映画・テレビ

2013年1月27日 (日)

男の友情

Dscf6738

部屋のダンシングベアが、テッドに似ているような気がしてたんだけど、実際に映画を見てみたら全然似てなかった…。

昨日はバタバタしていて映画のことあまり書けなかったので、改めて。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、ストーリーは「少年が星に願ったら、くまのぬいぐるみに命がやどった。二人は『一生親友でいよう』と約束する。そして数十年後、少年もくまもそのままダメなおじさん(といっても35歳ですが)になっていた」というところから始まる。
「くまさんに命が宿るお話。きゅん♪」とか思って乙女が観に行くとえらいことになります。なにせR15指定。くだらない下品なジョークも満載。初デートでこの映画を選ぶと、ちょっと気まずくなるかも…。(私は覚悟して行ったので、一応大丈夫(なにが?)でした…)

そもそも、この映画の「くまのぬいぐるみ」はただの素材で、テーマは「男同士の友情」だと思う。
子供のころからずっと親友の二人。大人になって片方に恋人ができても、相変わらず二人でバカなことをして遊ぶ方が楽しい。結婚なんて考えられない。そんな彼氏にやきもきする恋人。「私と~くんとどっちを選ぶのよ!?」と詰め寄ったりして。

これって、人間同士でもよくあるお話。
だからなのか、私が映画を通して感情移入していたのは、くまのテッドでも主人公のジョンでもなく、恋人のロリーだった。

自分が同じ立場だったら…と思った時に、私はこんな風にはなれないかもしれないなあ、と思った。それくらいに、ロリーは素敵な女性だった。

「あなたのためじゃない。私の人生のためよ」

と微笑むロリーには、敵わないなあと思わされた。

最後の30分はずっと泣いていました。前半は好みが分かれると思うけれどちゃんと面白かったし、要領よくまとまっていたと思う。
それにしても、男の友情って不思議だわ。

明日も幸せである様に♪

2013年1月26日 (土)

ted

Dscf6734

見ちゃった。

まさに笑って泣いたよ。ああ、もう、最高。
くまさん、全然可愛くないんだけど、それがまたよかった。

明日も幸せである様に♪

2012年1月13日 (金)

今日だけ

Dscf3054

あたらしい空。何だか泣き出しそう。
(と思ってたら、本当に雨が降ってきた。ひゃー)

2カ月ぶりの整体で心も体も緩む。
整体師さんと話しているととにかく落ち着く。穏やかで揺るぎない人。

Dscf3055

あたらしいカフェモカと、あたらしいしなもーん!

そして夜は

Dscf3056

ついに見てきました!「マイティ・ウクレレ」。

登場する人がみんないい笑顔なんだ。緩やかで一生懸命で、目がキラキラしていて。あたたかい気持ちになって、心がますます緩んでいく。
そしたら、なぜか途中から涙が止まらなくなった。
※泣くような映画ではまったくありません。楽しくあたたかい気持ちになれる映画。たくさんの人に見てほしいなあ。

心が緩んでいった結果、ここしばらくこわばっていたものが溶けてしまったみたい。
明日からはもう二度と書かないから(少なくとも今悩んでいる件では…って何の件だ。笑)、今日だけ、泣き言を書きます。

思っていたよりずっと傷ついていたみたい。
悲しい。辛い。寂しい。
私には丈夫な体もあるし、応援してくれる人もたくさんいる。愛してくれる人も、見守ってくれる人もいる。私は幸せ者だ。それはよくわかっている。
それでも、ただ一緒に隣を歩いてくれる人がほしいと思う気持ちは、そんなに贅沢なんだろうか。
何が足りないから、誰も私とは一緒に歩こうと思ってくれないんだろう。
10年くらい前まで戻ってやり直したいくらいの、むしろこのまま消えたいくらいの気持ち。

ああ、もう嫌だ。こういうことを言わなくて済むくらいに、強くなりたい。自分で自分を幸せにできるようになりたい。

(強引に映画の話に戻す)
あるウクレレに「自分でウクレレを演奏することは、自分を幸せにする」と書いてあった。(原文忘れました…訳文もこの通りだったかは怪しい…)
心からいいなあって思ったんだ。
ウクレレ、楽しそうだなあ。

Dscf3057

あ!名古屋に楽器屋さんがある!
予算上すぐには買えないけど、一度行ってみようかなあ。

Uni and Her ukulele。
みんなよかったけど、彼女の声が特に好みだった。CDはないらしいのが残念。。
※追記…すみません!調査不足でした。。CDちゃんとあるようです。(マハロさん、ありがとうございます!)

http://www.cdbaby.com/Artist/UniandherUkelele

明日も幸せである様に♪

2011年10月25日 (火)

いろいろでびゅーその2

昨日の夜は、さらに楽しい初体験が。
109シネマズで、三谷幸喜『ステキな金縛り』試写会を観に行ったのだ。
前の前の…(以下略)会社の同僚が試写会のチケットを当てたから、とお誘いくださったの~。嬉しすぎる。

109シネマズに行くのも、三谷作品を映画館で観るのも初めて。
もう、サイトを観ているだけで面白そう。ああワクワク。

ダメ弁護士(深津絵里)が最後のチャンスとして与えられた事件を解決するために奔走する話。
その事件とは、ある美人バイヤー(竹内結子)が殺されたというもの。夫(KAN)が容疑者としてつかまったが、本人はアリバイを主張している。「山奥の旅館で落ち武者が体に乗ってきたため金縛りにあっていた」というのだ。
弁護士がその旅館に行ってみると、確かに落ち武者の幽霊(西田敏行)がいた。弁護士は幽霊に法廷で証言してもらうように頼むが…。

試写会の前に司会の方が「抱腹絶倒の物語なので、周りの人を気にせずにぜひ声を出して笑ってくださいね」とおっしゃっていたのだけれど、本当に爆笑(周りの方、すみません)。そして泣かせるシーンではしっかりウルウルしてしまった。
深津絵里が普通のお姉さんっぽくて(もちろん綺麗なんだけど)それもすごかった。
そして、豪華な役者陣をあそこまで無駄に使うか、という衝撃。

(この後少しネタバレがあるので、困る方は飛ばしてください。謎ときに関するネタバレではありませんが)
個人的に一番ぐっと来たのは、悪役として出てきた検事(中井貴一)が、弁護士のピンチを救ったシーン。弁護士が「どうして敵の私たちを助けてくれたの?」と尋ねるんだけど、普通そういう時って「別に助けたわけじゃない」とか可愛くない答え方をするじゃないですか。それが違ったの。検事のこのセリフだけで、映画がぐっと引き締まったし、最後まできっとうまく進むんだろうなあとも思えた。

いやあ、本当にお勧めの映画です。ご興味ある方は、ぜひ!

***

数か月前に教えていただいた「醤油味オムライス」に挑戦してみたよ。

Dscf2224

ちょっと卵が崩れてしまったけれど(汗)。
醤油+バターで作ってみたのだけれど、この組み合わせは鉄板だね。
余った玉ねぎで作った適当ソースもなかなか。
また作ろうっと。

明日も幸せである様に♪

2011年9月20日 (火)

プーになりたい

今日、ついに観に行ってきました。「くまのプーさん」!

**
お腹が空いて目覚めたプーは、はちみつを求めて100エーカーの森を歩き回ります。
すると、友達のイーヨーが尻尾をなくしているところに出会うのです。
森のみんなが集まって、イーヨーの尻尾の代わりになるものを探しますが、どれもうまくいきません。

その間もお腹が鳴り続けるプー。はちみつを分けてもらおうとクリストファー・ロビンの家に行きますが、留守。置き手紙が残っていました。

「でかける。いそがしい。すぐもどる。」

プーは字が読めないので、ふくろうのオウルに読んでもらいました。するとオウルは目を丸くします。

「こりゃいかん!クリストファー・ロビンは“スグモドル”にさらわれてしまったぞ!」

そこで森のみんなは、スグモドルを捕まえる作戦を立てます。
無事クリストファー・ロビンを取り戻すことはできるのでしょうか?イーヨーの尻尾は見つかるのでしょうか?そして、プーははちみつを食べることができるのでしょうか?
**

なんとなく、あらすじ紹介的なことをしてみたくなるほどに(笑)、映画、よかったです。
※ちなみに、“スグモドル”は英語版では“Backson”だったらしい。パンフレットより。

賢くて自信家のラビット。
優しいカンガ。やんちゃなルー。
原作よりさらにはっちゃけていたオウル。
自分に対しては悲観的だけど優しい言葉を選べるイーヨー。
好奇心旺盛でお調子者のティガー。
怖がりで心優しくて甘えん坊のピグレット。
優しくてみんなに愛されているクリストファー・ロビン。

そして、プー。

マイペースで楽観的でのんびりしていて夢見がちで。でも、それだけじゃない。
お腹が空いて倒れそうになっているときにはちみつが目の前にあっても、それでも大切な友達を優先する。
だから誰からも愛される、プー。
ああ、プー(涙)。

それに比べて、私はいったい何なんだろうね。
誰よりも大切で一生かけて応援したい、って言っていたのは口だけなのか。
自分がちょっと余裕がなくなったからって、こんなに簡単に忘れるのか。
とても幸せな一日だっただけに、最後に思い出したことですっかり疲れてしまったよ。
プーのようになりたいなぁ。

今回の台風も大変ですね。。
被害が少しでも抑えられますように。
明日も幸せである様に♪

2011年8月 1日 (月)

Pooh

Dscf1382

あらら、秋?と思うような空。
8月に入っても、それほど暑くなりませんね。

さて、以前友達がくれたパスタ、ずいぶん放置していたけれど、思い立って作ってみることに。

Dscf1383

こんな形をしているパスタたち。はちみち、もちゃんといます。

作り始める前はクリームスープパスタかカルボナーラを想像していたはずなのに、なぜか途中で方向転換。しかし、やっぱりそんなことしないほうがよかった。

Dscf1384

和風だしのきのこパスタ…うわあ、美味しくなさそう…。
いやその、見た目よりはまともな味でした。食感がもちもちで、なかなか好み。
でも次はやっぱりカルボナーラにします(笑)。

プーさんといえば、9月に映画が公開されるそうで。

あの、こんなところで爆弾発言なんですが、私実はプーさんのディズニー映画見たことないんです。
イラストと、テレビで一部だけ放送されたときのプーの声だけで「きっと合わない」と決めつけていて…ええ、食わず嫌いです。ごめんなさい(誰に謝ってるんだ?)
でも、今予告を見てみたら、あたたかくて優しそうな映画。イーヨーのしっぽを見つける話好きだし、行ってみようかな。
どなたかご一緒にいかがですか?(誰も行かないですよね…すみません)

クリストファー・ロビンの「プーのおばかさん」っていいなあ。愛情のこもった「おばかさん」、私も言われてみたいかも(そして言ってもみたい…)。

独り言、行きつく先が見つからず…強引に終わらせます。

明日も幸せである様に♪

2011年2月 3日 (木)

【映画鑑賞】ソーシャル・ネットワーク

今日は節分。少なくとも暦上は明日が春の始まり(立春)です。
少しずつ春になっていくのかな。今の凍える季節を早く抜け出したいなあ。(でも花粉は怖い)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

さて、今大人気のこちらの映画、今日父と観てきました。

Dscf9051

ソーシャル・ネットワーク

世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)であるFacebookの創始者マーク・ザッカーパークを、その周囲の人の視点で描いた映画だ。監督はデヴィッド・フィンチャー(『セブン』や『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』などを撮影)。

えーっと、小学生の作文みたいな感想なんですが、とても面白かったです。有名人が成し遂げたことを描いている、という意味では伝記的な映画なのだけれど、一般的な伝記映画(なんていうジャンルあるのかしら?)よりも観る人の解釈に委ねられる部分が大きいように感じた。それは、この映画がマーク・ザッカーパーク本人にインタビューしたものでないこと、それからFacebook自体が今まさに進行中のものだからじゃないかな。

マークをとんでもなく嫌な奴だと思うことも、周囲の人々(も魅力的に描かれています。そういう映画、好き)に共感することも可能。でも私自身は、何も語らないマークの表情をずっと追いかけてしまった。そして、多くの方がおっしゃっているけど、ラストシーンは静かに泣けた。あの行動、すっごく気持ち分かる…(ぜひご覧になってください)。

ただ、事前に聞いていたとおりかなりテンポの速い映画だし、二つの年代がめまぐるしく入れ替わるので、ストーリーを事前に知っていた方が絶対に楽しめると思う。
(父はまったくストーリーについていけませんでした…)
というわけで、原作はこちらです。

Dscf9052

facebook 世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男」
著:ベン・メズリック、訳:夏目 大
青志社

原作も面白いです。去年私も、分厚いから結構時間かかるかと思っていたんだけど、読み始めたら止まらなくなって、3日で読み終わってしまったんだった(たしか会社が一番過酷だった頃だから、本読んでる時間なんてなかったはずなのに…)。
人間って色々な面を持っているものだから、本人だけにインタビューしたり作者の視点だけで書くよりも、こうやって周囲の大勢に対してヒアリングをする、という方法の方がより本当のその人に近づけるものなのかもしれない、なんてことも思った。
えっと、ちなみにこちらは、私の翻訳の先生、夏目大さんが訳されているものです。(ああ、先生の訳書の感想書くのって緊張する…変なこと書いてないといいのだけれど)
ぜひ、原作をお読みの上、映画館にも足を運んでみてくださいね。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

それでは皆様、明日もいい一日を!

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31