お知らせ

2022年11月21日 (月)

夢じゃない

以前紹介したこの本この本、突然販売サイトにページができていた!

Google広告「超」集客術 世界最大のインターネット広告で新規客を集める方法

ストーリー説得術 人を動かす5つの実践ステップ

あのその、買えとかそういう話じゃないです。買わなくていいです(っていうのもどうなんだ)。
ただ、ちゃんと売られていたんだという感動を伝えたかっただけ。夢じゃなかったんだ、と。
見本まで送ってもらっておいて夢も何もないんですが。

ありがたいことに、アメリア様のブログでもご紹介いただけました。こちらは4冊まとめて!

今は次の本を訳せるチャンスに向けて研鑽中。
雑念(収入とか収入とか)に惑わされて新規顧客の開拓に進んじゃったりもしつつ(あ、前に書いた海外の会社、取引成立しました!)、本に携わり続けたい思いは忘れないように頑張ります。

明日も幸せである様に♪

2022年11月 9日 (水)

次々

夕べの皆既月食は見られましたか?
私もしっかり堪能しましたが、まともな写真は全然撮れなくて無念。事前にスマートフォンカメラの設定を調べておけばよかった。
他の方の素敵画像をたっぷり見て心を慰めました。

さて、以前訳した記事が次々に公開されました。
(Twitter系の記事は連続ですね……)


男性が飲む経口避妊薬、低副作用「非ホルモン性ピル」実用化へ



マスク、ツイッターのソースコード凍結。テスラのエンジニアにレビュー指示



東京ドーム半分の荒れ地が蘇った! ハワイ島のコミュニティガーデンのすごい循環システム


2022年11月 6日 (日)

エネルギー量

以前訳した記事が公開されました。
訳したのは結構前だけど、今のTwitterのドタバタの中で読みなおすと味わい深い……。
こういう改革もどうなっちゃうんでしょうね。



最近はありがたいことにお仕事の量もだいぶ増えてきて、お手玉状態が続いています。
でもなぜか急に時間管理力が向上して、種まき(勉強とか今後仕事をいただけるための準備とか)にも時間を割けている。
実はいまだに夏の甲子園のスコア付け動画もこっそりアップし続けていたりして。そろそろ神宮大会も始まるし次に進みたいんだけど、夏の甲子園、付けても付けても終わらないのです……。
毎日7時前には起きるというしょぼい目標ながらも今週は初めて達成できたし、朝トレーニング(ラジオ体操とバドミントンのステップ練習)も続いている。
何もかも順調かと思いきや、人間、エネルギーの量って決まっているんですね……。
1日の前半で色々やりすぎて、夫が帰ってくる頃には完全に力尽きる日が増えてきた。
金曜日は20時過ぎに寝ちゃったし。いや、いいことなのか??

ドタバタして力尽きつつも、充実した10月でした。

Dsc_0612
Dsc_0613

最近お気に入りのお店に、代わる代わる友達を連れていっている。
パンケーキふわっふわ!

明日も幸せである様に♪

2022年9月26日 (月)

記事公開(エリザベス女王)

先日翻訳した記事が公開されました。




「ユニコーン作戦」、私も全然知りませんでした。街のどこに隠れているのかしら。面白そう。
国葬のすごさに目が行きがちですが、王室自体やスコットランド問題についても、色々な視点があるんですね。

2022年9月 6日 (火)

錬「金」術がほしい

Dsc_0457_20220906165401

新しい訳書が出ました。
『ダン・ケネディのビジネス錬金術 事業の投資効率を上げる17の戦略』(ダイレクト出版)
たしかに錬金術っぽい表紙。

こちらも一般の書店には並ばないので「ぜひお読みください」とは言えないのですが、新しい「投資効率」の考え方が学べる本です。
お金には意志があって、行きたいところに行く。その動きを「追う」、できれば「予見」すればお金はどんどん増えていく……という、一見うさんくさい話から始まり、具体的ですぐできる方法へと進んでいきます。
実はこの本を訳したのは1年半くらい前で、その後訳したマーケティングや売り上げアップがテーマの本のほうが先に出版されているんだけど、訳しているときはちょっと「うさんくさい……」と思っていた話が、今読み返して初めて一理あることに気づいたりして(この訳者、大丈夫か……?)。
業界の常識に切り込む本でもあり、すでに投資やマーケティングの知識がある人の方が楽しめるかもしれません。

***

本物の錬金術があればいいのにねえとは思うものの、とりあえずお金を稼ぐ意味での錬金術は、やっぱり行動することでしょうか。
今日、ついにあるところに別れを告げました。
心が赴くままに動くのが一番。その結果仕事も増えたら言うことなし!と考えようっと。

2022年8月 5日 (金)

記事公開

翻訳を担当した記事が公開されました。



内容もだけど、写真が怖い・・・。

2022年5月31日 (火)

記事紹介

以前に訳した記事が公開されました。



「古き佳き“アメリカの服”を作る「ディーエン」。ポートランドで築いたブレないスタイル」

「ありふれた商品」とは言っても、すべてが手作業というのも(他よりも)丈夫というのも、十分すぎるほどの独自性だよね。
100年続くってそういうことなんだなあ。

2022年5月13日 (金)

幼児教育を考える





以前訳した記事が公開されました。(2記事に分かれています)
幼児教育はどうあるべきか。その議論自体の歴史が浅いし、検証も難しいうえに時間がかかるものだけど、健全な成長が実現できる方向に改革が進んでほしいなあと思う。

Screenshot_20220422222512

最近読んだ本。スウェーデンは記事にも出てくるインクルーシブ教育の先駆けでもある。
幼稚園と保育園(用語は違うけど)の棲み分けや、義務教育の開始年齢、プレスクールの設置など、日本でも参考にできそうな話が出てくる。
でもここまでたどり着くのに半世紀以上かかっていると思うと、先は長いですなあ。
(記事の翻訳前に読んでおきたい本だったかも)

2022年4月17日 (日)

赤い糸

Dsc_0101_mini

訳した本の見本が届きました。

『ストーリー説得術 人を動かす5つの実践ステップ』タムセン・ウェブスター著(ダイレクト出版)

言いたいことはあるのにうまく伝わらない。仕事でもプライベートでもよくありますよね。
そんなときに使える道具が「赤い糸」。
これは「運命の赤い糸」とは別物で、「物事の核心」という意味の北欧の格言なんですって。
5つの要素を定型文に当てはめるだけで、簡単に「赤い糸」が作れますよ、という本です。
テンプレ通りにやればいいよ、というところが私っぽいですね。

書店などには並ばない本なので一般の方には読んでいただけないのが残念ですが、こんな本を訳しましたよの報告でした!

2021年12月26日 (日)

振り返り①

おかげさまで、無事に最終納品まで終わりました。ほっ。
今年は4冊(正確には3.2冊くらい)と、数年前には考えられないくらいの本を訳しました。
書籍翻訳が遠い夢だったときには想像もしなかったことが起きて、いろいろ考えるきっかけにもなりました。

20211226

今年からこんな記録も付けてみたよ。(まだ仕事が残っているから暫定だけど)
これが多いのか少ないのか、速いのか遅いのかはわからないけれど、自分の中ではかなり頑張ったと思う……!
【12/28追記】いくら何でも書籍翻訳の速度が遅すぎる気がしていたんだけど、さっきExcelの計算式を間違えていたことに気づきました。とはいえ300ワード弱だけど。今年の仕事がすべて終わったら画像ごと差し替えます。
なのに収入はここ数年激減し続けているのが切ないけど。
この記録は来年以降も続けてみようと思います。
リーディングの記録も一緒に載せておけばよかった、と今気づいた。失敗!

Dsc_0949_rev

そして、今年はこの2冊が出版に至りました。
どちらもダイレクト出版さんからの出版です。書店やAmazonなどでは購入できず、私自身もあまり買えないこともあり、宣伝や献本ができないのですが・・・。
せっかく頑張って訳したので、せめてお披露目だけでも!
余裕ができたら、それぞれの内容も紹介したいと思います。

***

また、2019年頃から少しずつ翻訳させていただいている記事、どうも紹介し忘れているものがありそうなので、改めてこちらにまとめます。

Forbes JAPANの各記事

OCEANSの各記事

ほんの3年くらい前には仕事の9割がチェックなんですよねえ、と言っていたことを思えば、ずいぶん遠くに来たものです。
来年もいい年になりますように!