天文のおはなし

2020年10月30日 (金)

栗名月に暁月を思う

今度はGoogleカレンダーのファビコンが変わった。
毎日見ているものの見た目が変わると、一瞬ヒヤッとなる。
これ、そのうちYouTubeも変わるんですかね。あれは別物ですか。

Dsc_0575

秋の夕焼けは空気が透き通っていていいね。
「色なき風」という秋の季語を昨日知ったよ。なんと風流な。

Dsc_0576

夕暮れの十三夜。
明後日は今月2回目の満月、つまり10月はブルームーンですね、って書いてからもう1カ月たつの。嘘でしょ。
中秋の名月(芋名月)の次の十三夜は芋名月と呼ばれます。

Dsc_0577

そんなわけで、栗きんとんをいただきました。
このお皿、栗きんとんで隠れているところに「crescent moon」って書いてある。
三日月とは向きが逆(右側が膨らむ形が三日月)だよって思っていたら、英語のcrescent moonは意味がもっと広いんですね。

the moon at any stage between new moon and first quarter and between last quarter and the succeeding new moon when less than half of the illuminated hemisphere is visible
(Webster)


新月~上弦の間の月と、下弦から新月の間の月の両方を指すんだって。つまり、お皿の英語は合っていた。
でも日本語だって、厳密に三日目の月でなくても半月より細ければ「三日月」って呼んじゃうし、朝の細い月を見て「暁月だね」って言う人がいたらだいぶ気持ち悪い(私です)。
ちなみに暁月(ぎょうげつ)とは、明け方に見える消えそうな月のこと。次は11月12~13日くらいに見えますよ。

■読書ログ■
・和書118:『同時通訳者が「訳せなかった」英語フレーズ』松下佳世・編著、イカロス出版、紙の本
・和書119:『野村の極意』野村克也・著、ぴあ、電子書籍→読了
・和書120:『あの天才たちは、こう育てられていた! 才能の芽を大きく開花させる最高の子育て』諸富祥彦・著、KADOKAWA、電子書籍
・洋書12:社会学(おしごと)

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:2時間36分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月 2日 (金)

秋の真ん中

Dsc_0533-1

外仕事帰りに保険会社の方と打ち合わせ。
これ、想像よりもさらにおいしかった。上島珈琲の「アーモンドとバターのザントクーヘン」ですって。

今日は中秋の名月ですね。

Dsc_0534

とりあえず目玉焼きハンバーグ(盛り付け力のなさよ…)。

Dsc_0537-1

写真はぜーんぜん駄目だった。左下に見えているのは大接近中の火星です。明るいよー。
ずいぶん久しぶりに月光浴もしてみる。そんな正式(って何)なやつじゃなくて、しばらく月の光を感じていただけだけど。

ところで、「中秋」の名月ってどういう意味かご存知ですか?
実はそのままで、「秋の真ん中」っていう意味なんですよ。
陰暦では7月、8月、9月が秋とされていたので、陰暦8月15日が秋の真ん中なんですねー。
ていうか、もしかしてと思って確認したら、9年前に全く同じ内容のブログがあった…。
ブルームーンの話もこの日に書いてるし。
9年前なんて別人だよ。忘れてても仕方ない。

そのブログからそのまま持ってくるけど、中秋の名月にはたくさんの別名がある。
十五夜(これは毎月の満月を指すことも多いけど、8月15日の月を指すこともあるので)、三五月、芋名月。
それ以外の満月にも、望、望月、天満月などの別名があって、冬の満月は月天心なんて呼び名もある。美しい。
やっぱり満月は特別だね。
でも本当の満月は今夜。さっきのリンク先の月写真は今よりちゃんとしている(と思う)ので、今夜見られなそうな方はよろしければ。
たくさん撮っていたんだなあ。懐かしい。(懐かしすぎて、リンク貼っちゃう。あとで自分で読み返そうっと)

■読書ログ■
・翻訳28:『21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考』ユヴァル・ノア・ハラリ・著、柴田裕之・訳、河出書房新社、オーディオブック(2巡目)
・翻訳31:『カウントダウン 世界の水が消える時代へ』レスター・R・ブラウン・著、枝廣淳子・監訳、海象社、紙の本
・翻訳37:『スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック』ジェームズ・ドゥティ・著、関美和・訳、プレジデント社、電子書籍

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:49分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年10月 1日 (木)

にわとりが鳴いてる

外仕事の日は5時起きなんだけど、近頃5時はまだ真っ暗で何だか寂しくなる。

Dsc_0532

5時45分の空。ようやく明るくなってきてほっ。
そして今、どこかでめっちゃにわとりが鳴いています。すごい。本当に日の出の頃に鳴くんだ。

そんなわけで10月ですね。今年あと3カ月って冗談でしょ。
仕事がなかったわりにやっておきたかったこともあまり進んでいない。
メンタルも復活してきたことだし、ここから(様子見ながら)ギアを上げて頑張る。

今夜は中秋の名月ですよ。晴れるといいなあ。
ちなみに、今月は明日と31日の2回満月が来る、ブルームーンという珍しい月です(参考)。いいことがありますように!

■読書ログ■
・翻訳28:『21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考』ユヴァル・ノア・ハラリ・著、柴田裕之・訳、河出書房新社、オーディオブック(2巡目)
・翻訳31:『カウントダウン 世界の水が消える時代へ』レスター・R・ブラウン・著、枝廣淳子・監訳、海象社、紙の本
・翻訳34:『心がヘトヘトなあなたのためのオックスフォード式マインドフルネス』ルビー・ワックス・著、上原裕美子・訳、双葉社、電子書籍→読了
・翻訳37:『スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック』ジェームズ・ドゥティ・著、関美和・訳、プレジデント社、電子書籍
※1月~9月の合計140冊。

■勉強ログ■
・NHKラジオ講座:1時間38分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月22日 (月)

左側

Screenshot_20200622123215

せっかく22時台に布団に入ってそのまま眠れたのに、うっかり4時に目が覚めたらそのまま寝付けなくて、寝たり起きたりを繰り返しているうちに昼になった人です!
書いているだけで自己嫌悪。

Dsc_0380

昨日は薄雲りでした。
これは無理かなあと思いつつ、お散歩しながら日食グラスを覗く。

Dsc_0383

食の最大。

Dsc_0384

食の最大から10分後くらい。
かろうじて、左側が欠けている感じはわかるような。
(どちらも日食グラス越しです。直接は見ないでねー!)

私にとって日食の思い出は何といってもこの時。



ブログの写真が記憶の数倍ひどいけど、これももう8年前の話なのか。
清水の舞台から飛び降りて本当によかった、と今でも思える。
セスナなんて、日食がなくてももう一生乗る機会はないんじゃないかしらね。

名古屋周辺で次に日食が見られるのは、2030年。金環日食です。(参考:名古屋市科学館
2023年4月20日の部分日食も太平洋側南端では見られる場所があるので、チャンスがある方はぜひ!

Dsc_0385

日食が終わったら、空が怪しい色になっていた。



■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書52:『時計の常識』織田一朗・著、ユナイテッド・ブックス、電子書籍
・翻訳書14:『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』ロルフ・ドベリ・著、安原実津・訳、サンマーク出版、オーディオブック(2巡目)
・翻訳書18:『2分間ミステリ』ドナルド・J・ソボル・著、武藤崇恵・訳、早川書房、紙の本




君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月21日 (日)

3カ月ぶりの

Dsc_0371

3カ月ぶりのモーニング。
カフェ自体も久しぶりだけど、このお店で友達とおしゃべりする時間が戻ってきたのが、本当に嬉しい。

そして午後は

Dsc_0373

3カ月以上ぶりのバドミントン。
シニアの皆さんも含めてお変わりない姿に安心した。
お年寄りはいきなり無理しない方がいいのでは…という私の不安をものともせず、全員めちゃめちゃ動くしキレもすごい。
私の方が息も絶え絶えだったし、今もふくらはぎが号泣している。

以前のペースで体育館を使えるようになるにももう少しかかるらしいけど、少しずつ取り戻していけたらいいな。
私の体力も。

Screenshot_20200621091451

へばりすぎて睡眠もぐちゃぐちゃ。日が変わる前に布団に入るという目標すらできないのかー。

さて、今日はこの後部分日食ですね。



地域によりますが、16時過ぎ~18時頃まで太陽の一部が月に隠れます。
名古屋が食の最大(一番欠けている状態)を迎えるのは、17時10分。
絶対にしてはいけないのは、太陽を直接またはカメラのファインダー越しに見たり、サングラスや黒い下敷きを使ったりすることです。

Dsc_0379

私は、2012年の皆既日食のときに買ったリラックマ日食グラスを使って見てみます。
木漏れ日を観察するのもいいですよー。



■読書ログ■
・和書52『時計の常識』織田一朗・著、ユナイテッド・ブックス、電子書籍
・翻訳書14:『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』ロルフ・ドベリ・著、安原実津・訳、サンマーク出版、オーディオブック(2巡目)




君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年1月 8日 (水)

月と並走

Seminar_0108

今日から、ZOOMを使ったWebセミナーを開催。
ここ数年単発で行っていたセミナーがあったのですが、ある翻訳会社からご依頼いただけて、翻訳チェッカーさんとコーディネーターさんを対象に全6回でお話しする予定です。
色々バタバタしつつも、無事に最後まで話すことができました。うまく伝わっているといいのですが…。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

…というのを午前中にやったらもうHPが残っていなくて、午後はひたすらだらけていた。
雨や風がすごすぎて走る気力もわかないよね、と思っていたのだけれど、夕方ふと外を見たら晴れている!
慌てて着替えて出発。

Dsc_1471

東の空には、だいぶ丸くなってきた月(このあたりから写真がだいぶひどいです。心の目で見ていただければ!)。

Dsc_1472

西の空には、宵の明星。
今は離れているこの二つの天体、1月28日頃にはかなり近づくんだって。
細い月と金星が並んでいる姿、うまく撮影できるといいなあ。

いつもながら池なのか川なのかわからない場所の周りを走るコース。
気づくと、月の光が水面に反射して煌めいていた。

Dsc_1473

(心の目でっっ!!)
煌めきは、走るのと同じ速度でついてくる。
今わたし、月と並走しているのよー。

途中でちょっと雨にも降られたけれど、無事予定通りの距離を走ることができた。

Running_0108

適当に走っただけなのに、先週とまったく同じ距離だった。
成長度も誤差レベルだけど、強く生きる!

 

■読書ログ■
・和書3:『ぼくたちは習慣で、できている』佐々木典士・著、ワニブックス、Audible
・翻訳書2:『若い読者のための宗教史【イェール大学出版局 リトル・ヒストリー】』リチャード・ホロウェイ・著、上杉隼人/片桐恵里・訳、すばる舎、Kindle

 

明日も幸せである様に♪

2018年12月 9日 (日)

晴れますように

先週、翻訳友達と名古屋市科学館に行ってきた。
目的は

Dsc_0514

なぜ「科学」館の企画なのか全然わからない「スイーツ展」。
色んな意味でものすごかったです…。

Dsc_0537

でもやっぱり科学館と言えばプラネタリウム!
名古屋にいらっしゃった方にほぼ唯一お勧めできる観光スポットです。(あとは、うーん。名古屋港水族館かなあ)
この日はあいにくの天気だったけれど、プラネタリウムならどんな天気でも満天の星空が楽しめるしね!

スイーツ展を見に行く話しかしていない段階で、その友人に「プラネタリウムの時間に合わせるなら待ち合わせ時間は~時ではいかがでしょう?」とプラネタリウムも見ると決めつけたメッセージを送りつける私。
しかし相手は優しかった。
ぜひプラネタリウムも見たかった、とまで言っていただけて、無事久しぶりのプラネタリウムを楽しめることに。(本当にすみません…)

毎回途中で寝てしまうプラネタリウムだけど、今度こそ頑張って起きる!
と気合を入れてみたものの、上演時間の中で22時、0時と夜が更けていくにしたがって瞼が重くなっていく。ううう、負けないで私。
隣のおじさんのいびきになぜか励まされて、何とか耐えきりました…。

この日のプラネタリウムでは今後の天文情報を2つ仕入れてきましたよー。

まずは12月13日&14日、ふたご座流星群。
(以下、どちらもアストロアーツの動画をお借りしました)



今年は早い時間に月が沈むので、条件はかなりいいです。
22時以降くらいにぼんやりと空を見上げていると、街中でも1時間に10個程度の流れ星が見られます。
(ふたご座はほぼ真上に出ていますが、ふたご座を中心に全天に向かって流れるというイメージなので、ふたご座だけを睨まない方がむしろいいです)

もうひとつは、初日の出。


初日の出の時間は(場所によって異なりますが)7時前後。
その前、4時頃から東の空が大変賑やかになるんです。
まず細い月、そして金星、さらには木星が次々と顔を出します。
初日の出の前にもう少し早起き(または徹夜)をして、初夜空を楽しむのも素敵かなと思います。
どっちも晴れるといいなあ。

***

さて、ここからは少し宣伝。
この日一緒に遊んでくださったのは優秀な日英翻訳者の友人です。
実は、少し前にワタクシ、彼女に自分のHPの英訳をお願いしたのです。

Photo

各ページのLanguageからEnglishをクリックすると

English

すごすぎるうううう(涙)
私のHPの知識がへっぽこすぎてEnglishのみでHPを構築することができなかったので、ページごとに遷移しなければならないんだけど、よろしければぜひ見に来てください。
元の日本語よりキャッチーで素敵になっています!(日本語書きとして、それでいいの…?)

スイーツ展の話はまた近々(たぶん)。

明日も幸せである様に♪

2018年2月 1日 (木)

月食で感じるくまぼぼ史

昨日は皆既月食でしたね。この時以来。(そしてその前はこの時。ブログってすごい!←3回目)
2014年の私は、きっときれいに撮れると信じて必死にカメラを向けていた。
今回はあんまり頑張らない。どうせうまくなんて撮れないし。のんびり見ようぞ。

(SNSには素晴らしい月食写真が溢れていて、こんなピント合わない写真載せたってお目汚しになるばかりだもん、と夕べはひねくれていたんだけどやっぱり載せよう。2011年&2014年の写真もひどいものだけど、ここに残っていてくれてすごく嬉しかったから)

「もしかしておまかせモードでも意外といけるのでは」と思ってまずは1枚。

Dsc00509

わお・・・。ここまでひどいとは思わなかった。
ここから慌ててセッティング。

Dsc00511

ほっ。

Dsc00518

撮影失敗しているんだけど、部分月食の時点でも赤銅色が見えたのが嬉しかったのでこれもアップ。

Dsc00520

もうすぐ消える!

Dsc00526

おっ。これ、今までの中では一番ちゃんと撮れているかも。
ここで雲がかかってしまったのと夫の就寝時間になってしまったので、切り上げ。

今回初めて月食を見た夫が
「赤い真ん丸な月が見えるのかと思ったのに、違うんだね(左下が真っ暗なことを指して言っています)」
と残念そうにしていた。
私も見そびれたから断定はできないんだけど、22時半(皆既の最大)まで我慢したら見えたんじゃないかなあ。

こういうことには興味ないはずの夫がせっかく付き合ってくれたのに、面白さを十分に伝えられず、反省。
「スーパーブルーブラッドムーン」というネーミングに愚痴る前に(と思ったら、これ一応NASAが言ってたんですか!えーっ)天文に詳しくない人が楽しいと思えるような話ができるようになりたいなあ。というか、5~6年前に天文記事を書いていたころはそこそこできていたような気がするんだけど。
公式HPの方でやるつもりがすっかり企画倒れしている天文記事、やっぱりがんばってみようかしら。

明日も幸せである様に♪

2014年10月 9日 (木)

勝てると思った

実は途中の時点で、今日のブログのタイトルは「3年越しのリベンジ」にしよう、と思っていた。それくらいに順調だった。こんなに順調なのはくまぼぼクオリティじゃない、ということに気付かないくらい、調子に乗っていた。

Dsc03264

そういえば三脚を持っていたんだった!使いましょう!

Dsc_0483

これでどうだ!(マンションの廊下では結局すぐに月が見えなくなってしまい、外に出ることになった。その瞬間は、「ブログに書くのにちょうどいいトラブルね!」とか思っていた…切ない)

前日の残念写真からカメラも真剣に設定し直した。まだ18時だけど、まずは今の月写真を撮って練習!

Dsc03265

おお、いい感じ!ってあれ、すでに左下欠け始めている…?

Dsc03266

やっぱり!

Dsc03267

順調に欠けていく。そして、前回と違って全然ぶれない!さすが三脚。そして、まったく曇る気配もないから落ち着いて撮影できているのもいいのかも。

Dsc03268

あっという間に半分。やっぱり、普通の満ち欠けとは違う。地球の方が月より大きいんだなあと実感する瞬間。

Dsc03269

Dsc03270

さあ、間もなく消えますよ…!

と、その瞬間だった。どこからともなく現れたのはそう、大量の雲。えーーーっ!
なすすべもなく(本当に)隠れる月。赤い月、どこー?
必死に雲の隙間から出てくる瞬間を狙う。しかし

Dsc03271

前回にもまして、本当にまったくピントが合わない。ピント関係のあらゆる設定をいじっても何とかなりそうな気配すらない。そして再び襲いかかる雲。わーん!

なんと、結局↑の写真が一番ましな出来だった。がっくりどころじゃない落胆。大敗北。あまりに落ち込みすぎて、復活した後の月写真さえ撮り損ねてしまった。
はぁ…買おうかなあ一眼レフ…。

それにしても、3年ぶりの皆既月食で、しかも3年前の月食のときの記事もたっぷりあったというのは、少し感動してしまったのでした。私、もしかして結構長いこと続けているのかしら。
その時の記事で「そしてなんと、今回を逃すと次の皆既月食は2014年なのですよ。」と、遥か未来のように書いていた2014年がもう今なんだよ。なんかすごい。
次回の皆既月食は来年の4月4日。今度はすぐですね!

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

【2分ラン+1分ウォーキング】×10回

すでに死にそう…。次からはこの「2分」の部分が毎日1分ずつ増えていきます。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

明日も幸せである様に♪


2014年10月 8日 (水)

十三夜と月食と

Dsc03221

10月6日は十三夜でした。芋名月(お芋食べていないけど)。
月は綺麗だったけれど、写真は大不満。ふがー!

カメラを変えて以来、一度も満足のいく月写真が撮れていません。設定が全然思うように行かない。結局前のカメラの性能に助けてもらっていただけだったのだわ。がっくり。
(今のカメラの方が新しくて性能は上がっているはずなのに、なぜ…)

しかし、そんなこと言っていられない。本日10月8日は皆既月食でございます!
今回はかなり条件いいですよ。

_2014_color

名古屋市科学館HPより)
夜更かししなくても大丈夫。昇ってきた月を眺めていれば、次第に欠けてきます。

前回の皆既月食は3年前の2011年12月。そのときも天候に恵まれて、私もへっぽこレポートをアップしたのでした。

Dscf2779

(その中から1枚)

性能に頼った前のカメラでも、月食はさっぱりうまく撮れなかった。
今回もわちゃわちゃになりそうだけど、全力で負け戦に臨んでまいります!

※ちなみに、当時皆既月食について解説もどきもしていました。お時間とご興味があれば、ぜひご覧ください。少しでも背景知識がある方がより楽しめると思うのです!

→皆既月食のはなし その1 その2
  月食のおはなし

(書きすぎ…)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

10月6日
【1分ラン+2分ウォーキング】×10回
10月7日
【1分ラン+2分ウォーキング】×10回

次回から、だんだん走る長さが伸びていきます。ハラハラ。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

明日も幸せである様に♪



より以前の記事一覧