プロモーション

2016年4月28日 (木)

☆HP開設のお知らせ☆

突然ですが。

くまぼぼ、お仕事用のホームページを作りました。

Photo

Ksほんやく工房

(アイコンも自作しました。ちっちゃいけどくまです笑!)

名前の由来は、結婚して「加藤今日子」というKsイニシャルになったことと、「くまぼぼ」という名前への愛着です!ふんっ(鼻息)
非公式ながら、今後この名前を屋号っぽく使おうかと思っています(いや、屋号の方を変えればいいのか。ううむ)

まだ細かいところをこれからも変えていくかもしれませんが、とりあえずこれが一旦の完成形ということで、お披露目です♪
今載せているのは、仕事のスケジュールや条件、仕事をするうえで私が大切にしていること、そして経歴やリンクなど。
また、野球や天文など関心のある人が少なそうな内容の記事は、今後このHP内に載せていく予定です。
くまぼぼカフェも雑録の場としてはこれからも続けていきますので、皆様引き続きよろしくお願いいたします。

(ちなみに、HP作りめちゃめちゃしんどかった…。
プロってすごいなあ。。。げっそり。)

明日も幸せである様に♪

2013年12月 6日 (金)

ちぇしゃ

Dsc00762

チェシャ猫の月。すぐ近くに金星もあったよ。

再び宣伝です。

Photo

フランダースの犬
監修:WIPジャパン株式会社
出版:ゴマブックス株式会社

実は先週すでに配信が始まっていたのですが、ちょっとトラブルがあったため、このタイミングでの紹介です。。

今回は前書きも書きました。ちょっと長いですが、一部をこちらにも載せます。

***
『フランダースの犬』は、特に日本では大変人気がある作品です。(中略)その一方で、舞台となっているベルギーでは、知名度も評価もあまり高くありません。アメリカでは、このラストはあんまりだといって、ハッピーエンドに改変したアニメも作られたそうです。

 私自身は、この作品が好きではありませんでした。あまりにも救いがなさすぎる。特に、唯一の友達アロワとその父コゼツさんが関わる部分はどこにも救いがなく、とても後味が悪い物語だと思っていました。かといって、アメリカがそうしたように、ハッピーエンドにすればいいとも思えなかったのです。難しい物語だ、と感じていました。

 でも、今回訳しているうちに、この物語には2つのテーマがあるのだと気づきました。ひとつは、パトラッシュとの友情やアロワとの恋愛。そして、もうひとつは、ネロの中に燃え上がる芸術家の魂です。(中略)

 とはいえ、これはあくまでひとつの読み方でしょう。どの登場人物もとても生き生きと描かれているので、見る角度によってさまざまな読み方ができるところも、この作品の魅力です。パトラッシュの忠誠心に心打たれるのか、やはり2人が可哀想と思って涙するのか、またはこれもハッピーエンドの形だと感じるのか。読み終わった後、これまでとは異なる感想をお持ちいただければ、とても嬉しく思います。
***

今はキャンペーン中で100円で購入できるようです。ご興味あれば、ぜひ!

明日も幸せである様に♪

2013年11月21日 (木)

あか、きいろ

Dsc00708

近所の公園がすっかり赤と黄色だった。うっとり。

***

さて、今日はちょっと宣伝です。
本日、電子書籍限定で初めての訳書が配信されました。

1385066274976

(私のスマートフォンの画面をそのまま貼り付けたので、見づらくてごめんなさい…)

イエレンFRB副議長公聴会スピーチ全文
監修:WIPジャパン株式会社
出版:ゴマブックス株式会社

FRB(米連邦準備制度理事会)の次期議長に就任予定のジャネット・イエレンさんが行った、公聴会のスピーチを英日併記したものです。
今後のアメリカ経済の方向性にも影響する内容が盛り込まれている一方で、あくまで一般の人に伝えることを目的としているため、専門用語などは一切出てこず、読みやすいものになっていると思います。
Kindle用の端末をお持ちでない場合も、スマートフォンに対応アプリを入れれば読むことができます。
スマートフォンもない場合は、こちらに書かれているアプリを入れれば、PCでも読めるようです。ただ、こちらは正規の方法ではないようですので、ちょっとお勧めしていいものかどうかわかりません…(載せておいて何ですが)

現在、引き続き2冊目を翻訳中です。しばらく、この形で訳書が出る予定ですので、興味をお持ちいただけそうな本がありましたら、ぜひ買っていただけると嬉しいです。

宣伝でした!

明日も幸せである様に♪