勉強

2020年7月 5日 (日)

体あっての

Screenshot_20200705171851

よろめく日曜日。
びっくりするほど起きられなかった。

足首も左肩(しれっと追加)も慢性化しているのでしばらくしっかり通ってくださいと言われてしまう。
そんなに無理しているつもりはなかったんだけど、どんどん習慣が増えていたのはたしかだし、ちょっと落ち着いたほうがいいかもしれないね。
ただ、整骨院に行くと、ベッドに寝てから1時間くらい待ち時間があるのが辛い。
まだ待合室で待つなら、読書でも勉強でも仕事でもなんでもできるんだけど。
次回は「ベッドで本を読んでもいいですか」ってきいてみようかしら。
いや、こういうところが落ち着いていないのか。じっとしたまま時間を過ごすことを覚えたほうがいいのではないか。

バドミントンでは、途中でご年配の方が転倒して頭を打って救急車で運ばれる事態になってしまった。
大きな怪我には至らなかったようで本当に安心したけれど、やはり無理はいけないね。
ついいくらでも積み上げたくなってしまうけど、それも体と相談しながら。
どんな形の幸せも、体あってのものなんだ。

0705

体重は全然落ちなくなってきたけど、これもちょうどいいバランスを体が探っている最中なのだと思うことにする。
これでも、グラフ内のマックス地点からは-1.5kgのあたりをうろうろしているのだし。

■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書56:『幽霊塔』江戸川乱歩・著、東京創元社、電子書籍
・翻訳書20:『1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え』エリック・シュミット、ジョナサン・ローゼンバーグ、アラン・イーグル・著、櫻井祐子・訳、ダイヤモンド社、オーディオブック
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック
・洋書7:『Stoner』John Williams・著、Vintage Digital、電子書籍

■勉強ログ■
・和書37:~121ページ
・洋書4:154~181ページ、講義音声を聞く
・洋書7:復習
・NHKラジオ講座:30分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年7月 4日 (土)

ちゃんと読む

Screenshot_20200704073517

おはようございます。0時半就床、7時半起床。
これからしばらく整骨院に通う日が続くので、昼まで寝ることは減るはず、たぶん。

07041

今週から勉強会の題材を変更(ポール・オースターに戻るのはたぶん半年後くらい)。
さっと読んだ時点ではそんなに難しくないのかなと思っていたのに、冒頭から全然駄目だった。
ちゃんと読む、の精度が圧倒的に低いんだよなあ。
この勉強会には英語ネイティブがいてくれるので、解釈段階における「ちゃんと読む」の究極目標=「ネイティブのレベルで理解する」が常に目の前にある。
「そこまで行くのは今の自分では無理だ」と痛感することも多いけど、今日駄目だった部分は自力でもう少し頑張れたはずのところだから、やっぱり悔しい。
来週はもっとちゃんと読む。

Dsc_0416

勉強会で力尽きていたら、今夜は久しぶりの焼肉。
回復!(体重も)

■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書51:『学校では教えてくれない!1ヶ月で洋書が読めるタニケイ式英語リーディング』谷口恵子・著、プチ・レトル、紙の本
・和書56:『幽霊塔』江戸川乱歩・著、東京創元社、電子書籍
・翻訳書19:『ストーナー』ジョン・ウィリアムズ・著、東江一紀・訳、作品社、紙の本
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック
・洋書5:『The Red Notebook』Paul Auster・著、Faber & Faber、電子書籍
・洋書7:『Stoner』John Williams・著、Vintage Digital、電子書籍

■勉強ログ■
・和書37:~116ページ
・和書51:7日目
・洋書7:見直し&勉強会
・NHKラジオ講座:45分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年7月 3日 (金)

待合室巡り

Screenshot_20200703060707

おはようございます。眠い。
今日はこれから病院巡りです。
オイルマッサージがきっかけと思われるかぶれが全身に広がっているので皮膚科(2回目)と、ジャンピングジャックがきっかけと思われるくるぶしの痛みで走るのも辛くなってきたので整骨院(こっちは今日が初診)。
どっちも待ち時間が1時間以上ある病院。
混んでいる病院に行くのはちょっと怖いご時世だけど、気をつけて行ってきまーす。

Dsc_0414

日中は晴れていたけれど、お散歩するころにはだんだん雲が厚くなってきた。

Dsc_0415

夕焼けもかろうじて。やっぱり今日は雨なのかな。

■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書56:『幽霊塔』江戸川乱歩・著、東京創元社、電子書籍
・洋書7:『Stoner』John Williams・著、Vintage Digital、電子書籍

■勉強ログ■
・和書37:106~111ページ
・洋書7:課題範囲を翻訳(215ワード)
・NHKラジオ講座:1時間28分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年7月 2日 (木)

少しずつ成長

Dsc_0412


2日連続の外仕事で疲れ果てた翌日のバドミントン。
やっぱりメタメタだったけど、ほんの少しだけ先週よりうまくできた気もする。
イメージ通りに体を動かせるようになりたいなあ。

でも帰ってきたらやっぱり力尽きて、寝たりダラダラ家事したりしていたらもうこんな時間(17時)。
バドミントンに行くと、それだけで体力を1日分消耗してしまう。

Screenshot_20200701053611

6月の1カ月。
5月よりは布団に入る時間が早くなってきたから、この調子で今月も頑張る。
でも目標の「日が変わる前に布団に入る」ができたのは6日しかないのかあ。

Screenshot_20200702080317

昨日はぎりぎり。

Dsc_0411


昨日、外仕事の後で吉野家で食べた麦とろ定食がおいしかったー。
近所に吉野家があったら毎日でも行ってしまいそう。

■読書ログ■
・和書37:『読解 英文傑作エッセイ21選~生きるヒント~』行方昭夫・著、ディーエイチシー、紙の本
・和書54:『幽霊塔』黒岩涙香・著、株式会社オリオンブックス、電子書籍→読了
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック
・洋書7:『Stoner』John Williams・著、Vintage Digital、電子書籍
1~6月に読み終わった本:77冊。

■勉強ログ■
・和書37:自分の英語読解力のなさに絶望しながら読む。
・洋書4:70~97ページをオーディオブックで聴き直し&154~181ページの2巡目
・洋書7:課題範囲を読み込み
・NHKラジオ講座:2時間24分


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年6月24日 (水)

釈迦に説法

Screenshot_20200624063520

ほぼ0時就床(そのあと目が覚めてしばらくぐだぐだしてるけど)6時半起床。
ぎりぎりだけど何とか目標達成!

ここでも何度も書いているし、何度書いても本当に恥ずかしいんだけど、私は本当に英文を読むのが遅い。
遅いうえに、長時間読み続けられない。そして、遅いわりに理解度は低い。
翻訳という仕事にとっては完全に致命傷だから、本当に何とかしなくては。
そう思って、2月から洋書を読む講座を受講し始めている話は前にここにも書いた。
同時に

Dsc_0393

こういう本も買っていたんだけど、そのまま放置していて(やる気あるの…?)、先週くらいにようやく開いてみた。

Dsc_0394

洋書を読むことを難しく感じる原因として、以下の3つをあげました。

・英語を読むスピードが遅い
・知らない単語が多い
・英語を読み続けるのに慣れていない

(略)
ずばり、必要なのは以下の3つの力です。

①速読力 ②単語力 ③読書体力


ふむふむふむーーーーー。
いやもう、このブログを読んでくださっている方の大半であろう翻訳業の皆様にとっては「何をいまさら」と思う話ですよね。
私もパッと見た瞬間は「そりゃそうでしょう」と思った。
でも考えれば考えるほど、自分に思い切り当てはまっている。
速読力がないと思っていたけれど、それもないんだけど、それ以上にないのは読書体力なんじゃないの。
10年も仕事で英語を見続けてきたのに「英語を読み続けるのに慣れていない」って何なのって思うけど、ここは認めなきゃいけない。慣れていないんだ。

この本では読書体力をつけるために「Kindleで洋書を読む」という方法を推奨している。
でも、私はちょうど講座で洋書を読んでいるのだから、まずはこれを続けることにしよう。
それ以外にも読んだ方がいいとは思うけど、欲張っても挫折するのが目に見えているからとりあえずは1冊ずつで。

速読力については、とにかく「速く読むことを意識する」ために、実際の目標よりかなり速く読む訓練をする。
この本では、1カ月かけてアーノルド・ベネットの"How to Live on 24 Hours a Day"を読む。
1日500ワードくらいを<①普通に読む ②精読する ③内容を意識しながらなるべく速く読む ④③の1.5倍の速度を意識して読む ⑤③の2倍の速度を意識して読む ⑥翌日普通に読む>という流れで取り組む。
内容を理解したうえで、スピードを上げる感覚を身に着けるという方法ですね。
洋書の講座では逆方向のアプローチで、<①80ページくらいを一気に1ページ15秒くらいのスピードで読む(もちろん全然わからない) ②30ページずつくらいずつ、やや読むスピードを落としながら複数回読む ③内容に関する講義(音声)を聞く ④②③で少しずつ内容を理解したうえで、最終的に1ページ30秒くらいのペースで読めるようになる>という流れなのが面白い。
両方続けると力がつくかも。

いわゆる速読とか、チラ見するだけで内容が大体わかるとか、そういう世界を目指しているわけではない。
したいのは翻訳だから精読できないと意味がないし。
ただ、1単語ずつじっくり見たからと言って理解度が上がるわけじゃないし、今の私はゆっくり読みすぎて逆に英文の流れを読み落としているはず。
今の自分が日本語を読むくらいのスピードと理解度で英語を読めるようになりたい、というのは贅沢すぎるけど、その領域に少しでも近づきたいなあ。

Dsc_0391

怪しい空。今日は雨?

Dsc_0392

でも夕焼けは晴れ。
今日はどっち?

■読書ログ■
・和書51:『学校では教えてくれない!1ヶ月で洋書が読めるタニケイ式英語リーディング』谷口恵子・著、プチ・レトル、紙の本
・和書52:『時計の常識』織田一朗・著、ユナイテッド・ブックス、電子書籍→読了
・和書53:『時の常識』織田一朗・著、ユナイテッド・ブックス、電子書籍
・翻訳書18:『2分間ミステリ』ドナルド・J・ソボル・著、武藤崇恵・訳、早川書房、紙の本
・洋書4:『The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business』Charles Duhigg・著、Random House、紙の本&オーディオブック


君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる♪

2020年5月21日 (木)

変化、いろいろ

翻訳仲間と3年くらい続けている翻訳勉強会。
ここ2年くらいはずっと同じ本を翻訳してきたんだけど、嬉しいことに最近メンバーが増えたので(本当に嬉しい!)、この機会に課題書を変更することにした。

0521

1カ月ごとに課題書を替えて、数冊をローテーションさせていく作戦。
今日訳してみたら、いきなり難しいぞ…?
明日の勉強会ではしっかり打ちのめされようっと。

Dsc_0307

グラデーション。

05212

横にだいぶ伸びてきたので、ちょっと縮めてみる。
もしかして、半月前くらいと比べると平均して-1kgくらいになっていませんか?(1メモリが0.5kgです)
1カ月前に戻っているだけかもしれないと思うと心が折れそうになるけど。
摂取カロリー・1473kcal、基礎代謝+消費カロリー・1678kcal、差は-205kcal。
体重は前日比-0.1kg。

■読書ログ■
・和書27:『技術系英文ライティング教本 —基本・英文法・応用―』中山裕木子・著、日本能率協会マネジメントセンター、紙の本
・和書31:『一生使えるプレゼン上手の資料作成入門』岸啓介・著、インプレス、電子書籍
・翻訳書14:『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』ロルフ・ドベリ・著、安原実津・訳、サンマーク出版
・翻訳書15:『声』アーナルデュル・インドリダソン・著、柳沢由実子・訳、創元推理文庫、紙の本
・翻訳書16:『トゥルー・ストーリーズ』ポール・オースター・著、柴田元幸・訳、新潮社、紙の本
・洋書5:『The Red Notebook』Paul Auster・著、Faber & Faber、電子書籍
 最後の2冊、絶対今年中には読み終わらない。


明日も幸せである様に♪

2020年2月11日 (火)

スクーリング

今日は洋書の通信講座のスクーリング。
申し込んでから仕事が殺到して、本当に行けるのか不安だったけれど、なんとかなった。
行ってよかった!
読書会みたいな楽しさもあって、すでにまた行きたくなっている。

Dsc_1537

帰りに流し込んだランチ。
こういうところが駄目なんやで、と『The Power of Less』から毎日叱られています……。

Dsc_1538

給湯器が壊れたので、夕方から新しい給湯器の設置工事。ずいぶんとかかりますね、あれ…。
無事に終わって、ちょっとだけお散歩。

Running_0211

今のドタバタは今月末まで続くんだけど、すでに疲れが出てきてちょっと体調も悪くなってきた。
スクーリングの話も洋書の話も書きたいけど、今日はもう寝ようかしらね。
明日のメンテナンスデーでリセットして、ドタバタを乗り切るんだ。

■読書ログ■
・和書6:『打ちのめされるようなすごい本』米原万里・著、文藝春秋、Audible
・洋書2:『The Power of Less: The Fine Art of Limiting Yourself to the Essential...in Business and in Life』Leo Babauta・著、Hyperion、紙の本&Audible
・洋書3(自己啓発系?):紙


明日も幸せである様に♪

2020年1月12日 (日)

名古屋で和やか

Dsc_1429-2

やだ何この絵。怖すぎる。

Dsc_1431

白菜のクリーム煮、幸せ。

今日は、横浜から夏目大先生にお越しいただいて、翻訳セミナーを開催しました。

Dsc_1432-1

ふたたび!

株式会社エスケイワードさんのイベントスペースをお借りした今回の勉強会。
何ともおしゃれな会場でした。

Dsc_1433_20200113114901

懇親会しか写真を撮れなかったけど、雰囲気だけでも伝われー。

今日も学びになる話ばかりで、あっという間の(約)2時間。
そして、セミナーから懇親会まで、ずっと雰囲気もあたたかかった。
「なごや会」は、「名古屋翻訳者勉強会」の意味と「和やか」という音の両方を込めているそうで。
本当にそういう雰囲気だったなあと、会場を出てからも心がポカポカしていた。

参加してくださって皆様はいかがだったでしょうか。
何かしら得られるものがあれば、企画持ち込み人としてこんなに嬉しいことはないのですが。

…そんな気持ちで名古屋駅に到着したら、近鉄が人身事故で止まっていて帰宅難民になったのは内緒である。
(先ほど無事に帰ってきました!)
家に帰るまでがセミナー!

Running_0112

今週も何とか目標通りに進めた。来週も継続できますように。

■読書ログ■
・和書4:『宇宙の果てをみると宇宙のはじまりがみえる』坪内忠太・著、新講社、紙の本
・翻訳書2:『若い読者のための宗教史【イェール大学出版局 リトル・ヒストリー】』リチャード・ホロウェイ・著、上杉隼人/片桐恵里・訳、すばる舎、Kindle


明日も幸せである様に♪

2019年12月 9日 (月)

ひくつ

昨日は、

Dsc_1368

この本のトークショー&サイン会に行ってきました!
こういうイベントが名古屋に来てくれるのは本当に珍しい。

Dsc_1371

目次を見ているだけでも楽しくなってしまう。
この中から厳選したテーマについて、さらに深い話やおまけの話をお聞きすることができた。
原文がくだらないなら訳文もそのくだらなさを残す、原文がぎこちないなら訳文でも残す——という話が、(自覚していたけれど)自分はあまりできていないなあと反省中。小説の翻訳なのかビジネス書なのかという違いでもあるのかなあ。

Dsc_1369

サインもいただけました!(写真、ひどくないですか私…)
越前敏弥さんには、1世紀くらい前に2回ほどお会いした(というか、同じ場所にいた)ことがあるんだけど、覚えているはずないから、と卑屈になってご挨拶もせずに失礼してしまった。
こういうときにグイグイ行ける人になりたい…。

今夜も場違いなところに行く予定なんだけど、今から壁の花になる気満々。
お会いする方の中にこのブログをご覧になっている方がいらっしゃったら、優しくしてください…。

明日も幸せである様に♪

2015年2月10日 (火)

壮大

David Christian
The History of our World in 18 minutes

(あっ切れちゃってる…こちらです!字幕が邪魔な方はこちらをどうぞ)

だいぶ前のTEDプレゼンだけど、今日見ました。なんてわくわくの展開…!
宇宙のゆらぎ、恒星が生まれてからの話、ちょうど今勉強中の内容にピッタリのところも多くて、そういうことだったのか気分でいっぱい。
今は天文を英語で学ぶことに挑戦中なので(くじけそうだけど)、この話も参考にしよう。
thresholdを越えるっていうのね…なるほどー。

明日も幸せである様に♪