バドミントン

2020年3月 7日 (土)

面白くて悔しい

Screenshot_20200307225126

目標は平日のみだったから今日は対象外なんだけど、それにしてもひどくないか。
何でこんなに夜更かししたのかと言えば、この本が面白すぎたから。

Screenshot_20200307214844

『下剋上球児 三重県立白山高校、甲子園までのミラクル』

2018年夏、第100回甲子園に三重県から出場した白山高校。
単に初出場というだけでなく、夏の県大会は2016年まで10年連続の初戦敗退で、2012年には部員1人という状況にまで陥っていた学校だった。
地元では、どこにも行けなかった落ちこぼれが通う高校だと見られていて、卒業生さえ白山出身だと思われたくなかったほど。
しかも、白山町自体も高齢化と過疎化が進んでいて、活気のない地域だった。
そんな学校と野球部が、若く情熱的な東監督のもと、少しずつ変わっていく。

著者は、東監督や2015年以降の部員1人1人はもちろん、各対戦高校の監督や部員、地元の店の主人、白山高校の応援団長を自認するおじさんにまで聞き込みを重ねる。
そしてわかったのは、白山高校がなぜ甲子園に出られたのかではない。どの高校にだって、甲子園に出られる可能性があるということだった。本当にどの高校にもチャンスがあるのだと、1冊読み終えると納得してしまう。

白山高校の甲子園初戦(対愛工大名電)は見損ねていた。もちろんスコアもつけていない。
見ておけばよかった!と心から残念。
この本で描かれている選手全員がすごく魅力的で、顔やプレーをあらかじめ見ていたらまた印象が違ったはずだから。
すっかり白山贔屓になっている自分がいるし、今年の夏の県大会でもきっと白山高校の試合結果を追いかけるだろうと思う。
寝るのを忘れるほど面白くて、その分だけ悔しくなった。
こういう本が書きたかったんだよなあ。
丹念に取材を重ねて練り上げられたスポーツ分野の良書を書きたい、と昔は思っていたのだった。
そんな思い切りも情熱も足りなかった私だから、せめてこういう本を1冊でも多く読んで満たされたい。

Dsc_1560-1

バドミントン。
この体育館が当面閉鎖されることになったので、今後しばらくお休みです。無念。

 

■読書ログ■
・和書20:『世界の英語ができるまで』唐澤一友・著、亜紀書房、紙の本
・和書21『下剋上球児 三重県立白山高校、甲子園までのミラクル』菊地高弘・著、カンゼン、電子書籍→読了
・翻訳書6:『若い読者のための経済学史【イェール大学出版局 リトル・ヒストリー】』ナイアル・キシニティー・著、月沢李歌子・訳、すばる舎、電子書籍


明日も幸せである様に♪

2020年2月23日 (日)

寝落ち

おはようございます…。
連続ブログ、ストップしてしまった。無念。
とりあえず昨日の話を書きます。

Dsc_1558 

友達(とその息子さん)と近所のカフェでモーニング。
息子さんはこの世に来る前からのお付き合いだけど、もう4歳。
びっくりするくらい大人びたやり取りができるようになっていて、ちょっと感動する。
いつか「ママは行っておいでよ。家にいるから」と言うようになる日が来るんだろうなあ。それも寂しいけれど。

午後はバドミントン。

Dsc_1560

市のバドミントン協会から記念品をいただいた。わー、嬉しい!

試合は、くじの巡りなのか4時間一度も休憩がなかった。
病み上がりの体では耐えられず、最後の試合では足がもつれる事態に。
帰宅後、夕食を食べたところまでは覚えているんだけど、気づいたら朝だったよね……。

■読書ログ■
・洋書3(自己啓発・ルポ):紙


日が変わっちゃったので、締めの曲も変えます。

君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる
君にいいことがあるように あるように あるように♪

2020年2月 8日 (土)

全身筋肉痛

今日はバドミントンサークルのチーム対抗戦。

Dsc_1522

普段は接することのないレベルの高い人と、同じチームで戦うという素敵な機会。
自分の勝敗がチームの順位に影響するから、力も入っちゃう。

Dsc_1525

我がAチームは残念ながら3位でした。
でも、私自身は2勝1敗とまずまず。それ以上に、ようやく少しずつ思うように体が動くようになってきたのが嬉しい。
その感覚をもっとつかみたくて、大会が終わってからも2時間くらい練習していたら、今、体中がやばいよね…。
今日のブログは、半分寝ながら書いております。

Dsc_1526

賞品(2位チームの夫の分も含む)。

■読書ログ■
・翻訳5:『限界を乗り超える最強の心身 チベット高僧が教える瞑想とランニング』サキョン・ミパム・著、松丸さとみ・訳、CCCメディア

 

明日も幸せである様に♪

2020年1月25日 (土)

空回りとエスカレーター

Dsc_1477

バドミントンでも

Dsc_1481

その後の新年会でも、周りに勝手に振り回されてイライラしてばかりの1日。
我ながら空回りしているなあ。

でも、二次会(マクドナルド)で、会の中でも断トツでうまい人の話を聞くうちに、1日分のモヤモヤが晴れていくのを感じた。
私から見たらレベル自体が違うその人は、自分のことを全然うまいとは思っていなくて、実業団レベルの人も通う教室で鍛錬している。
その教室は、1年続けてもラケットすら握らせてもらえないという厳しさ。
そこまで努力して、一体どこを目指しているのか。
そう聞かれた彼はこともなげに、「どこも目指していない。きれいなプレーができるようになりたいだけ」と答えるのだ。
50歳近い人が自分に限界を設けることなく、目先の目標もなくただただ高みを目指す。
何にだって置き換えられる話だけど、ここは言葉のまま彼のすごさとして咀嚼したい。

思い返してみれば、私の周りはそういう人ばかりだ。
人生の先輩方は、みんな下りのエスカレーターなんてものともせず駆け上がり続けている。
年を重ねるのが怖いなんて嘘だよ、ってみんなが言ってくれている。
それが本当に腹落ちするのはもっと先かもしれないけれど、まずは私も目の前のエスカレーターを走ってみようかしらね。

■読書ログ■
・和書7:『黒いマナー』酒井順子・著、文藝春秋、紙の本→読了
・翻訳書4:『アーロン・ジャッジ ニューヨーク・ヤンキースの主砲 その驚くべき物語』デヴィッド・フィッシャー・著、藤田成子・訳、東洋館出版社、Kindle


明日も幸せである様に♪

2020年1月19日 (日)

そうじゃなかった

Dsc_1461-1

今日は私が主催しているバドミントン。予定詰め込みすぎじゃないですかね。



(音が出ますのでご注意ください)
自分の下手さにひく。
昨日、シニアの人がすごく上達しているのに感動したけど、そうじゃなかった(いや、そうじゃないわけじゃないんだけど)。年末年始をはさんで、私が下手になっていたんだ。
積み重ねていれば何歳でも成長できるし、やらなければあっという間に下り坂っていうことだよ。

Dsc_1466-1

本当にうまい人の図。

Running_0119

今週、金曜日から走れても歩けてもいない…。
バドミントンの練習があるからと思っていたけれど、そういうことじゃないのでは。
積み重ねなければ、あっという間に下り坂なんだよ。

■読書ログ■
・和書3:『ぼくたちは習慣で、できている』佐々木典士・著、ワニブックス、Audible(2巡目)
・翻訳書2:『若い読者のための宗教史【イェール大学出版局 リトル・ヒストリー】』リチャード・ホロウェイ・著、上杉隼人/片桐恵里・訳、すばる舎、Kindle
・翻訳書3:『最後の1分』エレナー・アップデール・著、杉田七重・訳、東京創元社、紙の本
 →読了。後半が面白すぎて、仕事をほっぽり出して読み切ってしまった。返却期限を延ばさなくても間に合ったなあ。


明日も幸せである様に♪

2019年6月29日 (土)

9thむにゃ

先週末はバドミントンの市民大会でした。
今回は4位。
でも前回よりうまい人(それでも下から2番目だけど)に囲まれていたのに、思っていたより一方的にやられることはなかった。
少しでも成長できているといいな。

Dsc_1052

肉体的にも……。
本当、こういうことするから痩せないんだよ自分。
ちなみに、この日の試合でよほど出し尽くしたのか、水曜日くらいまで1日の半分寝て過ごしていました。THE食っちゃ寝………。

さて、去る6月28日は……。
と書く前にちょっと調べてみたら(http://www.nnh.to/06/28.html)、

Parfait_20190629111201

パフェの日……。
えっ、さっきの写真、伏線……?(偶然です)
由来に笑うしかない。日本プロ野球で初めて完全試合を達成した日ですってよ。こんなところにまで野球が。

パフェ(parfait)がperfectっていう意味なのは聞いたことがあったけど、ここにつながっていくとは。私の悪い意味で完璧主義なところまで如実に表している記念日であると言えるしょう。


というわけで、この日は9回目のむにゃの日。
ついにくまぼぼ生活は10年目に入りました!
お仕事を依頼してくださる方、一緒に頑張ってくれる翻訳仲間、導いてくださる先生、そして文句を言いながらも助けてくれる家族。
誰が欠けても続けられなかったと思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

Dsc_1054

昨日は取引先の新スペースASOVIVAのオープニングセレモニーにお邪魔してきました。
仕事だけじゃなくていろんな用途で、しかも無料で利用できるそう。
次回以降の勉強会にもいいかもしれないね。

会社レベルでの未来の形を見た6月28日。
私も新しい一歩を踏み出します。
今年は甲子園のスコア付けあまりできないかもしれないけど、この日(正確には26日だけど)にいただいた話であることに運命を感じて、がんばる。あまりパフェパフェ肩ひじ張らずに!

明日も幸せである様に♪

2019年5月11日 (土)

理想と現実

風邪もずいぶんよくなったので、半月ぶりにバドミントン。
熱中していたら、友達が動画を撮影してくれていた。



なんかこう、自分の中ではもっとしゅっとスパーンと軽やかに動いているつもりだったんだけど、こんなにドタバタしていたんだ、私・・・。
というか、背中の分厚い贅肉に絶句である。

理想と現実の差を容赦なく見せられてしまったので、危機感を募らせて頑張ります。
半年後には大成長(体形は縮小)しているはずだから、それまで戒めのために毎日この動画を見ることにします。だからここに埋め込みました。ふふふ。

明日も幸せである様に♪