2巡目)
・翻訳26:『オペラ座の怪人』ガストン・ルルー・著、三輪秀彦・訳、グーテンベルク21、電子書籍→読了
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック

■勉強ログ■
・洋書4:213~244ページの3巡目
・NHKラジオ講座:47分

(それぞれ、昨日の記録も含めています)


明日も幸せである様に♪

2020年8月12日 (水)

ルールの意図

Screenshot_20200812083412

1時過ぎ就床、8時半起床。

Dsc_0102

今日も楽しみました。

智弁学園vs中京大中京は、最後まで手に汗握る展開だったねえ。
どの試合も守備含めて緩みなんてどこにもない。実戦勘が衰えているという話はどこに行ったのかしら。
ピッチャーも2人とも気迫あふれるだけでなく感動的なコントロールと配球で、もう釘付けですよ。

そんな息詰まる展開の結末は、タイブレーク中の2つのエラーだった。
まとめるとこんなプレー。

10回裏、中京大中京の攻撃。
ノーアウト1、2塁(タイブレークなので)で9番打者が送りバント。
→ピッチャーがファンブル、ノーアウト満塁。
→1番打者がフルカウントから内野フライ。
→審判がインフィールドフライを宣告。
→智弁学園のセカンドが落球。
→3塁ランナーがホームに帰ってきて、サヨナラ。

む、むずかしい。
インフィールドフライのことは知っているつもりだったんだけど、宣告後に守備が落球してもボールインプレ―というのを知らなかった(いや、多分その規則自体は見たことがあったんだけど、スコアを付けている最中には初めて出会ったので混乱してます)。
ほら、故意落球の場合はボールデッドじゃないですか。
なんでそういうルールなんだろう。

インフィールドフライというルールは、守備側がフライを故意に落球すればダブルプレーや走者の入れ替えが容易にできてしまうことを防ぐためのルールだと理解している。
つまり、攻撃側を守るためのものだと思っていたんだけど。
実際には、インフィールドフライには「そのフライがバント失敗によるものの場合は例外」という規則もあるのを数年前に知った。
一方的に攻撃側を有利にしてやろうっていう意図のルールじゃないんだよね。

故意落球がボールデッドなのは、インプレ―にしちゃうと審判の宣告が聞こえない間にプレーが続行してどちらかに不利な結果になってしまうことを防ごうとしているんだろう、たぶん。
じゃあ、インフィールドフライがボールインプレ―なのはなんでなんだろう。
今回のように攻撃側にとってラッキーになる場合もあれば、帰ってきた走者にタッチできていれば守備側にとって有利だったはず。

おそらく、どちらかだけが有利にならないように、ルールの細部は微調整されている。
そこに作成者の意図を勝手に感じて、ゾクゾクしちゃってます。
(スコアを付けている間はわからなすぎて泣きそうだったけど)

そろそろ、もう誰も読んでないですかね。我ながら観戦の仕方が気持ち悪すぎる。
どうせこういう方向の野球好きになるんだったら、ノックとか打てるような人になりたかった。
数年前、キャッチャー用に打ち上げるノックまで完璧にできる女子マネージャーが話題になったよねえ。
かっこよすぎて何度も見てはうっとりしていた。
現実の私は、小学校の野球の授業で「三振王」の称号をいただいたくらいに、動く方は全然っす。

Dsc_0103

10月のマラソンも中止になってしまった。覚悟はしていたけど切ない。
来年の3月かあ。もう一度気持ちを入れ直してがんばろうっと。

0812

59分。

■読書ログ■
・和書78:『プレゼンの語彙力 おもしろいほど聞いてもらえる「言い回し」大全』下地寛也・著、KADOKAWA、電子書籍→読了
・和書82:『超短編小説で学ぶ日本の歴史 54字の物語 史』氏田雄介/西村創・著、武田侑大・イラスト、PHP研究所、電子書籍
・翻訳26:『オペラ座の怪人』ガストン・ルルー・著、三輪秀彦・訳、グーテンベルク21、電子書籍

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間26分


明日も幸せである様に♪

2020年8月11日 (火)

迷走

動画のアップロードは全然終わらないし、そうこうしているうちにスマートフォンの容量がめいっぱいになって、WiFiが容量についてこれなくなったのか写真すらアップロードされなくなってしまった。

スマートフォンで動画を撮影→WiFi環境でデータをPCにアップロード

という手順自体に無理があったのか。
でもこのためだけに専用機器を買うのもどうなんだという気分。
とりあえず、もうスマートフォンの容量的に動画は撮れないので、明日からはスコア付けだけする。
というか動画撮影はついでだったはずなのに、私はどこに行こうとしていたのか。

あと、冷蔵庫は壊れました。
買って3年もたっていないのに。悲しすぎる。

あ、今ようやく写真がアップロードできたから、今更だけど今日の記録も載せようっと。

Screenshot_20200811081502

2時半就床、8時過ぎ起床。化けの皮が剝がれてきた。

0811

ゲームもしちゃったし。

Dsc_0100

今日の天国たち。3試合ともよかったなあ。

Dsc_0101

世界で一番おいしい餃子。
冷蔵庫が壊れても強く生きていくんだぜー。

■読書ログ■
・和書78:『プレゼンの語彙力 おもしろいほど聞いてもらえる「言い回し」大全』下地寛也・著、KADOKAWA、電子書籍
・和書79:『意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語』氏田雄介・著、佐藤おどり・イラスト、PHP研究所、電子書籍→読了
・和書80:『意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 ゾク編 54字の物語 怪』氏田雄介・著/イラスト、PHP研究所、電子書籍→読了
・和書81:『みんなでつくる 意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語 参』氏田雄介・著、武田侑大・イラスト、PHP研究所、電子書籍→読了
・和書82:『超短編小説で学ぶ日本の歴史 54字の物語 史』氏田雄介/西村創・著、武田侑大・イラスト、PHP研究所、電子書籍
・和書83:『超短編小説で読む いきもの図鑑 54字の物語 ZOO』氏田雄介・著、武田侑大・イラスト、今泉忠明・監修、PHP研究所、電子書籍
・翻訳23:『父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』ヤニス・バルファキス・著、関美和・訳、ダイヤモンド社、オーディオブック(2巡目)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間


明日も幸せである様に♪

2020年7月23日 (木)

今年一番の幸福

Dsc_0452

来ちゃいました、このご時世に!
今年最初で最後かもしれないドーム観戦。

Dsc_0456

検温前の立ち位置。シャオロンの足の大きさだそうです。

Dsc_0472

奮発してめちゃ近い席。

Dsc_0460

ドアラーーー!久しぶり!

Dsc_0467

先発は松葉投手。
ショートの京田選手の立ち位置を見てください。
これ、まだだいぶ前にいます。ここからあと数歩後ろで守っているんだよ。すごすぎる。
この位置にいたことで、9回にミラクルプレーも出るのです。写真ないけど。

そして期待の石川昂弥選手(サード)とレフト福田選手。
もう、この並びを見ただけで来た甲斐があったというもの。
ぼろ負けするだろうけど、たとえ0-20になっても私最後まで見届けるから…!

Dsc_0471

いや、推しが「勝つ!」と言ってくれたから、あたしも諦めない。

それでも、やっぱり序盤はいつ点を取られてもおかしくない展開かつ、こっちは点が入る気配なんて一切ない展開。
時間の問題だと思っていたんだけど

Dsc_0493

これまで苦しんでいた石川選手がこの日はすごかった。
プロ初四球からの初得点、初死球に初打席以来のヒット、初マルチヒットはレフトフェンス直撃の初タイムリー(からの初走塁死)。
つまり四打席すべて出塁&2得点。すごいいいい。
間もなく高橋選手が帰ってくるけど、それまでにさらに経験を重ねて一度はお立ち台にも上がれるといいなあ。

残念だったのは、推しがそれほど活躍できなかったのと(でも最高の守備があったからOK!)

Dsc_0489

ドアラのバック転が失敗に終わったことくらいでしょうか。

Dsc_0494

わーーー!

Dsc_0501

こちらも初のお立ち台、アリエル・マルティネス選手。
いいよね!とここで書いてからあっという間にここまで来たなあ。
さらなる活躍を期待しています。

Dsc_0500

こんなドラゴンズにだけ幸せなスコアブックをつけられるとは思っていなかった。
これ、下手したら今年のベストゲームなんじゃないの。

Screenshot_20200723083341

さすがにへばって今朝は6時に起きられなかったけど(頑張ろうとした雰囲気だけ感じてください)、今日は睡眠不足じゃまずいイベントも控えていることだし、戦略的に長めに睡眠をとったということで。

君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年7月 9日 (木)

夏の風物詩

Screenshot_20200709081009

9時半からバドミントンなのにこんな時間まで寝ていたせいでバタバタ出発して、早めに帰ってきてから午後は保険会社の人と打ち合わせして、力尽きて寝ていたらこんな時間です!
この人、今日何にもしていませんよー!


甲子園交流大会、組み合わせが決まりました。
わーい。わくわく。



▼8月10日
大分商[大分]-花咲徳栄[埼玉] 10時
明徳義塾[高知]-鳥取城北[鳥取] 12時40分

▼8月11日
天理[奈良]-広島新庄[広島] 10時
創成館[長崎]-平田[島根] 12時40分
明豊[大分]-県岐阜商[岐阜] 15時20分

▼8月12日
智弁学園[奈良]-中京大中京[愛知] 10時
鹿児島城西[鹿児島]-加藤学園[静岡] 12時40分

▼8月15日
履正社[大阪]-星稜[石川] 10時
磐城[福島]-国士舘[東京] 12時40分
仙台育英[宮城]-倉敷商[岡山] 15時20分

▼8月16日
明石商[兵庫]-桐生第一[群馬] 10時
帯広農[北海道]-健大高崎[群馬] 12時40分
鶴岡東[山形]-日本航空石川[石川] 15時20分

▼8月17日
大阪桐蔭[大阪]-東海大相模[神奈川] 10時
智弁和歌山[和歌山]-尽誠学園[香川] 12時40分
白樺学園[北海道]-山梨学院[山梨] 15時20分




直接今年のメンバーを見たことがあるのは、県岐阜商と中京大中京と加藤学園と倉敷商と健大高崎。
どの試合も楽しみだー。
この期間、私何もしません!(ひどい宣言…)



■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書51:『学校では教えてくれない!1ヶ月で洋書が読めるタニケイ式英語リーディング』谷口恵子・著、プチ・レトル、紙の本
・和書60:『平安女子は、みんな必死で恋してた イタリア人がハマった日本の古典』イザベラ・ディオニシオ・著、淡交社、紙の本
・和書61:『教養として学んでおきたい仏教』島田裕巳・著、マイナビ出版、電子書籍
・翻訳書20:『1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え』エリック・シュミット、ジョナサン・ローゼンバーグ、アラン・イーグル・著、櫻井祐子・訳、ダイヤモンド社、オーディオブック
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック
・洋書7:『Stoner』John Williams・著、Vintage Digital、電子書籍

■勉強ログ■
・和書37:~165ページ
・和書51:10日目
・洋書4:182~286ページを通し読み
・洋書7:課題範囲を翻訳
・NHKラジオ講座:1時間30分




君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月20日 (土)

おはようございます。
また記録できてなかった…。
0時就寝、7時半起床。

野球を愛する皆さん、春ですね!!!

Dsc_0370

見れてるの?って感じですが、めっちゃ見てます!つまり洋書はあまり進んでいません。
(この写真、私の世界が全部詰まってるな…)
土砂降りに近い雨の中投げて打って走って守る選手たち、回ごとにグランド整備をしてくれているスタッフ。
観客はいないけど、その分響き渡るボールの音、ベンチからの声援、観客席には選手の名前と応援メッセージ。
ああ、もう胸いっぱい。
勝っても負けても幸せだー!

……とぼろ負けしている間は思っていたんだけど、ドラゴンズが7回に追いついてヤクルトの石川投手(好き)の勝ちが消えた瞬間、「もうせめてドラゴンズ勝ってー!」と応援し始めてしまった。ファン心理は複雑。

雨の中皆さん本当にお疲れ様でした。
今日からも楽しみにしています!

■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書52:『時計の常識』織田一朗・著、ユナイテッド・ブックス、電子書籍
・翻訳書16:『トゥルー・ストーリーズ』ポール・オースター・著、柴田元幸・訳、新潮社、紙の本
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック
・洋書5:『The Red Notebook』Paul Auster・著、Faber & Faber、電子書籍


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

より以前の記事一覧