京都旅行

2014年4月20日 (日)

みどり

Dsc01504

南京町。

Dsc01509

北野工房。

Dsc01510

そして異人館街。ここはずいぶん久しぶりに来たかも。

Dsc01513

大学の下見で来た頃は、こういう裏道に入るとまだ震災の爪痕が残っていた。今だってすべてが復旧したわけではないのだろうけれど、ふらりと歩いている範囲では本当にわからないくらい。でもここまで来るのに約20年なのか。

Dsc01517

藤を見上げたり

Dsc01511

チューリップを見下ろしたり。華やか。

Dsc01514

オランダ館に入ってみた。(外観撮り忘れていた…)

Dsc01515

バスルーム。

Dsc01516

…の前の廊下は、ドアのある側が低くなるように設計されているんだって。

オランダ館では、ひとりひとりに合わせた香水を作ってくれるというサービスがある。9mlで3255円。すぐできますよー、と言われて、何を血迷ったのか「では」と腰かける私。香水なんてもう何年もしていないくせに、旅テンションおそるべし。

星座や血液型、好きな音楽、色、花、果物などを答えていく。あまり華やかすぎる香りは得意じゃないのです、と伝えたところ

Dsc01522

最初はグリーン系、後から花の香り。
だそうです。

お姉さんから「緑っぽいイメージですね」と言われた。そんなこと言われたの初めて。私がイメージしている緑っぽいイメージと同じ意味だとしたら、涙が出るくらい嬉しい言葉。

旅テンションで試してみてよかった。
今はまだかなりの違和感があるけれど、だんだんこの香りにも馴染んできたらいいなあ。

※というわけで、今後しばらく香水くまになっている予定です。「香水くさい…」と感じられましたら、ぜひとも表情または言葉でご指摘くださいませ。。。

明日も幸せである様に♪

2014年4月19日 (土)

モザイクの罠

そろそろカテゴリー名(「京都旅行」)に無理が出てきたけれど。

Dsc01502

関西観光3日目は、ふらりと神戸にやって来ました。
雨も降らなかった。わーい。

神戸は(こういうこと言うの自体が観光者だなあって思うけれど)とにかく大好きな街。進学や就職で神戸に住めないかと下見に来たこともあった。タイミングが合わなかったのはよかったのか悪かったのか。

Dsc01503

こういう細い道をのぞいただけで悶える。

Dsc01520

でも観光者として無理はせず、シティループバスで街を回ります(本当は南京町までは歩いたのだけれど、そこで力尽きたのでした…体力落ちてる…)

Dsc01519

660円で1日乗り放題。
ガイドさんの観光案内を聴きながら、神戸の街をぐるりと回ることができる。

Dsc01505

ポートタワー!

Dsc01506

さっきまで山が見えていたのに、歩いても30分くらいで海が広がる。不思議。

撮ったつもりなのに写真がないのだけれど、このすぐ近くにあるのがショッピングモール「モザイク」。お土産はここで一気買いしようかしらね、と軽い気持ちで足を踏み入れる。
しかし、ここは魔の巣窟だった。

Fb_img_13977953879313392

あ、あなた…!

ジェルネイルはキリがなくなってしまうから避けようと決めていたのに、何この吸引力。これがクラシックプーだったら(またはピグレット中心だったら)完全にやっていた。

こんなのやっていたら観光の時間がなくなるわよ! 1万円だよ。いくらなんでも落ち着け自分! 冷静になりなさい。クマのイラスト付きのネイルなんてしているおばさんがいたら、自分ならドン引きするくせに。

と必死に自分を説得して、何とか逃れる。
しかし、その先にいたのは

Dsc01507

あ、どうも。

Dsc01508

本日オープンのリラックマストア…。

なに、何なのモザイク。むしろ神戸!
一応神戸仕様のご当地リラックマシャーペンがないかだけは確認して(まだ集めているのか…)、なかったので何も買わずに脱出。
おかあさん。私勝ったよ・・・・・・!!

神戸の底力にすっかりおびえたものの、それ以上に恐ろしいのは自分の旅テンション。モザイクを出てくまの罠からは逃れても、自分の旅テンションはむしろパワーアップしていたのだった。

つづく。

明日も幸せである様に♪

2014年4月17日 (木)

上千本

昨日のブログタイトル、間違えました。

「しゃべって食べて歩いて」…。本当によく食べました。
写真を載せられないのが残念。

そして今日。

Dsc_0295

吉野山に行きました。
吉野の桜は低いところから下千本、中千本、上千本、奥千本とあって、今の時期は上千本が満開。
上から見下ろす桜色の海。遠くにかすんで見える山。天上にいる気分。

今回お付き合いいただいたのは、Vぼぼさんと天文の先生。お2人は今日が初対面だったけれど(そして私はそういうときに何一つコーディネートできない駄目子なのだけれど)、居心地よく過ごしていただけたようで満足。というか、勝手に私が一番楽しんでいたのでした。

もっと写真を撮っているので、家に帰ってからぼちぼち書きます。

Dsc_0299

昨日ちらっと書いたホテルの高級感を写真で表現。エレベーターはカードキーをかざさないと入れないし、大浴場があるし、その大浴場も女性は日替わりの暗証番号が必要だし、部屋には空気清浄機があるし、モーニングは1670円だって言うし(びびって頼んでいません)

さて、関西観光はあと1日。明日は雨だと言うので、京都駅で折り畳み傘を新調しました。どんとこーい!

明日も幸せである様に♪

2014年4月16日 (水)

しゃべって歩いて

京都に来ました!今回も素敵ナビゲーターはVぼぼ様。

Dsc_0291

いつものここに来たり

Dsc_0294

こんなおやつをいただいたり
しゃべったりしゃべったり歩いたりしゃべったり。

カメラのコードを忘れてしまったので携帯写真しか載せられないのが辛いけれど。

いつの間にか心の奥に溜まっていたよどみを吐き出しては浄化して、すっかり解放感。ぐちぐちした話をしてしまった日の夜にこんなにすっきりした気持ちになったのは初めてかも。Vぼぼさんの力なのだわ。

そして今はホテルの高級感におびえ気味。眠れるかしら…。

明日も幸せである様に♪

2011年10月21日 (金)

秋、京都へ(9)

Dscf2063

ここはどこ?

Dscf2062

福寿園、宇治茶工房!
駐車場の自動販売機にもずらりと「伊右衛門」が。さすが。

Dscf2064

お茶のお餅。特に、さらにお茶のパウダーを振りかけているもの(奥です)が信じられないほどおいしかった。こんなの初めてだよ。餅好きくまぼぼ、大満足!
(この時、猛烈に西日が射しこんでいてまったく写真が撮れなかったので、Sさんに左側をメニューで隠してもらっています。改めて感謝!)

Dscf2065

お店を出たら、もう夕方。水面がキラキラ。

宇治だけでこんなに楽しめるなんて。プロデュース、本当にありがとうございました!

京都駅でSさんに夕食を付き合っていただいて、新幹線に乗ったのが夜8時。
あっという間の2日間。楽しいことばかりだった。
お付き合いいただいた方々、本当にありがとうございました。
大好きな京都、必ずまた来ます。

ところで。
伏線を張ったまま拾うのを忘れていたんですが(汗)。
初日の朝、くまぼぼが忘れ物をしていた話を覚えておいでの方はいらっしゃいますでしょうか?一つはホテルの書類、そしてもう一つは……2日目のコンタクトでした。
2日目は眼鏡かなあ、と半ばあきらめつつ、抵抗してみることに。
初日の夜に外したコンタクトを一晩水に入れておき、翌朝大量に目薬をつけて洗ってから装着。(※絶対に真似しないでください!)
おおっ、痛くない。これ、意外にいけるかも!(※絶対に真似しないでください!)

…というわけで、2日目もコンタクトで楽しく旅をした後の新幹線。
京都-名古屋は、こだまでも1時間くらいで着いてしまう。絶対寝ちゃ駄目。気づいたら新横浜だったりするんだから(それはそれで楽しいかも…いや、駄目、駄目)。
そう分かっていたのに、今さら2日前の徹夜と2日分のはしゃぎっぷりの反動が襲い掛かる。寝ちゃ駄目、寝ちゃ駄目……ぐぅ。
はっ、と気づくともう米原。名古屋まであと少し。よかった…と安心した次の瞬間、目に激痛が!
悶絶したいけれど、周りの目を考えてなるべくゆっくり動く。目薬さん、助けてー!
いやあ、目の呼吸を止めるってこういうことなのか。本気で身の危険を感じた。
次からは、おとなしく眼鏡にします。ああ、思い出してもドキドキ。
あれ、なんの話だったっけ。。

Dscf2053

京都の素敵な青空で強引に締めてみます。。
相変わらずのぐだぐだ旅行記、お付き合いくださった皆様ありがとうございました!

2011年10月20日 (木)

秋、京都へ(8)

さてさて、お次は?

Dscf2056

まずは宇治川まで戻ってきたよ。今までいたのは、川の西側。これからこの橋を渡ります。

Dscf2055

川の手前には、紫式部像。

Dscf2057

川の真ん中に島が(分かりにくいけど)。見えているのは橘島。あの島伝いに川を渡ることもできるんだって。

橋を渡って少し進んでから裏道に。閑静な住宅街です。こんなところに目的地が?

Dscf2058

ありました!源氏物語ミュージアム

Dscf2059

ミュージアムの周りには、この植物が。コムラサキシキブって言うんだって。

Dscf2060

落ち着く建物。

Dscf2061

おおっ、先月こんなことが!

中はいくつかの部屋に分かれています。最初はまず『源氏物語』のあらすじや時代背景を紹介している「平安の間」。映像とナレーションで説明してくれます。とてもテンポよくわかりやすい説明だったので、あまりストーリーを知らないまま行ってもちゃんと追えると思います。それから、六条院(光源氏が建てたお屋敷で、春夏秋冬になぞらえた部屋にそれぞれの恋人を住ませているという、すごい場所です…)の模型もありました。
そして、ここは宇治。「宇治の間」では、「宇治十帖」(『源氏物語』最後の10章です)をテーマに、部屋全体を使って場面を描写していました。これがびっくりするほど豪華でしかも緻密。お勧めです。
さらに、「橋姫」という映画も観られるんだけど、これは…怖かったです。夢に出てきそう(と思っていたら、その後本当に夢に出てきた。ひー)。女って怖いなあ、あんまり怒らせないようにしよう…とますます自分の性別がわからなくなることを言ってみたりして。

そして、ここではとても恥ずかしいことが発覚。

【回想シーン】
平等院内の博物館(鳳翔館)で藤原家の家系図が展示されていた。
道長の時代ならまあまあ詳しい(つもりだった)私は、偉そうにSさんに人間関係を解説した。

「道長が後継人をしていたのがこの定子っていう人で、この人に紫式部は仕えていたんですよ」

……と。

今思えばこの時、うっすらと「じゃあ清少納言が仕えていたのは誰だっけ」とよぎっていたのである。しかしそのままなかったことにして、旅は先に進んでしまったのだった。

【回想シーン終わり】
そして、源氏物語ミュージアムで改めて人間関係の図を見ているときに、急に思い出したのである。間違えてるよ私!!

ごめんなさい!道長が後継人をしていたのは、彰子です!定子は勢力争いに敗れた側の人です。定子に仕えたのは、清少納言。彰子に仕えていたのが、紫式部です。
(ちなみに関係としては、彰子は道長の娘で、定子は道長の姪っ子。定子の父親(つまり道長の兄)の道隆が強大な権力を持っていたので、道隆存命中は定子の方が力があり、帝の寵愛も受けていた。でも、道隆の死後、道長はライバルの親戚たちを次々に失脚させていき、娘の彰子を帝の正妻にすることに成功したのだ。…ってもう誰も読んでないかも)

ああ、もう絶対うろ覚えで人に解説なんてするのやめよう。すぐ調べよう。ああ、くよくよ。
笑って許してくださったSさん、本当にありがとうございました。。

気を取り直して(ばかりだけど)、次の目的地へ。

(つづく)

***

Dscf2175

弁当ランチ。ここにうどんとご飯が付くセット。今日初めてうどんをきしめんに変更できることを知った。おおっ、ぜひそれで!(こてこての名古屋人)

さて、先日プロ野球の順位がすべて確定しました。
今年も順位予想をしていたのよね。答え合わせしてみましょ(関心のない方、いつも本当にすみません)。

【予想】

  1. ヤクルト
  2. 中日
  3. 阪神
  4. 巨人
  5. 広島
  6. 横浜

【結果】

  1. 中日
  2. ヤクルト
  3. 巨人
  4. 阪神
  5. 広島
  6. 横浜

色つきのところが、それぞれ逆でした…しょぼん。
うーん、割といい線いっていると思っていたんだけどなあ。
「本当は、巨人はもう少し順位を上げたいのだけれど、今年はちょっと逆風が多すぎるよね。」
とか偉そうに書いていたけれど、巨人の個々の選手の能力は想像以上でした。盗塁も多いし、いい選手がたくさん育っている。さすがでした。
それから、ヤクルトは本当にいいチームなんだけどなあ。最後怪我人が続出してしまったのが痛かったよね。来年、引き続き応援したいチームです。

一向に当たらないこの予想、来年もやってみようっと。来年はパリーグについても予想してみたいなあ(暴走)。

明日も幸せである様に♪

2011年10月17日 (月)

秋、京都へ(7)

JR奈良線に乗って約30分。降り立ったのは「宇治駅」。
今日はここでしっとり大人の旅なのです。

Dscf2043

まず来たのは、平等院。初めて来ました!

Dscf2049

こちらが鳳凰堂。

Dscf2048

鳳凰、細かい!

Dscf2046

やっぱり比較してみるよね。

Dscf2050

Sさんってば、こんなブログに出演したい、と言ってくださるのです。いい笑顔ありがとうございます(笑)。

Dscf2051

敷地内の博物館にも入ってみた。本当に何も知らずに来たので、すべてが新鮮。
平等院の開創は、1052年。藤原道長(「望月(満月)」の歌を詠んだ方ですね)の息子、藤原頼道が晩年に、極楽をイメージして作らせたものなんだって。

阿弥陀如来像もその周りを彩る像たちも、本当に細かく作られていた。こういう技術を見ると、どれほどの繁栄だったのか、その片鱗が少し見える気がする。

Dscf2052

鳳翔館を出ると、ながーい階段。こういう景色ってつい見入ってしまう。
そして、見入っていたら、くまぼぼ、転落いたしました…(泣)。
ああいうときって、止まれないもんだねえ。。時間がスローモーションで流れていて、一段ごとにこらえられるような気がするんだけど、実際には無抵抗にどどどどどど……と落ちていくのでした。
しかし、前のめりに膝から落ちていったけれど、怪我どころかストッキングすら無傷。膝上のスカート履いていたけれど、死にたくなるような事態(具体的な言及は避けさせていただきます)にもならず。よかったよかった。

Dscf2054

気を取り直して、ランチは茶そば(と親子丼♪)。おいしくいただいたら、次の目的地へ。

***

今日は朝は暑いくらいだったのに、昼過ぎから急激に冷えてきた。
なんかくしゃみと寒気と頭痛が……えぇーっ、また!?
これ以上ひどくならないように、今日は早めに休もうと思います。
皆様もどうかご自愛くださいませ。。

明日も幸せである様に♪

2011年10月15日 (土)

秋、京都へ(6)

久しぶりにぐっすり眠って、気持ちのいい朝。
一つしかないコンセントで携帯電話とカメラを交互に充電してみたり、ドライヤーを使おうと思ったら送風口がとれていてうまく使えなかったり、そんなことにもめげないのです。さあ、2日目のスタート。

今日は前の会社の同僚だったSさんがツアーを企画してくださっていた。
京都駅で待ち合わせて、荷物をコインロッカー(小:300円)に入れようとしたところ、財布の小銭は700円(500円玉+100円玉2枚)。近くには両替機もない。
うーん、せっかくだからお土産を買って崩そうかな。

京都駅の土産物売り場をうろついていたら、ふと視線を感じた。

Dsc05038_2

あ…あなたは…!
(eりか様撮影の写真をいただきました。ありがとうございます!)

そう、この週の日曜日が十三夜。ちゃんと十三夜用の和菓子を用意してくれているなんて、素敵なお店だわ、とさっそく購入。
お土産も買えたし、小銭もできたし、大満足でさっきのコインロッカーへ。
……荷物、入らない(泣)。
お土産を買ったからとかではなく、最初からキャリーバッグが入らないサイズだった。確認してから行動しなよ、自分。。
大きなロッカーはすでに使用中だったので、さらに探して地下街をさまよう。
そしてようやく見つけた400円のコインロッカーの横には、両替機が置かれていたのだった(笑)。

ここまでですでに15分経過。なんかもう、本当にすみません!
でもまったく苛つく気配もなく、優しく案内してくださるSさん。うう、ありがとうございます!
気を取り直して、JR奈良線へ。
さて、どこに向かうのでしょうか?

(つづく)

***

Dscf2102

今日もバナナケーキを作ったよ。ミントも買って少しはそれっぽい?しなもーん♪

Dscf2103

なのに夜、お風呂でまたバナナジュースを飲む私…。

明日からはいい天気みたいですね。
そろそろ外を歩いたりしたいなあ。

明日も幸せである様に♪

2011年10月14日 (金)

秋、京都へ(5)

帰りは「嵐電」。町の中を走っていく電車にひそかに興奮。
着物を返したら、もう7時近い時間。先にホテルにチェックインして荷物を置いてから、夕食を食べに行くことに。

私にはさっぱり場所が分からなかったのだけれど、地図を見たVぼぼさんがささっと案内してくださり無事にホテル到着!
かあさん、私、ホテルの名前もわからないところからここまで来ました。涙。
ままぁ~♪(←盗作)
ここ数年のホテル人生(なんだそれ)の中でもまれに見る部屋のボロ…ごほん、アンティークな雰囲気に軽く衝撃を受けつつも、気を取り直して夕食に出発。

Dscf2040

(そろそろ写真のなさが辛くなってきたので(笑)、関係なくもみじの写真)

夕食は鴨川沿いの牛角へ。Vぼぼさんが牛タン無料券をお持ちだったのです。お世話になりっぱなし。
私しか食べられないホルモンを大量に注文してしまって申し訳ないことになりつつも、お腹いっぱい。満足です。

さて、京都に来たからには、やはりお邪魔したいVぼぼカフェ!
もう21時過ぎでだいぶ迷惑な時間だったけれど、強引に伺うことに。
最初は鴨川沿いを歩いて向かい始めたけれど、この日はめちゃめちゃ寒かった。スプリングコート着ていたのに、ほぼ役に立たない。
※でも、こんな時間で寒くても、さすが鴨川。ちゃんとカップルはいらっしゃいました(さすがに等間隔ではなかったけれど)。「一緒なら寒くないね(はーと)」でしょうか。いや、寒いし。…と毒を吐いてみる私たち。すみません。
川から離れて、裏道からお邪魔しました。

Z_m

Vぼぼカフェでは、こんなお洒落なおもてなしが!
ちゃんとカップはくま!なんと心憎い(涙)。

楽しいおしゃべりはあっという間。11時過ぎまでたっぷりお邪魔して、おいとまさせていただきました。
本当に楽しい1日でした。ありがとうございます!

**

さて。ここからくまぼぼはホテルまで一人でどうやって帰るのか。
ふふふ、それが大丈夫なのですね。私にはちゃんとVぼぼナビがついていました。
ホテルから三条に向かうときに、「この行き方を逆に行けばいいからね」と丁寧に教えていただいていたのである。さすがー。

京阪本線で四条まで行ったら、いったん地上に出て、川を渡って今度は京急線の四条から烏丸駅まで行く。烏丸駅の26番出口を出れば、あとはまっすぐにホテルに向かうだけ。

Cafe 246の真ん中を取った番号、と覚え方まで教えていただく(笑)。至れり尽くせりです。これなら、いくら私でも無事に帰れるでしょう。
四条で一瞬逆方向に歩き始めたものの、すぐ気づいて軌道修正。乗り換えもうまく行って、無事に烏丸駅に到着。よし、順調!(←そうか?)
246の26番、26、26…とつぶやきながら歩いていくと(突き当りだった)、なぜかその手前に駅長さんらしき方が立っている。あ、あれ?

「あ、26番はもう閉鎖しているんで、別のところから出てくださいねー」

えええーーっ!嘘!?
完璧な計画が一瞬で破綻したことに、パニックを起こす私。

「そんな!じゃあ私どこから出たらいいんですか!?」と駅長さんに食い下がる。迷惑すぎる…。

「いや、25番から出たらいいじゃないですか」とあきれ顔で言われるものの、25番と26番の位置関係が分かんないんですー(涙)。
結局25番は26番と同じ通りに出られたので傷は浅かったけれど、この最後のジェットコースタードラマですっかりくたくた。
ホテルに戻ってブログをアップしたらもう限界。そのまま眠ってしまった。

(つづく)

***

(連載10回が目標とか言いつつ、もしかして1回あたりが長くなっているだけですか…?いつもの長さなら、今回も20回以上コースだったのでは…)

Dscf2093

近所の喫茶店のあんかけスパがめちゃめちゃおいしかった(しかも、照り焼きチキン載せ)。なんだようもう。これからここでいいじゃない。

雨の一日。寒くなってきました。皆様、体調など崩されませんよう…。
明日も幸せである様に♪

2011年10月13日 (木)

秋、京都へ(4)

次の目的地にはバスで移動。
バス停は鈴虫寺からすぐ。20分くらいでバスも来るみたいなので、のんびり待つことに。

すると、近くに立っていたおばさま二人組から声をかけられた。

「素敵な着物ね。二人ともとてもよく似合っているわ」

まあ、嬉しいです!
浮かれてそのまま話もはずむ。おばさま方は、茅ヶ崎からいらっしゃっていた。あら、神奈川!勝手に親近感。
とても意気投合している二人だったので、何十年ものご友人かと思って訊いてみると、何と最近病院で知り合ったばかりなのだとか。それで一緒に旅行に来ちゃうんだ。すごいなあ。

でも、よく考えてみたら、私だって、翻訳関係の人との距離の縮まり方は同じようなものだ。あっという間に仲良くなって、家に泊めていただけるような関係になってしまう。
本来は、相当人見知りだし警戒心が強くてなかなか壁を外せない私。「昔は」というわけでもなく、今だって他のところでは誰かと仲良くなるチャンスをことごとく逃している。翻訳関係だけです、こんなの。先生と優しい皆さんのおかげだよなあ。しみじみ。

しみじみしていたら、バスが来た。目的地にはあっという間に到着です。

Dscf2038

渡月橋。そう、嵐山にやって来ました!

おばさま方とも別れて、さあこれからどこに行こうかと考えていたら、人力車のお兄さんから声をかけられた。人力車、乗ってみたいかも!

Dscf2041_2

よろしくお願いします!

川のところでは寒いくらいだったけれど、ブランケットをかけてもらって日なたを走り始めたら大丈夫だった。気持ちいい風が吹く。
お兄さんは器用に人力車を引きながら、観光案内もしてくださる。ほとんど揺れない。さすがプロ。

Rev_dscf2042_2

遠くを眺める私たち。うふふ。

竹林からお寺を巡って、また竹林に戻ってくるという20分間のコースだった。
あっという間の姫気分。ありがとうございました!

Dscf2071_2

こんなステッカーもいただいたよ。

人力車を降りてから、さらに竹林を歩く。竹のいい香りに囲まれる。

111003_154119_3

さらに遠くを見てみる私。

この後、観光中の外国人から一緒に写真に入ってほしいと頼まれたり、信じられないほどご機嫌な展開。
私も相当浮かれていたのだけれど、それ以上のペースでネジが吹き飛んで行ったのが、隣を歩くVぼぼさんだった(笑)。
商店街を歩くほどに、私ではなくVぼぼさんの荷物がどんどん増えていく。あはは、楽しいですねー。

111003_164137_2

私は、お花のピンを買いました。
かわいい!と一目ぼれして買ったものの、うまく髪に留まらずどんどんずり下がってくるという誤算つき。。(しかも、名古屋に帰ってすぐにお花が欠けてしまった。涙)

K_m_2

さらにおぜんざいまでいただいたりして。
あら、もう5時。そろそろ戻らなくちゃ。

(つづく)

***

今日はそのVぼぼさんの影響で

Dscf2089_2

ハーゲンダッツに来てしまった。チョコミントアイス、なんて幸せなお味。

そしてついでに

Dscf2090_2

来年の手帳も買っちゃった。
今使っているのと中身は同じ。2割引きだったので、即買いです。
来年もいい年になりますように(あわわ、早すぎ!)。

充実した1日に満足。
明日も幸せである様に♪

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31