お知らせ

2020年4月 4日 (土)

隠れ桜

最初に宣伝です。
翻訳を担当した記事が今日公開されました。



現代の建築物のうち、ピラミッドなどに匹敵するような偉業を7つ挙げました、という記事です。
よろしければぜひご覧ください!

Dsc_0140

某市営センター前の桜。
毎年開催されている桜まつりは中止になってしまったけれど、桜はいつもと変わらず見事。

Dsc_0143

Dsc_0142

満足して帰ろうと思っていたら、夫が車を家とは別の方角へ走らせていく。
どこに行くんだろう?

車は人気のない川辺へ。

Dsc_0145

川沿いに並ぶ桜。写真が全くなっていないけど、本当はどこまでも続いている。すごい!
「この辺りは伊勢湾台風の後、川辺の土壌を強くするために桜が植樹されたんだよ」
と教えてくれる夫。ほほーっ。




春が来るとこの川辺は桜がめいっぱい咲き乱れるんだ
あなたは言う あたしはうなずく
(「桜の時」aiko)




今ってまさにこの状況ですか?

近所の桜や出先でたまたま見かける桜もいいけれど、こうやって見に来るのもいいものだねえ。
特に外出自粛が求められていない地域だからできたことではあるけれど。

Screenshot_20200404213814



■読書ログ■
・翻訳書6:『若い読者のための経済学史【イェール大学出版局 リトル・ヒストリー】』ナイアル・キシニティー・著、月沢李歌子・訳、すばる舎、電子書籍
・翻訳書10:『FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略』ベンジャミン・ハーディ・著、松丸さとみ・訳、サンマーク出版、オーディオブック




明日も幸せである様に♪

2020年3月30日 (月)

本の素顔

Screenshot_20200330061401

何とか日が変わる前に布団には入れた。
少しずつ頑張るしかないね、こりゃ。
といいつつ、今夜は夜更かし予定です。えへ。

Dsc_0120

衝動買いしたスマートウォッチが届いた。(シールも貼りっぱなし)
脈拍を計りながら走るぞー。

Dsc_0121

ここでご報告です。
『アメリア』という翻訳業界情報誌に寄稿させていただきました。

Dsc_0119

「本の素顔」という、訳者本人が訳書を紹介するコーナー。
会員限定の情報誌なので、チラ見せのみなのが残念。

このコーナー、いつもすごく楽しみにしているんだよね。
翻訳した苦労話とか、訳した方ならではの視点で書かれた読みどころとか、見ているだけでその訳書を読みたくなってしまう。
そこに今私の訳書が掲載されているなんて、夢のよう。
お手元に情報誌が届いていらっしゃる方でご興味があれば、ぜひご覧くださいませ!

そして、このあたりでブログのトップから『ベゾス・レター』の記事を外すことにします。
外しどきがわからなくなっていたのよね…。

■読書ログ■
・和書16:『英語スタイルブック ライティングの表記ルール辞典』石井隆之・著、クロスメディア・ランゲージ(インプレス)、紙の本
・翻訳書6:『若い読者のための経済学史【イェール大学出版局 リトル・ヒストリー】』ナイアル・キシニティー・著、月沢李歌子・訳、すばる舎、電子書籍
・翻訳書10:『FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略』ベンジャミン・ハーディ・著、松丸さとみ・訳、サンマーク出版、オーディオブック


明日も幸せである様に♪

2019年11月26日 (火)

いい失敗

今日から3日間にわたって、zuuonlineで『ベゾス・レター』の内容を一部ご紹介いただけています。
今日は「いい失敗」の話。

「1億7800万ドルの償却…アマゾン最大の失敗とは」

失敗の規模がすごすぎて庶民には参考にならないけれど、「失敗するのが当然だし、した失敗から教訓を得て成功につなげる」というエッセンスは私も参考にしたい。
今夜食べ過ぎたおやつは、いい失敗でしょうか。普通の失敗でしょうか。

明日も幸せである様に♪

2019年11月22日 (金)

本屋さんs in東京

最近宣伝ばかりですみません。
『ベゾス・レター』、今日から電子書籍でも買えるようになりました。
ぜひ電子書籍もお手元においてやってください!

昨日は東京でキャンペーンを展開している書店を巡ってきました。
まずは何といっても、八重洲ブックセンター。

Dsc_1347

どーん!

Dsc_1342

これは本当にすごい…!この写真、家宝にしようかしらね。

Dsc_1341

本は、入ってすぐのところに並んでいました。興奮。

続いて、丸善丸の内本店。

Dsc_1348

こちらも、1階の新刊書コーナーにしっかり並んでいました。ありがとうございます!

Dsc_1350

紀伊國屋書店新宿本店にも行ってみました。

ここもすごかったです。入口のところにデジタルサイネージが。
(動画は音が出ますのでご注意ください)



動いてるーーー!

Dsc_1352

3階のビジネス書コーナーにも配置していただいています。
帰りにデジタルサイネージの前を通ったら、会社員お2人が『ベゾス・レター』を手に取ってくださっていました。
あやうく駆け寄って握手したいくらいだったけれど、ぐっと我慢。
ずっと見つめていたのがいけなかったのか本が売れる瞬間は見られなかったけれど(私、営業妨害している…?)、見てもらえるだけでこんなに嬉しいなんて。

ところで。

Dsc_1353

昨日発売の『通訳翻訳ジャーナル』で、『ベゾス・レター』のことを少し取り上げていただいています。

Dsc_1355

じーん。

明日も幸せである様に♪


2019年11月20日 (水)

光栄な共演

今日は名古屋駅付近で『ベゾス・レター』を扱ってくれているという書店を覗いてみました。
(※撮影はすべて書店の許可をいただいています)

Dsc_1338

まずはジュンク堂名古屋店。

Dsc_1336

レジ横の新刊コーナーに並んでいました。
というか!同じ画面内に映りこめるなんて!!!先生っ(涙)

Dsc_1337

ここでは、ビジネス書エリアにコーナーも作ってありました。すごい!
左右がちょっと減っている感じなのは、売れているっていうことですかね。ドキドキ。
(真ん中のベゾスさん、怒り肩……)

続いては三省堂名古屋本店。

Dsc_1340

こちらもレジ横に積み上げていただいていました。
存在感ない…と一瞬がっかりしたけれど、撮影許可をくださった店員さんが「売れているので周りの本より低くなっていますね」と言ってくださって、そういうことか!と感激。

この三省堂、別の場所で『カスタマーサクセス』も平積みしてくださっていた。

Dsc_1339

またもや光栄な位置に…!!!
手の届かないような大先輩たちと、本だけなら並ぶことができるのですね。じーん。

明日も幸せである様に♪

2019年11月13日 (水)

ビジネスとかITとか宇宙とか【しばらく先頭に固定します】

※※情報が増えるたびにこのページにまとめます※※

改めまして、宣伝です。

このたび、初めて自分名義の翻訳書が発売されることになりました。

Photo_20191113202001

『ベゾス・レター:アマゾンに学ぶ14ヵ条の成長原則』(すばる舎)です!

なかなかに目を引く表紙です笑。
アマゾンのCEOジェフ・ベゾスが毎年株主宛てに書いている「レター」から、アマゾンはもちろんどの会社にも生かせる成長原則を導き出したという本です。
レターを大量に引用しているほか、アマゾンのさまざまなサービスについても紹介されているので「アマゾンって通販の会社じゃないの?」と思っている方(この本を訳し始める前の私)にとってはいい入門書になるかもしれません。
訳しながら、アマゾンが思ったより何倍もIT系企業だったことにビックリしました。AWSだけじゃないんですね…。
そして、なぜかアポロ計画について割と掘り下げて書かれています。
宇宙の本を訳せたと思えば、また一つ夢が叶ったと言えるのかも。

発売予定は11月18日。
ありがたいことに、大型書店中心に大きく扱っていただけるとのことで、今聞いている限りでは以下の書店が見つけやすそうです。

名古屋
ジュンク堂名古屋本店
・丸善名古屋本店
三省堂本店

東京・大阪
・ブックスタジオ新大阪
八重洲ブックセンター
紀伊國屋 新宿本店
・ジュンク堂書店池袋本店 (New!)
丸善 丸の内本店 (New!)


もしこちらの書店で見つけたら、なでてやってください!

***

メディアでもご紹介いただけています。
『通訳・翻訳ジャーナル』2019年冬号


明日も幸せである様に♪

2018年6月 6日 (水)

【出版されました】『カスタマーサクセス――サブスクリプション時代に求められる「顧客の成功」10の原則』

Dsc_0223

昨日、見本が送られてきました。
最初から最後まで1人で翻訳した初めての本。
「バーチャレクス・コンサルティング」という会社に監訳していただいため、私の扱いはあくまで「翻訳協力」ですが、それでも奥付には名前がある。じーん。

カスタマーサクセス――サブスクリプション時代に求められる「顧客の成功」10の原則

と言います。どうぞお見知りおきを。じーん(しつこい)

雑誌や番組だけじゃなく、あらゆる分野にサブスクリプションの概念が広がりつつある現代。
一度購入したら終わりじゃなくて、毎月(毎年)一定の金額を支払って利用する権利を保持するようになった結果、消費者が企業から離れるのがこれまでよりも容易になりました。
これまでのような「受け身」のカスタマーサービスでは、顧客離れを少しでも食い止めるのが精一杯。
これからは同じ「CS」でも「カスタマーサクセス」というもっと積極的な対応が必要になるんだよ、という本です。
今後はきっと、車も定額を払って好きな車に自由に乗り換えられるようになるし、スターバックスも定額制になって利用し放題になるよね、というところに衝撃。なにそれ楽しそう。
(余談ですが、著者がスターバックスファンなので、やたらとスターバックスの例が出てきます)

何を販売する人にとっても(販売しない人にとっても)カスタマーサクセスの考え方は必須と書かれていたので(笑)、皆さまぜひ手に取ってみてくださいね。

明日も幸せである様に♪